知らんかったで

10-04,2017

1年以上前に出てたウィル・ヴィンソン。

20171004103744035.jpeg

Will Vinson / Perfectly Out Of Place (2015年録音)

Will Binson (as,ss,cl,fl,syn)
Mike Moreno (g)
Gonzalo Rubalcaba (p,ep,syn)
Matt Penman(b)
Jeff Ballrd (ds)
その他曲によってゲスト

今作はピアノのゴンザロ・ルバルカバのレーベルから。
よってピアノもゴンザロちゃん。
ギターもラーゲからモレノちゃんに変更。
しかし上記の様に曲によっては弦やシンセ、ヴォイスも入るみたいだし、
参加メンバーも多くてモレノちゃんの出番も少ないだろうから
当初買うかどうか悩んだ。
が、大好きなウィルちゃんの作品と云う事でギターの露出は関係無い!
と云う思いから購入するに至ったのだ。
結果それは大正解。
先ずは弦四重奏が入る今までにない作風の1曲目で「おお!」っとくる。
アルバムの導入として効果的なナンバーだ。
そしてそこからはこれまで通りのカッコいいコンテンポラリーナンバーが
「お前こんなん好きなんじゃろ?」とばかりにズラーッと並ぶ。
よって思わず心の中で「そうそう。こんなんが好き!」とにこやかに答えた。
収録曲は全10曲。
おそらく全てウィル・ヴィンソンの作品。
4ビートは無い。
モレノちゃんは7曲に参加。
ソロはそのうち4曲で。
冷静に考えれば少ない。
しかし当初の想像以上に露出あったので嬉しかった。
個人的に気に入ったのは当然のその4曲に#2、再演の名曲#9などかな。
ウィル・ヴィンソン好きならば買いだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

変態性が気持ちいい

09-27,2017

先頃サードアルバムがリリースされたとの事なんで
今日はファーストを引っ張り出してきた。

20170927100211186.jpeg

Tim Miller / Trio (2004~5年録音)

Tim Miller (g)
Joshua Davis (b)
Take Toriyama (ds)

もうどこを取っても完全なるアラン・ホールズワースフォロワーな人。
ギターもKleinだし。
バカデカイ手でストレッチしレガート多用するのもそうだし。
でもホールズワースと違うのは右手の使い方がとにかく異様なのだ。
YouTube等で観て頂くと分かるが
人差し指と親指で持つピック以外の指も総動員してのピッキング。
うーん…どう説明したら良いのか分からんが
単純にフィンガーピッキングと言う説明では足らん動き。
もうピックと指が完全に同期してる動きなのだ。
だから弦飛びフレーズもなんのその。
物凄いスピードで弾くフレージングの変態性はホールズワース以上といっても過言では無い。
もう聴いた(見た)瞬間「あ、これどう足掻いても一生自分には出来ないな」と思わせる難技。
でまぁ、そんなど変態ギターがふんだんにに聴ける当アルバムだが
実は個人的に何故かスッキリ聴きやすく感じるのだ。
4ビートなぞ一切無く変態チックなリズムばかりで
特にポップな曲調という訳でも無いのにである。
それどころか逆に難解なムードばっかり漂ってるのにである。
ゴリゴリに弾きまくってるのにである。
うーむ…何故だ。
シンプルなトリオと云うフォーマットだからか?
1曲が2〜4分と短めなのも要因かな?
中毒性も高いのだ。
よう分からんがこれって案外凄い事かも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



マイクモレノの新譜も出るぞ!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

2大ウネウネ

09-08,2017

久々の更新だが今回もアバクロ。
ウネウネ界2大巨頭の共演アルバム。

2017090815572532e.jpg

John Abercrombie & John Scofield / Solar (1982年録音)

John Abercrombie (g,elmand)
John Scofield (g)
George Mraz (b)
Peter Donald (ds)

又もやなんだが、
例によってこれも当初聴いてたにはカセットテープ。
(東京在住時代に通ってた某ジャズスクールで録音して貰った)
CDは15年程前購入した。
ジャケ違いが数種類有るがわしゃやっぱりオリジナルのこれがしっくりくる。
しかしいつも思うがわしゃこのジャズスクールと友人Zに随分と世話になっている。
カセットテープ代のみで大量の音楽をゲット出来てたのだから。
それといずれ詳しく書くが高校時代バイトしてた近所の電気屋が経営してたレコード屋ね。
ここでは縦横無尽に自分の聴きたいレコードを注文しそれを毎日せっせと録音してたのだ。
大いに世話になった。

収録曲はアバクロ作が2曲、ジョンスコ作が1曲、
それにマイルスの"Solar"ウエスの"Four On Six"
スタンダードの"I Should Care"に"If Tou Could See Me Now"で計7曲。
ドラムとベースはその内3曲だけ入る。
(ジョンスコ曲と"Four On Six"に"If Tou Could See Me Now")
後はギター2本のデュオ。

この2人、一口にウネウネといってもはっきりと違うのだ。
ちょっと強引に分けると陰のアバクロに陽のジョンスコって感じか?
違うか?
ま、とにかくお互い全曲ウネウネしまくってるんじゃが
特に冒頭のソーラーから3曲目のフォー・オン・シックスの流れね。
これがもう最高。まさに火花散るウネウネの応酬。
聴いてると思わず腰までウネウネしちゃう。
特に高速ラテンビートから4ビートへと移行するフォー・オン・シックスがヤバイ。
アバクロちゃんはこの頃まだピック弾きなんで音数多くウネウネもより激しい。
若かりしジョンスコはある意味強引なまでのウネウネ。
う〜〜ん!たまらんぞ!
それとスタンダード2曲も逆にたまらんのだ。
この2人はこう云う歌物スタンダードを演ると何て言うか非常にカワイイのだ。
当たり前だが容姿では無い。プレイが可憐なのだ。
さっきまで豪快にウネウネアウトしてた人が一変する。
実はこう云うところが一番好きなのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。おそらく中身は一緒。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

説明不要

08-31,2017

まだまだ聴いとりますアバクロちゃん。

20170831124558662.jpg

John Abercrombie / Current Events (1986年録音)

John Abercrombie (g)
Marc Johnson (b)
Peter Erskine (ds)

説明不要の大名盤。
今回もう何年振りかと云うくらいに久々に聴いて改めて思った。
特に2曲目アルバム中唯一のスタンダード"Alice In Wonderland"からラストまでの流れ。
これ完璧。
確実にジャズ史に残る名演。
勿論1曲目も良いんですよ。
ただわし的に特に2曲目からが好き。
美しく(#2、3、4、7)怪しく(#5)危険(#6)な香り。
これ書きながら今も聴いてるが既に2周目突入。
何度聴いても色褪せないのだこれは。
あと数曲で聴けるギターシンセの使い方も上手い。
時に上品に時に激しく。
シンセ昔はそんなに好きじゃなかったが今は若干欲しい。
最近はピックを捨てた囁き仙人の如きアバクロちゃんばかり聴いてたが
若干饒舌なこの頃のアバクロちゃんもやっぱり良いのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

名曲揃い

08-29,2017

こないだからずっとアバクロちゃん聴いとります。

20170829162600f7d.jpg

John Abercrombie / Now It Can Be Played (1992録音)

John Abercrombie (g)
Andy LaVerne (p)
Steve LaSpina (b)
Jeff Hirshfield (ds)

このアルバム、まずジャケ買いは無いな。
身も蓋もない程呆気ないジャケット。
マジで何でこの写真でジャケットデザインしようとなったかが分からん。
特にイケメンに写ってる訳じゃないし、
アンディ・ラバーンなんかスゲー微妙な表情だし。
ま、しかし内容は素晴らしいのだ。
アバクロちゃん作が2曲にラバーンちゃん作が4曲、
スタンダード2曲("I Whish I Knew"&"Yesterday's")で全8曲。
このアルバムの何が良いってそれはもう2人のオリジナル曲。
とても綺麗なメロ持った名曲が揃ってる。
もうオープニングのラバーンちゃん曲で参る。(Now It Can Be Played)
リリカルなワルツに乗ってアバクロちゃんの少しコーラス掛かった様なギターが美メロを奏でる瞬間!
あぁぁ!!!良いぃぃ〜〜!!!
何度聴いても良いぃー!!!
絶対わしこれ聴いてる時恍惚の表情で微笑んでる。
しかしこれどっか譜面無いかね?
今度わしもライブで演りたいんじゃが。
きっぱり諦めて自分でコピーすれば良いんじゃろうがちょっとどっかないかと思ってみる。
えぇ〜、この他にもワルツナンバーは2曲、
要するにワルツナンバーだけで3曲。
こんな所からも何となくこのアルバムの雰囲気も掴めるんじゃなかろうか。
因みにその2曲もぶりええのだ。
てか、ここでの2人は作風もえらく似てる。こうやって並べても全く違和感無し。
とにかく徹底的にリリカル。
ハードさは薄くミディアム〜ミディアムスロー中心の楽曲。
アバクロちゃんのプレイも上記した様に薄くコーラス掛けたエレクトリック
そしてナイロン弦アコギでリリカルに囁く。
ラバーンちゃんもそう。
何処となくビル・エバンスを彷彿とさせる!みたいな?
てな雰囲気と言えば一番しっくりくるか。
そうそう!そうだ!そんな感じ。
よってこのアルバムはジャズギターファンだけでなく
「わしゃギターなんぞ一切聴かんで!聴くのはピアノトリオか美人ボーカルだけ!」
と云う方に是非とも聴いて頂きたい。
絶対!
多分!
おそらく!
もしかしたら!
気に入るんじゃないかと思う!
最後になったがスタンダードの2曲もぶちええです。
"I wish I Knew"の絶妙リズムパターン!
これも今度拝借しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。