FC2ブログ

ソロモンの偽証

04-10,2013

宮部みゆきさんの"ソロモンの偽証"を読み終えた。



全三部に渡る まぁ長い本なんだが、
これ、こんな長編にする必要あったのか?ってのが第一印象。
多くても二冊、下手したら半分の量で済んだんじゃないか?って思った。
わし、これ読んでる間ずっと
東野圭吾さんの短編"超長編小説殺人事件"を思い出してたもん。(超・殺人事件に収録)
とにかく、長く長く、一行でも長くって感じで、編集者と頑張ったんじゃないかって。
それくらい必要以上に長く感じた。

それと、これは読んだ人みんな言ってるが、
「こんな中学生いるかよ!」ってのが常に付きまとって中々集中して読めなかったな。
だって、中学生の頃のわしらが集まってする事と云えば、60分テープ一杯に屁の音 録音したり
更には、そのテープを友達の家の高級オーディオで大音量で聴いて笑ったりと、
せいぜいその程度だったからね。
だから、この小説の中学生の様に生徒だけで殺人事件の裁判するなんてリアリティ無いです。
ま、物語の設定上仕方ないんでしょうが。

あとね、この小説 時代設定が1991年なんだけど
どうも登場する中学生の描写や話言葉などが70年代っぽいんだよね。
なんとなく古臭いの。
それも少し違和感あったな。

まぁ、それでも面白い本でした。宮部さんだからこそ書ける話だとも思います。
そして、これだけのボリュームの本を一気に読ませるのは、やっぱり流石です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

超長編小説殺人事件が収録されてるこれ凄く面白いですよ。




ジャズも一つ。
今わしが聴きまくってるマイクモレノ参加作!




最後まで読んで下さってありがとうございます。
サクッとポチッと押して貰えますか?お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ