FC2ブログ

ダメじゃこりゃ

07-07,2019

ライブの記録。(今年11回目)
今回は当初の予定が変わりテナーのI氏クインテット。
メンバーはピアノが友人Hであとはいつもと同じ。

ギターは335。

20190707210939c2a.jpeg

ドラム入りなんでアンプはピーターソン。

20190707210941a48.jpeg

そして足元はこんな感じ。

20190707210940bd1.jpeg

数曲で久々に♭5(歪)使用。
で、演奏曲は以下の通り。

1st set

1 Everything I Love
2 Stella By Starlight
3 Dolphin Dance
4 Say It
5 Footprints

2nd set

1 I’ve Never Been In Love Before
2 Nadalin
3 Lawns
4 Misty
5 Mr PC

I氏とドラムのk氏がクソ元気だった。
(2人とも思いっきり初老なのに)
r逆にわしは今だにまともに手が動かんので最悪だった。
ハァ…しんどい…辛い。
あぁ!早く元に戻りたい!
(どちらにせよ下手なんだけど)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレは良さそうね。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

速攻購入

07-04,2019

BiSHのメジャー3rdアルバムが発売された。

201907040211562cf.jpeg

BiSH / Carrots And Sticks (2019)

ボーナスCD付きやBlu-ray付き等4種類程発売された中で、
わしが購入したのは写真のボーナスCD付きのヤツ。
そしてそれと同時にGIGSと云う雑誌も購入。

20190704021218d79.jpeg

念の為言っとくけど、
わしゃ別にBiSHのルックスが好きな訳じゃないから。
決して若い女の子の写真見て鼻の下伸ばしとりゃせんから。
なんか言い訳がましいけど…
えーと…まぁ〜とにかく!
写真が見たくて雑誌を買った訳じゃなく、
コレにメンバーそれぞれのインタビューと、
BiSHのほぼ全ての曲を作っとられる松隈ケンタさんによる
アルバム全曲解説が掲載されとるからですね、
えー、
購入したと云う事をですね、
えー、
ご理解頂きたい!
と、強く願っておる訳ですね。
ハイ。
物凄く言い訳がましいですけどね。
ハイ。
ホントに。

で、昨日の発売日と同時にそれしました。
当然CD最高!
全曲捨て曲無し!
新たな名盤誕生!とだけ言っておく。
そして雑誌の方。
コレもかなりのボリュームで大満足。
結果、とても有意義な時間を過ごせました。
コレからCD買うつもりの方。
この鑑賞法オススメします。
最後に新譜から1曲貼っときます!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

今年もタツロー

06-30,2019

今年も山下達郎のライブへ行ってきた。

20190630113632e8f.jpeg

このブログを始めてからも毎回行っているのだ。
リンク貼っときます。

2013年
2014年
2015年
2017年
2018年

そんな訳で昨日は広島2DAYSの初日土曜日。
場所はタツローコンサートでは恒例の広島上野学園ホール(旧郵便貯金ホール)
タツローはここ以外ではしないのだ。
糖尿病で弱り切ってる今のわしは歩くのがクソ遅い。
お婆さんにも抜かれる程なのだ。
よって自宅をかなり早く出発。
しかも今年はグッズが充実してたんで4時半には現地へ行った。
結構買ったよぉ〜!
さぁーご覧下さい。
はい。
まずは鉄板のツアーパンフ。

20190630111811609.jpeg

ご存知の通りタツローのツアーパンフは毎回読み応えからねぇー。
コレは外せない。
まだ殆ど読んでないので
これからじっくり読みます。

そしてこれも鉄板。
ツアーT。
3種類あった中ツレが選んだのが今回のメインのコレ。

20190630111742af9.jpeg

可愛いデザイン!
でもムチムチの男がピチピチでこれ着るとキモいので止めてください。
このデザインは黒もある。

で、わしはコレ買った。

201906301117052d8.jpeg

タツローの愛機(フェンダーのテレキャス)がモノクロでプリントされている。
わしもテレキャスオーナーじゃけんね!
やっぱりコレでしょ!
うぅ!
カッコいい!
そしてそしてタツローポーチ。

201906301120580c5.jpeg

ナチュラルデザインでそんなのが好きなツレは気に入ってるようだ。

そしてお次はタツロー君マスコット!

201906301116075f2.jpeg

コレはテレキャスのケースに付けようと思います。

で、最後にタツロー付箋。

201906301115277ca.jpeg

ツレは付箋も好きなのだ。
凄い数持ってる。

以上!
グッズ紹介終わり。

ライブの方は時間ピッタリに始まった。
手術された難波さん(ピアノ)もお元気そうで何よりだった。
それ以外では前回から1年も経ってないので、
取り立てて書くことも無いのだ。
と言いつつ書くが、
序盤にわしの好きなpaper dollを久々にやってくれたのが嬉しかった!
それとまりやちゃん(竹内まりや)絡みで
何やら最近某動画サイトで人気らしい例のあの曲も久々に演奏。
それと昨日が土曜日の夜だったからか、
それとも単なる偶然か、
ラストは水平線からのひょうきん族と云う流れも良かったです。
そんな感じ。
それと最後まで座って観れたの本当に助かった。
何せまだまだ手足の力が入らんけん立ってるのも辛いのよ。
しかし昨日も思ったんだが、
特に昨日のホールの様な古い施設では、
身体の不自由な方々に不便な所が世の中まだまだ多いのだ。
昨日なんかどこのトイレも結構急な階段登らにゃならんので
クソ辛かった、
自分がこんな状態になって初めて気が付いたでよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山下達郎モノマネ芸人とコピーバンドしたい!
タツロースコア集。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

クソキモカッコいい!

06-29,2019

新作(これ)が気に入ったので遅ればせながらコイツも購入した。

2019062813405765b.jpeg

Tom Harrell /Something Gold,Something Blue (2015年録音)

Tom Harrell (tp,fh)
Ambrose Akinmusire (tp)
Charles Altura (g)
Ugonna Okegwo (b)
Johnathan Blake (ds)
Omer Avital (our)4

収録曲は全9曲。
(スタンダードの“Body&Soul”除いて全てトム・ハレル作)

いやいやいやいやいやぁー!!!
ぶちカッコええじゃんかぁーこれ!!!
わしゃ何でこれ買わずにスルーしとったかね?
何で「まぁーええか」とか思っとったかね?
我ながら不思議でならんわい。
大好きなマーク・ターナーが入ってないのはちと寂しいが
最大目的であるチャールス・アルトゥーラの目立ち度は断然こっち。
全9曲中8曲に参加。
その8曲全部ソロとっとりますよ!!!
どれもむちゃくちゃカッコええどぉー!
クゥー!!!
ウネウネとしたど変態フレーズがクソキモカッコいいのだ。
当然ギターはギブソンの335だろうな。
335特有のモッコリとした股間…
じゃ無くて、
モコっとしたコンプ感のあるサウンドもグッド!
うをう!!
ほんに、たまんねっす!
当然曲もええぞ!
新作も良いが、わし的にはそれもこっち。
ほんと何でスルーしとったかね?
わし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。


今日も歌モン

06-28,2019

昨日に引き続き今日もギタートリオをバックにした
ボーカルアルバムで行こう!

20190626140750671.jpeg

Sylvia Syms with KENNY Burrell / Sylvia Is! (1965年録音)

Sylvia Syms (vo)
Kenny Burrell (g)
John “Bucky”Pizzarelli (g) 4,7,8,10,11,12
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)
Willie Rodrigues (per) 4,7,8:10,11,12

昨日のとは打って変わりこれは超ベタな
王道ジャズボーカルアルバム。
ケニー・バレルのギターも勿論超王道、
いつも通りブルージー&アーシーに攻めてくる。
収録曲は全12曲。
基本バレルちゃんを中心としたトリオ。
そこに半数の6曲にバッキー・ピツァリレのギターとパーカッションが入って
2ギター状態になる!
昨日紹介したラリー・クーンズの歌伴は、
ここ最近では最高の一つだと思うが、
この如何にも「ザ・ジャズギター!」って感じの
のんびりとしたムードも良いんだなぁ〜。
全く違う良さ。
スインギーな#1、3、ブルージーな#2
バラード#5、そしてラスト2曲の流れ、
その辺りがわし的ベスト。
アドリブソロパートよりも、
そしてわしにとってはシルビア・シムズの歌よりも
バレルちゃんのコンピングが聴き所のアルバムなのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。