FC2ブログ

ジョーの思い出

12-24,2014

超久々の1日2度目の更新。

ジョー・コッカーが亡くなったらしい。
ジョー・コッカーの代表作と云えばやはり映画"愛と青春の旅立ち"の主題歌だろう。
あの映画はわしも当然観に行った。
当時付き合ってた例の籠城事件の彼女と。
(籠城事件についてはこの記事この記事読んで下さい)

しかし、わしにとってジョー・コッカーと云えばこの事件が一番の思い出だ。
と云うのは嘘で、
実はこのアルバムが一番思い出深い。

14193760760.jpeg味のあるかっこいいジャケット!

Standing Tall / Crusaders 

クルセイダーズ1981年のアルバム。
この中でジョーコッカーは2曲ゲストで歌ってるんだが、
これがいいぃ~んです!
先ずはA面2曲目のバラード "I'm so glad I'm standing here today"
(わしが持ってるのはアナログ盤)
いやぁ~まぁ~物凄い希望出る感。
ハンパないヤル気出てくる感。
とにかく、一度じっくり歌詞聴いて下さい。
(と云いつつわしは歌詞カード読んでるんだけど)
多分、大きなダム工事に携わりたくなる筈です。
しっかし、これに対抗出来る曲って中島みゆきの"地上の星"位しかないんじゃないか?

そして、もう1曲がB面初っ端 "this old world's too funky for me"
邦題"ファンキー・ワールド"
そう!
まさにそう!
思いっきりファンキーな世界!
この曲大音量でかけたら、
マジでウチのオカン(御歳77歳)だって腰振って踊り出すんじゃないでしょうか。
この曲のみベースはあのルイス・ジョンソン!
こ奴のチョッパー(あえてそう呼びたい)が冴えまくっとります!

勿論、他の曲も名曲揃いですよ。
マーカス(ミラー)のスラップ、バリー・フィナティのギターソロ、
まぁ~どえらいカッコいいタイトル曲。
(イントロのキーボードがちと古臭いが)
如何にもジョー・サンプル的メロディラインの"sunshine in your eyes"
(そう云えばジョー・サンプルも今年亡くなった)
少し南部臭を感じる爽やかメロに萌えるB面2曲目の"luckenbach texas"
ピアノソロに胸キュンの哀愁系マイナー曲"longest night"

クルセイダーズの中では比較的地味なアルバムだと思うが、
わしゃこのアルバム大好きなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

値段がえらい事なってるがこれね。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになってます。
どうぞバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

カープと南から来た十字軍

04-08,2013

昨日のカープ
雨にも負けず、風にも負けず、快勝したね!

完投ペースだったマエケンは肩の張りを訴え自ら降板したらしいね。
ぶち心配だ。やはりWBCのツケが廻って来たのか?
「いやいや、肩の張りなら、わしもよくあるでぇ、
サロンパス貼って寝とったら治るんじゃなぁか?」
と、松田元が訳知り顔で言ってるが、自分とマエケンを同様に扱うな!
お前の場合、爺い特有のただの肩凝りだろ!と言ってやりたい…(想像ですが)

またも今村が投げたな。
投げすぎじゃい!
昨日の展開でも今村じゃないといかんのか?
これじゃ年間100試合ペースだぞ!
ノムケンよ、悪い事は言わん、計画を立てろ。
意味不明采配を連発するお前でも、決して難しい事じゃないぞ。
そうだな、子供の頃のお小遣い、計画して使ってただろ?
あれと同じだ。そんな風に考えろ。分かったか?
そして、他のピッチャーを使って負けるって事も覚悟して挑め。
じゃないと全て悪い方に向かうぞ!全て勝とうと思うな!

二軍に落ちた福井よ、
わしから、お前に一つ提案があるんだが聞いてくれるか?
お前の母校、済美高校の後輩達を見習って、ペコん乗せで(この記事参照)
一から出直すってのはどうだ?
少なくとも注目は浴びるぞ。日本中から。
わしのブログもアクセス増えたから。

連続ブログドラマ「元がゆく」第一話

元    
    「くぅ~!」
わし
    「どうしました?元さん?」
元    
    「ラミちゃん(DeNAラミレス)が2000本安打打ったじゃろ?」
わし   
    「そうですねぇ。素晴らしい記録です。」
元    
    「くぅ~!わしゃ、悔しいんじゃ!悔しゅーて堪らんのんじゃ!」
わし
    「何で部外者のあなたが、そんなに悔しがるんですか?」

    「そりゃ、よそのチームの選手じゃ記念Tシャツ作れんけんのぉ」
わし
   「……」


連続ブログドラマ「元がゆく」第二話


   「くぅ~!!」
わし
   「またまた、どうしました?元さん?」

   「くぅー!くぅ~!くぅ~!」
わし
   「一体何なんですか?今度は誰のTシャツの件で悔しいんですか?」

   「いや、川平慈英のモノマネしとるんじゃよ。似てない?」
わし
   「……」


ちゃん!いいね!
新井コーチの指導がバッチリ、ハマったか?
このままの状態を続ければ三割は堅いぞ!
しかし、油断大敵だ!気を引き締めて頑張れ!
と檄を飛ばすわしの横からまたも此奴がこう言った。
「そしたらちゃんの背番号変えて一儲けしなきゃ!」って。
そうです毎度お馴染み、松田の元ちゃんが。(あくまでも冗談です)

ちゃんがイチローばりのアクロバティックなホームインした時のノムケンの笑顔。
それだよ!それ!いい笑顔だったよ!
それで無くても辛気臭い しゃくれ顔してんだから、
ナイスプレイの時は、思いっきり笑顔出せばいいんだよ!
チームのムードが変わる筈だぞ!
しかし、お前の先輩 中畑清の能天気さに比べたらまだまだ足らん位だぞ!
お前には、これから毎日鏡の前で10分間の笑顔練習を課す!
(わしが課してもやらないだろうが)

そして更にノムケンよ、
今の栗原出すより、松山の方がいいだろ。
折角、調子のいい状態なのに勿体無いよ!
特定の選手に固執するの良くないと思うがな。
固執するのは元のTシャツ作りだけでいいからな。

堂林は平凡なサードゴロ捕っただけでも拍手喝采だな。
そのうち屁こいただけでも拍手喝采受けるんじゃないか?
堂林が屁こいたよ。ヘェ〜って感じで。

堂林ちゃんが今季第一号ホームラン打ったぞーい!
ねぇねぇTシャツ作っていい?
今季第一号Tシャツ作っていいじゃろ?ダメかぁ?売れんかぁ?
と、元がキャッキャッ言ってTシャツ作りに固執してます。

阪神のゴールデンルーキー藤浪は細いなぁ。
まだまだプロの体じゃないな。
お~い、新井よ~い。たらふく美味いもん食わせてやれぇ。
お前給料貰いすぎてるからなぁ~!

しかし、やっぱり勝つと嬉しいもんだな。


全て冗談ですからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、いつもの拝見してるブログの方に影響されて
フュージョンを聴いてみよう!しかもアナログ盤で!
The Crusaders の "those southern knights" 1976年作




いやぁカッコいいなこれ!特に一曲目の"spiral"
このラリーカールトンのギターソロ、何回いや、何百回も聴いたが(もっとか?)
カッコよ過ぎだろ!
この曲、当時コピーした人むちゃくちゃ多いんじゃないかな。
当然わしも完コピしましたが、ソロ出だしのダウンチョーキング一発!
ここでもうシビれる!
こんなアイデア、このソロで初めて知ったからね、わし。
で、音がまた良いんですよね!ナチュラルなディストーションサウンド。
ギブソンES-335にアンプは3ボリュームのブギー。
で、三つのボリュームは全て、7にセット!てのが定番。
当時のヤングギターに出てた。
で、わしこれと全く同じセッティングで家のアンプ(60Wのジャグボックス)で音出して、
オカンにむちゃくちゃ怒こられたの覚えてるな。
家全体が振動する程の大音量だったから。

ま、それはともかく、このアルバム聴いてると、
クルセイダーズのコピーバンドしたくなってくるな。
多分楽しいと思うぞ。


最後まで読んで下さってありがとうございます。
サクッとポチッと押して下さい。お願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ