FC2ブログ

完敗のカープとEric Alexander

05-18,2013

今日のカープ

今日勝ったら5連勝!って云う試合。
「そんなに勝つ訳無いな、多分、負けるな」って思ってたが、案の定負けたね。
ホント、そんなのだけは予想通り。

「そうそう、負けたね!
でものぉ、今日は、ビールがよう売れたでぇ!
あまりに売れるんで、わしまで売り歩かにゃ、ならんぞい!」
と、言いながら、嬉しそうに、売り子さんスタイル(ブルーのミニスカート)に、
着替える、元(カープオーナー松田元)であった。
(その格好するのか!)

しっかし、とにかく、バリントンが、不憫でならん。
哀れでならん。
気の毒でたまらん。
ホント、それくらい、バリントンの投げる試合は、打たん!
もし、巨人にいたら、すでに4勝くらいは、してんじゃないか?
次こそは、絶対に打ってやれ!そして、勝ち星をつけてやれ!

「う~ん…でも、ねぇ……
あんまり勝つと、バリちゃんの給料凄く上げんといけんじゃん? 
じゃけぇ、わし的には、これ位で、いいんじゃがね!テヘペロ!」
と、ペコちゃんスマイルで、お茶目に本音を語る元であった。

しかし、ノムケン
今日は、いつもの左右病を発症せず、右ピッチャーにも拘らず、
昨日大当たりの小窪を出したまではよかったが、逆にこいつが大ブレーキ。
少ないチャンスで、三振するは、ゲッツーはするは、とんでもない大誤算。
とにかく、ノムケンのやる事は、全て裏目裏目に流れて行く。
今度から、ユニフォームの背中に「URM77」(ウラメ77)って縫い付けてもらえ!

「いいねぇ!それ!直ぐにTシャツ作んなきゃ!」
と、嫌味にも気づかず、Tシャツ作りに邁進する、元であった。

やっとニックが、帰って来たね!
ジャイアントバーナード(プロレスラー)みたいな風貌で。
期待してるぞ!

「わしだって、帰って来たぞい!ウンコから。」
と、言いながら、颯爽とトイレから出て来た、元であった。

しかし、今日は、相手のピッチャー(金子)が、良過ぎたね。
ホント、淡々と試合が進んで行った。
だから、書く事もあまり無いね。

「そうそう、淡々。ねぇねぇ、淡々って美味しい?」
と、何でも食べ物と思う元であった。

明日は、移動日なしで、千葉だな。
しんどいのぉ!
でも、頑張ってね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さ、気をとりなおして、ジャズいきます。
今日は早朝コレ聴いた。



Eric Alexander の "full range" 1994年録音。
メンバーは、Eric Alexander(ts) John Swana(tp) 
Peter Bernstein(g) Kenny Barron(p) 
Peter Washington(b) Carl Allen(ds)
と、大所帯。
いやぁ、これがカッコいい!
ど直球のハードバップ! 
燃える闘魂的ハードバップ!
迷わず行けよ的ハードバップ!
男の勲章的ハードバップ!
(意味不明だが)
ジャズメッセンジャーズに、ギター入れたらこうなったって感じで、
とにかく、1曲目から、ハードに飛ばしまくる。
エリックアレキサンダーが、ぶっとい音のメカニカルなフレーズで、畳み掛ければ、
ピーターバーンスタインも、ど派手な2管に負けず、渋いプレイで応戦する。
まさに、「迷わず聴けよ。聴けば分かるさ!」byアントニオガーシャ
って感じのアルバムである。
是非!

最後まで読んで下さってありがとうございます。
↓のボタンを押して貰えませんか?
押してくれないと、あなたの部屋の前で、一晩中、地団駄踏みまくって悔しがりますよ。
「くぅ~!くぅ~!」って言いながら。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ