「エイリアン コヴェナント」観た

10-10,2017



行ったのは段原にあるシネコン。
ここは隣にサイゼリアが有るので先ずは映画の前にチョイ飲み。
てかチョイと言いつつ生2杯にデカンタワインを飲んだ。
で、それから映画。
しかし金曜夜と云うのに客はわしとツレのみ。
結構雨降ってたからか?
それとももしかしてこの映画評判悪いのか?
そんな事を思いながら鑑賞したがわし的にはクッソ面白かった。
エイリアン誕生の秘密が明かされるんだがこれがもう凄いインパクト。
それに流石の映像美。
グロいシーンでさえ美しい。
内容うんぬんじゃなくこれだで大満足なのだ。
でも単純にSFホラー映画としてだけで観に行った人はこれ観てどう思うのか。
色々と理屈付けがあるんで結構間延びするシーンもあるっちゃあるし、
そういう怖いのだけ目的で観ると新鮮味は無いかも。
それに最低でも「プロメテウス」だけは観てなくちゃ意味わからんだろうし。
そんなこんなで客少なかったのかもな。

しかしまぁーとにかくわしは面白かったのだ。
新たに次の展開があるエンディングになっとるし第1作に繋がる謎もまだ残ってる。
リドリースコットも既にお爺ちゃんでシンドイだろうが出来るだけ早く次をお願いしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギター体操!ーウケる。



エイリアン。





いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。


ダンケルク観に行った

09-25,2017



最も印象に残った場面としてはアレだな、
冒頭主人公の1人が便意(ウンコ)を抱えたままドイツ軍に攻撃されてるとこ。
どんな危機的状況でもしっかり便意はやって来る。
正に以前ここで書いたわしの夢の中の様な状態。(この記事参照)
これが最大の感想かな。
って、嘘です。そんな訳は無い。
映画は非常に面白かった。
疲れる程の凄い緊張感だった。
しかし!
この日はそんな面白い映画よりもわしを夢中にさせた物があったのだ。
それはこのシネコンと同じショッピングモール内のとある楽器店で試奏した
いま巷で大評判VOXの新真空管搭載ギターヘッドアンプ“MV50”なのである。
(わしが試奏したのはACタイプ)

2017092510455527a.jpegこれね

先ずはそのサイズに驚いた。
これがまぁー想像以上の小ささ。
マジでこの中に真空管入ってるのか?と疑うレベル。
専用のキャビネットも軽い軽い。
早速試奏をお願いした。
ギターは店にあった唯一のセミアコ(IbanezのおそらくAS93)
いやいやいやいやー!!!弾いた瞬間参った!!!
音の方も想像以上だったのだ。
クリーンもいけるがちょいとゲインを上げれば正にジョンスコ。
気持ち良過ぎて思わずニヤける。
そこそこの大きさの店でやるジャズ系のライブならば音量も充分。
しかもこれがキャビネットとセットで3万円以下で買えるのだ!
なんていう良い時代だ。
それからわしはこのアンプが如何に素晴らしかをツレに延々と語った。
ツレに伝えたところで全く意味は無いがずーっとこいつについて喋り続けた。
映画館の席に座っても感想を述べ続けた。
いや…実際は映画が始まってもチラチラとこのアンプの事を考えてた。
当初「買うならcleanタイプだな」とか思ってたんじゃが
「クリーンはピーターソンが有るからやっぱ買うならACタイプだな」
「音だけは安上がりにジョンスコになれるな」
と、気が付くと買う予定も金も無いのに想像してた。
だから映画見終わった後も映画の感想を述べるツレに対して
わしの口から出る言葉はアンプの感想が先。
映画二の次。
いや映画は間違いなく面白かったのだ。
もう一回観て細部を確認したいのだ。
でもこの日はアンプの事が頭から離れんかったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンプはこれ。



fusion guitar bookってのが出る!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「ライフ」観にいった

07-17,2017



簡単に説明すると
「エイリアン的SFホラー要素にゼロ・グラビティ的緊張感をプラスしました」
って感じの映画かな。
今これを読んで下さってる奇特な貴方。
「なるほど。ではこんな感じかな」と想像しましたよね。
その想像当たってます。
強引じゃが結構それで説明出来てるのだ。
但しH・Rギーガー デザインのエイリアンに比べ
こっちのデザインは若干インパクに欠けるかな。
あっちは如何にもフィギュアが売れそうなデザインじゃない?
わしもこれまで何体も買ったし。
それに対しこっちはそんなに売れそうにない…
でもツレはこいつは登場してから始終ビビリ捲ってた。
充分恐いのだ。
がしかし終盤の酸素棒に抱きついて酸素吸ってるシーンだけは
「若干可愛かった」とか言ってた。
でもエイリアンよりこっちの方が実際に居そうなんじゃよな。

わしは(ツレも)非常に楽しめた。
こう云う同じ様な設定でも
ちょっとしたアレンジでまだまだ上質な映画は作れると云う事なのだ。
その辺いちいち突っ込まずに優しい気持ちで観て頂きたい。
そうすれば普通に楽しめます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アダム・ロジャース新譜!



いつも読んで下さってありがとうございます
またのお越しをお待ちしてます。

「キングコング」観に行った

04-02,2017

正確には「髑髏島の巨神」と云うサブタイトルも付くけど。
最近こう云うの多い。



観に行ったのは土曜日の初回9時から上映の回。
しかし学校が春休み入ったのと更には毎月ファーストデー割引きが重なりかなりの人出だった。
よって発券するのもポップコーン買うのも行列。
時間を気にしつつ並んでいるとわしの横の行列に恐らく何らかのアニメ
(ツレが言うには多分プリキュア)を観に来たであろう何処からどう観てもオタクな男
(推定年齢20、上下汚げなスウェットにリュック、脂ギッシュな頭髪)が、
「うぅーー」「うぅぅぅうううううう!」とイライラと身体を揺らしながらをうめき声を発してた。
多分上映に間に合わんので先に買わせろとでも思ってたんだろうが、
どの映画もこの時間が初回上映なのだ、皆状況は同じ。
「お前だけではないのだ」と面白く眺めてたんじゃがある意味怖かった。
で、内容の方。
わしの期待通り単純明快プロレス的怪獣映画という感じで結構満足出来た。
CGも凄い。怪獣どころか恐らく背景もCG。
わしが初めて劇場でキングコング観たのは1976年度版じゃが、
30年でこの進化とはまさに隔世の感を禁じ得んかった。
昔のはどデカイロボットコングまで作ってたがそこだけ若干違和感もあったからな。
それに引き換えこっちのCGは違和感も全く無し。既に動物ならCGで問題無いだろう。
その内俳優すら必要無くなるんじゃなかろうか。
あっ、それはそうとエンドロール部分の途中でかなりの人数が帰ってた。
確かにこのエンドロール長いんじゃが、
これから観に行かれる方は決して途中退席しないで下さい!
最後にサプライズ有ります。
怪獣好きは恐らく「おお!」となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「スプリング、ハズ、カム」観にいった

03-09,2017

行ったのは「横川シネマ」
わしが高校生の頃はポルノ映画館だったが(こっそり行った事がある)
今は経営者も変わり小規模映画や自主製作映画を上映するミニシアターだ。



この映画は進学の為上京する娘の部屋探しをする父娘のある1日の物語。
フライヤーに「ご町内ロードムービー」と書いてあったがまさにそんな雰囲気の映画だった。
季節もまさに今頃、更にこの主人公父娘が広島出身と云う設定だ。
客席は映画と同じ様に娘、息子を送り出したと思われるおっさん&おばさん連中で
そこそこ埋まってた。
わしは逆に数十年前の自分を娘役に重ね観に行ったんじゃが。

内容も良かった。
とにかくほのぼのとあったかい。
こう云うテーマの映画だからシンミリするのかと思ったが実際はそうでは無かった。
でも逆に殊更泣かそうとしないところが良かったんじゃよな。
淡々とした中のちょこっとシンミリ。
わしらおっさん連中にはこれくらいが丁度いいのだ。
自分にその経験があるからこそ分かる雰囲気。
客席は皆そう思ってた筈だ。

主役の柳家喬太郎も良かったなぁ。
さすが人気噺家。
マジで映画初出演だとは思えない堂々たる演技だった。
実際広島居るよあんなおっさん。
娘役の石井杏奈ちゃんも如何にも広島とか地方に居そうなムード出してて可愛かったな。
そして大家役の柳川慶子。
まぁー良い味出しまくってたな。
こう云う大家さんも実際「居る居る!」って感じだった。
チョイ役じゃが東京03の角田もグッジョブ!

広島では今日から1週間のみの上映。
興味のある方はお早目に!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジュリア・ラージ仕様。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。