新たなるセッションあるある

10-16,2017

セッションの記録。今年15回目。
いつもの店。
参加者は結構多かったが
ヴォーカルの女性とその連れの男性のカップル以外は全て常連。
ご覧のように写真は撮り忘れて無いが持ってったギターもいつもの335。
と、ここまで書いてるとホント何もかもいつもと同じ。
だがこの日違ったにのは店に漂うムード。
何故かセッション始まる前から店全体がやけに良いムードなのだ。
明らかにいつもと雰囲気が違う。
和気藹々と云うかとても和やかなムードに支配されてる。
これはセッションが始まってもそうだった。
物凄く和やか。
いつも以上に演奏も軽やか。
みんなの表情も穏やか。
良いじゃん良いじゃんと思いつつ
ここでわしはふと何故そうなのかと考えた。
そしてある事に気付いたのだ。
それは参加者の中に女性が2人(アルトとピアノ)もいるからだと!
あぁー!絶対そう!
その証拠にホラ!
あのいつも絶対に必要以上に話さない無口なあの男がにこやかにその女性と話してるではないか!
更にホラ!
あの犬猿の仲の2人が同じ空間に居るのに店内に緊張感無いじゃない!
ホラホラ〜ホラホラ〜やっぱりそうだ!
女性2人の参加によって場が華やいでるのだ!
この男共みんな揃ってアホみたいにウキウキしてんのだ!
と、家帰ってツレにそんな事言ってたら
「自分こそギターの写真撮り忘れる程ウキウキ気分に浸ってたんじゃないか?」
と突っ込まれたが決してそんな事は無い。
ただ単純に忘れただけだ…

話戻ります。
でも更にふとこんな事も考えた。
「しかしオルガンセッションの時だっていつも最低2〜3人はヴォーカルど熟女軍団がいるぞ」と。
「でもいつもこんなに和やかなムード全く無いぞ」と。
うーむ…
「やっぱりど熟女だからか?」と結論付けようと思ったが
でもそうじゃないんじゃな。
理由は単純にその女性2人が楽器での参加だったからじゃないだろうか。
当然男共は全て楽器での参加だ。
だからその辺りの事をお互いに質問したり答えたりと割と会話も弾む。
現にわしもそんな会話をした。
しかし相手がヴォーカルだとそんな会話は余り無い。
楽器を演奏する者同士だからこその会話。
そんな感じで一緒に演奏する訳だから盛り上がるのだ。
当然カッコ良く演奏する自分をさり気なくアピールしてる奴だって居るだろう。
更に女性2人ってのもポイントなのだ。
(それぞれ単独ではよく見るんじゃが2人揃ってというのが初だった)
女性の方も男ばかり(しかもおっさん)だと緊張するだろうが、
自分以外にもう1人女性がいると云うだけで肩の力が抜ける。
楽な気持ちになる。
結果自然と会話が弾む。
逆に「自分以外全て女性のセッション現場」と云う状態を想像するとよく分かるだろう。
中には興奮しまくった挙句必要以上に喋り続けると云う輩も居ようが
普通の男なら完全無言の無表情状態に陥る筈だ。
でもそこにもう1人男が来ると「あぁ…助かった…」となって笑顔が浮かぶ。

とまぁ、どうでもいい事を長々と書いたが最後にもう一つ思ったのだ。
実はこれって“セッションあるある”じゃないのかと。
世のセッション現場で良くある現象ではなかろうかと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランコ・アンブロセッティ新譜。ジョンスコ参加。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

どうでもいいでしょうが報告します

10-12,2017

数ヶ月前使用ピックが変わったと云う記事を当ブログに書いたが、(この記事)
実はここ2カ月程前からまた元のジョンスコピックに戻ってるのです。

201710120106377ab.jpeg

ある日テーブルの上に置いてたjazztoneが見当たらなかったんで
仕方なくジョンスコモデルで弾いたら実にしっくりきたのだ。
しかしそんな事言いつつサクッとまた変わる可能性もある。
そうなった場合またここで報告致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この本面白そう。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

キチンとしたセッション

10-02,2017

先週土曜日セッション行ったので記録しときます。(14回目)
場所はいつもの店の隣。
3回目の参加なので人見知りの激しいわしでももう慣れた。

20171002055003ef4.jpeg

以前も書いたがこの店のセッションは仕切りがキチンとしてる。
参加者は名簿にキチンと名前と担当楽器を記入しそして自分の出番を待つ。
司会進行もスムーズ。
いつもの店ではスタスタ勝手にステージに上がるがここでそんな事は許されない。
自分の名を呼ばれる迄は大人しく椅子に座って待機。
よって皆聴いてる側に回ってもキチンと真面目に聴いている。
ソロが終われば拍手もキチンとする。
ジッと見られてるんで若干緊張する。
しかしこれはこれでいい感じだ。
ギターは335。
参加者ぼちぼち。
ほぼ見かけた事のある方々。
やけにドラムが多かった。
てか最近思うにジャズセッションって案外ドラムが多いのだ。
これは全国的にそうなのかどうかは分からん。
が、広島のこの界隈の店ではそう。
ロック系のセッションとかではまた違うんかな?
廣木さんから提供されたというJC60はこの日も快調だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パット・マルティーノ新譜出る!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ラストセッション?

09-17,2017

セッションの記録。今年13回目。
昨日カープが優勝決めてたら近くの駐車場も空いてないだろうし
雨降りそうだし、そもそもカープ優勝したら参加者来なさそうだし、
行くの止めようと思ってたんじゃが緒方のバカを罵りながら行ってきた。
(ファンの方スミマセン)
ホストはJちゃん。
Jちゃんは昼寝するスペイン人だが基本時間は守る。
いつも開始前には来てる。
でも昨日は前々日から東京行ってたらしく飛行機の遅れで1時間弱遅れてスタート。

20170917090221570.jpg

ギターは335持ってった。
アートフィルターかけて撮ってみました。
参加者はやっぱりカープ負けたんでそこそこ来たが知った顔ばかり。
ギターはわしのみ。
ベースも上手い常連1人だけ。
よってバラード以外全曲参加。
久しぶりに楽しめた。
そういやぁベースの人(転勤族)今月一杯で地元に帰るらしい。
わしはもしかしたら昨日で会うのは最後だったかも。
上手い人だけに店にとっては凄い損失じゃないかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャンゴ本決定版



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

仕切り

08-26,2017

水曜日にセッション行ったので記録しときます。
今年12回目。
いつもの店。

20170826134358199.jpg

今回は久しぶりのN氏セッション。
初めて見る人ちらほら。
何度か書いたがこの店のセッションは基本ダーダーで進む。
ホストも基本何かの楽器1人なんで演奏する参加者の組み合わせもダーダー。
よって初心者が居るとなんやかんや困る事も多い。
特に出たがりの人だと色々と困る。
上手いオルガンバックに歌いたかったのであろうDJKJV軍団の順番の時もN氏は不動。
一切仕切らない。
うーむ…
やっぱりある程度の仕切りは必要じゃなかろうか。
ちょっと気の毒だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディメオラ新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。