ヴィックちゃん新譜

02-19,2018

ヴィック・ジュリスの事ね。

20180219154735002.jpeg

Vic Juris / Eye Contact (2016年録音)

Vic Juris (g)
Jay Anderson (b)
Adam Nussbaum (ds)

以前も書いたがヴィックちゃんは何気にコンスタントにアルバムをリリースしてくれる。
そしてそのどれもが高水準をキープ。
安心安定の良いプレイを確実に聴かせてくれるのだが、
結論から先に書きます。
今作はその中でもトップクラスに気に入った!
個人的な好みもあろうが、
これだからこの人のアルバムはスルー出来んのだ。

収録曲は自作が2曲にスタンダードやジャズメンオリジナルで全11曲。
前作(この記事参照)はスタンダードをゲストも迎えてトリオ他色々な形で聴かせてくれたが
今作はトリオがメイン。
(その他はベース、ドラムとのデュオがそれぞれ1曲づつだけ)
当然どれもが安定のクオリティでカッコいいんじゃが、
敢えて好みを上げます。
先ずは#2の”Ruby”に
有名バラードの”I Fall In Love Too Easily”
ジャズメンオリジナルではショーターの”Pinocchio”
更にちょっと速めで演奏するビル・エバンスの”Time Remembered”も良い。
わしも今度このテンポで演ってみよう。
オリジナルではタイトル曲も良いが、ここは敢えてのアコギとベースとのデュオ#5で。
ここ数作同じメンバーで録音してるのでどの曲も相性バッチリ。
これも高いクオリティを保つ理由か。

それにしてもヴィックちゃん。
今年御歳65だ。
教育者としても活躍してるみたいだしライブ活動も活発にしてそう。
これからも益々頑張って頂きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

リラックス盤

02-07,2018

スティープルチェイス45周年と云う事で
去年の11月最新リマスター再発されたホレス・パーラン作品。
勿論ダグ・レイニー目当てで購入。

2018020712014978f.jpeg

Horace Parlan / Hi-Fly (1978録音)

Horace Parlan (p)
Doug Raney (g)
Wilbur Little (b)

実はこれ初めて聴いた。
今回再発されてなければ死ぬ迄聴かず終いだったかも。
良かった。

おそらくレコードではA,B面合わせて6曲だった筈。
それがCDでは各曲丸々2テイクずつ収録されてて全12トラック。
トータル72分24秒。
レコードで持ってる人も買い替えて損は無いと思われる。

収録されてるのはタイトルを始め曲モンクの“round midnight “や
ジョビンのボサ”once I loved”ウエスのブルース、スタンダードなど。
全て有名曲で占められてる。
何も決めずサクッとスタジオにやって来て、サクッと演奏。
予定の6曲録り終えてもスタジオのレンタル時間はまだたっぷり残ってる。
よって「時間有るしもう一回ずつ演る?」となってもう一回最初から。
そして終わると「ハイ。お疲れ」と打ち上げもせずあっさり家に帰る。
そんなリラックスしたムード漂う好演が並ぶ。
みんな笑顔で演奏してそう。
それに個人的に最近このピアノ、ギター、ベースと云う編成で演奏する機会が多いので
そう言った意味でも聴き応え充分なのだ。
ピアノのバックでギターが4つ切りばかりしてるって事が無いのも良いんだな。
でもダグのコードとホレスちゃんの左手がぶつかる事は無い。
この2人はしょっ中一緒に演ってたからその辺も相性良いんだろう。
テーマ担当もピアノ、ギターとも同じくらい。
全編に渡りどちらも主役と言って差し支え無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

リーダーだけど裏方

01-29,2018

アンドレアス・ドレイアー・トリオの2枚目のアルバム。
去年の12月リリース。
これが気に入ったので1枚目の方も速攻で購入したんじゃが、
とりあえずこっちの方が新しいんで先に紹介します

2018012914000990d.jpeg

Andreas Dreier/ But Not For Me (2016年録音)

Andreas Dreier (b)
Bjorn Vidar Solli (g)
Adam Pache (ds)

目当ては当然ギターのビョルン・ソリ。
リーダーのアンドレアスちゃんはこれまでどっかで聴いてるかどうかすら定かではない。
ドラムの男はソリちゃんのリーダーアルバムに入ってたな。(この記事参照)

収録曲はAamad Jamallの2曲とスタンダードで全10曲。
これで分かるように全編オーソドックスな4ビートジャズ。
全曲テーマ部にちょっとしたアレンジ、仕掛け、さり気ないリハモ。
これが良いのだ!
そしてその上でギターのソリちゃんが端正なアドリブを聴かせてくれる。
気張って無くて肩の力が抜けてんのにクソ上手いギター。
王道ながらも新しいギター。
同じく新世代バップギターのジェシに比べると若干明るいギター。
前記のソリちゃんのリーダー作とほぼ同じムード。
そんな感じなんでリーダーのアンドレアスちゃんの目立つ場面はほぼ無い。
演奏面では完全に裏方に徹している。
ドラムもそう。
とにかく目立つところはギターに頑張って貰ってわしは低音部支えますと云う姿勢。
まぁリーダーの仕事ってのは案外それ以外(ブッキングやギャラの交渉等)
が大変なんだろうからそれはそれでいいんだろう。
ジャケ裏にブッキング先(本人宛)が書いてあるので是非誰か広島に呼んだって下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

地味名盤

01-23,2018

今日はアナログ盤を引っ張り出してきた。
こないだのライブ時テナーのI氏の選曲で”Poor Butterfly “演って思い出したのだ。

20180123094003bf4.jpeg

Jim Hall / Three (1986年録音)

Jim Hall (g)
Steve LaSpina (b)
Akira Tana (ds)

セッションでも余り演奏する事無い曲だと思うが
良い曲だしアドリブする上でも凄く面白い曲で気に入ってしまった。
特に13〜14小節目のB♭7が続くトコが好き。
またいつか演ろう。

で、このアルバムだがリリースされた時リアルタイムで購入した。
渋谷のJARO。
今のように音楽安くない時代だ。
ちゃんと吟味して購入し何度も何度も聴いた。
地味ながら最高の出来栄えのアルバムで当時から大好きだったんじゃが
CDで書い直してないのはおそらく別テイクや追加曲が無かったからだと思う。
こうして久しぶりに聴いてもやっぱり素晴らしく、
つくづく手放さなくてよかったと思う。

収録曲は上記の“Poor Butterfly “含めてスタンダード3曲
(他は”Skylark”と“All The Things You Are”)と、
そしてジム・ホールのオリジナルが4曲で全7曲。
アップテンポで演奏される”All THE…“はジムホール自身これまでも何度も録音してるが
中でもこのテイクが一番カッコいいんじゃなかろうか。
バラードのスカイラークも素晴らしいの!
自作のワルツ”And I Do”も良いんだなぁ。
ソロで演奏される“Poor Butterfly “は滲み入る渋さ。
ジャケにダキスト(ギター製作者)が好きな曲だと書いてある。
今じゃ伝説だがこの時はまだご存命。
そしてラストのタイトル曲”Three”
この美しいワルツで完全に参ります。
晴れて名盤認定。でも結局地味扱いだけど…
ってかジムホールってワルツに名演多いよな絶対。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。お早目に。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

攻めるフリスト

01-22,2018

注文してたフリスト・ヴィチェヴの新譜がやっと届いた。

20180122151751f60.jpeg

Hristo Vitchev / Of Light And Shadows (2017年録音)

Hristo Vitchev (g)
Jasnam Daya Singh (p)
Dan Robbins (b)
Mike Shannon (ds)

いやまぁークッソカッコええっすよ!
待った甲斐があった!
多少イライラしたが許す!

収録曲は全9曲。
いつもの様に全て自身オリジナルでプロデュースも自分でやってる。
4ビート一切無しでPMGチックな所もいつも通り。
が、今作は初っ端から美しくも危険なムードが全開なのだ。
これまでよりずっとアグレッシブな曲が並んでる。
曲調もプレイも超アグレッシブにグイグイ攻めてる。
ある意味ジャズ通り越してプログレテイストをも感じるくらいなのだ。
だからメセニーに一番影響受けてるフリストちゃんのプレイも
時にジョナサン(クライスバーグ)のようになる。
分かりますよね。
あの止まらない感じ。
フレージングは多少違うんだけどね。雰囲気がそう。
ジャジーなんだけどどっかプログレチック。
うーむ…上手く説明出来んけど聴けば分かります。

他のメンバーも素晴らしいプレイしてるが特にピアノの男がカッコいい。
でも申し訳無いが今まで全く知らんかったで。

それとジャケ写見るとやっぱギター変えてるな。
この前書いた様に例の渋谷方面のアーチトップ専門店のヤツに…
そのせいかどうかは知らんけどこれまでより少しエフェクト感強めに感じる。
タイトでシマった音。エフェクト乗りが良いんだろう。
そんなだから余計にプレイもアグレッシブなのかな?
まぁとにかくど偉いプレイをこれでもかとガッツリ聴かせてくれる。
凄いですよ。
後はまだ無い4ビートアルバム出してくれりゃ文句無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
あまたのお越しをお待ちしてます。