FC2ブログ

静かな名盤

07-15,2015

本日は、
この間リリースされたエンリコ・ピエラヌンツィと
フェデリコ・カサグランデのデュオアルバムです。

20150715100302c9f.jpgジャケットがいい!

Double Circle (2014年録音)

Enrico Pieranunzi (p)
Federico Casagrande (g)

このアルバム、Amazonではリリースアナウンス当初から、
ずーっと10月21日発売となってました。
ずーっと間違ってたのです!
それがわしの指摘で改められた。
(随分時間かかったけど)
これからAmazonで購入される方はわしに感謝。

内容はこの二人のデュオと云う事で予想してた通りのサウンド。
リリカルで幻想的、
何となく芸術映画のサントラの様な格調高いムードさえあるサウンド。
全編ヨーロピアンなムード漂い(行った事無いけど)
深夜、早朝、黄昏時、その辺りに聴けばバッチリ。
でも、かと云ってジャズ的要素が皆無なのかと云えばそうでは無く、
しっかりインプロも有る。
だから「もしかして全然アドリブ無いのか!」と心配してる方、
その辺大丈夫です。
ECM系とか好きな人は絶対好きな筈。

収録曲はピエラヌンツィ作が5、カサグランデ作が3、
共作(インプロ)が2、それと"beija flor"と云うブラジルっぽい曲。
もう1曲目のピエラヌンツィ曲聴いた瞬間「あぁ…いい…」と恍惚状態。
続くこれ又ピエラヌンツィ作の情熱的な3拍子ナンバーもいいし、
唯一のカバー曲も曲演奏諸共最高。
カサグランデちゃんの曲はやはり何処かミステリアスで仄暗い。
しかしそれも又アクセントになってていいのです。
わし大好き。
因みにカサグランデちゃんは全編スチール弦のアコギ仕様。
ジャケ写見るといつも通り親指にサムピック付け、
その他の指も総動員して弾いてる模様。
さり気なくぶり上手いです。
とにかく大きな声で大絶賛するって感じじゃなく、
静かに静かに、そーっと耳元で「これ良いよ…」とオススメしたいアルバム。
静かな名盤。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。(右はダウンロード版)



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
よろしかったらバナーのクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

怪しい男

03-12,2015

2007年ギブソン・モントルー・ジャズギター・コンペティションの優勝者
Federico Casagrande(フェデリコ・カサグランデ)のアルバムです。
多分イタリア人。

14260296960.jpeg

Spirit Of The Mountains /  Federico Casagrande (2007年録音)

Federico Casagrande (g) 
Stefano Senni (b) 
Ferenc Nemeth (ds)

最近新譜がリリースされましたが、変則編成なんで未入手。
コレはギターファンなら誰もが大好物の普通のギタートリオ。

で、早速1曲毎に書いていこうと思ったが止めた。
ダークで怪しげなギターからアルバムは幕を開けるが、
これがまぁ、全編に渡ってそんな感じでほぼ全曲同じムードなのだ。
だから一々書く意味がない。
マジで1回聴いただけではどれがどの曲だったか把握出来ない程の似通ったムード。
(拍子やリズムを色々変えてるが基本同じ。4ビートも一切無い)
よって初めて聴く人は何度も聴く事になるでしょう。
しかも続けて2~3回。(わしがそうだった)
ここで好き嫌いが別れるでしょうね。
わし的にはこの怪しいムード大好き。
何度も聴いてる内に否が応でもどんどんこ奴の魔力に取り憑かれていった。
(もう既に虜)

プレイスタイルも独特です。
まず使用ギターが何の変哲もないフェンダーの見た目普通のテレキャス。
それでまぁ、ぶっとい良い音出してるのだ。
しばらく収まっていたわしの「テレキャス欲しい 病」がスーッとぶり返してきそうだ。

今時のギタリストらしく、エフェクター使うのにも抵抗は無いみたいだ。
ディレイは勿論歪も使う。
中でも特にヴォリュームペダルの使用率高し。(ペダルじゃなくて奏法かもしれんが)
ヴォリュームペダル買って以来わしだって高し。
関係無いけど。

そして右手も独特なのです。
youtubeで確認すると親指にサムピック付けて基本3フィンガー、
場合によっては、5フィンガーで弾いてる。
フォークでも歌いそうなスタイル。
弾いてる時の顔も思いっきり怪しい。
こんなだから勿論出てくるフレーズも独特。
特に誰の影響も受けて無いのか、
逆にあらゆるギタリストの影響を受けてるハイブリッドギタリストなのかそれは謎だ。

とりあえず中身についても一言。
全曲カッコ良いが(似てるんだから当たり前だけど)
わし的にはちょい派手めな(でもあくまでもちょい)3、5、8曲目辺りがツボです。
でも、もうちょい色んなパターンあってもいいかもね。
何にせよギターファンなら聴くべし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。(右はダウンロード版)



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ