FC2ブログ

モレノちゃん

11-17,2019

マイク・モレノ参加作!

20191117111201be2.jpeg

Adam Jarzmik Quintet featuring Mike Moreno
/ On The Way Home (2018年録音)

Adam Jarzmik (p)
Jakub Lepa (ts)
Pawel Palcowski (tp)
Maciej Kitajewski (b)
Piotr Budniak (ds)
Mike Moreno (g)

どうしてもCDで欲しかったんだが、
何処にも売ってない。
今回やっと手に入ったんだが注文してから5カ月待った。

収録曲は全6曲。
全て本人オリジナル。
非4ビートのハード系コンテンポラリージャズだ。
注目のモレノちゃんは全曲参加。(ソロは4曲)
タイトルにフューチャリングと付けてるだけあって、
ソロにバッキングに妖刀の如く妖しく光るプレイをたっぷりと聴かせてくれる。
しかも長尺ソロ多し!
クソカッコええですよ!
更に、、ドラムの男。
こ奴が全編通して物凄い手数で叩き捲ってて
実はそれ聴いてるだけでもかなり面白い。
ドラムファンの方もきっと大満足する筈。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダウンロード版はこれ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

サクッとハーモニカ

11-01,2019

ハーモニカ奏者のリーダーアルバム買うの
トゥーツ(シールマン)以外では初めてじゃなかろうか。

20191101122653784.jpeg

Hendrik Meurkens / Cobb’s Pocket (2018年録音)

Hendrik Meurkens (harm)
Peter Bernstein (g)
Mike LeDonne (org)
Jimmy Cobb (ds)

先日紹介したアルバム(この記事参照)
から引き続きジミー・コブ&ピーター・バーンスタインのコンビ参加。

収録曲はオリジナル3曲含め全8曲。
ハーモニカと云う事で美メロ スタンダード中心の選曲かと思いきや
ハービーの”Driftin”やスライド・ハンプトン、サム・ジョーンズ曲等、
予想に反して バッピーな曲中心。
(美メロ方面はポルカドッツ&ムーンビームスとマンシーニのスローホットウィンド)
しかしコレが中々にスインギーで良い感じなのだ。
ハーモニカバップ侮れじ。
でまぁ、そんなだからピーターちゃんのプレイの方も盤石。
てか、こう云うの演るともぉ〜、間違い無いんだな。
なんの心配も無い。
勿論全曲参加の全曲ソロ有り。

ジャズギターファンの方々。
安心してご購入頂ける良盤です。
是非!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

言っておきたい

10-17,2019

ジミー・コブ爺さんの新譜は当然ピーター・バーンスタイン参加。
よって当然購入。
ちなみに前作はコレ。

201910171426192c3.jpeg

Jimmy Cobb / This I Dig Of You (2019年録音)

Peter Bernstein (g)
Harold Mabern (p)
John Webber (b)
Jimmy Cobb (ds)

収録曲は全10曲。
前作同様2曲のオリジナル(ピーターちゃん&メイバーン作)以外は
有名スタンダードとバップチューン(モブレーやデクスター、ウエス等)
メンバー編成からして当たり前かもしれんが、
全曲テーマもギターがメインで担当してるし
もう殆ど「ピーターちゃんのリーダーアルバム!」
と言って差し支え無いアルバムだ。
よって
「たっぷりとピーターちゃんの王道プレイを楽しめる」
「あぁ〜良かった良かった!」だけで終わってもいいのだが、
わしはここで一言言っておきたい。
確かにピーターちゃんのプレイは一聴すれ「王道」とも「オーソドックス」
とも形容出来るプレイだ。
しかもこのアルバムの様に大ベテランのバッパーとの共演も多いし、
普段演奏してるのもこんな選曲が多い。
更にどデカいフルアコをアンプ直と云う激渋サウンド。
本人のルックス(顔及び服装等)自体も非常に地味。
よってギターにさして詳しく無い普通のジャズファンがそう思うのも無理はない。
しかぁーし!
実はピーターちゃんトンがってるのだ!(服装ではなくプレイね)
あの独特過ぎる程オリジナリティ溢れるフレージングにタイム感。
歴代のレジェンドギタリストが決して弾かない様なフレーズは
王道とかオーソドックスと云う言葉で簡単に説明して欲しくない!
でもまぁ〜…
かと言って他にどう言って表現すればいいのかと言われても思いつかんが、
とにかくそう云うニュアンスだけはチョコっとで良いから気にしといて貰いたい。
お願いします。
終わり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。カッコいいよ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

素晴らしき即興

10-16,2019

カート・ローゼンウィンケルの新譜はBandit65!

2019101617405327e.jpeg

Kurt Rosenwinkel Bandit65 / Searching The Continuum (2019)

Kurt Rosenwinkel (g,voice,electronics)
Tim Motzer (electro-ag,g-synth,electronics)
Gintas Janusonis (ds,per,electronics)

残念ながら2018年東京公演の音源は収録されてないが、
ストックホルムやミラノなど世界各地で行われたライブからの
音源を集めたアルバム。
恥ずかしながらわしゃ〜このトリオの音源初めて聴いたんじゃが、
もっとこうモロにフリージャズなのかと思ってたのだ。
それが実際はアンビエントな雰囲気で案外聴きやすい。
ていうか、 まぁ実際は聴く人選ぶのかもしれんが
そんなにジャズ好きでも無いわしのツレはこれ聴いてカッコいいと言っていた。
それくらいカッコいいのだ。
しかしそんな事は置いといて、
コレが完全即興とは恐れ入る。
驚きを通り越しビビる程だ。
それ程のクオリティなのだ。
しかも、
シングルトーンで弾きまくるカートのプレイも意外にたっぷり聴けて
そう云う意味での満足度も高いアルバムなのだ。
4ビートは無いがコレもまたジャズ。
カートファンであれば必聴だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ジャズるジョンスコ!

10-06,2019

フランコ・アンブロセッティの新譜は、
ジョンスコ(ジョン・スコフィールド)参加。
しかもこのメンツ。
聴かない訳にはいかないのだ。

20191006181043bc3.jpeg

Franco Ambrosetti / Long Waves (2019年録音)

Franco Ambrosetti tp,fh)
John Scofield (g)
Uri Caine (p)
Jack DeJonette (ds)
Scott Colley (b)

ジョンスコがフランコちゃんのアルバムに参加するのは
おそらくコレが4枚目。
よってサウンドはある意味予想通り!
わしの1番好きな「ジャズるジョンスコ」をたっぷりと官能出来るのだ。
ピアノも入るクインテット編成だが全曲でソロ!
黒のAS200のぶっとい音でウネウネと這い回るジョンスコ節に
のけ反る事請け合いだ。
しかも、セッションでも人気の2曲のスタンダード
(Old FolksとOn Green Dolphin Street)
でのジョンスコのプレイが聴けのも美味しいポイント!
とても参考になります!
(なってもこんなカッコ良く弾けないけど)
ジョンスコ目当ての人に安心してオススメ出来るアルバムだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故かフィジカル盤は品薄みたい。
コレはダウンロード版。是非!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。