その瞬間

09-01,2016

カープ25年振りの優勝が迫ってきた。
その瞬間をわしは何処でどうやって迎えるのだろう。
9月15日の巨人戦で決まるのであればわしは現地ズムスタにいる。
今やプラチナ化したチケットを持っておるのだ!
わしは毎年毎年「もしかしたら今年こそ優勝するかも」と思い、
9月中盤または終盤の試合チケットを買い続けていた。
でも去年までは基本消化試合ばかり…
それが今年こそは!
うぅ…やっと無駄にならんのかもしれんのだ。
今はこの日に決まる事を祈るばかりです。
最悪なのがズルズルと伸びて9月17日になっちゃう事。
どうしてかというと実はこの日わしは自身のライブがあるのだ。
(友人H達と)
カープの試合は1時半からのデーゲーム(中日戦)
順調にいけば優勝は4時半から5時くらいには決まるだろう。
そうなると夕方からはライブやる店のある薬研掘・流川地区は異常な盛り上がりをみせてるはずだ。
そんな中わしらのライブを聴きに来る酔狂な客が居ると思いますか?
いないですよね。
下手するとわしの連れすら嫌がりかねんし。
でもいくらそんな状況でもわしらは店でちゃんとスタンバってないといけん。
店の外は歓喜の群衆が狂った様に盛り上がり、
店の中はいくら待てども絶対来る訳の無い客を待つ無言のオッサン4人組と云う図だ。
出来ればこう云う事態は避けたい。
では他の日ではどうか?
今現在巷でXデーとされてる9月の13日か14日(中日&阪神戦)
又はその前週の巨人2連戦。
いずれもカープはビジターゲームだ。
勿論現地には行けない。
よって広島でその瞬間を迎える訳だが広島の何処で迎えるかが問題だ。
優勝の瞬間の街の空気感を味わうなら何処かテレビ中継してるとこ、
パセーラとかゆめタとかに行けばいいだろう。
てか街のどの店でもテレビつけてるだろうから基本何処でもいい。
とにかく街中。沢山の人と観る。
実際わしも数年前なら確実に先の薬研掘・流川地区の何処かの店で観戦しそのまま朝まで飲み歩いただろう。
けど今はどうかな?
家族と共に家で静かにその瞬間を見つめるのも有りの気もする。
(大泣きはするだろうけど)
そしてそのままその夜広島の全テレビ局でやるであろう優勝特番を観るのだ。
更にそれが終わると録画してあるその日の中継をもう一度最初から観る。
これまでの長い道のりを振り返りながらしんみりと酒を呑み泣くのだ。
うーむ…どうしようか…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは面白そうな本だ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

元気ですかぁ〜!!!

08-31,2016

ライブの記録〜!今年7回目。
今回はいつ以来かは忘れたが結構久々テナーのI氏クインテット。

20160831090804c07.jpeg

ギターはこの前のセッションに引き続きヤマハSA-2000S
アンプは店のJC-77。
久しぶりにTCのリバーブ使用。(微かに見える赤いの)
こいつの"Church"と云うモードが素晴らしいのだ。
カート的リバーブ感。

演奏曲は以下の通り。

1st set

1 I Remember You
2 Peace
3 Recado Bossa Nova
4 I mean You (sax less)( Thelonious Monk)
5 Simone (Frank Foster)

2nd set

1 On Green Dolphin Street
2 Danny Boy
3 Out Of Nowhere (sax less)
4 What A Differrence A Day Made
5 I'll Close My Eyes

帰りがけマスター達と健康の話になった。
ベースのY氏が言ってたが
何方かが病気(脳溢血か何か)で演奏出来なくなったらしい。
(わしは知らない人)
テナーのI氏もドラムのK氏も持病があるし
わし自身も何の問題も無く元気に演奏出来る時間は案外残り少ないのかもしれん。
帰りの車の中でちょっと色々考えてしまった。
でもまぁそんな事心配してても仕方ないんで
元気なうちにもっとやらにゃいかんなというのが結論。
頑張るでぇ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TCのリバーブ。使用者多し。
小さいのもある。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ハマるCM

08-26,2016

最近わしの連れが気に入ってるCM。



松崎しげるよい。
しっかし顔黒いのぉー!!!
でもこの黒さが赤いフライパンにピッタリ。
如何にもな脂ぎった感じもグー。
連れがハマるのも分かる気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チャーリー・クリスチャン本。付属CDも魅力。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

滑舌&とく濃厚サウンド

08-25,2016

セッションの記録。今年13回目。

20160825200151ff6.jpeg

持ってったギターは久々のYamaha SA-2000S
店のRoland JC-77にこいつを繋げると気分は80年代。
ゴッチの家で未来へファンタスティックだ!

話戻します。
このSA-2000SのSとはスプルース単板トップの意。
SA-1000などと比べより甘いジャズ寄りなサウンドが特徴なのだが、
こいつは30数年の年を経て更に芳醇なサウンドを奏でる。
パワーは335より有るこってり系。
甘ぁ〜く濃厚なサウンド。
次はエフェクター通そう。

参加者は常連のみで少なめ。
何度も何度も聞き直したわし。だって分からんのんじゃもん。
でも、やっぱ適当に相槌打っとくのが正解か?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リバーブ。
ロベン・フォード、ジョンスコ使用。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ルイス・スチュワート

08-24,2016

アイルランド人ギタリストのルイス・スチュワートが亡くなったとの事で
今日はこれを久々に引っ張り出してきた。

201608241201005eb.jpeg

Louis Stewart . Heiner Franz / winter Song (1990)

Louis Stewart (g)
Heiner Franz (g)
Fritz Heieck (b)
Thilo Berg (ds)

これわしはアナログ盤で所有してるんじゃが、
確か2回目のニューヨーク旅行のとき購入。
2ギターと云うギターファンにとっては美味しい編成なんで
相方のヘイナー(?)ちゃん始め
ルイスちゃん以外は知らん人達ばかりだったが速攻で手にしたのだ。
それに収録曲も購入の決め手になったな。
フロント2人のオリジナル(各1)以外は有名曲で占められてて魅力的。
スタンダードの"LIKE SOMEONE LOVE""I SHOULD CARE"
"JUST IN TIME""CHELSEA BRIDGE"
更にブラウニーの"JOY SPRING"にトゥーツの"BLUESETTE"
因みにヘイナーちゃんオリジナルは普通のブルースで
ルイスちゃんオリジナルはビル・エバンスちっくな佳曲(ワルツ)。オススメ。

しかしこう聴くと改めて思うんじゃが、
ルイスちゃんってやっぱり地味に上手いんだよな。
軽やかにスイングする素晴らしいリズム感。
速いシングルノートのフレーズからコードプレイまでバランスよく聴かせてくれるし
王道ジャズギター好きにはまさに どストライクなお方なのだ。
逆に相方のヘイナーちゃんはテクニックよりも味で聴かせるタイプ。
程良いブルースフィーリングに豊かな歌心、
これ又王道ジャズギターファンの琴線に触れるお方。
因みに2人共白人髭面。
勿論全体的な演奏も王道です。
やたら奥に聴こえる全く主張の無いベースとドラムが却って潔い。
ライクサムインラブとブルーゼットはギターデュオ。
地味に良作なのだ。

1944年生まれ。この人も又早過ぎる。残念。
御冥福を御祈り致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これですかね。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。