FC2ブログ

速攻購入

07-04,2019

BiSHのメジャー3rdアルバムが発売された。

201907040211562cf.jpeg

BiSH / Carrots And Sticks (2019)

ボーナスCD付きやBlu-ray付き等4種類程発売された中で、
わしが購入したのは写真のボーナスCD付きのヤツ。
そしてそれと同時にGIGSと云う雑誌も購入。

20190704021218d79.jpeg

念の為言っとくけど、
わしゃ別にBiSHのルックスが好きな訳じゃないから。
決して若い女の子の写真見て鼻の下伸ばしとりゃせんから。
なんか言い訳がましいけど…
えーと…まぁ〜とにかく!
写真が見たくて雑誌を買った訳じゃなく、
コレにメンバーそれぞれのインタビューと、
BiSHのほぼ全ての曲を作っとられる松隈ケンタさんによる
アルバム全曲解説が掲載されとるからですね、
えー、
購入したと云う事をですね、
えー、
ご理解頂きたい!
と、強く願っておる訳ですね。
ハイ。
物凄く言い訳がましいですけどね。
ハイ。
ホントに。

で、昨日の発売日と同時にそれしました。
当然CD最高!
全曲捨て曲無し!
新たな名盤誕生!とだけ言っておく。
そして雑誌の方。
コレもかなりのボリュームで大満足。
結果、とても有意義な時間を過ごせました。
コレからCD買うつもりの方。
この鑑賞法オススメします。
最後に新譜から1曲貼っときます!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

どハマり #2

05-27,2019

内緒にしとこうかと思ってたんだが、
やっぱり正直に白状します。
これ、最近の我が家のヘビロテアルバム。

201905270904381dc.jpeg

BiSH / Giant Killers (2017)

「我が家の」とか如何にも「自分だけの意思では無い」的に書いてるが
100%自分の意思で買い、それを聴いとります!
大ファンなのだ。

そもそものきっかけは、
テレビ東京の「Youは何しに日本へ?」という番組。
何処かの国の女の子2人がこの娘達のライブを観に
わざわざ遠い日本まで来てたのだ。
それで興味を持ちYouTubeでチェックしてハマった。
で、これまではそのままYouTubeだけで聴いてたのだが、
来月実際ライブに行く事になったんでこれを購入したと云う訳だ。
今しれっと凄い事書いたが、
そうです。
来月ライブ行くんです。
そんな訳でわしが好きな曲2曲ほど貼っておきます。
ではどうぞ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

どハマり

05-08,2019

こないだ迄BSテレ東でやってた「デザイナー渋井直人の休日」
と云う30分ドラマにハマってる。

20190504095909b61.jpeg

録画してるのを何度も観返す程好き。
思わず主演の光石研(完全なるオッサン)のインスタフォローしちゃった程好き。
これ観てると何故か癒される。
そんなだから原作マンガも購入。
その流れのまま今度は
エンディングテーマ歌ってるバンドのCD迄も購入してしまった…

20190504095910432.jpeg

Nulbarich / Black Envelope (2019)

「してしまった…」とか後悔いてるみたいに書いてるが、
これが実際は後悔など全く無く
「買って良かった!」と心底思ってる程良いのだ。
まぁとにかくオシャレ。
「こんなオジサンが聴いてもいいの?」ってくらいオシャレ。
聴いてるこっちが小っ恥ずかしくなる程オシャレ。
糖尿病で手足の力入んないのに思わず踊りだしちゃう程オシャレ。
糖尿持ちの腰が思わず動いちゃう程オシャレ。
物凄い小洒落感。
それにしてもここ最近のと言うかずっとなんかもしれんが、
若い日本のバンドのクオリティの高い事。
まぁ薄々感じてはいたが、
やはりわしらの頃とはひと味どころか二味も三味も違う。
何せわしらの子の世代なのだからな!
わしらは沢山の素晴らしい洋楽を聴いて育った世代だ。
だからその子達はもう〜なんちゃらかんちゃら〜
とか思っちゃうのが既に年寄り臭いのかもしれん…
止めときます。
まぁ〜なんでも良いけどとにかくカッコいい。
オススメします。
てか、わしがオススメせんでももう既に有名なんですかね?
あと、誰か知らんがギターカッコええよ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



これ原作



ブルーレイ出てます!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

渋いぞ!バードランド!

02-13,2019

バードランド(ギター)って異常に地味ですよね。
そんな地味ギターを何故わしが買ったのか。
音が気に入ったとかショートスケールで弾き易いとか理由は色々あるけど
有名ギタリストの中で使ってる人が余りいないと云うのも理由の一つなのだ。
わしは天邪鬼だからな!
と言いつつ実際には使ってる人居るととても嬉しい。
例えばデビットTウォーカーとかアンソニー・ウィルソンとか物凄い親近感を抱く。
いやいや!
それどころかテッド・ニュージェントにすらシンパシー感じるのだ。
結局ミーハーなんだな。
日本人では鳴海寛さんか?
あの人のプレイ好きだなぁ。
しかし何故か渋い人ばっかりだ。(テッド・ニュージェント除く)
残念ながら鳴海さんは2015年に亡くなったが
このアルバムに永遠に残る名演を残してる。

20190213044632d18.jpeg

山下達郎 / JOY (1989)

タツロー2枚目の2枚組ライブアルバム。
このアルバムは1981〜89年迄の9年間の中からのベストテイクを集めたライブアルバムで、
鳴海さんはその内5曲に参加している。
ソロにバッキングに素晴らしいプレイをしてらっしゃっるんだが
おそらくその全てでバードランド弾いてると思われる。
そしてその中の「蒼氓」という曲の中でのプレイがまぁ〜渋いのだ。
真空管アンプ(フェンダー)かな?
エフェクターは時代的にはクリーンブースターとかは無さそうだから
繋いでたとしてもコンプくらい?
後はリバーブとか空間系とヴォリュームペダル。
まぁなんにせよ良い音なのだ。
わしがジャズやる時の音とはテイスト違うんだが、
こんな色気のある音聴いたら本当に心底「バードランド買って良かった!」と
改めて思わせてくれる大名演!
そして実は山下達郎はやっぱりライブだなと再確認させてくれる絶品アルバムでもあるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

さすがジョンスコ

01-28,2019

この手のJ-popアルバムでは珍しくジョンスコが2曲も参加、
てか、J-POPアルバム参加とか初か。
しかもベースにスティーブ・スワロー、ドラムにビル・スチュワートと云う
ジョンスコ曰くAチームを引き連れての参加!
ジョンスコファンとしては「聴かずにはおられん!」ちゅー事で購入。

20190128204100b5c.jpeg

さかいゆう / Yu are something (2019)

この「さかいゆう」と云う人の事はこれまで一切知りませんでした。
すいませんm(_ _)m
そんな訳で同じく聴いた事無いと云う方にザックリと説明するとしたら
ソウルやファンクをベースにしたシティポップ系サウンドと云う感じか。
そこに更にラップやジャズエッセンスを取り込んでる。
凄く簡単に説明しちゃったが、まぁそんな感じ。
個人的感想としては好みのタイプの曲も有るが、
全く好みじゃ無い曲もあるんでなんとも言えんが
ガツンと来るキラーチューンが2〜3曲あればもっと良かったのになとは思います。
歌ぶちうまいんだからラップとか要らんでしょ。
(ラップ好きな人すみません)

ジョンスコ達が参加してるのは、
ジャズっぽい4ビート曲とミディアムスローのワルツ。
どちらもジョンスコのクソカッコええ長尺ソロが入ってます。
肩の力を抜いた風を装いつつサクッとした入りから
徐々に怪きジョンスコワールドに突入して行く「桜の闇のシナトラ」
完全にJポップな曲調(マジックワルツ)でもジョンスコは達はいつも通りだ。
ラストあの音でウネウネと長々と弾いとりんさる。
流石だ。
あ、後レイ・パーカーjrが2曲参加しててそれもカッコいい曲です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。