鬼の居ぬ間的発想

08-14,2017

こないだの土曜日の夜セッション行ってきました。
今年11回目。

20170814102818f42.jpgギターは335

ホストはスペイン人ピアニストJちゃん。
かなり久しぶりだ。
Jちゃんはオルガンも弾くので最悪ベーシスト来なくても何とかなると思って参戦。
てかわし的にはそれでも一向に構わんかったんじゃが
結局エレベ弾き1人とドラムとエレベ弾くかつての常連が来たんでJちゃんピアノに専念。
オルガンでベースライン弾かなくていいんで喜んでた。
やっぱりずっとベースライン弾くのは疲れるらしい。
参加者はぼちぼち。
ギター、ドラムだけ3人ずつ。
何故か聴くだけ客も多め。
世間はお盆休み中、
よってゴマ塩居ぬ間的にメンタル。
わし予言的中。
かと思ってたらゴマ塩。
「あわっ!あわわわぁぁ〜」とわし。
休憩。
何故かわしの横で反ゴマ塩同盟結成。
歌うブルースマン。
叫ぶゴマ塩。
結果的アバンギャルドメンタル。
Jちゃんは自己のトリオで横浜ジャズプロムナードに出演予定。
お近くにお住まいの方は是非。
素晴らしいピアニストですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイクスターン新譜!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

忙しかった日

08-07,2017

ライブの記録。今年9回目。
前回の記事で書いた通り今回は東広島市にあるジャズクラブでのライブだった。
メンバーはドラムのみINUさんと云うベテランの方に変わったベースのY氏クインテット。
因みにわしはこのINUさんとは先月行ったセッションで初めて演奏したが
他のメンバーは皆昔からの知り合いみたいだった。

20170807042629876.jpg
(帰り際慌てて撮った写真)

実はこの日は親父の命日だったのだ。
だから朝から忙しく家族で墓参りに行った。
帰りに回転寿司で食事。真昼間から生ビールを2杯飲んだ。
それからオカンの要望でスーパーに寄って帰宅後、
クソ暑かったんでシャワーを浴び少し仮眠。
ツレに肩甲骨周りをほぐして貰いライブに向け出発した。
最近気が付いたんじゃが肩甲骨周りをほぐすと腰の痛みが和らぐのだ。
肩もほぐれ指まで良く動く様な気がする。

演奏曲は以下の通り。

1st set

1 New York Minute (Don Henley)
2 Just One Those Things
3 Footprints
4 Estate
5 Falling Grace (Steve Swallow)

2nd set

1 Giant Steps
2 In Your Own Sweet Way
3 Windows (Chick Corea)
4 A Time For Love
5 Softry As In A Morning Sunrise

ライブ後ちょこっとセッションで5曲程。
使ったギターは97年製のES335。
アンプ持ち込みでエフェクターも多数使用。
そう言えばこの辺りの年代のギブソンは皆そうだと思うが、
このギターも塗装のネチャリ気が凄いのだ。
特に暑くなると尚更。
だからつい爪でゴリゴリしちゃう。
よって塗装ボロボロ。
でも大好きなギター。
全て終了後は今回も食事とビールをご馳走になった。
ここは食事も非常に美味しいのだ。
ツレは今回はカレーを食べてた。
美味そうな香りが店内に漂ったからその後結構カレーが売れてた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年に発売されたジムホールの(コレ)が限定復刻。
おそらく最後のプレス。売ってる内に是非。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

東広島の夜

07-30,2017

セッションの記録。今年10回目。
今回行ったのは今年の1月ライブさせて頂いた東広島市のジャズクラブ。
実は来週もここでライブをする予定。

2017073012121252c.jpg

ホストはジャズ以外でも八神純子等ポップス系でも活躍してらっしゃるベースの方だった。
時々広島に来るらしいがわしがお会いしたのは約2年振りだ。
参加者はぼちぼち。
ここの店だけで会った事のある数人以外は全て初めて会う方々。
やっぱり広島市内の店とはメンバーが違うのだ。
これだから時には違う店にも行かにゃならん。
楽器別では管楽器多め。
トランペット、ソプラノサックス、バリトンサックス、トロンボーンが居るのに
何故かテナーとアルトが居ない。
ドラムも多め。
でもピアニストは0。
どころかコード楽器はギターのわしのみ。
よって約4時間完全ホスト状態で全曲参加だ。
若干疲れた。
とはいえコレはコレで逆に沢山弾けたので大満足だったのだ。

持ってったギターはアイバニーズAS200。
店の小さなフェンダーアンプに直。
音はイマイチだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マクラフリン新譜!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ヘタれちゃったのね〜〜

07-24,2017

先週末(22日)今年8回目のライブだった。
記録しときます。

20170724170655820.jpg

今回はテナーのI氏クインテット。
演奏曲は以下の通り。

1st set

1 Black Nile (Wayne Shorter)
2 Lady Bird ((Tadd Dameron)
3 The Night Has A Thousand Eyes (sax less)
4 In A Sentimental Mood
5 Invitation

2nd set

1 Summertime
2 Corcovado
3 Alone Together (sax less)
4 Old Folks
5 Mr PC

写真の様にギターはIbanezのAS200使用。
それを自分のアンプでも無く、店のJCでも無く、
久しぶりに店のツインに繋げた。
がしかし!
これがまぁ〜スピーカーが完全にヘタってて参った!
もしかして真空管もヘタってるのか?
とにかく音スゲー小ちゃいの。
ヴォリューム上げると若干歪むし。
しかもイコライザーのツマミいじったら音量まで変わるし。
ペラッペラな音。
で、結局最後まで納得出来ずで終了。
でもあの人
どんなに酷い音だろうが音が出てる限りスピーカー交換など絶対にしないだろうな。

あとしょうもない事じゃがCorcovadoの最後の2小節有り無し問題が発生。
有り派1人、無し派2人、 無関心が2人。
今回は無しでいきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この本面白そう。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。



久々参加

06-26,2017

セッションの記録。
今年9回目。
今回は数年前一度行った事のあるジャズクラブ。
それ以来2度目の参加だ。
その時も書いたと思うがこの店のセッションは非常にちゃんとしてる。
キチンとしてる。
店の人も感じの良いちゃんとした人。
更にホストがちゃんと居る。
ピアノトリオ+テナー。
技術も確かな方々。
いつも行ってる店はホストは基本何かの楽器1人だけ。
ギターホストでベースの参加者居ない時とか最悪なのだ。
しかし参加費はキチンと取られる。

そしてこの店のセッションは進行がキチンとしてる。
店に入ると先ず名前及び担当楽器を記入しその順番に沿ってホストが司会進行していく。
逆にいつもの店はそんなもの一切無くダーダーで進む。
常連が好きなように遊んでるって感じだ。
でもその分ガツガツ沢山弾ける。
それに引き換えこの日の店はキチンと進行されるので勝手に全曲参加と云う事にはならない。
自分の名前を呼ばれるまで待機するしかないのだ。
よってこの日はたった4曲しか弾けなかった。
いつもの店だとダーダーで3時間以上弾きまくれるのに…
よってそれに比べたら満足度は引くい。
が、ちゃんとした雰囲気の中、ちゃんとしたピアノトリオをバックに演奏するんで
心地良い緊張感を保った演奏が出来る。
参加者も聴く方に回ったら真剣に聴いてるし。
だからコレが新鮮。
緊張感無くダラダラと何時間も演奏するよりずっと為になるかもしれない。
と言いつつ参加者はほぼ知ってる人達だったが…
でもまぁーこうやって別の店にも参加するのもいい事だと思った。
新鮮な気持ちと緊張感。更なる成長にはこれが大事なのだ。

久しぶりの参加で若干緊張してたんで写真は撮り忘れた。
ギターは335でアンプ直。
書き忘れるところだったが前回参加した時からギターアンプが変わってた。
以前は見た事もないローランドのアンプだったが
ジャズギタリストの廣木光一さんから提供して貰ったとかで何とJC-60が導入されてたのだ。
古いわりには凄く程度も良かったしコレは嬉しかった。
後はそうねぇ…ごま塩、染太郎からのメンタルってところかな。
そしてまたも猫ちゃんストラップを褒められた。
(ただしオッサンにじゃが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話題のジャズ本。読みたい。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。