FC2ブログ

よろしくジョナサン!

05-15,2020

ちょっと遅くなりましたが、
今日はジョナサン・クライスバーグの新譜。

202005151811088bf.jpeg

Jonathan Kreisberg / Capturing Spirits (2019年録音)

Jonathan Kreisberg (g)
Martin Bejerano (p)
Matt Clohesy (b)
Colin Stranahan (ds)

カルテットでのライブ盤。
収録曲は7曲。
ラストの”Body And Soul”以外はジョナサンちゃんオリジナル。
ライブ盤ながら既存の曲は1曲のみ(#6)で後は新曲と云うのも嬉しいポイント。
しかも全曲とにかく単純にカッコいい!
しかしこの単純さ、分かり易さこそが、
ジョナサンちゃん最大の魅力でもあるのだ。
ギター好きならば一度聴いて即そう思う。
プレイの方もそうだ。
いつも通り単純明快に速攻でビビらせてくれる。
怒涛の攻撃から伝家の宝刀でのフィニッシュ!
アクションヒーロー的ギター。
しかしまぁ〜ライブでコレですよ。
素晴らしい!

しかも今作ではいつもの伸びやかなクリーントーン以外に
歪み系、ピッチ系等、
1曲毎に音色を変え楽しませてくれる。
中にはカート(ローゼンウィンケル)風にアタック音を消した
例のサウンドも使用してるのだ!
ヨタムも最近曲によって似たサウンド使ってるし、
やっぱりアレ弾いてて気持ち良いんだろうな…
POG2欲しい…
と言いつつ実は個人的にクリーントーンでトリオで演ってる“Body And Soul”
に1番惹かれてるんじゃがね。
よってこの路線で是非ともアルバム制作お願いしたい!
よろしくジョナサン!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

有り難いクレジット

05-14,2020

ラーゲ・ルンド参加と云う理由で購入。

20200514150434011.jpeg

Jimmy Greene / While Looking Up (2019年録音)

Jimmy Greene (ts,ss,flu,cl,bcl)
Aaron Goldberg (p,elp)
Stefon Harris (marimba,vib)
Lage Lund (g)
Reuben Rogers (b)
Kendrick Scott (ds)

で、その肝心のラーゲちゃんは10曲中8曲に参加!
中には参加だけクレジットしといて、
「実は10曲の内2曲だけです」と云う詐欺みたいなアルバムも有るんじゃが
このアルバムはちゃんとジャケ裏面に参加曲が細かくクレジットされてる。
そこに好感を抱く。
しかもわしはAmazonで購入したんじゃが、
Amazonもちゃんとそのジャケ裏写真をアップしてる。
Amazonも偉い!

収録曲10曲中3曲がスタンダード、後は本人オリジナル。
この豪華メンバーで想像付くでしょうが、
単純4ビートは無く体温低めのコンテンポラリーな内容。
かと言って変拍子バリバリとかじゃ無く聴き易い。
1曲目コール・ポーターの“So In Love”のアレンジカッコいいです。

8曲の内ラーゲは5曲でソロを。
地味ながらもシュールなコンピングも聴けて
それなりに満足出来るんじゃが
それ以上にアーロン・ゴールドバーグもカッコいいのだ。
よって彼のファンにも是非聴いて頂きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

聴いてつかぁーさい

05-01,2020

フランスのネッド・ドヒニーことアル・サニーのセカンド。

20200501120921cc5.jpeg

Al Sunny / Planets (2020)

初っ端1曲目聴いた瞬間もう気分は80年代前半。
速攻でBUY!
よくもまぁ〜今このムード出せるなって感じなのだ。
そんなだからかわしのツレ(80年代に青春)もやけに気に入ってる。
まぁ〜とにかくその曲聴いてつかぁーさい!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これね。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

外出自粛中!

04-28,2020

巣篭もりのお供はカートちゃんの新譜!
これ聴きまくるしかないでしょう!

2020042812541781f.jpeg

Kurt Rosenwinkel / Angels Around (2020)

Kurt Rosenwinkel (g)
Dario Deidda (b)
Greg Hutchinson (ds)

1曲目。(モンクのアグリービューティー)
そいつのイントロからもぉ〜最高!!!
至福の時間が流れる。

カートのギターサウンドは全編アタック音を消した例のあの音。
もう今ではアレが基本なんだろうね。
そこに曲によってピッチ系やシンセ等使用し変化を加える。
カートは最近やたら色んなの使ってるから使用ギターは分からんが、
これまでに比べ基本の音は若干硬質な感じ。
わし的にはトリオとしての前作リフレクションズのサウンドが理想なんだが、
これはこれで大好き。
よって今再びPOG2が欲しくて堪らんくなっている。
もしくはアタック音に特化した
同じくエレハモのテープリバースシミュレーターね。
10万貰ったらマジでどっちか買うか!?

収録曲は全8曲。
スタンダードと云うかジャズメンオリジナルが6に
本人オリジナルが1曲と
ベースのダリオちゃんのオリジナルが1曲。(タイトルナンバー)
どの曲も余り演奏されない渋い選曲。
そこがまた良いのだ。
そして繰り返すがもぉ〜1曲目から泣く程カッコいい。
が、そこはあえてわし的ベストを選んでみる。
まず当然これだけ書いてんだからモンクの#1ね。
ミンガスの#3は仰け反り悶える程のカッコ良さ。
ストレートなポール・チェンバースのブルース(#2)も良いし、
ジョーヘンの#5もクソぶちカッコええ!
それにエバンスの#6のアレンジもええんじゃよ!
これパクる。
オリジナル2曲のソロも強烈!
ボートラのジョビンナンバーもオシャレ!
だから絶対国内盤買うべき。
それとドラムとベースもええんじゃよ。
ソロパートがふんだんにと云う訳じゃないのに物凄い存在感。
ダリオちゃんはギドちゃんのアルバム(コレ)も良かったが本当に素晴らしい。
てか、結局全曲ええっちゅう事になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。国内盤一択!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

読書のお供

04-12,2020

ジェームス・テイラーの新譜はアメリカンスタンダード集。

20200412135234e82.jpeg

James Taylor / American Standard (2020)

タイトル通り誰が聴いても「聴いた事ある」的曲ばかりのカバー集。
(よってオリジナルはゼロ。)
アコギ中心のシンプルなアレンジで
全てが完全にJT節になってて聴いてて非常に心地良いのだ。
読書のお供としても最高!
JTならこういうアルバム幾らでもサクサク作れそうだが、
だからといって安易に第2弾3弾と作らないで欲しい。
日本にそんな事してる人いるが、
それやっちゃうと全て価値無くなるのだ。
よってこの企画はこれで終わり。
10年位経ってまだ世間が求めてたら
あと一枚作るくらいで丁度良いと思うんじゃがどうでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これね。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。