FC2ブログ

ギリシャの人

03-11,2016

少し前にくそカッコいい"チュニジアの夜"の動画を貼った
ギリシャ人ベーシスト、ペトロス・クランパニスのセカンドアルバム。

20160311092617f8d.jpeg

Petros Klampanis / Minor Dispute (2013-14録音)

Petros Klampanis (b)
Gilad Hekselman (g)
Jean-Michel Pilc (p)
John Haffielb (ds,per)

動画ではギターフロントのトリオだったが
ここではそのトリオにピアノが加わりカルテットがメイン。
更にヴァイオリン×2、ヴィオラ×2、チェロ×2が加わる計10人の大所帯。
(失礼ながら弦の人達の名前は割愛させて頂きます)
正直わしは当初このストリングス6人参加は「微妙だな」と思っておった。
「甘くなり過ぎるんじゃないか」
「変にゲージツしてんじゃないか」
とマイナス思考で勘繰っておった。
しかし中々どうしてコレが劇的な効果を生み出しているではないか!
コレは有りだ。
全然有りだ!

収録曲は本人のオリジナルが4、ギラッド作が1、ジョビンの"Luiza"
ギリシャのトラディショナルが1で全7曲。
ギリシャ、イスラエル人がメインなんで音の方もそんな感じ。
肌寒いような薄暗いようなムード、マイナーキーメイン。
更に弦の効果もあってかアルバム通して現代音楽的ムードもある。
1曲目からまさにそうでヨーロッパ、及び中東のムードも漂う哀愁美メロ曲。
しかししっかり現代的ジャズなムードもある。
そしてやはりストリングスの旋律が効果絶大。
これが入ると一気に雰囲気が変わるのだ。
中盤ベースのリフからのギラッドの乱反射的ギターソロが何とも言えずカッコいい!
2曲目も基本そんな感じだがこれは少しスパニッシュなムードもある。
まぁどちらにせよヨーロッパなんだけど。
ギラッドソロ有り。
3曲目はギラッド参加してるがギターソロ無し。
しかしピルクちゃんの素晴らしいピアノソロが聴ける。
4曲目がギラッド作。
これまた如何にもギラッドなコンテンポラリーかつ中東な曲調。
うん、やっぱストリングスいいよ。
勿論ギラッドのカッコいいソロ有り。
5はギターソロ無し。
ギターはテーマのみ。
ここもストリングスが劇的に盛り上げる。
6がブラジル人ジョビンの曲。
しかしヨーロッパなムードのこの中にあってもこの曲は全く違和感無し。
それどころか逆にぴったり。
このアルバムのムードが分かって頂けるでしょうか。
ギラッドの美しいソロ有り。
7はギリシャトラディショナル。
トラディショナルと云うよりコンテンポラリーナンバーと云った感じのアレンジ。
ギラッドソロ有り。

ベーシストがリーダーだが、
アルバム全体通して演奏の方のメインはギラッド。
曲もいい。
ギラッドファンは買って損無しの名盤。
オススメします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

物欲再発

02-12,2016

ギラッドのこの曲テレキャス使ってたんか!



またテレキャス欲しゅ〜なった。
たまらん…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この曲が入ってるアルバムはこれ。



そしてギラッド参加のアリ・ホーニグの新譜です。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ジワジワの快感

11-06,2015

ギラッド・ヘクセルマンの新譜は久々のギタートリオ作!
(完全トリオはデビュー盤以来か?)

2015110512002634b.jpeg

Gilad Hekselman / Homes (2014年録音)

Gilad Hekselman (g)
Joe Martin (b)
Marcus Gilmore (ds)

上記の不動のメンバーに加え2曲にJeff Ballad (ds)
が加わる。
(よう考えたらその内1曲はツインドラムだから完全トリオ作ではないか)

収録曲は12曲。
(オリジナルが8曲にその他が4曲)
が、前作同様長くて1分半のイントロ、
及びインタールード的小品が4曲有るんで実質8曲。
トリオだからかどうかは不明じゃがビシバシの緊張感は薄く、
全体的にミディアムからスローテンポの哀愁曲多し。
ギターサウンドも空関系エフェクトをかけたスペーシー&クリーンサウンドオンリー。
歪み一切無し。
しかしギターはしっかりと弾きまくっとりますよ。
ギター好きも納得仕上がり。

1曲目
次曲へのイントロ32秒。
2
ミディアムテンポのオリジナル。
幻想的な曲想はちょいマイク・モレノっぽい。
ギラッドソロガッツリ。
3はツインドラム。
ラテンと云うか16と云うかそんな感じのオリジナル。
ギラッドはここでも長尺ソロをタップリと聴かせてくれる。
オープニングと終盤に2回のドラムソロの応酬有り。
4
アコギ一本で奏でる1分半の哀愁曲。
5
コレも次曲へのイントロみたい。
6
宇宙空間漂う様なスローナンバー。
テープの逆回転みたいなSE的エフェクト音のギターと、
クリーントーンのギターとで2回のソロが聴ける。
ギラッドのクリーンは本当に良い音だ。
7曲目もちょいモレノっぽい。
浮遊系オリジナル。良い曲だ。
ソロも良い。
ここからカバーが4曲続きます。
8はバド・パウエルの"Parisian Thoroughfare"
この曲のみファーストテンポの4ビートナンバー。
クールに弾きまくるギラッド。
ジワジワくる快感…
くっそカッコええ。
9はバーデン・パウエルのスローボサ。
"Samba Em Preludio"
このソロも秀逸!
10はメセニーの"Last Train Home"
ゴージャスな本家と違って物凄く質素、
と云うか素朴なサウンド及びアレンジ。
でもコレも全然悪くない。
わし好き。
尚この曲のみドラムがジェフ・バラードに変わる。
11はイスラエルのSSWらしいMatti Caspiって人のナンバーで"Dove Song"
ちょいスパニッシュ系のスローな曲。
わしゃこの人の事は一切知らんがものごっつーええ曲じゃん!
でラストも1分45秒の小品で締め。

一全編ジワジワくるカッコ良さ。
コレはええで!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます
またのお越しをお待ちしてます。

動く

10-02,2015

Gilad Hekselman(ギラッド・ヘクセルマン)のPV。
メセニーの"Last Train Home"を面白いアレンジで演ってます。
何気にカッコいい。



最初なんか違和感かんじながらも普通に観てたんじゃが、
実はこれ画面触ったら動くんですよ!(カメラが)
360度回んの。
凄いですね!最近の技術は!
って、わしが知らんかっただけで前から有る技術かもしれんが。
まぁ、とにかく驚きました。
なんにせよもう直ぐ発売です。
あぁ!早く聴きたい新譜ちゃん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレね。



いつも読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
バナーのクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

6月6日

06-06,2013

昨日のカープ
また負けたね。
もうね、この球団、一回潰れなきゃダメかもしんない。
もう、何もかもダメ。
特にダメなのが、育成力。全く選手が育ってこない。
元(カープオーナー松田元)の奴、
「うちは愚直な迄に育成して行く、打つだけの様な選手をFAで取る事はしない」
とか、言ってたが、
育成していく努力すら見えて来ない。
本気で育成していく気があるなら、実績ある監督や、コーチを連れて来る筈だ。
でもやってる事は、監督含めて、コーチ、スカウトなど、能力などお構いなしに、
ただただ、自分のお気に入りのヤツだけを揃えるってだけ。
だから、結果なんか気にしない。

あっ!もしかして、監督、コーチまで育成するって事か?
呑気にそんな事考えてんのか?
でも、どとらにせよ、これも出来てないな。
責任も取らず、何年も居続ける、無能コーチ見てれば分かるな。
多分、この発言は、わしらファンを、欺く為言ってるだけ。
「育成してんだから、少々負けても文句言うな」って事。(少々じゃないけど)
ってか、もう怒る気力も無いわ。
こうやって書くのも虚しいわ!

「そうそう、育成!わしも育成しょうるでぇ!ポケモンを!」
と、古っ~い、ゲームボーイ持って粋がる元であった。

しっかし、さっきからずっと、
最近のカープで褒めるとこ無かったか考えてるんだが、全く無いね。

「そんな事言わんの!わしゃ褒められて伸びるタイプなんじゃけぇ!」
と、紺の半ズボンに白いハイソックス、黄色い帽子にランドセルの小学1年生ルックで、
汚い横チン覗かせて、出勤する元であった。

今村って、どうしたんかね?
最近、全くやる気を感じんね。

「今ちゃんは、どうか知らんが、わしゃ、やる気まんまんでぇ!」
と、下半身は、小さな前張りのみ、上半身は、黒いレースのブラジャーに天使の羽根。
更に、旧ドイツ軍の鉄兜を被り、鼻の穴に500円玉を入れ、
ケツに突き刺した打ち上げ花火を、噴射させながら走り回る、元であった。

ノムケンよぉ。
ニック使うのは、もうちょっと治ってからにしろよ。
走ってるの見てるだけで、痛々しいぞ!

「はうっ!はっ、はっ、はうっ~~ぅ!
こ、こ、これさえあれば、わし、もっと速よう走れるでぇ!
ウサインボルト超えも夢じゃないでぇ~!はうっ~ぅ!」
と、言いながら、さっきよりもっとデカくて強力な打ち上げ花火を、
ケツに仕込もうと、四つん這いで頑張る元であった。

なんか、下品ですみません。もう止めます。
あまりにカープが不甲斐ないんで、訳が分からなくなっております。

話変えます。
聞くところによると、今日、6月6日は、楽器の日らしい。
それは何故か?
調べるとありました。こうあります。

※ ご存じでしたか?「楽器の日」。全国楽器協会(楽器メーカー、楽器卸商、楽器小売店による業界団体)によって、1970年(昭和45)に制定されました。
では、6月6日がどうして楽器の日に選ばれたのでしょうか。それは古くから言われている「芸事の稽古はじめは、6歳の6月6日にする」というならわしに由来しています。なぜ子どもの稽古はじめが「6」づくしなのか、定説はありませんが、一説によれば日本式に数を指で数えると、5までは指を曲げるけれども、6になると逆に小指から指を立てる、そこから「子が立つのは6」と縁起をかつぎ、6歳の6月6日となった、とも言われています。

なるほど、上手い事考えます。
では、6月6日。
他には何か無いでしょうか?

実は、あるんです。
何を隠そう、わしの誕生日が!(オーメンのダミアンと同じ)
ガーシャちゃんのお誕生日が!(どうでもいいとお思うでしょうが)

で、わしら世代のお誕生日と云えば、カレーでしょ!
子供の頃、それぞれ、お誕生日会を家でしてもらってましたよね?
そんときの、ご飯が絶対カレー。
どの家もそう。ハウスのバーモントカレー。
西条秀樹が感激してたヤツ。
みんなから、ちょっとしたプレゼント貰って一緒にカレー食べるの楽しかったなぁ。

ただね、わしの友達で、魚屋の息子がいたんだけど、そいつの誕生日会だけは違った。
超豪華だった。
超どでかい舟型の器に、鯛だ平目だと、まぁ、刺身がてんこ盛り。
更に、天ぷらや、煮物など魚料理のオンパレード。
今考えると、これにビールがあれば、一端の企業の忘年会なんかには、引けをとらんかったからね。
ホント、小学生のくせして、一流企業の接待みたいなもん食ってたな。

ま、そんな訳で、誕生日一発目に聴いたのが昨日やっと届いた、コレ。



Gilad Hekselman / this just in
メンバーは、Gilad Hekselman(g) Joe Martin(b)
Marcus Gilmore(ds) のトリオにMark Tuner(ts)が、3曲加わる。
前作と同じメンバーなんで、基本同じ路線のアルバム。
特に気に入ったのが、マイケルブレッカーのファーストで演ってた、
ドングロルニックの"nothing personal"
中々、面白いアレンジでカッコいい!
うーん!しかし、この人やっぱり上手いね!
でも、誕生日に一人でコレ聴いてんのってどうなんかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
下のボタンを押して貰えますか?
押してくんなきゃ、あなたの家の玄関先で、カレー作って、お誕生日会をしますよ。
ライスは、あなたに貰いに行きますよ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ