FC2ブログ

ジャケ買いOK

09-12,2015

今朝又タバコの夢を見た!
但し今回は自分が吸ってるんじゃなくて
見知らぬおっさんがタバコ吸ってる横にくっ付き、
「あぁ…うまそうだなぁ」とか言ってる夢。
ほんにリアルないい香りだった。
ホント脳内で何か分泌されてたんじゃないのか。リアル過ぎる。

20150912100327947.jpg

Jimmy Raney / Live In Tokyo 1976

Jimmy Raney (g)
Sam Jones (b)
Leroy Williams (ds)
Barry Harris (p) 10.11
Charles McPherson (as) 10.11

紫煙漂うくそ渋いジャケット。
確かこのアルバムは発売当時ですかね、
出張中たまたま寄った新宿のディスクユニオンで発見して購入しました。
実はアナログ盤(ジャケットはコレとは違う)も持ってるんだけど
アナログ未収録が3曲も入ってるし、
何と言ってもこのジャケットがカッコいいから買うしかなかった。
(勿論中身も気に入ってるし)
収録曲は全11曲。全てがスタンダードかジャズチューン。
ゲストが入る最後の2曲もいいが、やはりトリオの9曲がいい。
ジミー・レイニーは1927年生まれなんでこの時49歳。
ジャケ写だけ見るともっと爺さんに見えるが演奏内容はやっぱり元気。
クールなイメージもあるジミーさんがこのアルバムではかなりホットなのだ。
アップチューンでは高速のバップフレーズを淀みなくバリバリ弾きまくる。
ソロで演奏されるステラなんて聴くとマジで驚きます。(いい意味で)
一転バラードでは歌心溢れる燻し銀プレイも聴ける。
とにかくギターを完全にコントロールしているのです。
上手い!
王道ジャズギターファンの方、責任持ってオススメします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
バナーのクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

あったかい親子

02-15,2013

昨日はえらく早く寝たんで、5時半に起きてしまった。
外は雨。以前お話した様に(これです)わし、雨の日好きなんですね。
な訳で、今日の一枚は、これです。



Jimmy RaneyとDoug Raneyの親子共演盤
「NARDIS」です。

この二人(父ジミーと息子ダグ)仲いいのか、確か三枚程
デュオでレコーディングしてると思うんですが、ホントそっくりなんですよ。

と云っても、顔じゃないですよ、
勿論、顔も似てんですが、プレイの方ですね。
じっくり聴いても分かんないです。音もソックリ。

ダグレイニーを初めて聴いたのは、ペトルチアーニに続き
これも約30年前、渋谷はJAROの柴崎さんから、教えてもらったのがきっかけです。

確か柴崎さんダグのライブ見たばかりだった様な覚えがあります。
 
ジャケットの表にDIGITAL RECORDINGってわざわざ書いてあるんだけど、この当時(1983年)は、珍しかったんですかね。

内容はビルエバンスに捧げてるみたいで、彼にゆかりのナンバーで締められてます。

とにかく肩肘張らない演奏で、リラックス出来るんです。
ダグ、子供の頃からお父さんにギター教えてもらってたんでしょうね。
幼いダグとまだ元気で若い頃のジミーの二人が、
練習してるとこ想像しながら聴くと、ほっこりとあったかい気持ちになります。




応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ