FC2ブログ

今日も歌モン

06-28,2019

昨日に引き続き今日もギタートリオをバックにした
ボーカルアルバムで行こう!

20190626140750671.jpeg

Sylvia Syms with KENNY Burrell / Sylvia Is! (1965年録音)

Sylvia Syms (vo)
Kenny Burrell (g)
John “Bucky”Pizzarelli (g) 4,7,8,10,11,12
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)
Willie Rodrigues (per) 4,7,8:10,11,12

昨日のとは打って変わりこれは超ベタな
王道ジャズボーカルアルバム。
ケニー・バレルのギターも勿論超王道、
いつも通りブルージー&アーシーに攻めてくる。
収録曲は全12曲。
基本バレルちゃんを中心としたトリオ。
そこに半数の6曲にバッキー・ピツァリレのギターとパーカッションが入って
2ギター状態になる!
昨日紹介したラリー・クーンズの歌伴は、
ここ最近では最高の一つだと思うが、
この如何にも「ザ・ジャズギター!」って感じの
のんびりとしたムードも良いんだなぁ〜。
全く違う良さ。
スインギーな#1、3、ブルージーな#2
バラード#5、そしてラスト2曲の流れ、
その辺りがわし的ベスト。
アドリブソロパートよりも、
そしてわしにとってはシルビア・シムズの歌よりも
バレルちゃんのコンピングが聴き所のアルバムなのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

シンプルイズベスト

06-27,2019

今日はラリーちゃん(クーンズね)入りの
ボーカル物を聴いてみたいと思います。

201906261256235cc.jpeg

Luciana Souza / The Book Of Chet (2012年録音)

Luciana Souza (vo)
Larry Koonse (g)
David Pitch (b)
Jay Bellerose (ds,pec)

ラリーちゃん参加!ってだけでも嬉しいのに
しかもギタートリオね!

収録曲は全10曲。
タイトルから察せられると思うが、
全編ミディアムスロー〜バラードの
チェット(ベイカーね)の愛奏愛唱曲で占められている。
そんな中でラリーちゃんは究極の音数、
(と言っても逆の意味で)
最小の音数でもって歌を引き立てているのだ。
分厚いコードは殆ど使わずに基本2声3声、
時にはシングルノートのみでコンピング。
これがまぁ〜カッコいいったらありゃしない!
勿論歌い手のスタイルや曲にもよるんだろうが、
コード弾いてりゃ良いってもんじゃ無いのがよく分かる。
主役のルシアナちゃんの歌も、
ラリーちゃんのソロパートも素晴らしいのだが、
このバッキング聴くだけで価値があるアルバムなのだ。
しかもそう云うアルバムの中でもトップクラスに。
更に自分でもギター弾くわしには参考にもなるし。
と言いつつこんなカッコいい事そう簡単に出来はしないが…
そう言えば以前インタビューで本人答えていたが、
これはプロデュースのラリークレイン(ルシアナちゃんのダンナ)の意向だったそうで、
ラリーちゃんにとってもとてもやり甲斐のあった演奏だったらしい。
うん。
そりゃそうだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。オススメ!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

バードランドの人

02-14,2019

昨日の記事でバードランド(ギター)の使い手として名を上げたんで今日はコレ。

20190213070155b5d.jpeg

Diana Krall / Live In Paris (2011年録音)
(#12の”Just The Way You Are”のみ2012年スタジオ録音)

Diana Krall (vo,p,ep)
Anthony Wilson (g)
John Clayton (b)
Jeff Hamilton ds)
Michael Brecker (ts) 12
Rob Mounsey (key) 12
Christian McBride (b) 12
Lewis Nash (ds) 12

このアルバムは、
同時に映像でもリリースされてるんで(一部収録日が違うみたいだが)
アンソニー・ウィルソンが使用してるギターはバードランドで間違いない。
わしゃこの人の王道でいて現代的と云うスタイリッシュな感覚が好きで
リーダーアルバムも何枚か持っててここでも1枚紹介したんじゃが(この記事)
ここ最近はどうもわしの望んでる物とは少し違う方向へ進んでる様な気がする。
よって最近のアルバムは買ってない。
(しかしちゃんと聴いてないけどYouTube等でチェックしてる)
でもこのアルバムでのプレイは本当にカッコいい!
わしゃマジでダイアナ・クラールのバックだとラッセル・マローンより
このアンソニーちゃんの方が良いんじゃないかと思うとるのだ。
いやでもラッセルちゃんもええよ勿論。と一応フォローしとくが。
このアルバムでアンソニーちゃんは
ピアノ弾き語りの#11以外はボートラ含め全曲に参加。
その内アドリブ取ってるのは半分の6曲!
メインとして露出も多い。
ソロもバッキングも何もかも小洒落てて品があるんじゃが、
その中でもわし的ベストテイクは#8の”Devil May Care”
特にソロ導入部。
コードB♭mに対してA音強調して入ってくるセンス。
いやぁ〜カッコいい!
まさにエンディングの最後の一音迄全てが名演なのだ。
そしてダイアナちゃん。
歌では当たり前過ぎるんで、
ここではダイアナちゃんのピアノで好きなのあげる。
#5の”East Of The Sun”
素晴らしいスイング感!
てかさぁ〜以前も書いたが、
マジでダイアナちゃんのピアノって美女特有のかどうかは知らんが
独特の味というか美熟女感があるんで
歌無しのオシャレピアノトリオアルバムみたいなの作れば
そこそこ売れるんじゃない?
特に日本のピアノトリオが何より大好きなド助平ジャズ愛好家おじさん達に。
(悪気は無いです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



Blu-ray安くなってる。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

抜けたがる男

04-26,2018

こないだのライブと同じドラムレストリオ(p、g、b)バックのヴォーカルアルバム。
と言いつつ、
このアルバムの場合ヴォーカリストがピアノ弾いてるんで正確には違う編成じゃが。

20180426162219f66.jpeg

Diana Krall / Love Scenes (1997)

Diana Krall (p,vo)
Russell Malone (g)
Christian McBride (b)

わしはジャズヴォーカルのアルバムは余り聴かないが
これはギターのラッセル・マローン目当てで購入した。
今回久しぶりに聴いたがソロにバッキングと素晴らしいプレイがたっぷり聴ける。
ヴォーカルファンだけじゃなくギターファンも満足出来るアルバムだ。
しかしそれ以上に今回改めて思ったのが何気にダイアナちゃんが弾くピアノがええのだ。
まさに小粋。
小洒落。
こう云うピアノで歌うとさぞや気持ち良かろうと云うシャレオツなピアノ。
この人歌無しでピア二ストとしても結構イケるんじゃなかろうか。

と、ここまで書いてて思い出したが、
そのわしらがライブやった店のピアノのマスター。
この人も歌バックがぶち上手い。
昔からジャズからポップスまで仕事でも良くやってたみたいだ。
センス良い。
なのにこの人とにかくしょっ中演奏抜けたがるのだ。
どころか気が付くと本当にスッ〜っと抜けてる。
抜けてお客さんの前に座り酒飲んでる。
こないだも2曲は抜けた。
勿論お客さんのお相手するのは大事。
だから仕方ない。
が、あの人はただ単に話好きなんだな。
お客さんの相手しないでもいい状況でも抜けて話したがるから。
だから後2曲程演る予定って時も「もうええじゃろ?」と言い出し途中でライブ終わらせる。
そして話をしたがる。
わし的にはもっともっと幾らでも演奏したいのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

シナトラ三昧

03-08,2014

昨日の午後ずっとシナトラ聴いてたんだけど、
やっぱりいいね!


Frank Sinatra 10CD Set
(シナトラのスタンダードをCD10枚に収録して何とこの値段!これは買うしか?)

スタンダードを男らしゅうズバッとストレートに歌い上げるだけ。
何の捻りも無く、只々ど直球をガンガン放り込んでくる。
それだけで、バシッとキマる!
さすがTHE VOICE !
古いスタンダードナンバーの良さを改めて思い知らされた。
ホント、素晴らしい!
うん。
たまにはこう云う日があってもいい!
皆さんもシナトラどうですか?
「おっさん臭い」とか言わないでさ。
(わし場合、ホントにおっさんなんだけど)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
今日もバナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ