FC2ブログ

「アンダー・ザ・シルバー・レイク」観に行った

12-15,2018

行ったのは自宅最寄りにある某巨大ショッピングモール内のシネコン。
今週10日の月曜日に観に行った。
何故月曜日かというと「月曜日メンズデー割引き」を利用したかったからだが、
このシネコンはこっそりとこの「月曜メンズデー割引き」を終了させているのだ…
てかね、
こないだの「ボヘミアンラプソディ」と時からどうも動きが怪しかったんじゃよな。
その時も割引き無かったんじゃがスタッフ読んで確認すると、
「これは割引きないみたいですねぇ」とか、
さも「ボヘミアン〜」だけ割引き対象外みたいな説明したんじゃよね。
(あとで考えるとどうも言葉があやふやだった)
まぁその時は時間もあるし通常料金払って観たんじゃが、
でもわしは行く前にHPで確認してたのだ。割引きあると。
だから帰宅してもう一度確認。
すると確かにHPでは月曜メンズ割引きデーとあった。
わしは間違ってなかった。
しかしアプリの方では消してんの。こっそりと…
だからそのスタッフ(中年女)は焦ったんじゃろうな。
なんせ他所の映画館行けば「月曜メンズ割引き」あるんだから、
で、こういう事が続いたんでしょうね、
しばらくするとHPの方もこっそりと消してた。
まぁ〜やり口が汚い。
セコイ。
それ以来(と言いつつ、ついこないだ)
わしはこのシネコンにはツレと一緒の時以外(夫婦割引き目当てで)は行かない!
と、心の中で決めたんだが、市内でこの映画上映してるのここしか無かったんで
仕方なく割引き無いにも関わらずそこへ行ったと云う訳だ。
え〜すみません。
セコイ話を長々と。

で、映画。



じっくりと観ました。
ある程度予想してたんで自分なりになるべく集中しました。
が、わしゃ恥ずかしながらほぼ意味が分かりませんでした。
感想としては「なんじゃこの話?」かな。
独特なムードや映像と見るべきトコもあるが最終的に意味不明。
色々思い出しても結果意味不明。
しかしこの時同じ空間に居た他のお客さんもこれ絶対そう思ってた筈。
(結構入ってた)
だってエンドマーク出た瞬間確実に劇場内の空気感が変わったもん。
これ本当肌に感じる程変わった。
「ん?」
「え?」
「え?え?え?」
「もしかして終わった?」って感じで。
で、次の瞬間憤懣やるかたないって感じでドカドカ帰る人と
呆然と座り続ける人に分かれる。
わしは呆然派。
で、余りに意味不明だったんで家帰ってからネットで確認しました。
最近ネタバレとか沢山読めますよね。
片っ端から読んだけど幾ら読んでもよく分からない。
逆に読めば読むほど意味不明。
てか、これらのネタバレ書いてる人すら分かってじゃないかと思う程だ。
だって映像で観た事を只々活字に起こしてるってだけみたいだもん。
「ネタバレしていいんだよ?もっと詳しく書いて」
ってこっちは思ってるのに観たまんまだけ書いてる。
それはわしも観たから知ってるちゅねん!
それか、わしが馬鹿なのか感性が不足してるか。
しっかしレビューサイトで手放しでこれ絶賛してる人いるが凄いと思うぞ。
ホントわしゃマジで今でも何が言いたいんか分からんけん。
教えて貰いたいくらいだ。
てか、何度も同じ様な事書くが実際結構殆どの人分からんのじゃないか。
絶賛してる人の中にも実は分かってるフリだけしてる人ってのも大勢居るんじゃないか。
でもですね…
そんな感じで考えると逆にこの映画って、
ネタバレ読んで行っても全く問題ない程凄い映画とも言えるんじゃないか?
ネタバレとかそんなもんも超越した映画なんじゃないか?
と、思えてくるから不思議だ。
実際わしは意味不明だからこそもう一回観たいとなっている。
もう一度観て何か確認したいとか理解したいとかじゃない。
意味不明だけど感動したって訳でも無い。
意味不明だからこそただ単にもう一度観たいのだ。
もう一度理解出来ない自分を確認したいのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギラッド・ヘクセルマン参加作。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

いたたまれない夢

12-14,2018

今日は月曜に観た映画の事書こうと思ってたんだけど
忘れちゃいけないので先に今日の夢の話を。
因みに今数えるとこの夢シリーズ今回で8本目です。
どれもバッチリ色付きで覚えてたので書き留めた。
過去作リンク貼っときます。その後から今朝のです。

http://gaasha.blog.fc2.com/blog-entry-610.html

http://gaasha.blog.fc2.com/blog-entry-859.html

http://gaasha.blog.fc2.com/blog-entry-945.html

http://gaasha.blog.fc2.com/blog-entry-951.html

http://gaasha.blog.fc2.com/blog-entry-1015.html

http://gaasha.blog.fc2.com/blog-entry-1030.html

http://gaasha.blog.fc2.com/blog-entry-1119.html

わしはライブ会場にいる。
大好きな山下達郎のライブだ。
いつものフルメンバーでのライブとは違い
少人数でのアコースティックな編成でのライブだが1000人は入るだろう大きな箱。
で、わしの席だが、何故かステージ上なのだ。
今コレ読んでる貴方。「え?」と思ったでしょ?
「何サクッととんでもない事書いてんだ」と思ったでしょう
でもステージ上なんです。
演者が居るとこ。
そして更にタツローが座る椅子の真横。
タツローから見て左前方約1メートルの位置。
そこにあるパイプ椅子がわしの席。
他の誰も客席居るのに“わしだけステージ”
何か新らたな立ち食いステーキ屋みたいな状態に陥りつつ
今まさにそこに座りライブが始まるのを待ってる。

しばらくするとタツロー達メンバー登場。
一瞬怪訝そうにわしを見てアコギ(ギブソンのチェットアトキンスモデル)
を手に演奏を始めるタツロー。
“オープニングはやっぱり”sparkle”だ!
チャーンチャカチャチャチャ!チャカチャ、チャーンチャカチャチャチャ!
例のカッティングが響き渡る!
エレアコでもカッコいい!
会場は一気にヒートアップ。
当然皆立ち上がって盛り上がってる。
「あぁ…」と思いつつわしも立ち上がったんじゃが当然クソ目立つ。
何せアコースティックなライブだから演奏するミュージシャン皆座ってるのだ。
クラプトンのアンプラグドな感じね。
その中でステージ上でわしだけ
タツローから見て左舷前方1メートル地点でヌボーっと立ってる。
まぁコレは仕方ないんだけどヌボーっとじゃカッコ悪いじゃないですか。
如何にも音楽やライブに慣れてない感じで。
しかしわしはタツローのライブは何十回と行ってるし、
自分で演奏だってする。
上手くは無いがギター歴だけは長いし毎月ライブだってやってる。
しかも立って弾いてる!
音楽に乗って腰振るくらい出来るのだ!
そう思ったわしは、まずリラックスしようと努めた。
こう云うのは力が入れば入る程カッコ悪いのだ。
イメージはハリウッド映画ね。
バーかなんかで誰かが掛けたジュークボックスの音楽に合わせて軽く踊る。
アレを狙った。
さぁーまず両手が問題。
この位置をどう確保するか。
とりあえず肘を90度に曲げ腰付近に配置する事にした。
そして脚。
コレも両手以上の大きな問題としてわしの前に立ちはだかった。
まるで下町ロケット(TBS系ドラマ)での帝国重工だ。
わしはまず両脚を開く幅にヒントがあるんじゃ無いか?と睨んだ。
完全に阿部寛気分だ。
肩幅くらいとした。
あまりにも広げ過ぎると(例えば90センチ位にすると)応援団みたいになっちゃう。
なんせ90度に曲げた両腕を腰付近に配置してるからね。
拳握ると空手家にも見える。
だから肩幅に決定。
拳も握らない。リラックス!
そしてここも重要!腰。
落とし過ぎるとウンコ(和式)してるみたいになっちゃう。
更に拳握ってると力一杯踏ん張ってるみたいになっちゃう。
下手すりゃ屁が出そう。(もっと下手すると…)
やっぱリラックスが大事。
よって若干膝を曲げる程度にした。
そしてそこから爪先に体重を乗せバランスを取る。
心の中で「イイねぇ!」と思いつつ身体を軽く揺らす。
ここであまりニヤニヤ笑いながら音楽も無いのに身体を必要以上に揺らすと、
ブルース・リーみたいになっちゃうから注意したい。
そして最後に一番重要な顔、及び頭。
ここで失敗すると全てが台無しになる。
先ずは表情。
薄っすらと笑いたいね。
軽い微笑み?
ブルースにならない様に注意してね。
かと言って苦虫噛み締めたようなんじゃダメよ。
イメージはトム・クルーズかブラピね。
「はぁ〜〜んん?」
「いやぁ〜何か良い音楽聴いちゃったら勝手に身体動いちゃってさぁあ〜ん?」
「へぇ〜イ!ガ〜ル?」
といった表情がベターだ。
そしてそのニヒルな表情キープしたまま同時に頭を前後に動かす。
若干顎を突き出しクイクイっと。
あまり激しくやり過ぎるとニワトリになるんで気をつけて。
そしてここでも拳握りを放棄したのが生きてきた。
両拳握ってそれを腰に当てて(金八先生的ポーズ)で、
コレやりながら歩いたら完全にニワトリの形態模写だから。
思わず餌啄ばんじゃうから。
あくまでも軽るぅ〜くクイクイね。
さぁぁああああ〜!!!
基本は出来た!
踊りまくるぞぉ〜!
と、なったんですが、
これ読んでる方は念の為上に書いたポーズで踊ってみて下さい。
クソダサいから…
だから夢の中のタツローも「なんだ?このクソダサいオッサンは?」
てな表情でわしを見上げてるんですね。
座ったままで完全に引いてる。
怪しんでる。
バカにしてる。
だからわしは「ちょっと疲れたし…腰痛いし…」的感出しながら、
ゆっくりとパイプ椅子に座った。
でも会場全体立ってる中わしだけ座ってるのも逆に恥ずい。
てか、こんな近距離ではもー立ってても座ってても恥ずい!
よってわしは唯一の取り柄である楽器方面に詳しいと云う事を武器に
タツローの機材全般に注目する事でこの手持ち無沙汰感を脱しようと考えた。
「どれどれ…タツローのエフェクターのツマミの設定は?」と、
軽い小芝居しながらヒョイっと頭を下げて覗き込んだ。
すると「ガンッ!」と云う衝撃が額を襲った。
それと同時にギターのチューニングが一気に狂いとんでもない音程になる。
わしの頭がタツローの弾くギターのヘッドを直撃したのだ。
鬼の形相でわしを睨み付けるタツロー。
その顔見て慌てたわしは更にエフェクターを蹴釣り飛ばす。
設定ツマミが動き妙な音を発するタツローのギター。
それでもタツローはやり終えた。
「流石プロだな。タツローは」と他人事のように思ってたら2曲目が始まった。
“Ride on time”だ。
「へぇ〜!2曲目でコレか!今回早いなぁ」と思ってたら、
演奏を終えたタツロー達皆立ち上がってステージ袖に引っ込んだ。
そう2曲で終わっちゃったのだ。
あの曲も!あの曲も!
なんもかんも演って無いのに!
会場を包むざわめきが怒号に変わるのに時間は掛からなかった…
物凄い殺気を感じつつ、ゆっくりと振り向くわし…
そこには1000人の鬼の形相が…
そしてステージ袖にはそれ以上の殺気を漂わせたニット帽の男が…

なんですかね?この夢。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

激安ルーパー!
シンプルなルーパーが欲しいんじゃが
コレどうかな?



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

早退

12-12,2018

今年19回目は最後のライブの記録。
やってみての自分勝手な感想「やっぱり今回は休めばよかった…」
全く集中出来なかった。
まぁいつも大した集中力発揮してないんだけど今回は特に。
考えてみりゃライブなんぞ平常で出来る訳ないんじゃよな…
だからいつもの様にセカンドセット頭に1曲演って、
その後はセッションと云う流れだったんだけど
わしは早退させて頂いた…
どうもすみませんでした。

20181212104758b32.jpeg

ギターは久々にGibson Byrdland
雨で大変だったけどマイアンプ(Peterson p100g)持ち込み。
それにzoom ms50g
先週フルアコ用にまた新しいパッチ作り込んだので音は最高だった。

演奏曲は以下の通り。

1st set

1 All The Things You Are
2 Isfahan
3 Black Narcissus
4 On The Sunny Side Of The Street
5 Recorder Me

2nd set

1 Full House

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツレは“おしりたんてい ”(Eテレ)にハマっている。
今日これを買いに行く。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

セッションの記録今年17回目

12-06,2018

この前まで年末に向け盛り上がっていってる感あった市内中心部だが
何故か昨夜は人も少なく静か。
駐車場もガラガラ。
県民皆ここで一回休みに入ったのであろうか。

よってセッションの入りも寂しい限り。
開始時間の8時の時点で良く一緒に演奏するホストのピアノ
(ってか女性だから正確にはホステスなのか?)とドラムのマスターのみ。
8時20分を超え仕方なくベースレスで始めてたらボチボチ来た。
が、結局最終的にもわし含む中年ギター男2人(初めて会う方)、
同じく初めて会うトランペット青年1人、時々会うベース青年1人、
常連のドラムのオジさん1人と5人だけだった…
たった5人…
ご…ご…ご………に…に…に………ん…ん…ん………
文字でディレイ効果を表してみました。
なんか違うか?
しかし5人しか来なかった割に2人も初対面の方がいたのは驚き。
なんせ広島は稀に見る程のジャズ不毛地帯だからだ。
でもギターの方は元々福岡の方らしい(転勤族)。
ケニーバレルみたいなギターを弾かれるとても上手い方だった。
とまぁ〜んな訳で昨夜も元気に全曲完全参加。
衰えん演奏欲。

201812061036512aa.jpeg

持ってったギターは予定通りと云うか
予定を変えてと云うかテレキャス。
前回と同じく店のJC(90)にzoomのms50g。
鼻つまりペケペケ音は無くなったがまだまだだな。
今回も演奏よりもまぁ〜音の方が気になって気になって!
マジで一回どっかでどデカイ音で音作りしたい!
これが夢じゃぁ〜
てか弦。
現状010からのセット張ってるが1回011にしてみよ。
とりあえずここから始める。
それとテレキャス初心者なんでイマイチよく分かってないんじゃが
わしのテレキャスのトーン効きすぎるんじゃがこんなもんなのか?
もうね、ワウワウペダル位の変化があるんじゃが…
誰か教えて下さい。
誰も読んでないんでしょうけど。
今年は後2回セッション行く予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こないだ松原君が使ってました。
普通サイズのジャズクラブならこの小さい方でも問題なくいける。



いつも読んでくださってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

松原慶史トリオのライブに行ってきた

12-02,2018

この記事書く前に自分のブログで広島市内でキチンとしたジャズライブ
(ギタリスト)観るのいつ以来か確認してみると、
何と2016年9月の小沼ようすけさんの加わるトニー・モナコのトリオ以来だった。
(この記事参照)
勿論その間色んなジャズメン来てるし、トニーモナコトリオはもう一回来てる。
布川俊樹さんトリオの無料院内ライブも有った。(この記事参照)
でも有料はそれ以来。
自分のスケジュールの都合で行けなかったのも1〜2回あった気もするが、
基本聴きたいライブが広島では無いのだ。
これは最近気にしてるんだが、
基本わしの聴きたいライブって大阪くらいまでしか来ない。
(大阪在住ギタリスト含めて)
外国人ミュージシャンだと確実にそんな感じだ。
てか、外国人だと下手すると静岡くらいまでしかツアーしない。
おそらく東京から日帰り出来る距離と云う事なんでしょうかね?
マイクモレノなんかそうだった。
日本人ギタリストだともっと西までツアーしてくれる方も居るには居るが、
何故か急にソロになる…
もしくはデュオになる…
(九州の福岡辺りはまた別なんだろうが)
その他のメンバーは現地ミュージシャンを採用と云う事になる。
(広島ではわしがいつも演ってる人や知ってる人がよく採用されてる)
集客や予算面の都合上そうなるんだと思われる。
とにかく、いつも一緒に演奏してる、
慣れ親しんだレギュラーメンバーとかでは中々来てくれないのが現実だ。
しかし、今回松原君はデビューアルバムの中のトリオで来てくれた!(レコ発)
三人とも広島は初めて来たらしい。

メンバーは、リーダーじょ松原慶史(g)に、
古木佳祐(b)大村亘(ds)の3人。
(CDだとテナーとピアノが入るクインテット)
CDの発売は10月31日。
CDは今東京で最も注目を集めてる(らしい)松原君の正式なデビューアルバムなんで、
即購入して聴きたかったんじゃがわしは我慢した。
レコ発ツアーで広島に来てくれるのが分かってたから
本人から買うつもりだったのだ。
そうすると売り上げ本人に全部入るからね。
ちょっとでも利益上げて頂きまた広島に来て貰う為の細やかな努力だ。

勿論松原君のプレイはもう随分まえからYouTubeでガッツリ観てて
カッコいいなぁと思ってたが、
このアルバムに関してはティーザー動画観ただけで一切の予備知識無し。
レコ発と云う事で演奏曲はほぼそこからだと予想してたんで非常に楽しみにしてた。
(予想通りジャンゴの“ヌアージ”と
松原君のトレードマークでもある口笛ジャズで”someone watch over me”
“Moon river”(アンコール)以外はアルバムから)
コレ書いてる段階ではCDはまだ聴き込んでないんじゃが、
ライブを聴いてわしの中で松原君のギタリストと云うかミュージシャンとしての輪郭が少しハッキリして来た気がする。
ギタリストとしてはとても引き出しが多い。
プレイ聴いてて色んなギタリストが思い浮かんだ。
色んなギタリストの影響が浮かんだ。
(これはわし最大の褒め言葉)
口笛も上手いし、おそらくコテコテのロック演っても上手そうだ。
でも実は今回コンポーザーとしての才能に一番驚いた。
やっぱオリジナル曲って大事なのだ。
松原君の今まで歩んできたものが観える?のだ。そんな雰囲気。
そしてまぁーとにかく曲がカッコいい。
時にアバクロのファースト・カルテット風であり、
時にメセニーのデビューアルバム風であり時にヤコブ・ブロートリオ風でもある。
そして実はアーティストとして一つ美学的なモノ持ってるんだろうな。
アンコーが口笛でムーンリバーってのがそんな気がする。
あとベースとドラムも最高だった!
あの2人聴いてると時折ピーコックとディジョネットに聴こえるのだ。
もしくはグレナディアとホルヘ・ロッシ!
まんまでキースやメルドーと一緒に行けるで!

そして松原君の使用ギター。
アルバムでは最近の335使ってるみたいだが
今回の松原君の使用ギターはKigoshi ギターだ。

20181202100952b7c.jpeg

20181202100949c71.jpeg

テレキャスシェイプのホローボディ構造でツーハム。
KTシリーズと云うヤツだ。
近くで観ると木目美しいし軽そう。
一回弾いてみたいが広島の楽器店見る事はまず無い…
そして小林さんと云う方製作のエレガット。
これが小振りでカッコ良かった。
ご本人と一緒にパシャ!

20181202100948d19.jpeg

足元は最近話題で評判の良いBOSSのマルチGT-1。
(コレ欲しい)

20181202100953184.jpeg

そしてアンプはおそらく本人のDVmarkのlittle jazzと
店のJC-60(実は廣木光一さんの)をステレオで。

2018120210094796c.jpeg

ギター以外は金の無いアマチュア(わし含む)でも手が出しやすいギアで
極上トーン出してた。
ちなみにピックもわしも一時的に使った事があるダンロップの分厚くて真ん中凹んでる黒いヤツ。
でもコレはピックの中では高い方。

それにしてももう一回書くが 予想以上に曲がツボにハマった。
CDがとても楽しみだ。(今から聴きます)
サインも貰ったし、またレビューします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CDこれ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。