FC2ブログ

ヤングガンシルバーフォックス新譜

03-23,2020

20200322115304745.jpeg


Young Gun Silver Fox / Canyons (2020)

ファースト、セカンドと、
AOR全盛期をリアルタイムで体験してきた
中年男達(わし含む)を狂喜させつ程の超高クオリティのアルバム連発してきたが、
今作もまぁ〜ええです。
前作までのウエストコースト感はそのままで、
今回は更に80年代ホール&オーツやアースウィンド&ファイアー
のテイストまで感じられ、
その辺大好きなわしは1曲目から大笑顔で仰け反った。
そしてそこからでんぐり返り。(嘘です)
しかしいつも思うがとにかく曲が良い。
とりあえず1曲貼っときます。
ご覧下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

夏の終わりに

09-15,2019

AORって基本夏に合うの多い。
この名盤も勿論そうなんだが、
ジャケのイメージ通りこれは真夏も当然イケるけど
何故か「夏の終わり」にもピッタリだち個人的に思うんじゃが
どうでしょう?

201909150805039cf.jpeg

Craig Ruhnke / True Love

と言いつつ9月ももう半ばと云うのにまだまだクソ暑いけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

インテリな人

09-14,2019

東海岸系AORの隠れた名盤。

20190914173246293.jpeg

Frank Weber / as the time flies (1978)

本人モノスゴ地味なんですけどね。
リチャード・ティーやウィル・リー
ジョン・トロペイにスピノザ、
アンソニー・ジャクソンやマイク・マイニエリ、
コーラスではデビッド・リズレーに
ルーサー・ヴァンドロス等
最高のミュージシャンがバックを務めてます。
その中でも特にドラムのスティーブ・ガッド!
最高にタイトでキレキレのプレイを聴かせてくれる。
カッコいいです!
スティーブン・ビショップやルパート・ホルムズ、
などちょっとインテリっぽいシンガー好きな人はハマると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

コレ最高!

07-25,2019

こないだここ(この記事参照)で紹介したアルバムで、
大絶賛したギタリストが参加してるエジ・モッタの新譜。
と言いつつ出たの去年だけど。

20190725132144684.jpeg

Ed Motta / Criterion Of The Senses (2018)

それはともかく、
そのギタリストとはチエゴ・アルーダと云う名である〜だ。
この男がまぁ〜!
まさに“THE AOR!”といったカッコいいギター弾くんだが、
ここでもやっとりんさるどぉ〜!
ど偉いカッコええどぉ〜!!!
まず初っ端。
ハイもろスティーリーダン。
と、云う事は当たり前だけど、
ハイもろドナルド・フェイゲン。
そこでチエゴちゃん。
ぶちカッコいいソロ弾いとります。
カールトンと云うよりジョン・ヘリントン的な?
チョコっとウォルター・ヘッカーも入った的な?
ちょっぴり変態チックなフレージングがまぁーむちゃくちゃカッコいい!
ソロは中盤、終盤と弾きまくり。
言うまでもなく曲自体も最高ね。
てか、とにかく曲はこの曲以外も全て最高!
ソウルフルで都会的。
メロディアスでメカニカルでジャジーと文句無しの曲ばかりだ。
そんな中でギターソロが無い曲もギターは重要な役割を担っているのが嬉しい!
チエゴちゃんはもう1曲、#5でもカッコいいソロとってるし、
ギタリストは他にも本人(エジ・モッタ)含め4人も参加。
皆本当に良い感じのプレイをしてる。
中でもAlexandre CarvalhoとVinicius Rosaと云うギタリストは
2人共今回初めてプレイ聴いたが、
それぞれ1曲カッコいいソロとってて今後要チェックだ。
ギター好きAORファンの方!
オススメします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレ。



アナログもある!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

バリええ!

06-14,2019

マーク・ジョーダンの新譜が良い!

201906141320422b8.jpeg

Marc Jordan / Both Sides (2019)

最近の路線通り凄くジャジー。
でもジャジーなんだけどしっかりAOR。
そんな感じ。
収録曲は、
有名スタンダードナンバーの他、
ルー・リードやストーンズ、
カーティス・メイフィールド等のカバー他で全9曲。
それをあの唯一無二の声で聴かせてくれるんだから
それゃもうそれだけでも堪らん訳だが、
やっぱ本人のオリジナル!
コレが又ええの!
ええっちゅーもんじゃないくらいええの!
今回は2曲の訳だが、
わし的には有名曲のカバーよりも好き。
哀愁あってオシャレで繰り返すがジャジーでいてしっかりAOR!
モロにそう。
1曲貼っときます!まぁ〜聴いてつかぁ〜さい!



ちなみにカバーではジョニ・ミッチェルの”Both Side Now”
コレ最高!
それも貼っときます。



それとJTも歌ったスタンダードの”Nearness Of You”も良いんだな。



雨の日の午後、
もしくは暗くなってから聴くと尚良いのだ。
超オススメ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。