FC2ブログ

霧の中

05-19,2014

Wolfgang Muthpiel の新作です。(ECMデビュー作)

14003943910.jpeg
Wolfgang Muthpiel / driftwood (2013年録音)

プロデュースは勿論、Manfred Eicher
 メンバーは本人のギターにベースLarry Grenadier
ドラムBrian Blade

このアルバムとにかくですね、
ジャケットのイメージ通りと云うか、ジャケット以上にと云うか、
モノトーン的なサウンドなんですよ。
青やグレーや黒一色。
でも単純じゃないんですよ。
一色の濃淡だけで色彩を表すみたいな感じでしょうか。
とにかくアルバム全編に渡って濃い霧に包まれてる様なサウンドです。

では、その辺を念頭に置いて早速いつもの様に聴いてみましょう!

1曲目。
静かな静かなフリーインプロビゼーション的な曲。
まぁ、一言で言えば霧の中ですよ。

2曲目。
淡々としながらもそこはかとない緊張感を醸し出すナンバー。
ムースピールはアコギ(ナイロン弦)使用。
ジャケ写を見ると、ヘッドレスのギター持ってるんですが、
これが多分ナイロン弦のエレアコじゃないかな?
指で弾いてるみたい。
カッコええソロです。

3曲目もアコギ。
ECM的美意識に溢れたナンバー。
でもまぁ、普通に聴いてたら気分は霧に包まれますよ。
ムースピールも気分は霧の中なんでしょう。
決して弾き過ぎない幻想的で美しく歌うソロを聴かせてくれる。
しかし、3人だけの演奏でこの音の膨らみは素晴らしいです!

4曲目。
ワンコードでグレナディアが淡々と弾き続けるリフに乗って、
ムースピールのクランチギターが怪しく蠢く。
徐々に熱を帯びるブライアン・ブレイドのドラミングも素晴らしい!

5曲目はタイトル曲でもあり、
唯一のメンバー共作。
しかし、コレもフリー的アプローチの曲です。
ムースピールはここもアコギ。
霧の中…

はい6曲目。
何なんすかね?
この不気味で得体の知れん緊張感。
これも所謂一般的なジャズでは無く、
凡人には理解不能な芸術映画のサントラみたいな曲?です。
まぁ、ムードは霧の中ですよ。

7曲目。
幻想的で美しくナンバー。
しかし、基本霧の中。
で、ここもアコギです。
選び抜いた最小の音数で勝負するムースピールちゃんなのであったぁ。
(今日のワンコ風に)

そしてラスト。
マイケル・ブレッカーに捧げてるみたいです。
これはルーパーを使ってるんでしょうか?
ギターソロバックにもう1本ギターが入ってます。
ソロはクランチサウンドで。
こうやって聴くとやっぱりこ奴の弾くギターカッコええんですよ!

以上!
サクサクっと終わりましたが、まぁー悪く無いんですよ。
ECM的な美に溢れてて。
曲もね、とにかく自由度が高くて3人の高度なインタープレイがじっくり聴けます。
ってか、殆ど自由だったんじゃなんじゃないかね?
派手さは無いけど物凄い集中力の演奏してます。
でも、わし的にはもっとムースピールのギターをガツンと聴きたかったんですよ!
ガツンとまで行かなくてももうちょっと位は欲しいですよ。
だから結構な消化不良感が残りました。
収録時間も短い!(43分)
でも、最後にもう一度言いますが、決して悪くは無いのです。
こう云うアルバムこそ聴き込むべきなんでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



最後まで読んで下さってありがとうございます!
更新の励みにしております!
今日もバナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

暴走する物欲とWolfgang Muthspiel

05-20,2013

昨日のブログで、「テレキャスが欲しゅうてたまらん!」って書いたばかりだが、
昨日、久々に このCD聴いてたら、また新たに、欲しいギターが、出て来た。



Wolfgang Muthspiel の "real bock stories"2001年録音。
メンバーは、Muthspielのギターに、Mark Johnsonのベース、Brian Bladeのドラム。
この中で、ムースピールが、使ってる、
Heritageって云う、メーカーのギターが、無償に欲しくなって来たのだ。
やや硬質で、ふくよかでリッチなサウンド。
深めにリバーブをかけた透明感のある音は、エフェクター乗りも良さそう。
ジャケ写や、youtubeを見ると、
ムースピールは、小振りなフルアコタイプを使ってるみたいだ。(詳しいモデル名は、分からない) 
うーん、カッコいい!
更に、ネットで調べると、ES-335タイプのセミアコもあるみたいだ。
で、これも当然、カッコいい!
そんな訳で、昨日寝る時、目をつむって、又も妄想の世界に入り込んでいたのだ。
「ヘイテージ2本は、買い過ぎだ。どちらか1本に、絞るしかないぞ。
それでも、今欲しいギターは、テレキャス、
そして、カートローゼンウィンケルが使ってる、ディアンジェリコのNYSS-3、
更に、このヘイテージと、計3本になった。
これは、狭い我が家では、置き場所に困るぞ!
CD、本、服、ギターと、ただでさえ、物で溢れかえっているのだ!
その上、ギター3本か!一体どこへ置けば良いんだ?
もはや、寝る場所を二段ベットにして、その上段を使うしか無いんじゃないか?
いや、待てよ!そもそも、二段ベットなど置けるのか?
我が家は、古い家だ、余り二階に物を増やすと、天井が抜けるんじゃないか? 
そうすると、家のリフォームから、考えんといかんじゃないか!
こりゃあ、一丁、テレビ番組のビフォー&アフターにでも頼んでみるか?金は無いが。
しかし、あの番組に出るとなると、入浴シーンが、あるぞ!
あの番組に出る家は、大体風呂場に問題を抱えた所が多い。
その問題を検証する為には、家主の入浴シーンが、欠かせないのだ!
だから、この番組に出る事になれば、番組スタッフ達は、
当然わしにも、入浴シーンを強要してくるだろう。
いくら、風呂場は関係無いんですよって言っても、聞いてくれないだろう!
奴らは、視聴率の為には、なんだってするんだ!
もしかしたら、わしの入浴シーンを、目玉にするつもりかもしれん!
水戸黄門の、由美かおるの様に!
そして、あんたが脱がなければ、始まんないんだよ!
ケツ出さなきゃ、始まんないんだよ!って脅してくるだろ!
いくら事務所を通して下さいって言っても、絶対に聞いてくれないだろう!
でも、これは嫌だ!
全国のお茶の間に、ケツを晒すなんて、絶対に嫌だ!
食事時の、日曜夜8時のお茶の間に、ケツを晒すなんて、死んだって嫌だ!
だいたい、お茶の間の皆さんだって、見たいか?
もうすぐ50になろうかと云うおっさんの、ケツなんて見たいか?
お茶の間に置いてある、50インチの大画面一杯に写る、中年オヤジのケツを見たいか?
見たくない筈だぞ!見たい訳無い筈だぞ!
え?
なんだって?
そんな事ないって?
見たいって?
じ、じ、じゃじゃぁ、しょうが無いか…」
などと、又もや、買いもしないのに、一晩中考えていたのだ。
あぁーしっかし、妄想は楽しいけど、辛い。
実際には買えないんだからな。でも、絶対に止まらないが。

くだらない話を、長々とすみません。
話を、アルバムに戻します。
これ、まずジャケットが、素晴らしい。
小さな写真集って感じで、中の写真、デザインともオシャレで、申し分ない仕上がりだ。
ジャズのCDで、ここまで、こだわってるの見た事ない。
制作費も結構かかったろうが、大丈夫だったのか?ちゃんと利益は出たのか?
大きなお世話かもしれんが、何となく心配だ。

アルバムタイトルのリアルブックと云えば、
ジャズスタンダードが大量に載ってる楽譜集と同じだけど、
わしの若い頃の噂で、
「リアルブックは、バークリー音楽院の近くのバーで、密かに売られている、海賊版だ」
って云う、今考えると訳の分からん、噂があったが、知ってる人いますか?
もしかして、わしの周りだけの噂だったのか?

で、タイトルに因んだのかどうかは、分からんが、
収録曲は、リアルブックに絶対載ってる、有名スタンダードや、ジャズオリジナルで、全10曲。
とにかく、素晴らしい演奏。
キースジャレットのスタンダーズを、ギターに置き換えた様な演奏
と、云えば分かりやすいかな。
この人も、まぁ色々なスタイルのプレイをするギタリストだけど、
この続編もまた作って欲しいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これも良さそう。
MuthspielとMick Goodrick(g)のデュオ。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
ねぇねぇ、下のボタン押してくれるんでしょ?
ありがとう~!
(満面の笑みであなたをジッと見つめながら…)

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ