FC2ブログ

侘び寂びな人

07-13,2016

昨日書いたミッシェル・ペトルチアーニの名曲"Morning Blues"
あれをギタートリオで演ってるアルバムがあります。

20160713100023fbf.jpeg

Sadanori Nakamure / Remembrance (2000年録音)

中牟礼貞則 (g)
小杉敏 (b)
江藤良人 (ds)

日本ジャズギター界の重鎮ムレさんのコレは自主制作盤に近いのだろうか?
インターネット販売などまだ少なかった時代だったのか
わしは確か電話(多分誰かの自宅)で注文し代金は銀行振込で購入した。
今の様に"ポチッと"と簡単にはいかなかったのだ。
21世紀になったとはいえまだまだのどかな時代だったのか。

収録曲は全9曲。
上記の"Morning Blues"以外はスタンダードが3曲、
自身オリジナルが2曲、その他ジャズメンオリジナルが3曲。
これもわしらのライブの定番曲だが、
Steve Swallow の"Falling Grace"を演ってるのが嬉しい。
中牟礼さんのプレイは文句無し!
日本人でこれだけジャジーなムード醸し出す人そうは居ない。
そして逆に日本人だからこその究極の侘び寂び。
使用ギターはお馴染みの'56年製アルニコピックアップのギブソンES-175
アンプは同じくヴィンテージのギブソンのGA-50。
出てくる音も究極の侘び寂び。
今の時代メジャーレーベルじゃ中々作れないだろう激渋アルバム。
そんな訳でAmazonやHMV等では売ってませんが、
こちらのサイトにまだ若干数残ってるみたいなので欲しい方はここからどうぞ。
いまだに振込か現金書留のみみたいですが…

まぁとにかくジャズギター好きなら先ずは後悔しません。
日本ジャズ界にひっそりと輝く隠れた名盤。いや超名盤。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギターメンテグッズ。ネックピロー。
ギターに合わせ高さが調整できる。コレはいい。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

日本の至宝

01-20,2014

今日聴いたのは日本が誇る名ジャズギタリスト、
中牟礼貞則さんのアルバム。

140109-2.jpg

中牟礼貞則 / gentlethree(2007年録音)
メンバーはギターのムレさん、ベースの稲葉国光さん、
ドラムに小原哲次郎さん。
うん、鉄壁のトリオ!
こんな売れそうにない(すみません)激渋アルバムを、
2000年代のこの日本で作ってくれたミュージシャンやプロデューサー、
その他沢山の関係者の方々に感謝しつつ、早速行全曲紹介行きます。

1曲目はマル・ウォルドロンの名バラード"soul eyes"
いきなりのミッドナイト的激渋演奏!
カッコ良過ぎてヘナヘナと腰が抜ける!
ムレさんの使用ギターは'57 gibson ES175
一見するとドッグイヤータイプのP90ピックアップが二つ付いてる様に見えるが、
実はフロントのみPAFらしい。(リアはダミー)
アンプはギブソンのヴィンテージアンプ(GA50)
長い年月を経て熟成されたお宝的サウンドが心にビンビン響く!
プレイもサウンドも何処かジム・ホールの"live!"を思わせるムードあるな。
うーむ、この1曲で買う価値あり!

2曲目はジョビンのボサノヴァナンバー"triste"
軽快なリズムの中に覗く好々爺的落ち着きが堪らん!
こんな演奏聴くと、まだまだわしも子供だな。
いつかわしもこんな好々爺になりたい!
じゃなくて、こんな演奏がしたい!

3曲目はベースのソロから始まります。
スタンダードの"but beautiful"
ここではバラードで演奏される。
ムレさんの美しいコードワークを聴いてると、
何故かそこはかとない懐しさが込み上げて来る。
ジーンとしちゃう。
何でだろう?
ななな、ななな、ななな、何でだろう?

お次も有名スタンダードで"here's that rainy day"
ミディアムテンポの4ビートで。
いやぁこれも激渋!
このアルバムではドラムの小原さんが殆どブラシのみでプレイしてるのも、
その理由かもしんない。
でも決して甘くはならない。
静かに熱く燃える物が感じられるのだ。
そしてやっぱジム・ホールの"live!"を思い出す。

はい5曲目はエリントンの"what can I here for?"
ミディアムファーストで刻まれる4ビートが気持ちいい。
途轍もなく渋いんだけどアグレッシブでもあるムレさんのプレイ。
まだまだ若い!
曲後半のドラムとギターの掛け合いも聴き所。

6曲目はモンクの"pannonica"
とぉ~っても、ゆぅ~ったりした、気だるぅ~いムードで、
演奏されまぁ~す。
しかし、今部屋で結構大き目の音で聴いてるんだけど
ギターの音ぶりリアルに録れてる。
うん、録音も凄くいい!
そして、ムレさんのユーモラスなプレイ!
ふぅ~ん~えぇ~わぁ~!

7曲目は"come rain or come shine"
テーマ部はデュオで。
小粋に奏でるムレさんのテーマ部に寄り添うベース。
そこからサラリとドラムが入り、
スインギーに歌うムレさんのギターを軽快にプッシュする。
2人のリズム隊が実にいい!
これぞ正統派ジャズギタートリオ!

そしてラスト!
スタンダードで"never let me go"
最後も勿論ミッドナイト的バラードだ。
豊潤な響きのコードワーク、
繊細なブラッシュワーク、
どっしりしっとりまったりモッコリベース、
やっぱこの3人はバラードの名手!
あぁ、このサウンドの湯船にいつまでもじーっと浸かっていたい!
毎晩枕元でしっとりと演奏して欲しい!
わしが寝入るまで、ず~っと…ず~っと…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。
確かに高いですよ、
でも売ってる内に是非とも手に入れて下さい。
何時か買えなくなるかもしれません。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そしていつもバナークリックして頂き感謝してます。
とても励みになってます。
今日も応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ