参考までに

06-19,2018

先週の土曜日のライブでスタンダードの”skylark”と云う曲演ったんだけど
このアルバムのバージョンちょこっと参考にさせて貰った。

20180619161600da0.jpeg

Chris Cheek / I Wish I Knew (1996-97録音)

Chris Cheek (ts)
Kurt Rosenwinkel (g)
Chris Higgins (b)
Jordi Rossy (ds)

通常この曲はバラードで演奏する事が多いんだけど、
ここではミディアムスローのボサっちゅーかなんちゅーかこぉ〜
ラテンっちゃ〜ラテンなんだけど〜
ちょっと普通のラテンやボサとは違う感じ?
派手さなく割と淡々とクールに演奏されてる。
ポイントはベースとドラムなのだ。
これが地味ながら何気にカッコいい。
勿論わしらのライブでもベースとドラムの方にはそうやって演奏して貰った。
自分で演奏してて物凄く気持ち良くなるくらい上手くいった。

その他の曲も同じ様な(淡々&クール)感じで演奏されてる。
収録曲は全部で9曲。
うち本人作は1曲。
後はスタンダードにビル・エバンスの”time remembered “
基本ミディアムやスローの演奏が多くガツンと来る系は無い。
が、カートは全曲に参加。
コンピングにソロにとカート節全開で物足りなさは一切無い。
その他メンバーも合わせ王道スタンダードをストレートに演奏してるのに何処か新しい感覚を漂わせてるのは流石。
大満足。
いつかわしらもこんな感じで固めたライブやったら面白いかもな。
あくまでも感じだけしか出来んが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

極上コードワークおじさん

06-18,2018

先日のドラムレスライブでも演奏した“Wendy”が収録されたアルバム。
ギターはフェンダーのテレキャスで極上ジャズトーンを生み出すエド・ビッカート。
地元トロントでのライブです。

20180618053909c72.jpeg

Paul Desmond / Live (1975年録音)

Paul Desmond (as)
Ed Bickert (g)
Don Thompson (b)
Jerry Fuller (dis)

“Wendy”はオープニングナンバー。
ちなみにわしらのライブでもオープニングにした。
わしゃこの“Wendy”が好きでこれまでも何度か演ったが、
いつもオープニングだった気がする。
もしくはセカンドセットのオープニングか。
そういやぁテナーとは初だった。
それまではアルトに人とだけ演ってた。
でもテナーも良かった。
まぁとにかく聴けば分かるがもうスタンダードかっちゅーくらいの美メロ曲。
わしは特に最後の8小節がちょっとだけ捻ってあって好き。

で、話戻ってこのアルバム。
ギター好きにとっての一番の聴き処はエドちゃんのコードワークじゃの。
この曲もイントロからエンディングまでエドちゃんの美しいコードワークが冴え渡ってるのだ。
ソロ部でもそう。
シングルトーンとコードの美しき融合。
あぁ堪らん…
フルアコかと思うくらいの膨よかなジャズトーンじゃが
しっかりとサスティーンが効いてるんだな。
テレキャス使ってる理由にはそれもあるんじゃないか?
低音弦と高音弦の音のバランスも凄く良いのだ。
こんなの毎日聴いてたらまたもテレキャス欲しい病が再発して
妄想の日々が続くだろう。

デズモンド作はこの他に代表曲の“take five”も演っとります。
その他の収録曲も美メロスタンダードばかりで
エドちゃんの美しいコードワークを存分に楽しめる。
コンテンポラリー系ばかり聴いて疲れたら是非。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。




久々のドラム入り

06-17,2018

ライブの記録。今年11回目。
いつもの店。
メンバーはY氏、友人H、SZK君、わし
それと久々にドラムのSKIさん。
先週土曜のパーティから1週間で3回の演奏になりました。
その全てアンプ持ち込み。
その他大量の機材とギターもある。
セッションやる日は更に黒本2冊も持っていく。
いつまでこうやって機材運べる体力があるのか!
60超えたらキツイんじゃなかろうか。

演奏曲は以下の通り。

1st set

1 New York Minute
2 Stablemates
3 Skylark
4 Soul Eyes
5 Song Is You

2nd set

1 Pinocchio
2 All Of You
3 Invitation
4 Blame It On My Youth
5 Moment’s Notice

6 Straight No Chaser

今回は難曲多かった。
ギターは335。

20180617175309c89.jpeg

エフェクターはこれ。

20180617175308127.jpeg

最後にオクタバー踏んだ。
そして速いテンポで練習し過ぎると逆にテンポ落とすとやり難いという事を学んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BOSSも出た。セッション用に欲しいワイアレス。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

傷だらけのローラじゃなくて335

06-14,2018

ライブの記録。今年10回目。
去年の12月から続いているピアノバーで。
メンバーはピアノのマスターにベースのY氏、テナーSZK君、わし。
演奏曲は以下の通り。

1st set

1 Wendy
2 Windows
3 I Wish I Knew
4 In A Sentimental Mood
5 Giant Steps

2nd set

1 Love Letters

今回も1曲目以外セカンドセットはセッション。
お客さんも多く結構盛り上がった。

ギターは335。

20180614123243449.jpeg

2018061412324637b.jpeg

ご覧の様に塗装が剥がれてる所が数カ所。(ボディ裏やネック裏も数カ所)
それどころかそれ以外の場所もネチャネチャ溶け始めてるのだ。
で、それが気になるからついつい爪で擦る。
するとどんどん塗装がボロボロになる。今やほぼ全面傷だらけ。
どうにかならんもんかコレ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今巷で話題のコルトレーンの完全未発表スタジオ録音盤!
コレは聴きたい!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

変態ではない

06-10,2018

昨日はリーガロイヤルホテルで友人HとテナーのSZK君が卒業した高校(広島有数の進学校)の同窓会で演奏。
わしはゲストとして参加させて頂いた。
リーガでは2番目に大きな会場。
200人以上参加されてた。
ベースとドラムとトロンボーンの方とは初めて一緒に演奏した。

201806101407026b9.jpeg
持ってったギターはバードランド。
アンプは持ち込み。(ピーターソン)
通常生け花とか置く台にアンプ乗せたがこれが絶妙な高さで気に入った。
イコライザーも繋げてたがエフェクターはBOSSのDDー3のみ使用。
大会場でも音量充分のピーターソンのパワー。
フルアコだから若干ハウリングやフィードバックが心配だったが
これも全く問題無く演奏出来た。
演奏したのは5曲だけだったが久々にクソデカイ音で弾くのは気持ち良かったな。

201806101407085f4.jpeg

それはそうとこの日わしの一番の楽しみは
ドラゴンフライズ(広島のバスケットチーム)のチアガールのアトラクションだったのだ。
これ見たさにルールも知らないのにバスケット見に行こうかと思ってたくらいなんじゃが
まさかそれがこんな所で見れるとは。
よって演奏を終えたら酒飲みながらさり気なくカメラを片手に最前列へ移動。
変態かと怪しまれん程度にじっくり鑑賞&撮影。
すると1人可愛い子がいるではないか。
よって家帰って即チェック。
suzuちゃんという名だった。
と、わざわざ名前迄チェックしといてなんなんじゃが念の為言っておきます。
わしは女好きではあるが変態ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウエスのスコア出ます。



新しいエフェクターブックも出ます。rat特集。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。