FC2ブログ

待ってたぞマシューちゃん!

06-02,2015

待ちに待ったマシュー・スティーブンスの公式ファーストアルバムがやっとリリースされた!
わしゃ~ホンマ楽しみにしとったんじゃ!
故に我が家(わしの部屋のみだけど)では既にこの1週間絶賛ヘビロテ中です。

fc2blog_20150602165147fea.jpg

Matthew Stevens / woodwork (2014年録音)

Matthew Stevens (g)
Gerald Clayton (p,key)
Vincent Archer (b)
Eric Doob (ds)
Paulo Stagnato (per)

はい1曲目。
ギターのアルペジオから始まる
プロローグ的な小品。
俄然期待が高まる。

2
SF的ムード漂うハードナンバー。
手に汗握るピアノとギターのせめぎ合い!
両者ともさり気無い振りして
まぁ~どエライハイパーフレーズカマしてくる!

3曲目はタイトル曲。
コレがまた良い曲なのです。
メセニーっぽくもあり、メルドーぽくもあり、
カートっぽくもあると云う、
わし大好き系ナンバー。
ソロはギター、ピアノ。

4
これ又非4ビート高速コンテンポラリーナンバー。
しっかしまぁ~どいつもこいつもクソ上手い!
仰け反る事間違い無しのハイテク演奏だ。

5曲目はショーターに捧げた怪し気曲。
なる程そんな雰囲気。
(4ビートじゃないショーター)
マシューちゃんの使用ギターはダグラス・ハリソンと云うルシアー制作のカスタムモデルらしい。
若干線が細い気もするが、ちょっとジュリアン・レイジにも似た
ナチュラルで個性的なサウンドだ。
そしてここでもピアノが良い仕事してる。

6曲目はドラムとオーバーダブした複数のギターのショートナンバー。
このアルバムでは一部ギブソンのゴールドトップレスポール(P90搭載)を使ってるらしいが、
これもそうかな?

7は唯一のカヴァー、デビッド・ボウイの"Sunday"
ギターはこれもレスポールか?
深いエフェクト(ディストーション、ディレイ)効かせたサウンド。
タイトなドラムがカッコいい!
原曲は知らんが見事なコンテンポラリーナンバーに仕上がっとります!

8曲目はピアノ抜きのギタートリオで演奏される淡々としたスローナンバー。
ここではスチール弦のアコギ使用。

9曲目はギタートリオ+パーカッションのカルテットで演奏。
変拍子
それでもマシューちゃんは縦横無尽。

10曲目はディストーションギター炸裂のハードフュージョン的ナンバー。
ドラムがモノゲーカッコいい!

11
再びクリーンサウンドに戻る。
いやぁこのソロもすこぶる良いのだ!
16系のミディアムファストナンバー。
4ビートしか聴かないジャズファンは絶対損してます。

そして輸入盤はピアノ&ギターのデュオで演奏される幻想的な12曲目で
ラストみたいだけど、
日本盤はボーナストラックが1曲付いとります。
これ又カッコいいんで出来れば日本盤買うのをオススメします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ日本盤です。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
バナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

来ないから…

02-04,2015

マシュー・スティーブンスちゃん…
つい最近来日してたみたいだけど当然広島には来なかった。
あぁ!
行きたかった!
会場限定で売ってたCDも聴きたいぃいい~!!!
死ぬ程聴きたいぃいい~!!!
お願いマシューちゃん!
今からCD持って広島来てぇええ!!!
と、ジタバタした処でどだい無理な話なんで、
今日は大人しくマシューちゃん参加のこれ聴きます。

14230057870.jpeg

Dive / Chet Doxas (2012年録音)

Chet Doxas (ts)  Mattew Stevens (g)
Zack Lober (b)  Eric Doob (ds)

ピアノレスじゃけんね。
マシューちゃん大フューチャーですよ!

はい、1曲目。
リーダーチェットの"ブレーキの壊れたダンプカー"的重量級ナンバー。
勿論非4ビート
マシューちゃんのソロも歪サウンドで
ヘビー且つコンテンポラリーにがなり立ててくる。
くぅ~カッコいい!
因みにマシューちゃんの最近の使用ギターはHarrisonとか云うブランドのセミアコ(フルアコ?)
だがこのアルバムでは何でしょうか?
昔の動画では335も使ってたみたいじゃが。

2曲目はマシューちゃんのオリジナル。
ミディアムテンポ、マイナーキーの変拍子曲。
(この曲以外は全てチェットちゃんのオリジナル)
ソロはギター、テナー、ドラムの順で。
マシューちゃんは、アダム・ロジャースに近いモコっとしたクリーンサウンド。
小さな断片を繋ぎ合わせた様なフレージングで攻めてくる。
タマキン辺りがゾワゾワしてくるカッコ良さ!
うーん、たまんねっす。

3曲目。
テナー&ギターのユニゾンテーマが不穏な空気を醸し出す4ビートナンバー。
ソロはテナー、ギター。
ギターはここもクリーン。
ユラユラと漂ってたかと思うと鋭く切り込んでくる。
うぅぅ!
これ聴いてると益々あの会場限定CD聴きたくなってくる!
でも聴けない…
く、く、悔しいです!!!

4曲目はリリカルなスローナンバー。
冷たい空気感の中にある怪しい光…
うーむ、わしの大好きなタイプの曲だ。
ソロはテナーからギターへ。
マシューちゃんってこう聴くと少しマイク・モレノっぽい所あるな。

5曲目は万華鏡並みに姿を変えるトリッキーな変拍子曲。
まぁー聴いてて腰振りながら乗ってくる様な曲ではない。
ソロはテナーとギターが。
これまたクリーンでトリッキー。

6曲目はドロォ~~ンとした怪しきミステリアスナンバー。
このムード、癖になる程悩ましい。
ギターソロは無し。

7曲目。
ミディアムテンポの3拍子ナンバー。
このギターソロも実にカッコいい!
この人って動画で見ると不器用そうにギター弾くんだけど、
出てくるサウンドは実に滑らか。
ここでも息の短いフレーズを次々と繋ぎ合わせいく様なスタイルで攻め込んでくる。

ラスト8曲目。
ブルースだけど普通じゃない。
リズム、テンポ、次々と姿を変えるクールな展開。
ソロはギターからテナーへ。
勿論ぶりカッコええ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
どうぞ今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ