「狐狼の血」観に行った

05-21,2018



観に行くにあたって改めて原作読み返しました。
前回読んだのは2年以上前だったんで忘れてた所多く再読正解。

行ったのは土曜日の夕方4時台の回。
ツレと共に最寄りのモール内のシネコンに向かった。
一日の上映回数が多い割に客席はほぼ満員。
年齢層も満遍なく。
さすが地元を舞台にしてるだけあって注目度は高いみたいだ。

近日公開作品の長い予告編が終わり出てきた初っ端の東映ロゴ。
ここで早速テンション上がるわし。
思わず「おお〜これこれ」と小さく声が出る。
そこからの冒頭数分間のバイオレンスシーン。
ツレは目を瞑って観ない程の絵。
これぞまさしく東映のヤクザ映画だ。
怒涛の畳み掛け。
更にアクションシーンでの手持ちカメラによる臨場感あふれる映像、
ストップモーションからのナレーション。
全編に渡り渦巻くわしの親父世代特有の土着の広島弁。
音楽も確実に意識してる。
思ったて以上に「仁義なき戦い」へのオマージュ感満載でますますテンション上がる。
勿論原作と設定変えてある箇所もある。
が、原作者も気に入ったらしい脚本も良かった。
若干大袈裟で荒唐無稽な演出もあるが映画なんでそれもアリ。
例の日岡の日誌の件なんか映画の方がずっと感動的。
わしゃー終盤これでかなりグッときたで。
主演の役所広司も良かった。
この人に関しちゃ当初キャスティングが発表された時どうもしっくりこんかったのだ。
原作読んでるともう大上役は菅原文太以外考えられんのだ。
それに比べ役所さんはなんかこう上品でしょ?
文太の様なある意味下世話な感じが無い。
それにどうも最近観てたテレビの影響で、
人の良い中小企業の社長(陸王のこはぜ屋)的イメージが強かった。
それがどうだ。
原作の文太的イメージとは若干違うがこの強烈な個性のアウトロー警官を見事に演じてた。
流石だ。
石橋蓮司も良かったなぁ。
マジで腹立つ演技。
ピエール瀧は観る前からピッタリだと思ってたがやっぱそうだった。
広島ヤクザにしては若干スマート過ぎるが江口洋介も新たな魅力出してたし、
「仁義」での千葉真一意識してた竹野内豊も今までに無い役を頑張って演じてた。
2時間ちょいある長い映画だが一気に観させた。
3年程前無駄に長い原作を無駄に2部作にしてた映画あったが
これこそ2部作にしても良かったんじゃないかと思ったで。
じゃないと次回作も映画化するとしてももう…
と、これ以上書くとでネタバレになるんで止めます。
そんな訳で広島県にお住まいの方(出身者の方も)でヤクザ映画好きならば是非とも観に行って下さい。
面白いです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原作これ。



映画のムック!



そして続編も出たでぇ!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「スリービルボード」観に行った

02-17,2018

今回はツレも一緒。
行ったのは自宅から最も遠いシネコン。
そこと八丁堀のサロンシネマしかやってないので仕方ないのだ。
(シネコンだと駐車場が無料)



シネコンへの道中に親父の墓があるので先ずは映画の前に墓参り。
そこからシネコンのあるモールへは10分程。
着くと速攻で床屋へ行き散髪だ。
3ミリの丸坊主にする。
その間ツレはATMで何やかんやすると云う計画。
しかし平日の午前中にもかかわらず行列。
それも老人のみ。

映画の感想。
100点。
ネタバレになるんでザックリしか書けんけど
序盤からの丁寧な人物描写とストーリー上の小さな伏線が
終盤に向け一気に解決!では無く、
サラッと往なされるのがある意味快感。
あれもコレもそんな単純なもんじゃないし、
物事そうは都合良くは進まない。
そう思いつつからのラストシーン。
鑑賞後食事しながらツレとも話したんじゃが色んな意味が取れる深い台詞。
そこから全てを振り返ると更にやっぱり人間って単純では無いと気付くのだ。
うーん…意味不明でスミマセン。
でもそんなところが面白い映画。
しかし映画館も老人多かった。
食事の後はショッピング。(ツレの)
可愛い帽子と可愛い春物アウター買ってツレは超ご機嫌だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディメオラ新譜。(右はアナログ盤)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「永遠のジャンゴ」観に行った

02-06,2018

今回はわし単独。



と、その前に単独で映画に行くとなって朝から昼飯で悩んだ。
映画観賞前の恒例、めん喰いでの半チャンラーメンセットか、
又はサンカレーでカツカレーか。
結果どっちもやめて並木の蓬莱で天津丼に決定。

2018020602255907d.jpeg

美味かった。

劇場は八丁堀福屋にある八丁座。
月曜メンズ割引デーなんでおっさん連中はそこそこ来てるかなと思ってたら
これが大間違い。
勿論おっさん爺さんも居たがオバちゃん連中大挙。
上映役30分前に劇場に行ったんじゃがその時点で残り席僅かで、
その10分後には売り切れ。
ジャンゴの映画なんぞ誰も来んだろうと高を括ってたから危なかった。
しかしジャズ未開の地広島で何故にジャンゴの映画が満席に?

戦争が絡んでる映画だが派手な戦闘シーンとかは無い。
そういった意味では比較的地味な映画なんだが見応えはあった。
まぁそんなに複雑なストーリーでは無いんだけどネタバレになるのでそこは置いときます。
よってギター好きが気になる演奏シーンの事を。
ご存知の様にジャンゴの左手の中指と小指は動かない。
よって当然劇中の役者(実際の音源や手のアップのシーンはプロミュージシャンらしい)も
その他の指のみで演奏シーンを演じるんじゃがこれがまぁ全く違和感ないのだ。
このジャンゴ役の男(レダ・カデブ)は撮影の1年も前からギターの練習したらしいが、
これはマジで大したもんだった。
しかも演奏シーンはたっぷり。さぞかし大変だったことだろう。
それと使ってる楽器もちゃんとしてる。
その辺「マイルスアヘッド」とは偉い違いだった。(この記事参照)
しかし実際にジャンゴって指2本であんな演奏してたんじゃよな。
改めて本当に凄い。
そして映画の後はヤマダ電機でマッサージチェアー。
その後本屋覗いてクソ寒かったんで酒買って速攻で帰った。

あっ!
危うく忘れるところだったが、
横に座ったおっさん(推定年齢65歳)の腹の虫が凄かった事も記録しておきたい。
映画が始まって10分程経過した頃からこのおっさんの腹が「クゥ〜〜ウ、キュウゥ〜〜ン」
大きな犬の甘え声の様に「クゥ〜〜ウ…クゥ〜〜う…」
おっさん慌てて持ってた鞄で腹をカバーするが
それにも負けず「クゥゥゥゥゥウウウ〜…」「キュル〜〜〜ン…」
「え?」とチラ見するわし。
恥じらう女子高生の様な目でわしを見つめ返すおっさん。
言っとくがいくらそんな目で見てもわしには響かないぞと冷たく目を逸らすわし。
腹の虫はその後も時折鳴きまくってた。
そしてその度におっさんはわしの方をチラッと見てた気がするが無視しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サントラ



ジャンゴ本。買おうかな。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「スターウォーズ 最後のジェダイ」観た

01-14,2018

行ったのは自宅から最寄りのショッピングモール内に有るシネコン。
新設されたIMAXで観た。



いやまぁ〜クソ面白かった!
前作観た感想で「作品の評価はこの3部作全てが終わってから」と書いたが、
2作目で評価出た。最高。
観終わって丸1日。
まだ整理出来ない程の盛り沢山な内容。
台詞に映像…所々に暗に匂わせるメッセージ。
まだまだ残る謎。
ああだこうだと色々考える。
流石にディズニー。盛り上げ方が分かってるんだな。
観終わって後もずっと楽しめる。

それにやっぱ商売も上手い。
前作ではBB8と云う新たなキャラ出したが
カイロレンのグッズはおそらく余り売れなかったのだ。
だからか今回はグッズ商売に力入れてるとみた。
グッズ化を考えたキャラやメカが多数出てくるのだ。
その中で特にあのポーグっていうペンギンとアザラシ混ぜたっぽい奴。
初めてトレーラーでそれ観た当初ツレは「あざと過ぎる」と言ってた。
「明らかにグッズ化の為に登場したキャラだ」
「私はディズニーの策略にはハマらん」とも言ってた。
しかし!
あ奴がスクリーンに登場するや否や瞬時に「キャッキャ!」
それ以降出るたびに「キャッキャ!」
しっかりハマってた。
おそらく何がしかのグッズ買うだろう。
因みにわしはあのボーッと乳搾られてたセイウチ的なのが好きだな。
脚の細ぉ〜い家政婦みたいなのも好き。
しかし!
前作同様悪役キャラがイマイチ。
何度も書くがわしは悪役が好きなのだ。
ダースベイダーにダースモール、ドゥークー伯爵、グリーバス…
小さい頃仮面ライダーのゾル大佐を好きになって以来そうなのだ。
だからこの2作はその辺イマイチ。
スノークなんか名前でもうダメ。
ノンノン(ムーミン)のお兄さんじゃないんだから。
次作ではもっとアクの強い強烈キャラの登場を願う。
ハックスの小悪党振りは結構好きだけど。

最後に初めてIMAX体験したが音が凄い。
ライトセーバーで戦うシーンとか凄い迫力だった。
映像は暗いシーンが桁違いに綺麗に見える。
夜のシーンが多い映画には絶対合う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツレが欲しがってるポーググッズ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

グラディエーター観た

11-09,2017

先日に引き続き今日もリドリー・スコット作品の鑑賞。



これも観たのは数年振り。
わしの持ってるDVDは2枚組CDサイズのケースに入ってるDVD化された初期の物。
1枚に本編、もう1枚にボリューム満点の特典映像が入ってる。
今回もそれを観た。
大好きな映画なんで当時まだクソ高かったが速攻で買ったんじゃよな。(3980円)
更にラッセル・クロウのあまりのカッコ良さに影響され全く同じ髪型にしたのだ。
自分で言うのもなんじゃが結構評判良かった。
とまぁそんな感じで今回改めて観てもやっぱ最高だったな。
戦闘シーンはどれもど迫力!スピード感溢れるストーリー展開、
壮大な音楽、俳優陣の鬼気迫る演技も素晴らしい!
更に水戸黄門or忠臣蔵的カタルシスまで味わえる!
そしてラストシーンからのテーマ曲で誰もが鳥肌立てまくって感動するだろう。
もう何処を取っても非の打ち所がない名作。
そしてやっぱりこの映画のラッセル・クロウはカッコええと再確認。
但し現在のわしの毛量ではもう同じ髪型には出来ない。
それが残念。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Blu-ray



Rez Abbasiの新譜出とるじゃん。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。