FC2ブログ

クソ暑いからあえて

08-15,2018

毎日毎日クソ暑いですのぉー!!!
数日前と同じ入りじゃが(これ)今日は爽やかな風じゃなく
あえてヘヴィな熱風を吹き込んで貰っとります。
あぁ〜暑い!!!

201808151701373d6.jpeg


Judas Priest / Screming For Vengeance” (1982)

つい最近中古で買いました。
送料込み351円にしては結構綺麗。
何だかんだでジューダスをリアルタイムで聴いてたのはこのアルバムくらいまでかね。
当然LP。
(一番好きだったのは「背信の門」)
それ以降はあまり聴いてないんじゃが、
この中の“Electric Eye”はメタル史上に残る屈指の名曲ではないかと思っとります。
もう大好き。



この頃はまだロブ・ハルフォードも髪があって痩せてる。
アクションしてる。
でも数年前広島に来た時観に行ったんじゃが、
その時はまぁー動かんかったねぇ。
こんな危険な高い所登ったりせん。
ほぼマイク前に仁王立ちのまま微動だにせず。
でもそれが却ってど迫力の大貫禄でクソカッコ良かったがね。
KKダウニングが辞めて居なかったのが残念だったな。
小学生の時からルックスだけでグレンちゃんよりKK派だったからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

17枚入り特大お得ボックス!コレ欲しい!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

思い出は恥ずかしすぎて

07-25,2018

唯一CDで持ってる八神純子のアルバム。
残念ながら先日のコンサートではこの中の曲はやらなかったが
捨て曲無しの名盤なのだ。

20180725061245060.jpeg

八神純子 / 夢みる頃を過ぎても (1982年)

例の彼女から録音して貰って聴いてた思い出のアルバムでもある。
時を経て聴き直したくなったので数年前CDで購入した。
当時組んでたバンドでも2曲程コピーして演った。
(I’m A WomanとFly Away)
今書いてて思い出したが
そのバンドのヴォーカルの子わざわざサンバホイッスル購入して
Fly Awayの時吹いてたな。
しかも衣装までちゃんと作って。
ちなみにわしら男達の衣装は、
ド派手なショッキングピンクだーイエローだーの蛍光色の上下。
今振り返ると物凄く恥ずかしいが、コレがオシャレと思ってたのも事実。
しかも当然中途半端なロン毛ね。(高校生だったから)
あとこないだツレと話してて思い出したんだが、
アロハシャツに貝殻のネックレスとかもしてたな。
ベルトはロープっぽい素材のヤツ。
そして夏休みはカーリーヘア…

話戻ります。
で、バンドではやってないがこの中でわしが好きなのは曲は
タイトルナンバーのこれ(夢みる頃を過ぎても)



とこれ。(シークレットラヴ)



この曲の作曲は後藤次利。
そしてギターは松原正樹。
ぶちカッコいいですね!
音も良い!
その他のメンツも裏方スタッフも豪華。
おそらくこの数年前位から日本の音楽業界もアルバム単位でしっかり音楽作り出したって感じじゃないだろうか。
これも時間と金掛けてしっかりと作られとると感じる。
それまでの日本って基本シングルがメインだったからねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。








お宝発見

07-04,2018

わしが麻生久美子ファンという事はこのブログで何度も書いたが
昨日ちょっとした偶然で麻生久美子のカワイイ動画を発見した!
このブログを御覧頂いてる奇特な方々と
「麻生久美子ぶりぶちカワイイのだぁぁ〜〜ん〜!ふふぅ〜ん〜ん〜ん!」
と云う気持ちを共有する為その動画をここに貼っておきます。
大口開けてじっくりご覧下さい。
ちなみにこのメインのミュージシャンの事はわしゃ一切知りません。



どうですか!
クソぶりぶちカワイイでしょう!
わしは発見してから既に5〜6回観とります。
貴方は何回?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギブソンのピックホルダー付きキーホルダー。



無窮動シリーズのタブ譜抜きバージョン発売。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

紫の肖像

02-03,2018

中古でこいつを買った。

201802022019175af.jpeg

Deep Purple / Who Do We Think We Are

この手のロックのレコードは全て売ってしまったので忘れた物も多いが
コレは持ってたのだ。
確かに持ってた。
絶対持ってた。
でも中身についての記憶は今回久しぶりに通して聴くまでボヤァ〜っとしてた。
“Woman From Tokyo”以外ほぼ忘れてたと言っても過言では無い。
地味扱いだったし有名曲無かったしな。
当時リットーから出版されてた「リッチーブラックモア奏法」とか
その手のコピー譜にもこの中から扱われた曲殆ど無かったんじゃなかろうか。
だってわしこのアルバムの曲一切コピーしてないもん。
よくあるパターンのイントロだけコピーと云う事すらしてない。
やっぱ実際地味だったのだ。
しかし今世間の評価に惑わされる事無く冷静に聴くと
コレがまぁー実にカッコいいではないか。
それも何気にジョンロードがカッコいいのだ。
てか皆上手い。
買って良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お得Box



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

エロッ!

08-10,2017

大昔のアルバムなんですが
こないだのイーグルスのライブ盤(この記事)で思い出して
最近また何気にヘビロテ中のアルバム。

20170810094153f22.jpg

Gerald Alston (1988年リリース、日本版タイトルはミッドナイト・エンジェル)

ゲキ渋ジャケット。
この人は元マンハッタンズのリードシンガーです。
これがソロデヴュー作。
で、何でイーグルス聴いてこれを思い出したかだけど
理由は簡単、
ティモシーBシュミットが歌う名曲I Cna't Tell Tou Why"(言いだせなくて)
がカバーされてるからだ。
ティモシーの甘酸っぱくセンチメンタルな声に比べこっちは如何にもな黒人声。
しっかし!コレがまぁ〜物凄くメロウでエロい。
あれこれ書いても仕方ないんでとりあえず聴いてつかぁ〜さい。



初っ端から2曲続けてバラード、てかバラード中心。
とにかくエッチなアルバム。
勿論数曲入ってるアップナンバーも最高でまさに全曲捨て曲なし。
AORファンも大満足の大名盤だ。
但しイーグルスとは違い真夏の真昼間に聴くのは合わない。
基本黄昏時から深夜限定。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。