やっとレビュー

06-23,2017

このアルバム5月末にデリバリーされたんじゃが実際に注文したのは今年1月初め。
約5ヶ月待ったのだ。
更に理由は不明だがamazonではつい最近まで売ってなかった。
(流通量が少ないのかもしれん)
でも最近売ってるみたいなんで今回やっとレビューします。

20170623110357d5b.jpg

Jeremy Manasia / Metamorphosis (2015年録音)

Jeremy Manasia (p)
Peter Bernstein (g)
Barak Mori (b)
Charles Ruggiero (ds)

リーダーのジェレミーちゃんはおそらく初聴き。
わしは当然ギターのピーター・バーンスタイン目当てで購入。
上記したタイトルでは省いたがサブタイトルに"Featuring Peter Bernstein"と有る。
コレ大事。
このアルバムは
巷でたまに見かける「フューチャリングしてるしてる」詐欺ではない。
ピーターちゃんファンが聴くと誰しもがもれなく小躍り&号泣する程の"大フューチャリング"
ちゃんと全曲参加の全曲ソロのキチンとしたフューチャリング。
しかもぶちカッコいいフューチャリング。
最早ピーターちゃんの裏リーダー作と言っても過言では無い程のフューチャリング。
ふぅ…
フューチャリングって書き過ぎて疲れた。

収録曲はジェレミーちゃんオリジナルが3曲に
ピーター作が1曲、その他スタンダードが2曲の計6曲。
総収録時間は44分16秒。
4ビート中心の王道ジャズ。
決して目新しさは無いが安心して聴ける。
そんな訳で他に書くことも無いんでわし的ベスト上げときます。
先ずはオープニング曲、
テーマ終わりからのピーターちゃんのソロ導入フレーズが鳥肌立つ程カッコいい!
完コピしてそのまんま使っても美味しいだろう。
モーダルな♯4や"Nancy"のムードも堪らんもんが有るしラストのバラードも良い。
言い忘れるところじゃったが、
肝心のリーダーのジェレミーちゃんのプレイもアグレッシブで良いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。




続編なのです

06-20,2017

ダイナ・ステファンスの新譜は2014年末にリリースされた"Peace"
(この記事参照)の続編的アルバム。

20170620090927f93.jpg

Dayna Stephens / Gratitude (2017)

Dayna Stephens (ts,bs,ewi)
Julian Lage (g)
Brad Mehldau (p)
Larry Grenadier (b)
Eric Harland (ds)

今作も"Peace"もレコーディング日がクレジットされてないので
真相は定かでないがおそらく同じ日に録音されたと思われる。(完全に感だけど)
よってこれも同じくバラードアルバム。
前作はバラードアルバムにしては予想以上にギターの露出が多く
わし的に嬉しかった。
が、今作はある意味予想通り。
前作よりは露出控えめだ。
全9曲の内ジュリアンちゃん参加は5曲でソロは3曲。
バラードアルバムなんだからこんなもんだろう。
しかし前作同様ギター好きならばジュリアンちゃんプレイには惚れ惚れするのは間違い。
引き出し多過ぎのジュリアンちゃん。
バラードバッキングでこれだけ聴かせるのは反則級だ。

収録曲は前作の方がポピュラーかな。
今作はアーロン・パークスやメセニー、レベッカ・マーチン等意外性のある選曲が目立つ。
ジュリアンちゃんのオリジナルも1曲。
よって正確に言うとコルトレーンのバラッドの様なベタなバラードアルバじゃないんだな。
バラエティ豊かなスローテンポの曲を集めたアルバムと云う感じ。
ジュリアンちゃん不参加の曲でもメルドーがカッコいいので満足感は非常に高い。
オススメします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

若きピーターちゃん

06-10,2017

同じメンバーによる新たなアルバムが20数年振りに発売されると云う事で
今回はこれ。

2017061017292803d.jpg

Peter Bernstein / Sings Of Life (1994年録音)

Peter Bernstein (g)
Brad Mehldau (p)
Christian McBride (b)
Gregory Hutchinson (ds)

ピーター・バーンスタインのアルバムは定期的に聴いてるんじゃがこれは何気に久々だ。
ピーターちゃん2枚目のリーダー作。
ピーターちゃんは1967年生まれらしいので今年50歳。
このアルバム録音時は27歳だ!
よって当たり前じゃが顔が若い。
髪型に時代を感じる。
若干痩せてる。
そしてシャツが凄い派手。如何にも90年代的デザイン。
ジャケ写通りならギターはまだザイドラーではなくギブソンのES-175。
ザイドラーと音は若干違うが余程のギター好きじゃないと分からない位の違い。
既にあのサウンドは出来てるのだ。
名手はどんな楽器使おうと自分のサウンドを出す。
勿論フレージングもそう。
出来上がってる。27にして激渋。ぶちカッコいい。
最新アルバムではほぼピーターちゃんのオリジナルで占められてるみたいだが
このアルバムでは9曲中4曲がスタンダードと云うのも今となっては嬉しい。
(ラストの"My Ideal"はベースとデュオ)
メルドーのソロもたっぷり。
最高のメンバーによる最高のアルバム。
トータルタイム72分29秒の至福。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



で、これが新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ギリシャの人パート2

06-09,2017

前作がかなり気に入ったのでこれも引き続き購入。
ペトロス・クランパニスの新譜。今回はライブアルバム。
(前作はこれです)

201706091546154e3.jpg

Petros Klampanis / Chroma (2015年録音)

Petros Klampanis (b)
Gilad Hekselman (g)
Shai Maestro (p)
John Hadfield (ds,per)
Keita Ogawa (per)
(弦の方々は割愛します)

ピアノが新進気鋭のシャイ・マエストロに変わり、
新たに日本人らしきパーカッションも加わる。
弦もヴァイオリンが2名増えて計8人体制。
と、メンバーに若干の変化はあるがサウンド的には前作から同じ流れできとります。
ギリシャ人らしい旋律を持った変拍子多めの非4ビートなオリジナル。
ストリングスの音色が緊張感を高め、アドリブの中心はシャイちゃん&ギラッド。
弦が入っていようと決して甘くなる事はないしソロ取ったりもしない。
オリジナリティ溢れるコンテンポラリーなジャズ。

次曲へのイントロ扱いの1分ちょっとの曲を入れて収録曲は全7曲。(よって実質6曲)
ジャケットにはトータルタイム51分49秒と書いてあるが実際は44分32秒。
ちょっと短く感じるがギラッドのソロはたっぷり聴ける。
1曲で歪みを使い、後は空間系エフェクトを深めにかけたクリーンで。
わし的ベストなソロは5曲目かな。カッコいいです。
前作同様気に入った。
が、個性的なサウンドなだけに余り同じ様な感じでいくとマンネリ化しそうだ。
次作はどうする?
もう一枚位このままいくか?それとも変わるか?
オリジナル曲の作風が結構好きなんで非常に気になるとこだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

今更ながら

06-08,2017

Steeple Chaseが45周年と云う事で、
新たにデジタルリマスターされたこいつを買い換えた。
税別1500円。

201706080512513ae.jpg

Chet Baker Trio / Someday My Prince Will Come (1979年録音)

Chet Baker (tp)
Doug Raney (g)
Niels Pedersen (b)

と言いつつカセットテープで持ってただけなんで
正確には買い換えたと云うより初めて購入したんだけど。
しかもそのカセットはアナログ盤を録音したものなんで2曲少なかった。
大昔東京に住んでた頃通ってたジャズスクール(何処とは言えない)は、
カセットテープ代さえ払えば大量にストックされたレコードやカセットをなんでもダビングしてくれたのだ。
金の無いわしはこれでかなり助かった。
完全なる違法行為だが…

内容は今聴いても素晴らしい。
緊張感溢れると云うよりリラックスしたムードのライブじゃが
1曲毎のサイズも長めで三人のインプロヴィゼーションをたっぷり堪能出来る。
チェットもダグもペデルセンも絶好調だ。
大昔のCD化の際追加された2曲を含む冒頭の3曲が渋い選曲。
てかわし的にはその2曲は今になって初めて聴いたのだ!
やっぱりCD買って大正解だった。今更じゃが…
タイトル曲やチェットの歌う"I'm Old Fashioned"もええぞ。

しかしこれもう40年近く昔のアルバムなんだな。
でもわしからしたらつい最近って感じなのだ。
ジャズを聴き始めた頃は既に死んでた伝説的なウエスやコルトレーンとは違って
実在してるミュージシャン達だったからな。
でも三人共もう居ない。
そう考えるとなんか寂しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。