FC2ブログ

スペース・ゾンビ

05-05,2014

わしが今迄の人生で観てきた映画、
いや!
映画だけじゃないですね。
テレビ、ラジオ、レコード、カセットテープ、CD、MD、ビデオ、DVD、ブルーレイ、
及び新聞、雑誌、小説、漫画等、
とにかく、わしが今迄観たり聴いたりしてきた膨大な数の作品の中で、
1,2を争う程中身の無い物を紹介します。

13991132320.jpeg

いやぁ~まぁ~、とても古い映画なんですけどね、
この作品のしょうも無さはメガトン級です。
邦題見てちょっぴり期待するでしょうが、宇宙的描写は一切有りません。
アメリカ西部辺りののどかな田舎が舞台です。
ってか!
もうね、余りにもくだらな過ぎて、ここにあらすじとか感想書く気もしません。
ここでスパッと終わりたいくらいです。
でもまぁ、あえて云えばジャンルとしては一応ゾンビコメディですかね。
でも、ほぼ笑えません。
観てる人を本気で笑わせ様としてるのかすら疑問です。
出てくるゾンビは普通に話します。
普通にテクテク歩きます。
「うぅぅぅ~」的な奇声も発しますが、
次の瞬間「あのね」って感じで普通にトコトコ近寄ってきて喋ってます。
例えばゾンビになった叔父さんの家行きますね、
そしたら叔母さんに「ご飯食べて行かない?」的な事も言われちゃいます。
(無視しても結構何度も誘ってくる)
とにかく、非常ぉ~にくだらんです。
余りにもくだらな過ぎて腹も立ちません。
逆に泣けてくる程です。
でもこれが、「好きか?嫌いか?」と云う事になれば、
B級ゾンビ好きのわしとしては嫌いじゃないんですね。
不思議と。
で、更に「傑作か?駄作か?」と聞かれたら、
「傑作ではない。でも悪くはない」とあやふやに答えちゃいますね。多分。
ただ、もう一度言いますが「この映画そもそも真剣に作ってるのか?」
「どこ迄本気なんだ?」と疑うくらいグダグダです。
高校の文化祭で上映する映研の作った映画くらいグダグダです。
絶対にオススメ出来ません。
もう一度言います。
決してオススメしません。
(でも、わし的には死ぬ迄にもう一度位は観てもいい。かな?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご購入は自己責任でお願いします。
ってか、完全版など作る必要あるんでしょうか?



ジャズも一枚。
もう直ぐ発売。David Binneyの新譜。
アダム・ロジャース、ウエイン・クランツ参加。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになってます。
バナーのクリックをよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

ワールドウォーZを見に行った。

08-29,2013

話題の大作、「ワールドウォーZ」を見に行った。

130829-0.jpg

「無類のゾンビ好き」と云われる、このわしだ、
これは何があっても見に行かねばならない。
もしこれをスルーしようもんなら、
「何で見にこんのん?」と、小首傾げたゾンビに怒られる。
もしくは、総入れ歯が外れた老人ゾンビに、
よだれでベトベトになる迄、歯茎でハグハグされそうだ。
ちゃんと割増料金を払い、3Dのを見に行って来た。
少し話が飛ぶが、ところで、あの3D映画用のメガネ。
鼻の低い人間には、かなり辛いみたいだ。
一緒に見に行ったわしの連れ(鼻ほぼ平ら)は、
メガネが全く鼻に掛からない為、
両耳のみで、3Dメガネの全重量を支える事になり、
映画終了後「耳がちぎれる程痛い」と言っていた。
映画館の方には、鼻の低い日本人の為、
海女さんが被る様な、水中眼鏡型の3Dメガネの開発を提案したい。
(わしは全然大丈夫だった)

話戻します。
この映画、話題になってる分、逆に案外批判も多いようだ。
確かに、冷静にみると(冷静じゃなくても)ツッコミ所満載の、
意味もメッセージも無いどうでもいい映画の様に思える。
普段はホラー、ましてやゾンビ映画など、
全く見ないであろうブラピ(主演、ブラッドピット)ファンからすると、
けしからん映画なのかもしれん。
しかし、ゾンビ映画を、そんなに真剣に見ちゃいけない。
ゾンビ映画とは何も考えず、その瞬間、そのシーン毎に、
「ひえぇ~!」と怖がりながら見てればいいのだ。
頭を綺麗さっぱり空っぽにし、手に汗握り、金玉縮ませて見ればいいのだ。
(女性の場合3番目は無し)
その点、この映画は合格だ。
単純に「ひえぇ~!」を連呼出来る。
ゾンビ映画では定番の、
そして、わしが大好きな籠城(この記事チェック!)シーンが無いのは残念だが、
次々と変わる物語の舞台が、テレビゲームのステージをクリアしていく様な感覚で、
見ていて飽きさせない。
その数あるステージの中でわしが特に気に入ったのが、
冒頭の市街地でのシーンとイスラエルでのシーンだ。
物凄いど迫力だった!
これは大作ならではの、お金の掛け方だろう。
このシーンの予算だけで、B級ゾンビ映画が10本位作れるんじゃないか?
いや、20本位、いや、ひょっとしたら50本位作れるかもしれん!
あっ、あとWHOでの、"だるまさんが転んだ"的シーンも最高だった。(笑えた)
子供の頃遊んだ、リアルな緊張感&恐怖を思い出させてくれた。
もしかしたらこの遊び、アメリカにもあるのか?
その場合、"ゾンビさんが転んだ"と云う名前になってるとか。(違うか!)
しかし、実際、本格的なゾンビメイクをして遊んだら、
おっさん(40歳以上限定)でも、「キャッキャ」言いながら楽しめるんじゃなかろうか。
これは是非やってみたい。
しかもゾンビ役をやってみたい!

えーそれから、
ゾンビマニア以外もターゲットとしている大作だけあって、グロいシーンも全く無い。
ゾンビの頭を吹っ飛ばすとか、内臓"デロ~ン"とかは、もっての外なのだろう、
スプラッター的演出は皆無だ。
因みにわし、ホラー映画のスプラッターシーンは大好きなのだが、
テレビとかでよくやる、実際の手術シーンとかは大嫌いだ。
怖くて堪らん。
あと、高い所も嫌い。
ゴキブリも嫌い。
蛇も嫌い。
ニンジンとピーマンも、だぁ~いっ嫌い!(小学1年生ぽく)

スプラッターシーンは無いが、その分ゾンビの数で満足させてくれる。
B級ゾンビ映画では、精々50人位しかゾンビが出て来ないが、(ひとり何役も演る)
この映画では、まぁ何千何万と云う数のゾンビが物凄い勢いで襲ってくる。
もう、半分宙を飛びながら、頭から突っ込んでくる。
プロレス技で云う、フライングヘッドパッドだ!
「お前は、ダイナマイトキッドか!メキシコ系マスクマンか!」と、軽くツッコミ入れといた。
あのイスラエルでの、巨大な壁を突破するシーンなんかも凄かったな。
もう恐怖を通り越して感動した程だ。
しかし、ありゃ、餌に群がる蟻さんの大群を見て、思い付いたアイデアじゃないか?
昔、近所の駄菓子屋で買ったアイスを道に落としたら、よくこう云う状態になってたぞ。
アイスが壁で、蟻さんがゾンビ。
で、アイス落とした小学生が監督。
そしてそれ見て、「おぉ!これだ!」とか思ったんじゃないか?
うん、多分そうだ。
リンゴが落ちるのを見て、万有引力を発見したニュートンみたいなもんだ!(これは違うか!)

最後にひとこと。
ゾンビの定義ってのも色々あって、
「この映画の、こ奴らはゾンビとは言えない」って方もいるかもしれない。
しかし、わし的には、まぁこの映画もゾンビ映画って事にする。
出来れば細かい事で突っ込まないで頂きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズを一枚。
ラーゲちゃん(Lage Lind)参加!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、昨日も沢山のクリック本当にありがとうございます!
とてもハゲみになります。
わしの頭部はハゲそうです。
今日も応援のクリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

わし的ゾンビ考

04-30,2013

ショッピングモールへ行った。
そしてわし、ショッピングモールに行くと絶対に思い出す事がある。
これだ。

130429-0.jpg


そうです。ゾンビです。(英語タイトルはdawn of the dead)
わしはショッピングモールに来ると、マスターオブホラー ことジョージAロメロが作った
この傑作ゾンビ映画を直ぐさま思い出すのです!

この映画、ゾンビから逃れた主人公達が巨大なショッピングモールに籠城して
ゾンビと対峙してるだけって単純な物なんだけど、
(後半略奪者軍団が乗り込んで来て大騒ぎがあるが)
わし、このショッピングモールに籠城してるって部分が大好きなんですね。
わし的に最高にハマる場面!
着の身着のままで逃げて来た主人公達の生活が
籠城生活が続くうち日増しにレベルアップするところが面白いし、実はちょっと羨ましい。
(物凄く苦労するんだけどね)
何となく、わしも籠城生活をしてみたくなる程だ。
(ホント凄い苦労するんだけどね)

まず、何と言ってもこのショッピングモールのデカさと
物資の充実さ加減がハンパない!
食品や衣類は勿論のこと、ゾンビ退治に大切なお道具(銃器)が大量に揃うガンショップ、
退屈しのぎに楽しめるゲームセンター、
長い籠城生活には程よい運動も大事だよって事でスケートリンク等
ありとあらゆる物が揃ってる!
もう、これだけあれば 「わし、いくらでも籠城出来るけんね!」って思うくらいに何でもある!
(そこ迄いくのにハンパない苦労があるんだけどね)

そして、そのショッピングモール内にいるゾンビどもを駆逐し、
だだっ広い店内全てを自分の空間にした時の喜び!
(その駆逐するのが大変なんだけどね)
更に、そこにある全ての物を自分の物にする快感!
(いや、本当はしちゃいけないんだけどね)
好きな時に好きな事が出来る幸せ。
(常にゾンビに囲まれてるんだけどね)
まさに「レッツ エンジョイ籠城生活!」って感じで物凄く憧れる!
わし的には、これこそが、この映画のハイライトシーンだと思ってる!
これだけで一本映画作って欲しいくらいだ!
(いやいや、ゾンビとの対決がメインだからね)

だから、ショッピングモールに行くと常に考えてる。
目の前に居るこのおっさんがゾンビになったら、
ライダーキックからの空手チョップ(古っ!)の連続技で倒すしかないなとか(銃持ってないから)
このモールは入り口が多すぎてゾンビ締め出すのに苦労しそうだなとか、
食品売り場では、籠城する事になれば缶詰は大丈夫だから
魚や肉等生物から食べた方が良いなとか、
いつゾンビに襲われてもいい様に常に目を光らせながら考えてる。
(ホント、バカかお前はって事なんだけどね)


と、そんな訳でわしの好きなゾンビ映画を何作か紹介する。
でも最近はゾンビ物多過ぎてチェックしきれんのだがね。

まずはコレ!"アイアムレジェンド"



これは面白い!
ショッピングモールじゃないがこれもある種の籠城生活と云っていいでしょ!
わし的にはマンハッタンで一人きりの生活って場面をもっと見たかった!

お次はコレ!
ロバートロドリゲス監督の"プラネットテラー"



これ最高!ゾンビに喰い千切られた足にマシンガンくっ付けるって発想が凄い!
そして主演のローズマッゴーワンも可愛い!(スクリームに出てた)
出来ればタランティーノの"デスプルーフ"とセットで見て欲しい。

はい次!
"ショーンオブザデッド"



ゾンビ系コメディの元祖!やっぱサイモンペッグとニックフロストのコンビは最高だな。
見るべし!見るべし!

お次は、ロメロ版ゾンビのリメイク(でも内容は全く違う)
"ドーンオブザデッド"



元祖走るゾンビ!ホント全速力で走って追い掛けてくる!怖ぇ~!
マジで傑作!

よっしゃ!次!
"ゾンビストリッパーズ"



ゾンビのストリップシーン、ええよぉ~。
ちょっと、そこのオトーサン!見なきゃ損だよぉ~。
お下劣ゾンビ度ナンバーワン!

はい!次!
"ゾンビランド"



ゾンビコメディの大ヒット作。軽いノリがいいね、さすがに面白い!

そろそろラスト!
"デッドフライト"



飛んでる飛行機の中でゾンビ大量発生&大暴れ!
でも、これ見ると飛行機って結構広いなって思うよ。オススメ!

って感じでまだまだ沢山面白いのあるけど、
疲れたし、キリが無いので止めます。
おっさんに無理は禁物だからな。(ホント、ゾンビ映画多過ぎ)

最後にゾンビ映画を見る上での注意点を一つだけ。
ゾンビ映画では「何故?」とか「どうして?」とかを言ってはいけません。
頭を空っぽにして見るだけです。
以上!
それではまた明日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズも一個だけ。
マイクモレノ参加作。あぁ、ライブ見たいの…



最後まで読んで下さってありがとうございます。
押してけろぉ。↓を押してけろぉ!(あまちゃん風に)

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ