モレノ参加!

11-08,2016

地味にひっそりと発売されてるドイツ人ドラマーJochen Rueckertの新譜。
ヨッヘンと読むのかヨッケンかよう分かりませんが今日のところは
ドイツ人らしゅうヨッケンと云う事で行きます。

20161108152234189.jpg

Jochen Rueckert / Charm Offensive (2016年録音)

Jochen Rueckert (ds)
Mark Turner (ts)
Mike Moreno (g)
Orland Le Fleming (b)

テナーのマーク・ターナはレギュラー、
ベースとギターが前作(この記事参照)から変更有りだが、ギターがピアノに変更とかならずに良かった。
それにしてもこの人(ヨッケンちゃんの事ね)よっぽどギターが好きなのか、
前作ではラーゲ(ルンド)、それ以前はカート(ローゼンウィンケル)やブラッド・シェピックと、
立て続けにギタリスト雇ってる全ギターファン、ギタリストにとってとても有り難い人なのだ。
しかもその全てがピアノレスカルテットなんで、
ソロ、バッキングと腹一杯ギター聴けるから何ともたまんねっすと云う感じ。
はい内容。
本作も前作同様全8曲ヨッケンちゃんオリジナル。
雰囲気も同じ。
ダークなコンテンポラリーナンバーが並ぶが案外4ビート多しって感じ。
その他もドラマーが作るだけあって何とも絶妙なリズムの曲多く飽きる事無く楽しめるのだ。
ドラムファン大喜び間違い無し。
モレノちゃんのサウンドはいつもより少し丸みを帯びた柔らかい感じを受けるかな。
少しトーンを絞ってるのか?案外例の黒い335弾いてたりして。
ソロもパーペキ!
アドリブパート自体が無い短い3曲目以外は全てでソロパート有ります。
いつも通り怪しく蠢く妖艶なプレイ。
どれもこれもまぁ〜くっそカッコええんでファンの方は絶対買って損なし!
最後にわし的ベスト選ぼうかと立て続けに聴いたがどれも甲乙付け難く断念。
御自分で決めて下さい。
次作はジョナサンかはたまたアダムかニアか?誰になろうが楽しみじゃ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ドイツな人

10-28,2014

これはカッコいい!
今日はドイツ人ドラマーJochen Rueckert の最新アルバム紹介。

14144679880.jpeg

Jochen Rueckert / we make the rules (2014年録音)

全編ヨッケンちゃん作のコンテンポラリーな楽曲で固められたこのアルバム、
メンバーもそれ系ファンには堪らん筈です。
Jochen Rueckert (ds) Mark Turner (ts)
 Lage Lund (g) Matt Penman (b)
ね?

さぁ始めます。
1曲目から早速不穏な空気出しまくりつつ始まる高速4ビートナンバー。
まぁー想像通り!
いきなりハイテンション!
期待通り!
逆に拍子抜けして真顔になる程のカッコ良さ!
ソロはテナーからギター、そして8バースへ。
ラーゲちゃんも初っ端から物凄いど緊張感満載のソロを聴かせてくれます。
(最近ラーゲちゃんの事をラゲとも云うみたいですが、
今日の所はとりあえずラーゲでいきます)

2曲目。
中盤からどんどん暗黒面に落ちて行く様なダースベイダー的ダークな曲調が好き!
ラーゲちゃんのソロも、ターナーちゃんのソロも大いにダーク!
そして恐いくらいに無機質。
好き!
あぁー!もうこのムードたまんねっす!

3曲目はこのアルバムの中では比較的オーソドックスに聴こえる
ジャジーなマイナーキーの4ビートナンバー。(あくまでもこのアルバム中では)
ソロはギター、テナー、ベース。
何気に渋いラーゲが大活躍。

はい4曲目。
複雑なリズム、意表を突くアクセント、
漂うギターアルペジオ、無表情に迫るテナー、
モヤモヤとした謎の生命体的ナンバー。
ソロはテナー、ベース、ドラム。
ラーゲちゃんお休み。

5曲目は寂しげな緊張感漂うスローナンバー。
ソロはベースからギター、テナーの順。
クラスターコードを挟みながらのラーゲのリリカルなソロは
いつ聴いても素晴らしい!

6曲目もリズムのトリックアート的ナンバー。
これも背筋がゾワゾワくる様なダークな緊張感が堪らんです。
ソロはテナー、ギター、ベース。
ラーゲちゃんのパラレル感溢れるフレージングに一人酔いしれるわし…
ほんま気持ちええわぁ!

7曲目。
これ又暗黒ムードの変拍子ナンバー。
そしてそれを司るのはラーゲちゃんのコードワーク。
ソロはテナーのみ。
それでも聴き応え十分!
ヨッケンちゃんのドラミングもむちゃくちゃカッコいい!

8曲目はミディアムファーストの4ビートナンバー。
ソロはギター、テナー、ドラムの順。
光が乱反射する様に飛び回るラーゲちゃんのフレージングがまぁーカッコいい!

そしてラスト。
体温低めのミステリアスなスローナンバー。
ソロはギターとテナーが。
両者とも間を活かした素晴らしいソロを展開。
絶妙なタイム感で聴かせてくれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

三者三様

10-10,2014

アントニオ・サンチェスの新譜がぶりカッコええ!

14128094580.jpeg

Antonio Sanchez / three times three (2013年録音)

3組の、それもトリオが、しかも仲良く3曲ずつ演奏してる!
ってんで、こんなタイトルなんでしょうね、おそらく。
で、その3組のトリオとは誰か?
当たり前ですが、ドラムは全てサンチェスちゃんですよ。

はい。
まずは、ブラッド・メルドーちゃんチーム!
Brad Mehldau (p) Matt Brewer (b) 

そしてジョン・スコフィールドチーム!
John Scofield (g) Christian McBride (b) 

で、最後がジョー・ロバーノチーム!
Joe Lovano (ts) John Patitucci (b)

うわぁ~どれもみぃ~んなチョー豪華!
「ラーメン&カツカレーセット!しかも餃子付き!」って感じじゃなぁ~い?これ!
お腹一杯なりますよ!これ!

えぇー、ディスク1にメルドーちゃんチームの3曲、
ディスク2にジョンスコ、ロバーノチームの計6曲が収録されとります。

ご存知の様にこのブログではギタリスト中心にレビューしとりますんで、
ジョンスコチームの3曲のみレビューすると云う手抜きもアリなんですが、
それじゃ余りにもアレなんで、一応他のチームもサクッと書いときます。

ではディスク1から。
1曲目。
マイルスのと云うかビル・エバンスのと云うか、
まぁどっちでもいいんですが"nar-this"
何故かスペル変えてます。
しかし、これがまぁー、
わしが今まで聴いてきた膨大な数のナーディスの中で一番カッコええんです!
と、ハッキリ言い切るのも何ですが、
まぁ、思わずそう言い切っちゃう程カッコいいのは間違いないです。

2曲目は疾走するビートにのって、
メルドーちゃんの腰抜かす程のバカテクピアノが炸裂するサンチェスちゃんオリジナル。

3曲目は、幻想的なムードから徐々に熱を帯びていくスローナンバー。
これもサンチェスちゃんオリジナル。

さ、ディスク2へ。
最初の3曲がジョンスコチーム。
1曲目はショーターの"fall"
これがまぁーくっそカッコええ!
やっぱショーターナンバーの神秘的でダークなムードはジョンスコにピッタリじゃわい!
悪魔的に煽るサンチェスちゃんを軽くいなしながらも、
熱くウネウネしまくる、しまくる!
お染めブラザーズ的に言やぁ、
「いつもより余計にウネウネしておりまぁ~す!」って感じです。
因みにここでのジョンスコの音は、クリーンとも歪とも言えん例の音。

2曲目は如何にもジョンスコが好きそうなファンクナンバー。
(サンチェスちゃんオリジナル)
倍テンなってからのジョンスコのプレイはまさにグラマビジョン時代そのまんま。
思いっきり、かっ飛んどります!
当然、歪サウンドです。

そしてジョンスコ最後のナンバーは、
アルバム"アンルート"を彷彿とさせる高速4ビートナンバー!
基本ブルースなんだけど、もうとてもじゃないが普通のブルースには聴こえません。
とにかく凄い演奏!

で、ここからの3曲がロバーノチーム。
16系ビートでロバーノちゃんが豪快にブロウする4曲目に、
何気にメロディックな5曲目がサンチェスちゃんオリジナル。
そしてフリーキーに、ど派手に、ジャジーに、
猛烈に演奏されるモンクの "I mean you" で締め。

最後に念の為言っときますが、全曲ドラムは凄いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。(右はダウンロード版)



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになるのです。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

伝説のお爺ちゃん

08-07,2014

ジミー・コブ爺ちゃんの新譜です。
しかし、この人ってわしが初めて買ったジャズレコード(ウエスのフルハウス)
で叩いてるドラマーだからね。
その時点で既に伝説的だったのに今だに新譜出るってマジ凄いです。

14072919610.jpeg

Jimmy Cobb / the original mob (2014年録音)

メンバー
Peter Bernstein (g) Brad Mehldau (p)
John Webber (b) Jimmy Cobb(ds)

これ当然ピーター・バーンスタイン参加って事で買ったんだけど、
ここんとこピーターちゃん参加のアルバム立て続けにリリースされたじゃないですか。
で、当然そんなの全部は買えんじゃないですか。
他に欲しいモンだって有るし。金は無いし。
でも、コレはピーターちゃんプラス、
ブラッド・メルドー参加と云う事なんで迷わず速攻購入。
やっぱ正解でした。
ってか、ピーターちゃんの参加作って大体良いからほぼ正解なんだけど。

では早速チャチャっと紹介します!

はい、1曲目 "old devil moon"
ソニー・ロリンズでお馴染みの曲ですが
ここではピーターちゃんのギターが渋ぅ~くテーマ弾いとります。
ソロはギターとピアノが。
2人共一聴オーソドックスだけど何気に独特と云った音使い。
そして決して跳ねないノリが絶妙なのだ。
うーむ、これぞビヨンド・ザ・バップちゅーヤツか!

よっしゃ、2曲目。
ラテンビートで演奏されるジョージ・コールマン作"amsterdam after dark"
うぅー60年代のムード漂わせててぶちカッコええ!
ソロはギターとピアノ。
ピーターちゃんの弦飛び跳躍フレーズ連発のソロに悶えまくっちゃう!

3曲目は軽快な4ビートで"sunday in new york"
ここでもピーターちゃんの奏でるテーマから
ギターソロ、ピアノソロと云う王道の流れ。
因みにこのアルバム、
ニューヨークのライブハウス"smoke"でレコーディングされてますが、
客入れずに録音してると思います。

4曲目はピーターちゃんのヴィーナス盤のタイトルにもなってるお得意のナンバー。
ここでは超高速4ビートで。
いやぁーこれは素晴らしい!
高速フレーズを弾かずとも、
これだけのビート感を生み出すピーターちゃんのプレイに星3つぅぅぅうう!!!
メルドーちゃんのセンス抜群のバッキングにも注目!

5曲目はブラッド・メルドーオリジナルで"unrequited"
この名曲にピーターちゃんがどう絡んでくるのかと楽しみにしてたんだけど、
なんとギター入って無いんでやんの。
ピアノトリオです。
こう云う事どこも書いてくんない!
エーット、それはともかくこの曲、
このアルバム中でも言う程違和感ないですよ。

6曲目はコブ爺ちゃんオリジナル。
ギターとピアノのユニゾンテーマのまさにザ・ハードバップと云った曲です。
ソロはギター、ピアノ、ベースが。
ぶっとい音でブイブイうねるウォーキングベースがいいね。

7曲目もコブ爺ちゃんオリジナル。
大変美しいバラードでございます。
ピーターちゃんが哀愁の中年男丸出しの渋さでテーマ弾いとりんさります。
ソロはピアノとギターが半コーラスずつ。

8曲目はスタンダードで"nobody else but me"
ミディアムテンポの4ビートで。
ピーター、メルドーの2人は、
ここでもオーソドックスなビ・バップをベースにした独自のフレージングで聴かせてくれます。
素晴らしい!

9はピーターちゃんのオリジナル。
何の捻りもないタイトル(minor blues)通りFマイナーのブルースです。
只し、3拍子ですけど。
ソロはピアノからギター、ベース、そして4バースとてんこ盛り。
まぁー全員余裕ぶっこいたぶちカッコいいプレイしてますよ。

そしてラストはベースのジョン・ウェバーオリジナル。
高速の循環物でバシッと〆てくれます。
ブラボー!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード盤)



前に一度紹介しましたがこれいいですよ。
弦に直接塗る物です。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
どうかバナーをこぴっと押してくりょう!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

タメの美学

01-12,2014

youtubeで発見した、Ari Hoaning Trio
ギターはGilad Hekselman



うーん、物凄いタメ。
しっかし、このテンポで演奏するのってある意味逆に神業だな。
わしにゃ絶対出来ん。
(この3倍は音出してしまう。しかも無意味な音)
もっと精進せねば!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすぐ発売。
Seamus Blake とChris Cheekの豪華ツートップアルバム。
こりゃカッコ良さそう!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
「なんだこの手抜き記事は!」とか言わないで
なんとか応援のクリックお願いします。(ペコリ)

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ