カイピはカクテル名(カイピリーニャ)だって

02-25,2017

カートの新譜。

20170225113921be0.jpg

Kurt Rosenwinkel / Caipi (2017年)

動画サイトやカートのサイトで発売前から試聴してたんで驚きは無いが
全編 歌もしくはヴォイスが入っとるブラジルテイスト溢れるアルバム。
歌入りで1曲辺りの時間が長くて6分台、よって必然的にジャズ度は低くなる。
でも旋律にはしっかりカートっぽさ漂うから不思議。
(1曲目とかメロだけ見ると"スターオブジュピター"に入ってそう)
あまり使いたくはないが説明するにはPMG(メセニーグループ)ぽいと云うのが1番早いかもな。
但し何度も書くがメロディはあそこ迄のポピュラー感は無く、あくまでカートっぽいが。

それにしてもこうしてサクッと聴いてると良い意味でスーッと流れるんじゃよな。
かけっぱなしでいける音楽。
ジャズ的緊張感はほぼ無い。
何処かのオーガニック系カフェのBGMでも全くおかしくない。
オシャレ度も高い。
わし的には何気に1番ロックっぽい6曲目の"hold on"って曲がカッコいいから好き。
そういやぁジャズラのインタビューで「今後この路線(6曲目の)を行くかも」って書いてあったから
それはそれで楽しみだ。
ちなみに海外盤全11曲(日本盤は12曲)中ソロは7曲で聴ける。
が、正直ギター度はそんなに高くない。
こう書くと「カートのギターだけ聴きたい」って人はスルーしそうじゃが、
今後カートのキャリアに於いて間違いなく重要な位置を占める事になるだろう盤なんで、
絶対に聴いておく事をオススメします。
この路線続けるともしかしてカートって
ジャズメンとしてはメセニー張りの超メジャーアーティストになるかもしれんから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はジャパンエディション)



この教則本は面白そう。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ゲットだぜ!

02-24,2017

カープ優勝記念ICOKAゲット。

20170224081810e56.jpg

家族でわしだけ当選したのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第4弾出ます。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

連夜の出動

02-23,2017

前夜のライブに続き昨夜はセッションで同じ店に出向いた。
今年3回目。
連夜にも関わらずスゲー弾いた。
もう開始から最後まで一切休憩せず弾きっぱなし。
ヴォーカルの参加者も多かったんで歌伴も沢山。
今日目覚めて腰の状態が気になったが若干張りがある程度だったんで安心した。

20170223140547fe8.jpg

ギターも連夜のYAMAHA SA-2000S。
こいつは335に比べパワーがある。
よってアンプのボリューム設定を同じにしてると明らかに音がデカイ。
いつもの335の感覚で弾くとクソ馬鹿デカイ音がしてビビった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピックコレクションの整理に如何でしょうか。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

追悼ラリー・コリエル

02-22,2017

20170222111025a5b.jpg


Larry Coryell / Standing Ovation (1978年録音)

タイトル通りラリー・コリエルたったひとり、
オベーションのギターだけで録音したアルバム。
(と言いつつ1曲ピアノも弾いてるけど)
昔は地味なアルバムだと思ってたが聴き込む程にその良さが分かってくるスルメ盤。
最高のギターミュージック!
久しぶりにこのレコードに針を落として改めてそう思った。
何気にジャケットもカッコいい。
だからダウンロード音源ではなく是非ともLPかCD買ってジャケット眺めつつ聴いて頂きたい。
ありがとう!コリエル!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも高い…



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

まったりな夜

02-22,2017

ライブの記録。今年2回目。
今回のライブは去年の8月以来、テナーのI氏クインテットでした。

2017022201454677d.jpg

ギターも久々登場YAMAHA SA-2000S。

20170222014545079.jpg

アンプも今回はJCパスして店のツイン使用。

演奏曲は以下の通り。

1st set

1 Night & Day (sax less)
2 Out Of Nowhere (sax less)
3 Just Friend
4 When I Fall In Love
5 You'd Be So Nice To Come Home To

2nd set

1 There Will Never Be Another You
2 Black Orpheus
3 Lady Bird (Tad Dameron)
4 Say It
5 The Quota (Jimmy Heath)

リハからまったり。
そして今更ながら気が付いた事がある。
わしは140辺りのテンポで演るボサが苦手なのだ。
今回の場合ナイト&デイ。
もっとガッツリ遅いのや速いのは問題無い。(と思う)
この何とも微妙な140位。この辺りが演り難いんじゃよな。
何故じゃろ?速いのばっかり練習し過ぎか?
ま、今日からまた修行あるのみじゃの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ良さげ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。