FC2ブログ

新作レビューからのカータンの想い出

09-28,2016

ジョンスコ新譜!
わしは当然ボーナストラック目当てで日本盤購入。

2016092816595045a.jpg

John Scofield / Country For Old Men (2016年録音)

John Scofield (g)
Larry Goldings (p,org)
Steve Swallow (b)
Bill Stewart (ds)

帯にザックリこう書いてある。
「自らのルーツであるカントリーやフォークを
ジャズと云うフィルターを通して制作した初の試みとなるアルバム」

「カントリーか…微妙だな…」当初そう思いました。
「そんな試み要らんのにな、普通にジャズでええのに」とも思いました。
しかし同じ気持ちでおられた方々ご安心下さい。
如何にもジョンスコな"いなたい"ジャズから一発モード系、
メインストリーム系、セカンドライン風と見事にジョンスコ流ジャズになっとります!
まぁしかしよく考えたら半分以上の曲知らんし、
ジョンスコって昔っからこんな感じのジャズ演ってたし、
最初っからなんの心配も要らんかったんかもしれん。
でもテーマがテーマだけあって
ジョンスコの鬼気迫るプレイを大官能と云う感じのアルバムではないです。
もっとマッタリ、のんびりとしたジョンスコを味わうアルバム。
良いですよ!

曲はボートラ入れて全部で13曲。
先にも書いた通りカバー集といっても元知らん曲多し。
よって知ってた曲のみ少しレビュー。
まず2曲目の"I'm so lonesome I could cry"
これはこの前ブログにアップした(この記事)
渋谷さん&市野さんのアルバムの特典CDRで演ってた曲。
それまで知らんかった曲。
あっちは超スローテンポだったがこっちは一発物の高速4ビートになっとります。
同じ曲には全く聴こえない。
例外的にこの曲はジョンスコ弾きまくっとります。

3曲目ジェイムス・テイラーの"Bartender's Blues"
これはほぼ原曲のムードのままの演奏。
しかしジョンスコの奏でる粘っこくレイドバックしたテーマメロプレイは
爽やかなJTのボーカルとは全く違う。

7曲目"Jolene"
これはもうわしの小学校の時のアイドル オリビア・ニュートンジョンで知ってる。
あのプールから顔出したジャケットのLP持ってた。
ここでのジョンスコは何と3拍子のジャズワルツに調理。
まさにコルトレーンの黄金カルテットみたいで超カッコいい!
まさかこの曲がこんな風になるとは驚きだ。

8の"faded love"はどっかで聴いた事あるな。
ここではストレートアヘッドなどジャズで演奏。
「どっかで聴いた事ある」程度なんで違和感全く無し。

10曲目が問題の"Red River Valley"
日本語タイトルは「赤い河の谷間」
これはわし世代の日本人ならば全員知ってる筈だ。
何と言っても小学校の音楽の教科書に載ってたのだから。
しかもわしにとっては初めてギターで弾いた思い出深い曲でもある。
少し長くなりますが聞いてください。(読んで下さいか)
あれは今からうウン10年前…
中2のわしはその後どヤンキーになる友人EG(g)、ゴッチ(ds)、MZO(b)
の四人で広島は比治山にあった中国楽器店の音楽教室に通い始めた。
当然全員素人だ。
先生は2人。
ギター、ベースのジムホール風に禿げた先生(推定年齢60歳)に
もう一人はドラム専任のちょい強面の方(推定年齢57歳)
当時は二人共もっと老人に見えたが実際は案外そんなもんだろう。
ギター&ベースとドラムは別々の部屋でレッスン。
わしら弦楽器組はとにかく最初はチューニング。
当時チューナーなど無かったからな。
いや、有ったかもしれんがそんな高価なモンはプロのみが使っていた。
よってギターを持った人間が初めて習うのはチューニング。
しかしこれが難しかった。
だからレッスン後先生にチューニングして貰い絶対ペグ動かさない様に帰宅。
どうにかそれをキープしたまま翌週迄そのまま練習してた。
絶対キープ出来てる筈ないのに、バカか…わしは…

で、その後音階練習したりして最初に習った曲がこの「赤い河の谷間」と云う訳だ。
単音メロディーに基本的なコード。
それまでの単調な基礎レッスンから一気に音楽的なレッスンに変わった。
そして1週か2週して全員が弾ける様になるとドラムのゴッチを加えて4人で演奏した。
最初にわしが単音メロディー、EGがコード、2番はその逆。
ベースはルートのみ。
ドラムはハイハットにスネアのみ。ベードラ無し。
みんな超基本。
でも、それなのに感動したのだ。
本当はこんなアホみたいにご陽気な曲やりたくもないし、
出来ればディープパープルとか弾きたいのに心底感動したのだ。
今でもその時の気持ち覚えている。
あの感動があったから今でも音楽続けてるのかな。カッコよく言うと。

そしてそれから更に数週間または数ヶ月。
カータンと云う仲の良い友達が新たにバンドに加わる事になった。
しかし担当楽器が決まらない。(カータンも楽器初心者)
よってとりあえずボーカルと云う事で一緒にレッスンに通い始めた。
しかしボーカルが入ったとはいえわしらのレパートリーはこの「赤い河の谷間」しかないのだ。
だから歌うのはそれ。
小学校で習ってた歌。
それのみ。
しかもわしらはボーカルによってkeyを変える様な高度な事は出来ない、
当初わしらが習ったkeyにカータンが合わせるしかない。
そんな状態の上カータンは元々声が低い…
結果 物凄い低音で歌ってました。
「娘ぇ〜達はぁ〜微笑みぃ〜」とかそりゃーもぉー、
お前はフランク永井かってくらいの低音で。
だからその後当然カータンは「低音の魅力」と云うアダ名で呼ばれ始めました。
これ又今でもカータンの歌声を初めて聴いた時の笑撃は覚えている。
話戻ってここでのジョンスコ。
ギターの「ジャンガ、ジャンガ、ジャンガ、ジャンガ」(アンガールズではない)
に乗ってオルガンがテーマを弾く。
先ずここで殆どの人が笑うでしょう。
完全にウケ狙い。
しかしアドリブパートからは完全なるジャズ。
いやぁ〜凄いアレンジ!

12曲目の"I'm an old cowhand"
これはもうロリンズで聴いてるが何とここでのジョンスコはウクレレの独奏。
意表尽き過ぎ。

そして最後はボートラの"Tennessee waltz"
日本では江利チエミが歌ってたんですよね。
超有名曲。
これもわりとオーソドックスに演奏。
後髪引かれる様なジョンスコのプレイがこの素朴なメロディーにぴったりなのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本盤これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

発見動画

08-04,2016

ベースを弾いてるジョンスコ動画発見。




ギターソロ キレッキレ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バーニー・ケッセル未発表ライブ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

やっぱりウネウネ

11-20,2015

入手してから暫く経ちましたがジョンスコ(ジョン・スコフィールド)の新譜。
今作は名門インパルスからです。

201511200941181f9.jpeg

John Scofield / Past Present (2015年録音)

John Scofield (g)
Joe Lovano (ts)
Larry Grenadier (b)
Bill Stewart (ds)

輸入盤は9月末に出てた。
しかし、わしゃボーナストラック目当てで国内盤が発売されるのを1ヶ月待った。
でもまぁーこれが長かった!
途中何度輸入盤を買おうと思った事か。
輸入盤の方が当然安いし。
マジでアマゾンで購入とキャンセルを数回繰り返しました。

90年代ブルーノートのジョー・ロバーノとのバンドのリユニオン
(デニス・アーウィンが亡くなってるのでベースは変わったが)
と云う事で内容も概ねそんな感じ。
でもストイックな印象の当時からは随分聴き易くなった感じを受けます。
この違いは何でしょうか?

収録曲は10曲(日本国内盤)
全てジョンスコオリジナル。
1曲目は2010年のパリでのライブDVDでも演ってた
ゆったりとした5拍子ナンバー。
ジョンスコ、粘っこくコッテリとウネウネ。
2曲目はジョンスコお得意のミディアムファーストの循環物。
ジョンスコ、
グレナディアのウォーキングベースに乗ってジャジーにウネウネ。
3曲目は美しいメロを持つスローワルツ。
ジョンスコ、優すぃ〜くオシャレにウネウネ。
4曲目、メロウなテーマのミディアムナンバー。
ジョンスコ、当然メロウにウネウネ。
5はクールなムードのミディアムスローナンバー。
ジョンスコ、後ろ髪引かれる様にヌメ〜っとウネウネ。
6、これ又レイドバックしたムードがジョンスコらしいナンバー。
ジョンスコ、"キュイーン"とチョーキング連発しつつウネウネ。
7曲目は軽やかなビートのジャズチューン。
ビルスチュのドラミングが気持ちE!
ジョンスコ、軽やかなんだけどサクッと縦横無尽にウネウネ。
知的ムードの8曲目もミディアムテンポのジャジーなナンバー。
ジョンスコ、クールかつ小粋にウネウネ。
9曲目はジョンスコ曰く未来のブルース。
しかし全くそうとは聴こえないトコが如何にも。
ジョンスコ、問答無用にガッツリとウネウネ。
そしてラストが国内盤ボーナストラック。
コレがぶりカッコいいミディアム4ビートナンバー。
国内盤を待って良かったぁー!
で、ジョンスコ、ラストも迷い無くウネウネ。
悟りきったかの様にやっぱりウネウネ。
とにかく全編ジョンスコらしさ全開でウネウネ。
そしてここできっぱり確信しました。
聴き易さの原因は曲の良さ。
うーん、コレ名盤!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさんジョンスコ好きなら国内盤買いましょう。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ゴリゴリな人達

10-05,2015

ジョンスコ(ジョン・スコフィールド)ファンには懐かしい名盤が、
嬉しい価格で再発されたんで買ってみた。

201510051520433be.jpg

George Adams-Don Pullen Quartet / Live At Montmartre (1985録音)

George Adams (ts)
Don Pullen (p)
Cameron Brown (b)
Dannie Richmond (ds)
John Scofield (g)

「油ギトギト特濃豚骨スープを更に半日コトコトと煮詰めました」的、
強烈固形ラードアルバム。
又は
「毛むくじゃらの大男5人が金棒担いで殴り合う時間無制限バトルロイヤル」的、
汗だく脳震盪アルバム。
このアルバムを言葉で表すとしたらこんな感じでしょうか。
(違うか?)
もうね1曲目(ジョンスコ作のブルースナンバー)からぶっ飛ばしてます。
ジョンスコ、アダムス、プーレン、
いやメンバー全員ゴリゴリに弾き倒し、吹き倒し、叩き倒す。
バラードも演ってるけど最終的にはゴリゴリ。
とにかく全編容赦無くゴリゴリ。
聴いてるわしはくたくた。
そんなアルバムが30年前のLPより安く買える。
ほんにいい時代になったもんだ。
ジョンスコファン必聴。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
バナーのクリックをよろしくお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

影の主役

06-12,2015

もしかして広島は梅雨明けしたんだろうか。
昨日と打って変わって鬱陶しい程の快晴。
蒸し暑い。
だから今日は鬱陶しい程コテコテ、アウトしまくるゲーハー、
ジョンスコ(ジョン・スコフィールド)参加作を聴く。

20150612173347b55.jpg

Shortcuts Jazzpar Combo 1999
Ulrik Scofield Danielsson Erskine (1999年録音)

Hans Ulrik (as,ts)
John Scofield (g)
Lars Danielsson (b)
Peter Erskine (ds)

かなりの強力メンバー!
(と云いつつリーダーハンスちゃんの事はほぼ何も知らんが)
収録曲も全てメンバーオリジナル。
(ハンス2曲、ダニエルソン1曲、アースキン2曲、ジョンスコ3曲)
所謂ウォーキングベースの4ビートは1曲だけですがジャズ度高し。
と云うか正真正銘のジャズ。
音的にはジョンスコのブルーノート時代の諸作を思い浮かべて頂ければそれ正解。
4ビートは無くとも濃厚でジャジーなムードに満たされとります。
そんな中ジョンスコは全編に渡っていつもの様に、
コテコテ、ゴリゴリ縦横無尽に弾きまくっとります。
聴いてるだけで汗が噴き出してくる程キレッキレです。
これはもうジョンスコがほぼ主役。
ジョンスコの裏リーダーアルバムと言っても差し支えないでしょう。
この蒸し暑さの中、大音量で聴くと確実にトリップします。
ジョンスコ好きならマスト。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
今日もバナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ