FC2ブログ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」観に行った

02-23,2019

ディレクターズ・カット版。
行っらのは自宅最寄りのショッピングモール内のシネコン。
ここで「午前10時の映画祭」と云う
昔の名画を早朝1回だけリーズナブルに上映する催しを定期的にやってるのだ。

20190223212754f69.jpeg

この映画はぶちが100個付く程大好きな映画で
初めて観たのはもう数十年前、テレビだった。
それからレンタルビデオで、
DVD化されてからはそれ購入して何度も観たが
スクリーンで観たことが無かったのだ。
だが細部まで覚えてる映画だし、
当初4時間半も映画館の椅子に座って観るのたいぎいな(広島弁しんどいの意)
と思ってたが、なんのなんの!
やっぱり名画だ!
一気に引き込まれ、4時間半はあっという間だった!
特に音楽。
この映画、音楽がむちゃくちゃ良いから!(エンニオ・モリコーネ!)
あの音楽がどデカイ音で鳴るとマジで全身鳥肌で涙が出てきた。
あの音量だけは自宅では無理だから。



そして長い映画観る上で中高年にとって大きな問題である「トイレ」と云うのも
途中10分間の休憩で解決。
(映画館で休憩時間は初体験だった)
ジュース2本と水筒1本の水を安心して飲んだ。
しかし、
わしってこうやって何十年にも渡って観続けてる映画が何本かあるんだが、
印象や感想が歳と共に随分と変わってくるのだ。
それが面白く不思議。
こないだ書いた「ボーイズボーイズ」の様に何十年振りかに観たってのも
面白いが、(この記事参照)
2〜3年に一度は観ると云う映画を見つけ、
それを何十年か続けると云うのも又面白いのだ。
今コレ読んでる方。是非それやってみて下さい。
特に今若い人は!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Blu-ray



サントラがまた良いのだ!(当然持ってる)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「パッドマン」観に行った

01-11,2019




わし「フォレスト・ガンプ」が大好きなんじゃが、
アレ好きな人は絶対にこの映画も好きじゃないか?
そりゃお前の勘違いだと言う人も居るかもしれんが、
とにかくあれと同じ様な匂いが全編に感じられたのだ。
期待通りとても良い映画だった。
それに俳優陣も良いんだな。
特に主人公のおっさん。
おっさん相手に言いたくはないが好きになった。
因みにわしの初めての海外旅行はニューヨークだったんじゃが、
その時初めて乗ったタクシーの運転手がターバン巻いた大髭面のインド人で、
どっからどう見てもタイガー・ジェット・シン。(プロレスラーの)
金払う時サーベルで殴られるんじゃないかと若干ビビった。(嘘です)
おっさんの友人役の肉屋も良かったなぁ。
奴も若干弱いプロレスラーっぽかった。
インド人って胸板厚くて皆若干プロレスラーっぽいんだよな。
逆に女優は皆美人。
素朴で性格も良さそう。
完全に主観だが。
まぁーそんな感じでかなり好きなパターンの映画なんだがちょっと長いのだ。
話的に全体的にもっとコンパクトに抑えられたんじゃないか?
同じ様なシーンが若干多いし特に最後の演説は流石に長過ぎ。
後でツレと感想言い合ったんじゃがツレも同じ事思ってた。
あのシーンが特に長過ぎると。
まぁインド人的にはアレくらい口説い方が感動するんかもしれんが、
日本人感覚で観ると辛いのよ。
折角感動してたのに余りにダラダラ長いから、
だんだん良い加減にしろって気になってきた。
最後のシーンだから余計印象が悪い。
よってもっとコンパクトに編集し直して頂けたら100点!
今のままなら95点かな?
違う?
どっちでも100?
えぇ…
すみませんエラそうに…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グラント・グリーンのお得ボックス!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「アンダー・ザ・シルバー・レイク」観に行った

12-15,2018

行ったのは自宅最寄りにある某巨大ショッピングモール内のシネコン。
今週10日の月曜日に観に行った。
何故月曜日かというと「月曜日メンズデー割引き」を利用したかったからだが、
このシネコンはこっそりとこの「月曜メンズデー割引き」を終了させているのだ…
てかね、
こないだの「ボヘミアンラプソディ」と時からどうも動きが怪しかったんじゃよな。
その時も割引き無かったんじゃがスタッフ読んで確認すると、
「これは割引きないみたいですねぇ」とか、
さも「ボヘミアン〜」だけ割引き対象外みたいな説明したんじゃよね。
(あとで考えるとどうも言葉があやふやだった)
まぁその時は時間もあるし通常料金払って観たんじゃが、
でもわしは行く前にHPで確認してたのだ。割引きあると。
だから帰宅してもう一度確認。
すると確かにHPでは月曜メンズ割引きデーとあった。
わしは間違ってなかった。
しかしアプリの方では消してんの。こっそりと…
だからそのスタッフ(中年女)は焦ったんじゃろうな。
なんせ他所の映画館行けば「月曜メンズ割引き」あるんだから、
で、こういう事が続いたんでしょうね、
しばらくするとHPの方もこっそりと消してた。
まぁ〜やり口が汚い。
セコイ。
それ以来(と言いつつ、ついこないだ)
わしはこのシネコンにはツレと一緒の時以外(夫婦割引き目当てで)は行かない!
と、心の中で決めたんだが、市内でこの映画上映してるのここしか無かったんで
仕方なく割引き無いにも関わらずそこへ行ったと云う訳だ。
え〜すみません。
セコイ話を長々と。

で、映画。



じっくりと観ました。
ある程度予想してたんで自分なりになるべく集中しました。
が、わしゃ恥ずかしながらほぼ意味が分かりませんでした。
感想としては「なんじゃこの話?」かな。
独特なムードや映像と見るべきトコもあるが最終的に意味不明。
色々思い出しても結果意味不明。
しかしこの時同じ空間に居た他のお客さんもこれ絶対そう思ってた筈。
(結構入ってた)
だってエンドマーク出た瞬間確実に劇場内の空気感が変わったもん。
これ本当肌に感じる程変わった。
「ん?」
「え?」
「え?え?え?」
「もしかして終わった?」って感じで。
で、次の瞬間憤懣やるかたないって感じでドカドカ帰る人と
呆然と座り続ける人に分かれる。
わしは呆然派。
で、余りに意味不明だったんで家帰ってからネットで確認しました。
最近ネタバレとか沢山読めますよね。
片っ端から読んだけど幾ら読んでもよく分からない。
逆に読めば読むほど意味不明。
てか、これらのネタバレ書いてる人すら分かってじゃないかと思う程だ。
だって映像で観た事を只々活字に起こしてるってだけみたいだもん。
「ネタバレしていいんだよ?もっと詳しく書いて」
ってこっちは思ってるのに観たまんまだけ書いてる。
それはわしも観たから知ってるちゅねん!
それか、わしが馬鹿なのか感性が不足してるか。
しっかしレビューサイトで手放しでこれ絶賛してる人いるが凄いと思うぞ。
ホントわしゃマジで今でも何が言いたいんか分からんけん。
教えて貰いたいくらいだ。
てか、何度も同じ様な事書くが実際結構殆どの人分からんのじゃないか。
絶賛してる人の中にも実は分かってるフリだけしてる人ってのも大勢居るんじゃないか。
でもですね…
そんな感じで考えると逆にこの映画って、
ネタバレ読んで行っても全く問題ない程凄い映画とも言えるんじゃないか?
ネタバレとかそんなもんも超越した映画なんじゃないか?
と、思えてくるから不思議だ。
実際わしは意味不明だからこそもう一回観たいとなっている。
もう一度観て何か確認したいとか理解したいとかじゃない。
意味不明だけど感動したって訳でも無い。
意味不明だからこそただ単にもう一度観たいのだ。
もう一度理解出来ない自分を確認したいのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギラッド・ヘクセルマン参加作。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

「ボヘミアン・ラプソディ」観に行った

11-13,2018

行ったのは自宅最寄りのショッピングモール内のシネコン。
上映時間50分前に到着する様自宅を出発し同じモール内の楽器店に向かう。
目的はギターの試奏だ。
以前書いたが、
ここで試奏してた時に知り合った音楽教室のギター講師が何回かわしのライブに来てくれたのだ。
それ以来今迄以上に試奏に精を出すわしなのだ。
でだ。今迄散々あちこちでテレキャスターの試奏をしてきたが
お陰様でテレキャスはゲット出来た。
よって新たな試奏ターゲットを探す必要があった。
が、それは直ぐに決まってた。
ストラトキャスター だ。
それも安いヤツ。
試奏なんだから高いのすりゃいいじゃないかとお思いでしょうが
ここは現実路線を考えそうなった。
と云う訳で店内をボーッと歩いてたらあったぞ。
シールド、ストラップ等の小道具一式にミニアンプまでセットされた
初心者セットの激安ストラトが!
メーカーはスクワイアー。ギター本体だけだと3万以下。
黒ボディでローズ指板スモールヘッドネック。
そのギターの前にじーっと佇んでるわし。
すると若い女性店員さんに声かけられた。
「エレキギター弾かれるんですかぁ?ちょっと弾いてみますかぁ?」
物凄く感じの良い可愛い子だったが完全にお爺ちゃん扱いだ。
上記の言葉の頭に「お爺ちゃん」を付け加えるとニュアンス伝わるでしょう。
最近背中丸めて中腰でちょこまかと歩きながら洗濯物の山から靴下とか探してる時とか
我ながら「わしってお爺ちゃんみたいだな…」と思う事があるから無理も無いか?
そんな事思いながら「この一番安いストラトを弾かせて下さいと」お願いした。
女性店員はお爺ちゃん扱いのわしに椅子を勧め、
自分はその横にしゃがんでチューニングしてくれた。
キュ〜ン、キュ〜ン。
大人しく座って待ってるわし。
まさに孫に介護されてるお爺ちゃんと言ったムードだ。
そして「ハイ、ちょっと重いかもよ」と心配そうな仕草でわしにギターを手渡した時だ。
わしが何気にネックを握った瞬間その子が「ハッ!」と息を呑んだのが伝わって来た。
そう。
おそらく彼女はわしがギターを受け取るその所作で
「コヤツ只のおじいちゃんじゃ無いぞ」
「ギターの扱いクソ慣れてるぞ」的只者じゃ無い感を感じとったのだ。
ギター弾く技術の方は置いといて、
ともかく扱いには慣れてる。それが伝わったのだ。
コレは最近ツレにギターを「スタンドに立ててくれ」
「ケースに収めてくれ」とかでギター手渡す時にわしも感じるのだ。
「コヤツ扱い慣れてきたな…」と。
なんかこうね、スッと受けとんの。
なんの気負いも怯えも無くスッと。
剣の達人が刀持った瞬間みたいなもんかな。違うか?
まぁ〜どうでもいいが
そんな感じだったんでその後は若干お爺ちゃん的扱いは無くなりました。
良かった(^。^)

話戻って映画。



20世紀フォックスのサウンドロゴ部分から既にクィーン風(ギターの重ね録り)
そして冒頭からメジャーデビューまで怒涛のテンポで物語は進む。
これでもう完全に引き込まれた。
そしてじっくりと観せる中盤を経てクライマックスのライブエイド。
まぁ〜良く出来てる。
ラストシーンからのエンドクレジットも最高だった!
若干泣いた。
観る前は出っ歯風特殊メーキャップしたフレディをはじめ
他の3人も余りのクリソツ加減に「そっくり過ぎて逆にコントみたいにならんか」
「マイルスの映画みたいにならんか」(この記事参照)
と若干心配してたがそれも無用だった様だ。
勿論クイーンの事を知ってれば知ってる程面白いんじゃろうが
全く知識無くてもそれなりに楽しめる筈。
単純に良い映画なのだ。是非。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サントラ。



ジャズも一枚。ギラッド参加作。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

あの名作が!

10-19,2018

わしの大好きな映画「ある日どこかで」がBlu-ray化される!



初めて観たのは今から約30年前。
当時一緒にバンドしてたドラムのIさんから勧められてだ。
ちなみに最近発覚したんじゃが、
よく一緒に演奏してるテナーのSZK君がこのIさんとちょっとした繋がりがあるみたいなのだ。
現在は家業のカイワレ及びモヤシ工事を営んでいらっしゃるらしい。
てか、同じ町内に住んでるんじゃが一切合わんなぁ。
世間はと云うか広島は狭いのか広いのか。
話戻します。
で、Iさんに勧められわしは当時よく利用してたレンタルビデオ店で早速借りた。
エロビデオが物凄く充実していた店だ。
勿論そっちの方も世話になった。
えっと…映画…
感動した!
感動しまくってダビングして何度も観た。
友人知人ありとあらゆる人に観ろと勧めた。
大体がわしはタイムスリップ物が好きなのだ。
それがこの映画はその要素に加え何とも意表を突いた切ないラブストーリーが展開される。
冒頭パーティのシーンとラストシーン…
あぁー思い出すだけで泣ける。
勿論DVD化された時は即座に購入した。
サウンドトラックがCD化された時も即購入。(音楽がまた最高なのだ)
原作本まで買って読んだ。
それ程迄に好きな映画なのだ。
それがBlu-ray化される!
どうしようか!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



サウンドトラック



原作本。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。