FC2ブログ

ハルさんの本

09-12,2019

高内ハルさんの本読みました!
と書くと「で、そのハルさんって誰?」ってなる方も多いでしょう。
いくらハルさんが日本を代表するジャズギタリストと言っても
世間的(わしのツレ含む)にはそんなもん。
よってそう云う場合は「ハルさんは松坂慶子の旦那」と言って下さい。
すると即「へぇ〜!!!そうなの!!!」っとなるから不思議なのだ。
えぇ…
スミマセン…
下世話で。

20190911192751cb0.jpeg

VOICE OF BLUE (舞台上で繰り広げられた真実のジャズ史をたどる旅)
高内春彦 著

予想に反してギター関連の事はほぼ書いてないです。
だからといって、
勿論、松坂慶子との私生活を赤裸々に綴ってる訳でも無い。
そう云う意味では期待外れ。(ギターの話と云う意味です)
だけどだけど!
これがまぁー面白いんだな!

ミュージシャン目線と云うか
長年アメリカのトップレベルで活躍されてるジャズメンとして
現場目線のジャズ史が描かれてて、
これまでに読んだジャズ本とはちょっと違う視点が面白い。
勿論特に序盤は多少音楽的知識が必要な箇所もあるが、
基本難しい事は無い。
そういった事もハルさんらしい親しみのある文体で表現してて読み易い。
一般的なジャズの歴史本の補足としても
これからジャズを知りたい方の教科書としてもいいんじゃなかろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オススメ!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

久々読書記録

08-01,2019


久々に読書の記録。
まずはコレ。

クーデター
80年代新日本プロレス秘史 / 大塚直樹



80年代半ばに起こった
新日本プロレスのお家騒を扱った物は他にも色々あるみたいだが、
中でもコレはその決定版じゃないか?

著者はまさにその当事者も当事者。
背広組の中心人物だった人。
内容は、この時代に新日本プロレスで何がどうあったと云う事を
ある程度と云うより、
かなり予備知識を持って無いと全く意味不明だと思う。
事前説明は一切無い。
その点、プロレス大好きで、
当時これらの事でヤキモキしながら、
毎週毎週ありとあらゆるプロレス雑誌を片っ端から読んでたわしには
ムチャク面白く読めた。
かなり生々しい話も出てきて一気に読める。
抜群の内容だ。
是非!と言いつつ万人向けでは無いけど。

ついでに最近読んだのまとめてザーッと記録しときます。

鬼畜の家 / 深木章子
古本購入



往復書簡 / 湊かなえ
古本購入



マスカレード・イヴ / 東野圭吾
古本購入



均ちゃんの失踪 / 中島京子
古本購入



悲しみのイレーヌ / ピエール・ルメートル
古本購入



傷だらけのカミーユ / ピエール・ルメートル
古本購入



目玉焼きの丸かじり /東海林さだ
新刊購入



怪談 / 柳広司
古本購入



サンマの丸かじり / 東海林さだお
新刊購入



さよなら、コタツ / 中島京子
古本購入



犯罪小説集 / 吉田修一
kindle購入



カササギ殺人事件 (上、下巻) / アンソニー・ホロヴィッツ
新刊購入



アンドロイドは電気羊の夢を見るか? / フィリップ・K・ディック
古本購入



砂の器 (上、下巻)/ 松本清張
新刊購入



「カササギ殺人事件」は面白かった!オススメ!
「砂の器」と「アンドロイドは電気羊〜」は、
数十年振りの再読だが両方とも完全に忘れてた。
どっちも映画の方のイメージの方が強いのだ。
でもやっぱり面白かった!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

老眼はつらいよ!

02-11,2019

今更ながらパーカー勉強しよと思って最近コレ買った。

20190211021426bdc.jpeg

ご存知の様にパーカーのフレーズをギターで弾くのは難しいのが多い。
テーマですら難しい。
単純にそれだけやっても為になる。

しかしこの話こないだツレ捕まえて滔々と話したんだけど、
昔はドナリーですら2時間もあれば弾けたのだ。
それも凄いテンポで。
自慢じゃ無いが結構楽勝だった。
それが今は…
もう指が老化してるのか脳が退化してるのか、
或いはその両方かどうかよう分からんが物凄い苦労する。
指&脳に覚えこませるのに若い頃の何倍も時間がかかるのだ。
よって今の若いモンに言っておく。
「こういう練習は若いうちにやっとけよ!時間無駄になるよ!」
しかし情け無い…
まぁまだちょこちょこっとしかやってなんだが、
そんな事置いといてこの本の何が良いって字が大きいのが良いのだ。
それが一番!
とにかく中身ご覧下さい。

2019021102165166c.jpeg

ね?
黒本よりも一回り大きいマガジンサイズなのに楽譜は1ページ辺り4段!
わしら中高年は文字小さいかったらCとGの区別付かんのだ。
ディミニッシュとハーフディミニッシュなんかもう!
しかもこれは書体も良い!
てか、人は知らんがわしは好き。
好みの書体なのだ。
とにかく物凄く読み易い。
勿論中身も良い。
あっ!
CDも付いてるんだった!
まだ聴いてないけど…
まぁ今んとこそんな感じなんだけど、
とにかく「パーカー練習したい!」と思ってる老眼中高年ギタリストの皆さん。
結構オススメ!って感じかもしれない。
なんとなく…
そう思う…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

またも連続投稿

11-26,2018

遅ればせながら
先日発売になったジャズギター本「ジャズ・ギター・マガジンvol.1」を購入した。
まぁ初心者から上級者までターゲットにしてるんだろうし、
とりあえず第1号と云う事でどうしてもこんな感じになるんだろうが、
本音を言えばもっとギター本体やアンプ、弦、シールド、ピック等
ギア中心の記事の方が読みたかった。
が、概ね満足してる。
楽しく読んでる。
ただ…
何故にメイン記事がギブソンのヴィンテージギターなのだ!
しかもL-5とsuper400のみ!
大体がこんな高級なギター基本みんな買えないの。
買えるのは一部の金持ちかコレに全財産注ぎ込む様な奇特な人だけなの。
読み物としては面白いがここは現行ギブソンの特集にするべきでしょ。
(最低でも2000年以降製作中心で)
ただでさえギブソンって潰れかけてたんだから、
同じ音楽周辺で飯食ってる仲間としても助けにゃいけんでしょ、
新しいギターが売れる様に興味持って貰える様にそんな記事書かにゃならんでしょ。
だから現にこの本の表3広告埋まってないじゃない。
現行ギブソン特集だったらおそらくギブソンの広告入ってたんじゃない?
こう云う不定期のムック本だと中古楽器屋の広告入らんでしょ?
本はずーっと売ってるのに広告は数ヶ月前のってなるから合わないの。
中古楽器の広告は鮮度が命だからねぇ。
だから御社の営業もそう言ってなかったですかね?
「中古楽器屋の広告は取れんから広告取れる特集してくれ」って。

それにしてもいつも思うけど何故いつまでも古いモノばかり有難がってるんかね?
勿論わしも古い楽器や音楽大好きだし年齢的にもそれが一番落ち着くんじゃが
わしは新しいジャズに興味がある。
新しい機材にも興味ある。
が、わしの周りのわしより遥かに若い連中は何故か古い音楽ばっか聴いてるからね。
マイルスやコルトレーンやキャノンボール等ばっか…
新しいのは逆にわしが教えてるくらい。
わしの方が詳しいから。
だからねタル・ファーロウやバーニー・ケッセルのレコード紹介もええが
若い生きてるミュージシャンの音源も同じだけ紹介せんと
色んな意味で今後大きく捉えた音楽業界って先細るばっかりじゃないか?
楽器も中古ばかり売れてるみたいだし業界全体でなんとかしないといけんと思う。
そういやぁ偶然か必然か知らんが今月号の「ギターマガジン」の特集もギブソン。
それもそっちはもっと絞って1958年のギブソン。
コレも面白いっちゃ面白いんだけどね…
そんなの雑誌パラパラ眺めてお終いじゃん。
どう考えても「よっしゃボーナス出たら‘58年製レスポール買お!」ってならないじゃん。
まぁギブソンも経営者が変わったばかりだから直ぐにって訳にはいかんだろうから
1年後でいいから現在進行形のギブソン特集やってくれたら嬉しい。
そしたらその本絶対買う。
でも実際はヴィンテージギター特集の方が売れるんじゃろうな…
だからこれからもずっとそんな現実は変わらずか…

話戻って「ジャズギターマガジン」についてじゃが、
ページの都合やもしかしたらvol2以降の予定も絡んでるのかもしれんが
どうせなら今度はセミアコや他のフルアコ含めギブソン全箱物と云う特集にしてくれんかな。
ギブソン4本も持ってるのにわしの使ってるの全然載ってないのが寂しいんじゃよ。
自分の持ってるギターやそれに近いのが雑誌に載ってるとめちゃくちゃ嬉しいんじゃよね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズギターマガジン



ギターマガジン12月号



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

大江千里の新刊

05-28,2018

今作も非常に面白く読めたしやっぱり前作同様元気を貰った。
ポップスターとしての日本での生活をやめ、
ニューヨークで一からジャズの勉強を始める前作から(この記事参照)
今作ではニュースクールを卒業して新たに自らの会社やレーベルを立ち上げてのNY生活が始まる。
ジャズ的な話も多かった前作よりも若干ジャズ度は下がるが、
タイトル通りニューヨークを中心としたアメリカや、
日本でのジャズを生業にして行く過程が小洒落た文章で綴られている。
わし的には小洒落過ぎて若干小っ恥ずかしいところもあるが
やっぱりこの人って元シンガーソングライターだけあって言葉にセンスがあるんだな。
上手いというか雰囲気のある文体は結構好み。
それに前作読んでから結局わしはこの男のこの様な生活というか人生に、
結構興味を持ってるのだ。
惹かれてるのかもしれない。
だからこの先又続編が出るようだとそれもきっと購入する。

ついでに最近読んだ本も記録しときます。

平成猿蟹合戦図 / 吉田修一
古本購入

マネーボール / マイケル・ルイス
新品購入

平成大家族 / 中島京子

猫大好き / 東海林さだお
新品購入

パーマネント野ばら / 西原理恵子
古本購入

戦場のコックたち / 深緑野分
新品購入

セロニアス・モンクのいた風景 / 村上春樹 訳 編
新品購入

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです!



これも面白かった!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。