FC2ブログ

11.26夜の11.22

11-30,2013

数ヶ月前から、ずーっと楽しみにしてた、ニューヨーク在住の日本人ギタリスト、
阿部大輔さん(以下アベちゃん)のライブに行ってきた。(11月26日に)

と、ライブの前に腹ごしらえだ。
ブログのネタにと、カレー汁で有名な近所の定食屋に直行したのだが、
案の定、料理が出て来た途端速攻で食い始めて写真は撮り忘れた。
(マグロの刺身とマカロニサラダをつまみに生ビールを2杯飲んだ)
しかし、その代わり外に居たネコちゃん激写!

131127-4.jpg

(でも、この後、「シャー!」とか言って威嚇されてちょっと腹立った)

ライブの会場は、わしもよく出演させて頂いてたジャズクラブBird
この日は、アベちゃんと、同じジャズバンド"UoU"のメンバー、
ベーシストの津川久里子さん(以下クリちゃん、アベちゃんの奥さんでもある)とのデュオだ。
アベちゃん&クリちゃんって訳だ。
何となくカープっぽい。(安部に栗原)

131127-2.jpg

アベちゃんの使用ギターは、いつもの、Gibson ES-330(70年代初期)
ピックアップをリンディフレーリンに交換してある。

131127-3.jpg

そして足元は、安くて評判もいいデジテックのマルチ。
これ見てたらまたも物欲を刺激され欲しくなった。

131127-5.jpg

で、本題のライブ。
これがもう最高だった。
(演奏されたのはUoUの2枚のアルバムからの曲が中心、
他にはシダーウォルトン作のブルースとスタンダード2曲)
テクニックは勿論だけど、とにかく演奏と楽曲がハイセンス!
ニューヨーク最先端の香りを発しながらも、
アメリカ人には出来ない、日本人らしい感覚で勝負してる所が最高にいかしてる。
同じ日本人で、これだけの才能を持ち、
ジャズの本場ニューヨークで活動してるミュージシャンが居るって事に、
もう、聴きながらずっと感動していた。
わしゃ、ずっと応援し続けるぞ!

更に、この二人、演奏に負けず人柄も良いのだ。
ライブ終了後少し話したのだが、まぁ庶民的。
美人のクリちゃんは、ぶち人懐っこいし、
見かけ通りアベちゃんは、超穏やか。
本当に接しやす~い二人。
わしゃ、こんなメタボオヤジとでも嫌な顔ひとつもせず、
一生懸命話してくれるクリちゃんが、一気に大好きになった。(人妻だけど)
クリちゃんがリーダーアルバム出したら間違いなく買うな。
(写真集でも買うな)

131127-7.jpg

UoUのセカンドアルバムにサインも貰った。(近いうちアルバムレビューもします)
「次回、他のメンバーにもサイン書かせて下さい」
と、可愛い事を言ってくれたクリちゃん!
ホント良い子!
クリちゃんが言うには、今回のライブ、
西日本は初めてだったので、とりあえずデュオでって事だったらしい。
と云う事は何時になるか分からんが、
次回こそUoUのメンバー全員で来てくれるって事だ。
うう、早く来て欲しい!
わし的には明日にでも来て欲しい!
とにかく何でもいいから早く来て欲しい!
待ってるぞ、クリちゃん!あっ、アベちゃんも!
(でも、ある意味UoUのナンバーをデュオで聴くってのも貴重だったかもしれんけど)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

UoUのファースト(左)とセカンド(右)
アメリカでは売れてるのに日本で売れんとは…
マジで最高なのに!




最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナー押して頂きありがとうございます!
「今日も押してくれもうさんか」by西郷さん。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

ハジメに告ぐ

11-29,2013

いやぁ、大竹ちゃん。
こいつ、よりによって、
あの顔(超田舎もん面)では一番似合わん都会球団(巨人)選んじゃったな。
あの男は、田んぼの畦道に半ズボン穿いてランドセル背負って立ってるか、
いち地方都市の広島に一生腰を据え、
弥生町にある鄙びた居酒屋のカウンター座ってチビチビ酒飲んでるのが一番似合うのだ。
(わしのよく行く店でたまに見た)
お前には、銀座や六本木は似合わんよ。
でももう仕方ない。
これからは自宅のみで酒飲みなさい。

でまぁ、これによってカープファンの間では俄然、
「一体巨人から人的保証で誰を取るのか」って事が話題になってきている。
特に、巨人は余剰戦力沢山持ってそうだから、
案外、わくわくしてる輩もいる。
で、わしも色々考えた。
決してわくわくなどせず、大竹との別れを悲しみながら、
それでも結構楽しくじっくり考えた。
では発表します!

ハジメよ!(カープオーナー松田元の事ね)
もし、巨人のプロテクトから、大田が外れてたら、こ奴を迷わず取れ!
確かに先発ピッチャーは欲しい。
特に左腕は喉から手が出る程欲しい!
石原のバックアップ様にキャッチャーも欲しい。
信頼出来る中継ぎだって欲しい。
ってか、カープは全てにおいて選手層が薄いので何だって欲しいのだ!
そこへきて、伸び悩んでる大田では、反対意見も多いだろう。

だが、ここは一か八かだ!
中途半端なピッチャーやキャッチャー取るくらいなら、堂々の元巨人のドラ1とってやれ。
FAの人的保証なんだ、ダメで元々。
夢のある選手とってくれ。
ちょっとしたトレードや、ドラフト下位で取れる様な選手じゃなく、
当たれば大きい大田を取るべきだ!

そして、大竹に提示した、1億5千万と補償金の5千万を合わせて、
改めてピッチャーを補強すればいいのだ。
これだけあれば結構いい選手取れんか?ん?

しかし、ハジメよ。
お前、実はこの2億をシラ~っと懐に入れようとしてるだろ。
ファンの意識が人的補償のみに向かってる事を幸いに、
そぉ~っと懐に忍ばせ様としてるだろ。
しかし、わしゃ見逃さんぞ!
(と言いつつ、何も出来ないけど)
今までだって、あった筈の金(黒田資金、ルイス資金、内川資金等)
全て、どっか行ってるだろが!
毎年ハンで押した様に同じ様な利益計上しやがって。何でじゃ!

大体がなぁ、毎年恒例の様に黒田にラブコール送ってるが、
本当は、「マジで帰って来たら困るな」って思ってんじゃないか?
だって、もし3億で帰って来ても、翌年20勝したらどうすんだ?
まさか、20勝しても30勝しても現状維持提示すんのか?
それとも、3億飛んで500円か?気持ちだけ上げんのか?
そんな訳にゃいかんだろうが。
一切補強する気の無いお前へ向かう不満のガス抜きの為だけに、黒田を利用すんな!
はぁはぁ、はぁはぁ…
すみません、熱くなって。

ま、とにかくだ。
人的保証では、ダメ元で大田を獲得し、
余ってる大竹資金プラス補償金でピッチャーを補強しろって事だ。
わしゃ全く無理な事は言ってないぞ。
な?そんな感じで頼むよ、ハジメ。

但し、巨人ファンの大田が育ったら育ったで、またFAに慄く事になるけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しつこく紹介。
とうとう発売になった!直木賞作家重松清さんの最新作。
特に若いカープファンには絶対読んで欲しい。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナー押してくれてありがとうございます。
励みになります。
今日も、押してけろぉ!
後生だからだから押してけろぉ!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

ピロン

11-28,2013

注文してたこのアルバムが、やっと来た!

131127-1.jpg

Romain Pilon / colorfield (2013年録音)
メンバーは、Romain Pilon (g)
Walter Smith Ⅲ (ts)
Michael Janisch (b)
Jamire Williams (ds)

遅いんじゃい!Amazonは!
って事言いながら、「フンガーフンガー!」と、
強力な鼻息台風発生させつつ早速聴いてみた。

1曲目!
おおっとぉ、いきなりわし好みのぶりカッコいい曲!
(ちょっとメセニーちっく)
「こりゃええじゃんか!」
と、更に鼻息台風発生させてたんだけど、
この曲何とギターソロ無いではないかぁ~!
(このパターン最近多いな)
ギターは、何気にオシャレなバッキングのみ。
「おいおい、ギタリストのアルバムの1曲目から、そんなのありか!」
とも思ったが、その分ウォルターちゃんがガッツリ聴かせてくれる!
メカニカルなフレーズを、これでもかとブイブイ吹きまくり
「案外こんなのもありだな」とギター大好き中年男(わし)を黙らせた。
ウォルターちゃんいい仕事してるぅ~。

2曲目。
寂しげなわしの心を見透かした様に、
今度はいきなりギタートリオでの演奏だ。
ちゃんとフォローしてくる所が可愛いやんけ!
曲は、今時のコンポラ系非4ビート曲。
うーむ、うーむ!
こりゃ、カッコいい!
いなせだねぇ。
ステキやん。
イカしてるぅ~!
(以上、色んな表現を一気に使ってみました)
この男(以下ピロンちゃん)の使用ギターは、
Fender製のフルアコ。(youtubeに動画あります)
確か、フェンダーのフルアコってDoug Raneyも一時期使ってたな。
で、これがまた丸くてソフトないい音なのだ。
ピロンちゃんのソロは、
この甘いサウンドで冷たいフレーズを無機質に積み重ねる様な、
コンテンポラリーなスタイル。
ラーゲや、ギラッドが好きな人はモロにツボ!
直ぐにハマる事請け合いだ。
多分ね。

はい、3曲目!
甘いサックスの音色が、都会の夜的ムードを醸し出す、
ミディアムスローナンバー。
あぁーこれ、とぉ~ってもいい曲。
しっとりとした艶美な気分に浸らせてくれる名演だ。
うーん、これぞJAZZでござる。(何故かいきなり侍風に)
エモーショナルに泣かせる
ウォルターちゃんのサックスソロのバックで、
上品に挟み込むコードワークもハイセンス。(このソロがカッケー)
しかし、実はこの曲もギターソロ無いの。(小さな声で)
どうやら曲をじっくり聴いて欲しいのかな?
ま、しかし、心配は無い!
この後は全て有りますから。

よっしゃ、4曲目!
幻想的なテーマを持つ変拍子曲。
鮮やかなドラムのシンバルワークに導かれる疾走感がばり気持ちいい!
ソロはギターから。
ピロンちゃんって、
わしが一番重要視してる右手のテクニックが素晴らしい!
ハイパーな跳躍フレーズも難なく弾きこなす。
滑らかな左手のフィンガリングも申し分無し!
聴けば聴く程どんどん、ツボにハマっていく。
そして、ここでもウォルターちゃんが吠えまくる。

5曲目はこのアルバム唯一のカバー曲、
Horace Silverの"lonely woman"
いやぁ、痺れるな、こりゃ!
マジでジャズファンで良かったと思える瞬間だ。
フェロモン出し捲ってテーマを奏でる男っぽいサックスに
控えめにそして上品に寄り添うギターのコード。
否が応でもダンディー気分を盛り上げてくれる。
思わず眉間にしわ寄せてニヒルに気取っちゃう!
(自分がまっ黄色のパジャマ姿だっての忘れて)
そして、ピロンちゃんのソロ!
まぁーどえらい渋さ!
もう、隣近所のインターホン全て押して、
「今、ピロンちゃん聴いてるんだけど、どえらい渋いですよ」
と言い歩きたい気分。

実際はそんな事出来る訳無いんで、次!
6曲目は跳ねる様なリズムが印象的。
タイトなドラムが超気持ちいい!
ソロはテナーから。
ウォルターちゃんはここでも悠々と豪快に吹きまくる。
ギターソロは後半リピート部で。
ガッツリ歪ませたサウンドでテクニカルフレーズを弾きまくりつつも
ゆっくりフェイドアウトして行く。
あぁ、もっと聴いていたいのにぃ~!

7曲目は、淡々としたテーマを持つボサタッチのスローナンバー。
ここではベースが大活躍。
伸びのある音で良く歌うソロを聴かせてくれる。
続いてギターソロ。
詳しく分析した訳じゃないが、やっぱ少しラーゲっぽいな。
大袈裟にアウトしない、
上品なコンテンポラリーなフレーズが、まさにてんこ盛り。
聴いててとにかく気持ちいい。

そしてラストを締めくくるのは、
メカニカルなテーマをユニゾンで決める、高速4ビート!
ソロはギターからだ。
ワンコード上をシングルトーンで静かに、
冷たいフレーズで覆い尽くす。
アップナンバーだろうと、どこまでもクールだ。
それに反してウォルターちゃん。
こ奴はここでも伸び伸びと熱く吹きまくる。
まぁ、こんだけ吹いてくれりゃ、
リーダーのピロンちゃんも大満足だろう。
勿論、わしも大満足。
買って大正解!

さっ、もう一回聴こうっと!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。
オススメ!(右はmp3)




最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂き感謝します。
只今、当ブログでは、
「ワンクリック、ワンステップ キャンペーン」を実施中です。
皆様のクリック一回につき一回、
ガーシャちゃんが軽いステップを踏みます。(一人自室で)
さ、さ、皆様お誘い合わせの上どんどん押して下さい!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

おつまみ2

11-28,2013

我が地元広島の知る人ぞ知る企業、
(株)なるみ物産が「社運を掛けて開発した!」
のか、どうか知らないけど、
とにかくぶち美味いスナックを紹介!

131127-6.jpg(なるみ ベジスナックたまねぎ)

食べ終わった後の袋の写真のみで、すみません。
「これ美味いから今度こそブログで紹介しよう」と思い、
買って来たのはいいが、気が付いたらあっという間に食い終わってました。
美味しかったぁ!(⌒▽⌒)

でも、わし結構こう云うパターンがあるのだ。
直ぐ食っちゃうの。
速攻で。
外食とか行っても、食事が運ばれて来た途端食い始めて、
しばらくしてやっと気付くんだよね。
「あっ、ブログ用写真撮るの忘れてる」って感じで。
(ご飯の場合食べ掛けや空の皿撮しても仕方ないから諦めるしか無い)
もう自慢じゃ無いが、自分の真横にデンとカメラ置いてんのに忘れるからね。
しかし、グルメ系ブログ書いてる人って、
ちゃんと食べる前に綺麗に撮影してるが、そう云う失敗無いのかね。
一口囓った瞬間「あっ」って事。
それとも、わしが卑しいだけか?

ええっと、
ま、それはともかく、これは美味い!
ビールもしくは
わしの大好きな焼酎ハイボール(これ)のツマミとして最高なのだ。
広島を代表するツマミとして、せんじにくに続き頑張って欲しい!
超オススメ!
(但し、一袋分の量が極端に少ないのだけ難点)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Amazonにありました!
みんな食べてけろぉ。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂き感謝します。
とても励みになっております。
是非今日もポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

掘り出し物的映画

11-26,2013

一昨日、自室のブルーレイプレーヤーに「動物の狩り方」と云う
全く身に覚えの無い映画が録画されていた。(30分弱の短編映画だけど)
一瞬「ん?何だこりゃ?」と訝ったが直ぐに気が付いた。
「そうだ!わしキーワード自動録画で能年玲奈ちゃんの名を登録してたのだ!
と云う事はこれは玲奈ちゃん出演の映画じゃないか?
聞いた事は無い映画だがチョイ役でもこれは貴重だ!是非観たい!」
軽い興奮を覚え一気にテンションを上げたわしだが、
しかしこれスカパーなのだ。
わしん家はスカパーには加入してない。
嫌な予感を抱えながらチェックするとやはり画面の左下4分の1に、
スカパー加入案内のスーパーが入ってる。
「チッ、面倒くせぇな。観るの止めるか」とも思ったが、
玲奈ちゃんが出てるのだ。
やっぱ折角だからと、ちょいと観てみる事にした。

不気味なオープニングから、
山の中で気を失い倒れてる少女のアップへ。
おおっとぉ!
いきなり玲奈ちゃん登場じゃんかぁ!
どうやらチョイ役では無いぞぉ。
れっきとした主役みたいだぞ!
ここで俄然観る気満々になったわしは、
「これは真剣に見ねばならんな」と、
座椅子に横たわったまま表情のみ"キリリッ"っと引き締める。

ここでの玲奈ちゃんは、「あまちゃん」のアキちゃん役と違い黒いロングヘアー。
あまりの違いに一瞬戸惑ったが、
相変わらずのキラキラお目々にプリプリほっぺ!
その恐ろしい程の美少女ぶりに一人興奮してこう呟いた。
「おぉおぉううう!
やっぱ、ぶりカワイイやんけぇぇぇえええええ!!!!!」
(あえて全裸になりノリノリで仰け反りながら)
「めちゃんこ、ぶりぶりカワイイやんけぇぇぇえええええ!!!!!」
(その態勢のまま更にペタペタとチンコを左右に振りながら)と。

玲奈ちゃんを助けてくれたのは、野生の動物を狩って山で暮らす中年男だ。
父親に殺されかけたと云うトラウマを持つ玲奈ちゃんは、
テキパキと動物を捌くこの小汚いおっさんに何故か興味を抱き、
この男の住むテントに通い始める。(ホームレス住宅風掘っ建て小屋)
「危険だ!玲奈ちゃん!
こんなここ数年全く性生活の無さそうな男の所に一人で行くなんて!
犯されに行く様なもんだぞ!」
「いやいや待てよ…でも、そんなシーンもちょっと見たくないか?
例えば玲奈ちゃんのオッパイとかさぁ、ウヒャヒャヒャ~」
と一瞬下衆な考えをもったわしだが、勿論物語はそんな方向へは行かない。
これはれっきとした文化庁委託事業
「若手映画作家育成プロジェクト2010」の映画なのだ。
文化庁だ。
お固いお役所だ。
エロ要素なんかある訳が無い。
役人は真面目なのだから…
若干がっかりしながら続きを観る。

この映画での玲奈ちゃんは、まさに
「地味で、暗くて、向上心も協調性も存在感も個性も華もない」と云う少女役だ。
こう書くと「あんれまぁ!アキちゃんと同じだっぺ!」と思い舞上がる筈だ。
あまロス症状に悩まされてるファン達は、
ヨダレや鼻水を垂らしながら喜んでいるだろう。
しかし、実際は全く違う。
玲奈ちゃん笑顔全く無し。
勿論、「じぇじぇ~」とも「おらアイドルになりてぇ!」とも言わない。
とにかく徹底的に暗い女の子役なのだ。

「一人で住んでて寂しくないんですか?」
「動物を殺す時ってどんな気持ちですか?」
文化祭の準備をするクラスメイトの手伝いもせずさっさと帰り、
テントに行くどころか、その中にまで入り込み、
中年男に次々と質問を投げかける玲奈ちゃん。
(座り込んでお茶まで飲んでる)
どうやら玲奈ちゃん自身が山で暮らしたい様だ。
なんと最終的には動物を捕える罠の仕掛けとかまで習い始める。
ここで思わず「おら、海女になりてぇ!」
と言って、夏ばっぱにシゴかれてた頃のアキちゃんの姿が瞼に浮かぶ。
つい数ヶ月前の事なのに懐かしい。
懐かし過ぎて涙だって浮かんで来た。
しかし、ここでの獲物はウニでは無いのだ。
鹿やウサギなのだ。
北三陸の海ではなく、どっかの訳の分からん山奥で、
「おら、猟師になりてぇ!」って事になってるのだ。

「うーむ、これは何か凄い展開になってるぞ」と思って観ていたのだが、
しかし、そんな生活は長くは続かなかった。(何せ短編だし)
ある事情で、この中年男はテントを失う事になり、
そして……
とまぁ、そんな感じであっさりラストを迎える。
(観てない人の為ボカします)

結局、画面を遮る宣伝スーパーに始終イラつきながらも、
最後までしっかりと観てしまった。
玲奈ちゃんのイメージとは全く違うヘビーで地味な内容。
でも結構面白い!
ってか、こう云う玲奈ちゃんも全然有りだ。
うん。
あまちゃんファンと云うより、玲奈ちゃんファンの方にこそ
オススメ出来る映画だ。
是非観てけろぉ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「動物の狩り方」は、
橋本愛ちゃん(あまちゃん、ユイ役)主演のこの映画のオマケに収録されてるみたい。
わしも買うか。



ジャズも一枚!
Kurt Rosenwinkel参加作。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂き感謝します!
さ、今日もバナーさぁ、クリックしてけろぉ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

ご報告

11-26,2013

ブログ友達の secoさんのサイトを参考にして、
って云うか、ほぼパクらせて貰ってカテゴリー欄を少し手直ししました。
(ジャズカテを細分化、更にテレビカテゴリーを新設)
ええ~、secoさん!
勝手にパクらせて貰いました!m(_ _)m
しかし、疲れた。
もっと早くやっとくんだった。
これからは几帳面にマイナーチェンジしようっと。

で、ついでに、プロフィール欄も書き換えました。
(プロフィールってより内容案内的ですが)
ここに書いてるモットーは、
レコード一枚買うのが一大事だったわしら世代(昭和30~40年代生まれ)の性。
小一時間も掛けて選んで買ったレコードが、
失敗だった時の落ち込みと云ったらなかった。
だから、元を取るため何度も聴くのだ。
気に入ってないのに何度も何度も!
すると、不思議とどこか一つは良い所を見つけられるのだ。
これ、みんなも経験あるでしょ?
だから、わしのブログではどんな駄作でも極力けなさない。
ってか、けなす事はまず無いだろう。
「それじゃ購入の参考にならんだろ」とか言われそうだが、
そんな感じで一生懸命聴いて良いトコ見つけてるんで全て気に入ってるのだ。
今後も出来るだけ参考になる様書いていくつもりなんで暖かく見守ってけろぉ!

でもこの時代に鍛えられたな。
良いアルバム見抜く力を。
なんか楽しかったしね。
ま、今の時代、こんな能力意味ないけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズを一枚。
ドイツ人ギタリスト、Gisle Torvik
これも良さそうよ。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂き感謝します!
これからもよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

早熟野郎

11-25,2013

さ、2日休んだんで張り切って行きます!
昨日はこれ聴きました。

131118-2.jpg

Kris Bauman Quartet featuring Kurt Rosenwinkel(2001年録音)
メンバーは、Kris Bauman (as) Kurt Rosenwinkel (g)
Jochen Ruevkert (ds) Alexis Cuadrado (b)
聞く所によると、どうやらこのアルバムのリーダークリスちゃん(松村ではない)は、
16歳の頃からプロ活動する早熟野郎みたいだ。
なんと早い事!
わしの16の頃といやぁ、
やっとこさサンタナの"哀愁のヨーロッパ"を完コピして喜んどった歳だぞ。
方やプロミュージシャン。
方やサンタナコピー。(しかも下手くそ)
えらい差だ。

ええっと、話戻します。
わしは、云うまでも無くカート目当てで購入。
これ、カート大活躍のアルバムなのだ。

ジャケット中面の写真を見ると、
このアルバムでのカートの使用ギターは、ヤマハのセミアコSAシリーズ。
ヘッドのインレイから見てSA2000か2000s、もしくは2200だと思うんだけど、
これがまた大改造を施してるのだ。
ええとぉ、まずストップテールピースをビグスビーのトレモロユニット変えてる。
カートはアルバム内で特にアーミングプレイをしてる訳じゃない。
でも、これによって結構音が変わるらしい。
その効果を狙って、あえてビグスビー付ける人も居るらしいからな。
カートもそれ狙いだろう。
そして、センターにドッグイヤータイプのP90ピックアップを取付けてる。
要するに3ピックアップ状態だ。
更にフロント、リアともピックアップ自体をオープンタイプ(多分ダンカン)の物に変更。
で、ギターの色。
これがまた黒なのだ。
確かSAシリーズに黒は無かった筈だから色まで変えてる可能性がある。
(あったらすみません)
うーむ、カートちゃんマニアック!

さ、説明は終わった。
では、早速1曲目行くよ。
おおっと、いきなり「一人静かに幸せを噛み締める」的なカッコ良さ!
3拍子のオリジナルだ。
カートの弾くアルペジオがスペーシーで無機質な雰囲気をあたり一面に醸し出す。
ソロも極上!
ユラユラと漂う様なフレーズをパズルの様に繋げて行く。
しかも結構長いソロ!
わし大満足!

2曲目!
もののけ的怪しいムード全開のこれもオリジナル。
テーマを吹くアルトに纏わり付く様なギターも怪しさMAX!
わしん家の近所のババアは狂気度MAX!
ええー、カートは、この曲でもたっぷりとソロを聴かせてくれる。
演奏の隅々まで神経を張り巡らせ慎重に、
そして繊細にフレーズを積み重ねて行く。
あぁホントいい。
しみじみと、いい。

3曲目はマイナーキーのスローボッサ。
うーん、いい感じの哀愁ぅ~。
思わず背中意識しちゃう!
「わしの背中ちゃんと男の哀愁出てる?」って感じで、
道行く人々全てに聞いてみたくなっちゃう!
空間系エフェクターを駆使した美しいギターサウンドが
これまた哀愁気分を煽るんだな。
だから意識しちゃうのも仕方ないんじゃない?
ええじゃろ?
ソロはベース、サックス、ギターが。
カートのソロは、
ピッキングのアタック音を消す様なエフェクト
(Malekkoのアッタック/ディケイか?)を掛けているのか、
不思議なサウンドで表情豊かに奏でられる。
ホント、カートのバラードプレイは寒イボが出るほど美しい。
下手すりゃ、オマケにイボ時まで出ちゃうかもしれん。
気を付けねば。

ほい、4曲目!
メカニカルなテーマがカッケー16系のオリジナル。
キメもバチバチあるぞ。
テープの逆回転みたいな効果を駆使したカートのソロが面白い!
何じゃこりゃ!

よっしゃ、5曲目。
ユーモラスなテーマを持つ2ビートな曲。
ちょっとレゲエっぽいリズムで刻むカートのコードワークも思いっきりユーモラス。
ソロはサックス、ギター、ベースの順。
カートのソロは、あえてスペースを聴かせる様に殆どフレーズを弾かないプレイ。
しかし、これがかえって効果的。
うーむ、面白い事するな、カートって。

6曲目。
一応テーマ的な物は有るが、中盤はほぼフリー的な演奏に。
4人のミュージシャン達が「わしのぉ、わしのぉ、わしの話を聞けぇ~♫」
って感じで同時に色んな事喋ってる様なムードだが、
中でもカートの主張は群を抜いてる。
場の仕切り方がハンパ無い。
多分、カートって鍋奉行タイプだろう。
肉の皿は全て自分の前に置いてそうだ。
だから、わしら庶民は肉食いたければ、
いちいちカートに御伺い立てなきゃなんない。
「カートさん、肉頂戴」って。

7曲目は、ミディアムスローのスタイリッシュなナンバー。
手を替え品を替え多彩に彩るバッキング、
ゆったりとした中で一音一音にまで気を使った奥深い表現力で聴かせるソロ。
あぁ、ええなぁ、もぉ~。

さぁそして最後は、コンポラ系アップナンバーで〆
最後まで、攻めまくるバッキングもカッコいいし、
「これこれ、これこれ!」と思わず笑顔で頷くフレーズ満載のソロまで、
これぞカート節ってもんを思う存分聴かせてくる。
いやぁ、もう最高!
こりゃもう聴くしかないでしょ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリスちゃん初リーダーアルバム。これです。右はmp3




最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂き感謝します。
只今、当ブログでは、
「ワンクリック、ワンルン キャンペーン」を実施中です。
貴方のクリック一回に付き一回、
ガーシャちゃんがルンって気分になります。
さ、さ、さ、さ、遠慮なくどうぞ!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

ジャンゴ

11-22,2013

クエンティン・タランティーノの"ジャンゴ繋がれざる者"を観た。
(レンタルブルーレイで)

131121-1.jpg

いやぁ、ぶち面白かった!
わしタランティーノ作品が大好きで全てDVD持ってるけど、
その中でも確実に上位にくる面白さだった!
165分の長編を一気に観させてくれる。
(と云いつつ、最初見た時途中一回止めて寝たけど)
とりあえず今回はレンタルで観たがこれ絶対買う。
これからも何度も観るからな。

ストーリーとしては単純。
元歯科医の賞金稼ぎドクターシュルツと、黒人奴隷ジャンゴが
生き別れになったジャンゴの妻を取り戻しに行くってだけのものだ。
しかし、そんなシンプル過ぎる様な単純な話をこれだけの長編に、
しかも面白く仕上げるんだから、タランティーノの手腕は凄い!
特に物語中盤以降、
舞台がキャンディランドに移ってからの面白さはハンパなかった。

主演のジェイミー・フォックスに、
アカデミー助演男優賞受賞のクリストフ・ヴォルツ、
初の悪役で話題になったレオナルド・ディカプリオ。
3人とも最高の演技を観せてくれるし、
呆気にとられる様な展開(観てない人の為書きません)も面白い。
タランティーノ作品特有の派手なアクションシーンも痺れるカッコ良さだ。
(当然、ハンパない血しぶき)

しかし、わし的にはサミュエル・Lジャクソン!
(キャンディ家の執事役)
こ奴が最高だった!
こ奴が登場してからは、より一層楽しめる。
とにかくこ奴の一挙手一投足に腹が立ち、(でもちょっとユーモラス)
主人公にガッツリ感情移入出来るのだ。

あのゴリラ的悪人顏と演技には、人に腹を立てさせる全てがある。
意味も無く腹が立つ。
わし腹立ちまくって、その後スッとするって云う、
昭和のプロレス的もしくは、水戸黄門的単純な展開が大好きなのだ。
だからもし、タランティーノ版「忠臣蔵」ってのを作る事があれば、
こ奴には是非、"吉良上野介"役を演って貰いたい。
あのゴリラ顔で、意地悪一杯やって欲しい。
鬼の様に腹立たせて欲しい。
そしたら、確実に日本中が腹を立て、
国民総大石内蔵助って気分になる筈だ。
はっきり言ってディカプリオよりよっぽど腹立ったぞ。
うん。

他にも、スタイリッシュな音楽やカット割り、
タイトルバックやスーパーもカッコいいし、
フランコ・ネロのカメオ出演等もあって見所は多い。
いつもの様に、タランティーノ本人だって出演してる。
(当然、間抜けに死ぬ)

タランティーノ作品って案外好き嫌いありそうじゃん。
ってか、嫌いな人は徹底的に嫌ってそうじゃん。
色んな意味で。
でも、これは案外万人受けするんじゃないか?
お爺ちゃん、お婆ちゃんにだって受けるんじゃないか?
「ディカプリオは原辰徳」
「じゃなくて、ディカプリオは腹立つ」とか言って。
多分。

しかし、タランティーノ作品って英語分かったらもっと面白いんだろうね。
凄い台詞言ってそうだもん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これですよ。




最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂き感謝してます。
とても励みになります。
今日もよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

手堅い人

11-21,2013

昨日聴いたジャズ。

131113-1.jpg

Bob Devos / playing for keeps (2007年録音)
これ、久しぶりに聴いたがいい!

メンバーは、
Bob Devos (g)  Eric Alexander (ts,1,5,8,10)
Dan Kostelnik (org) Steve Johns (ds)
手堅いギタリストが手堅く決める手堅い演奏!(これキーワード)
さ、いつも通りサクッと全曲紹介行きます。
1曲目ぇ!
おっと、いきなりファーストテンポの4ビート曲!
ドリアンモードのオリジナルだ。
うーん、ジャズファンなら誰でも膝を打つ、安心のカッコ良さ!
ソロは、当然ボブちゃんから。
ビルダー物(Rob Engel)のギターが奏でる甘いサウンドで、
気を衒う事のない真っ当なジャズギターを聴かせてくれる。
とにかくこの人いい意味で手堅いのだ。
滑らかなピッキングにスムースなフィンガリング。
決して乱れる事ないフレージング。
全てが手堅い。
続くエリックアレキサンダーも相変わらずごっつい音でブイブイいわせ、
オルガンもモーダルにハイセンス!
いやぁ、こいつらも手堅い!

2曲目は、コルトレーンの"naima"
通常はスローだが、ここでの軽いラテンタッチの乗りもいい!
そして、ボブちゃんの綺麗に歌わせるソロはここでも手堅い。
オーソドックスの極地だ。
でも、かと云って古臭い訳じゃ無いんだよなぁ。
そこはかとないモダンさも漂わせてるんだよな。

はい、ボブちゃんオリジナルの3曲目。
往年のファンキージャズを思わせるナンバー。
ギター、オルガン共ねちっこくないブルージーなプレイでサラリと聴かせてくれる。
落ち着きのある乗りが堪らんね!

4曲目はわしの大好きな曲。"so in love"
わしら世代(昭和30年代生まれ)でこの曲と云えば日曜ロードショーだろう。
淀川長治の番組ラストの決め台詞、
「サヨナラ、サヨナラ」の後かかるこの曲で完全に日曜は終わる。
この寂しさは、"笑点のテーマ"や"サザエさんのエンディングテーマ"の比では無い!
めっちゃ寂しいのだ。(もう完璧に日曜は終わり、次の日から学校だから)
しかし、ここでは、チックコリア的なアップテンポの4ビート。
うぅぅうううう、カッコええぇぇえええ!!!寂しさ全く無し!
歌って歌って歌いまくる、ボブちゃんのソロ!
教科書に載せたいくらいだ。
これだったら月曜からも元気に登校出来るだろう。

5曲目もスタンダード。
ミディアムテンポの3拍子で演奏される"body&soul"
いやぁ、3拍子もいい!
この気持ちいいリズムに乗ったエリックアレキサンダーと、
ボブちゃんのソロも書きソロかって位のハイクオリティ!

ほい、6曲目はマッコイの"blues on the corner"
ソロは、ギター、オルガンから、ドラムとのバース(1コーラスずつ)へ。
どれもこれもリラックスしまくった、ザ・王道って感じのソロ。
サクッと始まりサクッと終わる。
ある意味とってもジャズっぽい演奏。

7曲目はマイナーキーのオリジナル。
3拍子の曲だ。
ソロはギター、テナー、オルガンの順。
ボブちゃんって、なぁーんも難しい事はしないし、
そんな気すら無いだろう。
でも、とにかくよく歌う。
手堅く歌わせてる。
こんなギタリスト最近少ないじゃん。
案外、貴重なタイプなのかもしれんな。

8曲目は、"freedom jazz dance"
と云っても、レオタードで踊り出したりはしない。
ちゃんと服着て演奏してる筈。(当たり前だけど)
テーマはテナーとユニゾンで。
ボブちゃんは、このファンキーな曲でも決して無茶はしない。
手堅いファンキーさで手堅く聴かせる。
それとは逆にエリックアレキサンダーは、
グイグイ押しまくるエモーショナルなプレイ。
この対比が面白い。

9曲目は、モンクの、"ask me now"
最近ギタリストに人気の曲だ。
当然スローテンポ。
ボブちゃんは、もうモンク曲であろうと何であろうと、
ユーモアなんて全く出さない。カチッとちゃんと歌わせる。
ギターを歌わせるって事に全てを賭けてるんだろう。
まぁ、手堅い。

そしてラストはアップテンポのブルースだ!(オリジナル)
全員揃って余裕ぶっこいたノリノリのプレイで締めくくる!
うん、手堅くカッケーな!おいぃ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズにスリルや緊張感ばかり求めてる人。(わし含む)
たまには手堅い安心感もどうでしょうか?



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂き感謝してます!
今日も手堅くクリックしてけろぉ!
お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

カープのコーチって…

11-20,2013

「ここを注意すればいいと云う形がない。どうすればいいか分からない」
(今朝の中国新聞より)
これ、先日の練習試合(対西武戦)で先発して、
3回2失点で降板した中村恭の言葉なんだけど、
わしゃ、これ読んだ瞬間「コーチは何しとんじゃい!」
と言いながらその場(自宅居間)で立ち上がって思いっきり地団駄踏んだからね。

だって、そりゃそうだろう。
これつい2週間程前も福井が同じ様な事言ってたのだ。
「どうしたらいいか分からない」って。
伸び悩んでる2人のピッチャーから同じ事言われてるのだ。
これ実は大問題だ。

この2つの記事だけで全てがそうだとは思いたく無い。
でも、結果はどうあれ、自分の課題や進むべき道さえ分かっていれば、
こんな言葉は出ない筈だ。
コーチからそう云った具体的な指導を受けてたら、
選手が、そんな事言う訳が無いのだ。
でも一般紙にまでこんな記事が出てる。
これでは育成の任されているコーチとして機能してないと思われても仕方ないだろう。
ってか、「全員能力無いんじゃないか?」と思ってしまう。
実際、今年と云うかここ数年、先発4人は別として、
その他のピッチャーが育ってないじゃないか。
特に素材型のピッチャーが。
それなのに、そんな事は見て見ぬ振りをして、
結局来年も、経験の無い畝の内部昇格のみ。
こんなんでホントに大丈夫なのか?

大体がカープのコーチ人事は能力などお構い無しで、
ハジメの好き嫌いだけで決めてそうなのだ。(でも多分そう)
「選手への指導力」より、「ハジメへの忠誠心」ってのを重視してそうなのだ。
だから監督は代わってもコーチは全く同じって事が多い。
監督がスタッフ決めるんじゃなくてハジメが決めてるのだ。
わしらファンからしたら、育成球団を標榜するなら、
せめてコーチくらいは能力で決めろと言いたいが、
こ奴(ハジメ)には何を言ってもダメ。
残念だけど、選手には個人で這い上がって来て貰うしかないのだ。
あぁ~あ……

しかし、「どうすればいいか分からない」って…
そんな事言ってたら全く練習なんないだろな。
わしが地団駄踏むのも致し方ないでしょ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前田引退DVD。
地元テレビ局制作。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
励みになります。
ぶち嬉しいのです!
下のバナーをちょこっとサクッと押してもらえんでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

カート参上

11-19,2013

なんとぉ!!
箱物ギター専門店WALKIN(渋谷店)
に、Kurt Rosenwinkelが来たみたいじゃないかぁ!
ラッキーな事に偶然出くわした客も居たらしいじゃんか!
しかも、写真見ると大量のスターオブジュピターのジャケットに、
丁寧にサインまでしとるじゃんかぁ!(これ売ってるみたい)
うう、欲しい!
しかし、これ持ってる!
でも、欲しい!
しかし、無駄遣いじゃないか?
でも、わて、欲しいねん!
ガーシャはん、落ち着きなはれ!
そやな、やっぱ止める…

驚くのが、今回の来日でカートが使ってるギター。
これが何と、意表をついてヤマハのSG-2000(サンタナで有名)だったらしい!



今これ読んでるあなた。
「じぇじぇ~!!」って言いませんでした?
しかも、アンプは使用せずPA直で音出してたんだと。
ここで更に、「じぇじぇじぇじぇ~!!」って言ったでしょ?
うーむ、この男、どこまでも意表突くなぁ。

しかし、カートってヤマハ好きだな。
わしの知ってる限り、多分、2台は持ってる。
だが、日本人としてこれは嬉しい!
しかも、実はわしもヤマハ好きなのだ。
今だって持ってる。(これはいずれ紹介する)
SGだって大昔持ってた。(但し安いSG-600だけど)
うーん、しかしねぇ。
そうか、そうかぁ…
カートがSGとはねぇ…
へぇ~、なるほどねぇ…
ちょっと欲しいな…
(既に影響受けてる)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カートちゃんのクリスマス。
1曲100円。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂きありがとうございます!
とても嬉しいです!
今日も、
「カートよ。ガーシャちゃんが待ってるから広島行ってあげて」
って言いながら、クリックお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

OWGじゃなくてOWL

11-16,2013

これ、タイトルがいいね!
Orlando le Fleming (b) Will Vinson (as) Lage Lund (g)
から、頭文字取って"OWL(フクロウ)TRIO" (2011年録音)



 この名前、すげー良くない?
なんか可愛いじゃん!
これがわしだったら、こうはいかんからね。
わしだったら、"OWG TRIO"になるから。(ちゃんとラーゲの代わりに入ってる)
これじゃ全く頭文字取る必要無いから。
ま、どうでもいいけど。

しかし、ジャケット中面のラーゲの写真。
これある意味強烈だな。

P7181594.jpg

この男何で、オネエみたいに小首傾げて腰くねらしてるんだ?
「このギターどうかしら?」って感じで。
はっ、まさか!
と云いつつ、確かラーゲちゃんって奥さん居た筈だがな。

さ、どうでもいい事は放り投げて、とっとと行きます。
のんびり、日向ぼっこムードの"morning glory"からスタート。
まぁ、肩の力 スト~ンと抜けまくり。
肩どころか、タマキンまで、ダラ~ンと伸び切ってそう。(3人共)
この人達がいつもガンガン撒き散らしてる緊張感全く無し!
(変な話、逆にこのトリオだと色々仕事は多そうだけど)
ラーゲちゃんのギターはいつものサドウスキーのフルアコ。
マイクで生音も拾ってるのか、
同時期に発売された2枚のアルバム、(このアルバム) (そして、このアルバム)
それらとはまた少し違う、非常にナチュラルな音だ。
シングルトーン(ソロ部)もいいが、特にクラスターコードの響きが美しい!
しかし、この微妙なテンポでも全くリズムがぶれない演奏。(当たり前なんだけど)
改めて凄い。

ほい、2曲目は、Jim Hallのバラード "all across the city"
ラーゲちゃんの弾くテーマ部のコードが面白い!
何気に変化付けてくるなぁ~もぉ~。
ソロはギターから。
ピックと指で、細かくコードやダブルトーンを挟みながら
ゆったりとリリカルに聴かせてくれる。

3曲目もスタンダード。"I should care"
ミディアムテンポの4ビートで演奏される。
このアルバムのウィルちゃんは割と素直にテーマ吹くんだけど、
何気ないフェイクがいい。
淡々とした中にも深い味わいがあるのだ。
ソロはラーゲちゃんから。
ラーゲちゃんは、どんなスタンダードを演ろうとぶれない。
全くバップ臭を出さず、
コンテンポラリーなフレーズを流れる様にスムーズに決める!
続く、青白く燃えるウィルちゃんのソロも最高!
素晴らしい演奏だ。

4曲目は、メンバー共作のオリジナル。
一転、軽い緊張感を覚える演奏だ。
特にテーマやコード進行の様な物は無く、
モチーフを巡って、3人が探り会う様に進んで行く。
息遣いまで聴こえてきそうだ。

5曲目はわしの大好きな曲。
Coltraneのバラード "dear lord"
美しい…
ホント、只々美しい…
わしのケツ…
ってか、違う!
演奏!
伸びやかに包み込む様に歌い上げるサックス。
煌びやかに彩を添えるギター。
それらを優しく支えるベース。
しかし、とにかくここでもラーゲちゃんのコードワークが美しい。
もう、ピアノを超えてるんじゃないかと思うくらいだ。
個人的にはアルバム中ベストのひとつ。

6曲目は変拍子で演奏される"yesterdays"
いやぁ、これもベストか?
ラーゲちゃんは、この単調なコード進行を物ともせず、
ベースの伴奏のみで表情豊かに、そして複雑に聴かせる。
まぁ、カッコいい!
余りにもカッコいいんで、
隣の家のオバハン拉致って「ラーゲカッコいいじゃろ?」
って言いながら、無理やり2時間程聴かせたいくらいだ。(しないけど)

7曲目!
またも、殆どフリー的な3人共作のオリジナル。
これも会話と云うより探り会い的演奏だ。
まぁしかし、所々軽い緊張感放り込んでくるな。

よっしゃ、8曲目!ミディアムテンポのスタンダード。
タイトル通りのガーシャちゃん的演奏!("sweet and lovely")
ウッホホォ~イ!
スウィートなのにカッケー!
ラブリーなのにカッケー!
リラックスムードの中でも弦飛び跳躍フレーズの数々や、
トリッキーに疾走する上昇下降フレーズを、
さり気なくブチ込んでくるラーゲちゃん!
カッコ良過ぎぃ~!

9曲目は、Cole Porterの哀愁ナンバー "from this moment on"
ラーゲちゃんのソロは、シングルトーン中心。
倍テンでグイグイ引っ張るベースに乗って無機質に、
しかし激しく組み立てられて行く!
ぬおおぉおぉぉおお!!
カッ……
えぇ、言い飽きたんで、変えます。
カッコいいでごわす。(西郷どん風に)
ついでと言っては悪いが、ウィルちゃんも、
カッコいいでごわす。

10曲目。
これも3人共作、"blues for jimmy"
タイトルにブルースとあるが、全くそうは聴こえない。
3分弱の短い曲。
ジミーってこのアルバムのプロデューサーの事だろうな。
ジミーちゃん(大西)の事じゃないよな。

さぁ、いよいよラスト!
Toninho Horta の "moonstone"
う~ん、いい選曲!
この辺に何気に主張があるね。
ゆ~ったりと風に吹かれてる様な演奏。
ラーゲちゃんの短いソロも何となく涼しげ。
テーマ部のアレンジも"おっされ~"!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リラックスした、ホントいいアルバム!
持ってない人は、是非買いなはれ!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂き感謝してます!
そのクリックで、途轍もないエネルギーを得ております!
「じゃけん、今日もエネルギーちょうだい!」
(無邪気な幼稚園児風に)

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

さよなら大竹

11-14,2013

大竹の移籍が決まった。
まだ決定ではないが多分移籍する。

これについては(FA制度自体の事やその他諸々)
ホント色々言いたい事があるんだけど、
よくある「有り過ぎて、何言っていいか分からん!」
って状態になってて未だ整理出来ない。
それに、ドラフト以来、
来季の優勝への期待で毎日勝ち星計算しながら小躍りしてたから、
逆にどん底感がハンパないのだ。
ハイテンションの笑顔全開で踊りながら歩いてたら(阿波踊り状態)
思いっきり"ストーン"と肥え壺に嵌りましたって感じだ。
でもまぁ、いつ迄もそんなウンコまみれの廃人の様になっててもしょうがないんで、
大竹についてだけ少し書こうと思う。

ここ2年の大竹(故障以降)しか知らないファンや、
他球団ファンには、ピンと来ないだろうけど、
わしらカープファンから見て大竹のイメージと云えば、"はぶてる"(広島弁、拗ねるの意)だ。
折角いいボール投げててもちょっと打たれれば、はぶてる。
フォアボール出せば、はぶてる。
味方がエラーでもしようもんなら、顔を真っ赤にして大はぶてだ。
素晴らしい才能持ってるのに、直ぐにはぶてるもんだから自滅する。
これはもう、カープファンの共通認識で、旧市民球場時代なんか、
しょっちゅう「大竹、はぶてるな!(拗ねるな)」と云うプラカードが上がっていた。
(大竹登板日には事前に用意されてた)
サクッとタクシーに乗っても「大竹の弱点はメンタルだ」
と云う会話が、普通になされる程認識されていた。
(広島ではタクシーの運転手との会話の定番はカープネタ)
わしだって何度となくテレビの前や球場で毒ついた。
「こもバカ、また はぶててやがる!」と。

しかし、そんな大竹も怪我してから大人になった。
怪我で2年間も投げてない間に一体何があったかは知らんが、大竹は変わった。
味方がエラーしようと、
リリーフが打たれようと(大竹の勝ちを消して泣く今村を慰めてた時は感動した)
はぶてる事無く粘り強い投球が出来る様になったのだ。
ってか、実際は はぶててたのかもしれんが、それで我を失ったりせず、
自分の感情を上手くコントロール出来る様になったのだ。
うん。

まぁそんな感じでわしらカープファンは、
こ奴の良いトコも悪いトコも全て見て来た訳だ。
入団以来12年間ずっと。
それもこれも大竹にそれだけの実力があるのをわしらは分かっていたからね。
だから我慢もしたし、怪我からの復帰も待てたんだと思う。
これは、ある意味ドラフトで入団する新人を見守る事しか楽しみが無い、
カープファンの悲しい性とも言えるけど。

うーん…
でまぁ、やっぱり整理出来てないんだけど、結局何が言いたいかと云うと、
この移籍で、将来大竹が指導者としてカープのユニフォームを着る事無くなったじゃん。
それが非常に残念だと云う事。
わし的には大竹は、むちゃくちゃ良い指導者になると思っていたからね。
大怪我やメンタル面の弱点を克服した大竹だからこそ、
その経験を活かした指導が出来る筈だと。

だけど、ハジメがオーナーでいる限り多分もう無い。
いくらこの男(ハジメ)の携帯の待ち受けが大竹だからと云っても、おそらく無い。
自ら出てった様な奴を呼び戻す度量の大きさはこ奴には絶対と云っていい程無いのだ。
残念ながら。

ここ数日はホント、悲しかった。
勿論、悔しかったし、腹も立った。
いや、過去形じゃない!今も腹立っとる!
でもねぇ、
味方打線が打った時や、
点が入った時に見せる、大竹のあの底抜けの笑顔!
(半ズボン穿いた田舎の小学生的な笑顔とも云う)
あれ思い出したらね、やっぱり恨んだりは出来んよのぉ~。
うん、やっぱり大竹って人間味のあるいいい奴だったじゃん。
(死んだ訳じゃないけど)
腹は立っても嫌いにはなれんな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おお!こりゃ絶対読まねばならん!
直木賞作家、重松清さんが執筆する、
カープ題材の小説。
もうすぐ発売。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
励みになります。下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

仰け反るギター

11-13,2013

今日は、先日の Anthony Wilson の記事で予告した、(この記事)
わしのGibson byrdland (2005年製)を紹介します。
わしのせこい所有物の中では、
1番高価な物(自動車除いて)と、思われるこのギターの晴れ姿、
篤とご覧下されぇ~。

P7171585.jpg

と言いつつ、いまいち写真よくないけど。
ええっと、これは、新宿のロックインで7~8年前に購入しました。
実は、これを買う前に博多で同じ年代のサンバーストの個体も弾いてたのだが、
見た目でこっちにした。
音云々じゃなく、ただ単にブロンド仕上げが気に入ったのだ。
わしどちらかと云うとルックスを重視するんで。
しかし、いつ見てもカッコいい!


寝っ転がってるバーちゃん。(バードランドちゃんの略)
可愛い奴。

131109-4.jpg

見れば分かるけど、ヘッド。

P7171586.jpg

ボディ裏。
とにかくうっとりする程綺麗なギター!
あぁ、いい!(仰け反りながら)

P7171587.jpg

もう一丁、裏!
この木目!
あぁ!
何度見ても、いぃぃいいい!!
(仰け反り過ぎて、カールゴッチばりのブリッジ態勢で)
さ、皆さんもご一緒に!
いぃぃぃいいいいいい~!!(ブリッジもしてよ)

131109-3.jpg

言うまでもなく、ピックアップセレクタースイッチ。

131103-3.jpg

説明するまでもなく、ボリューム、トーンコントロールノブ。

131103-4.jpg

ここが、こ奴の大きな特徴。
通常のバードランドでは、
ブロックインレイのポジションマークが採用されてるが、
このバードランドはレアなスプリットパラレログラムインレイ!
いぃぃいいいい!(笑顔ででんぐり返ししながら)

131103-5.jpg

カッコつけてモノクロで。
ほんにいっいぃぃい!(バレリーナ衣装でクルクル回りながら)

131111-1.jpg

「うーん、マンダム」
じゃなくて、「うーん、いい!」(当然、右手で顎を撫でながら)

131111-2.jpg

モノクロでも、SホールはSホール。

131109-1.jpg

モノクロでも、テールピースはテールピース。

131109-5.jpg

最後はライブ時の写真。
お澄まし顔のバーちゃん!
ほんに、ほんに、いぃぃいいいい!
(夕日に向かって走りながら)

131109-2.jpg

しかし、ギターの写真撮るのって楽しいな。
また、撮ろうっと!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Anthony Wilson、Steve Cardenas、Chico Pimheiro、Julian Lage
4人のギタリスト夢の共演!
しかもDVD付き!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂きとても感謝してます!
ただいま当ブログでは日頃の感謝を込めて
「ワンクリック、ワンピョン キャンペーン」を実施中です!
貴方のクリック一回に付き一回、
ガーシャちゃんが喜びながらピョンっとジャンプします。
(自宅でこっそり)
さ、皆様お誘い合わせの上是非!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

ウエスタンブーツとマクサスと

11-13,2013

気付いたら、AOR系の記事全く書いてなかったんで、
久々AOR行きます!
ロック系AORアルバムの傑作、Maxus (1981年作品)

P7011579.jpg

メンバーは、Jay Gruska (vo,p) Robbie Buchanan (key,vo)
Mark Leonard (b,vo) Doane Perry (ds,vo)
Michael Landau (g)

よくあるパターンで、バンド名とアルバムタイトル同じね。
因みに、日本盤タイトルはマクサス・デビュー。
(結局これ1枚しか出てないけど)
わしはアナログレコードしか持って無いんで、
それ引っ張り出して来て聴きました。
しっかし、超久々に聴くと一気に高校時代にタイムスリップしたな。
これ高校時代、わしの部屋でよく聴いたんだよ。
この前のブログにも登場した友人Sと!(この記事)
でも、この場合思い出すのは、
パットにまみれたロボコップスタイルの友人Sでは無いんだよな。
(この男自体も高校生になってるんで)
思い出すのは、
グレーのスタジャンに、グレーのコーデュロイと云う、
全身グレーのねずみ男的スタイルの友人Sの姿。
(何故か夏服の姿は思い出せない)
しかも、何故か焦げ茶のウエスタンブーツ履いてんの。
(これ買うのに、半日以上広島の本道り商店街を付き合わされた)
うん、これ鉄板!
常にこの格好だった!
もう、昨日の事の様に鮮やかに目に浮かぶ。
この衣装で、毎日の様にわしん家、
もしくは友人Mの部屋でくつろいでるSの姿が!
うーむ……
ま、どうでもいいけど。

うん、でもいいよ!このアルバム!(話戻りました)
当時は同じ様なスタジオミュージシャンバンドって事で、
よくTOTOと比較されてたけど、
マクサスの方がちょっと大人な感じだったな。
まさに、アダルトなロックバンド!
でも、余りにも寄せ集め的過ぎて長続きしなかったんだろうな。
「特にバンドにする必要は無いけど、TOTOも売れてるしみたいだし、
何と無くバンド形態にしてみました」って感じだったから。
TOTOはみんな元々友達だから長続きしてんだよ。

ま、そんな訳で、サクッと全曲紹介します。
いきなりイントロからカッケーギターが飛び出す1曲目。
甘いソウルタッチのメロディもいい!
あぁこのギターソロ、コピーしたなぁ…(全く覚えて無いけど)
2曲目はリズムアレンジがオシャレなミディアムナンバー。
これも美メロ!
しかし、ジェイ・グルスカの声はいい!
少しハスキーで、
でもハイトーンも綺麗でよく通る、まさにザ・AOR!って声。

黄昏ムードに浸りきって聴いてたら(Aメロ部)
一転、ヘヴィーなギターでロック調のサビ部に変わる3曲目。
「曲調変わり過ぎじゃい!」とツッコミつつも、これが良いんだよ!
わし大好き!
4曲目はこれぞ「ソフト&メロウ」って感じのバラード。
ここは安心して黄昏て下さい!曲調一転って事は有りません。
さ、皆さんもレッツ・エンジョイ・黄昏!

5曲目!これはモロにボズ(スキャッグス)のジャンプナンバーじゃん!
恐ろしい程似てんじゃん!
そして、ギターのバッキングカッコいいな、おいぃ!
お次は、ハードなギターが唸りを上げる6曲目!(レコードではここからB面)
ハモりフレーズにライトハンドまで駆使したギターソロがぶちカッコいい!
マイケル・ランドウのスタジオワークでのベストプレイのひとつだな、こりゃ!

7曲目はロマンティックなバラード。
そして、またもや雰囲気にどっぷり浸り、
虚ろな表情で寝転がる中年男がいる事を忘れないで欲しい。(わしの事)
8曲目は、ファンキー&メロウ。
それにほんの少しの80年代テクノ風味。
流れる様なカッコいいギターソロ有り!
そして最後は、曲中で色々なムードに変化する
プログレ風ロックナンバーで締め!
ああー、やっぱえがっだぁ~!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これですよ。
いつの時代も超名盤!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そしていつもクリックして頂きとても感謝してます。
今日も応援のクリックお願いします!
男性の方は学ラン姿、女性の方はチアガール姿(年齢制限無し)
で、応援のクリックお願いしまぁ~す!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

成り切ってる人

11-12,2013

今日は、ブログ友達J worksさんの記事(この記事)
を、読んで買ったアルバムを紹介!
Per-Oscar Nilsson Group / now (2009年録音)

131019-2.jpg

メンバーは、Per-Oscar Nilsson (g) Marcus Strickland (ts,ss)
Fredrik Kronkvist (as)  Carl Winther (p)
Johnny Amam (b)  Daniel Fredriksson (ds)

いやぁ、これは買って大正解だった。
Jさん、情報ありがとうございます!

さ、早速1曲目!(オリジナル)
おおっとぉ!いきなり複雑なリズム部と4ビートとが交互に現れる
"ネオハードバップ"と云う趣の仰け反り曲!
ぶちカッケー!
オープニングから早速わしのハートを鷲掴みしやがったなぁ、おいぃ!
ガッツンガッツンくるドラムにプッシュされまくった、
ど迫力のアルト、テナーのソロに続いて、いよいよペルちゃん登場!
今時のギタリストらしくウネウネ&無機質に迫って来るが、
そんな中にも若さ溢れる初々しさがあっていい!(実際の歳は知らんけど)
程よいコンプ感と粘りのある太い音もわし好み。
聴いた感じとしては、カートやジョンスコに相当影響受けてると思われるが、
まだまだ荒削りで、スケールとしては小さい。
しかし、そこに魅力があるのだ!
将来性と云う魅力が!
とにかく今は何でも吸収すればいいのだ。
好き勝手演ればいいのだ。
だから、わしからこ奴に次の言葉を送りたい。
「わんぱくでもいい…逞しく育って欲しい…by丸大ハム」と。
(古いか?)

ほい、お次はアフロビートがカッケー2曲目。(オリジナル)
しかし、ここでもいい音出してるが、ペルちゃんの使用ギターは何だ?
ジャケット中面の写真見ると、335タイプのセミアコだけど、
綺麗にロゴの所で切ってトリミングしてやんの。
ヘッドの形状や角の形状からしてIbanezかと思うが分からん!
誰か知ってる人教えて下さい。
プレイの方は、もろカートって感じの長尺ソロをとっている。
(ヴォイスまで入ってる)
オーソドックスなフレーズも、
リズムでコンテンポラリーに聴かせるいいセンスだ。
しかしこのアルバム、ギターファンだけじゃなくサックスとドラムファンも買いだな。
聴いてて楽しくて仕方ないんじゃないか?

3曲目は、ピアノの独奏から始まる。
ミステリアスな雰囲気のこれもオリジナルだ。
深目にかけた空間系エフェクターと、
軽く歪ませた音がこれまたカートを思わせる。
そして、ゆったりと大きく歌うスペーシーなソロ!
いいよ、いいよぉ〜!(大きく頷きながら)
誰に似てようといいんだよ!
やっぱりこ奴には無限の可能性を感じる!

4曲目。
テーマはサックスとギターのユニゾン!
ビシバシ煽るドラムと、
爆進するウォーキングベースに鳥肌もんの高速4ビート曲!
ソロはテナーから、アルト、ピアノと続き、
エンディングでは怒涛のドラムソロが炸裂!
うをおおおおおお!すんげえ~!
と興奮しつつ。
あれ?
ギターソロ無かったな…
リーダーアルバムなのにソロ無かったな…

5曲目は、スペーシーなギターが印象的なミディアムスローナンバー。
これなんか曲からして、カートが作りそう。
カートの次のアルバムに入ってても違和感無いぞ。
こりゃもう、曲調、ギターサウンド、ヴォイスと、
「私、カートしてます!」「カートん、なりきっちゃってます!」
とはっきり宣言してる様なもんだな。
だが、うん、いいよ。
その開き直り具合にも好感持つよ。
今後もしっかり、カートしなさいね!
しっかし、この曲もソロ無いんだよな。
自分のアルバムでもソロとんないっての流行り?

6曲目もオリジナル。
なんかメセニーが作りそうなテーマだな。(じっくり聴けば分かります)
ここでのペルちゃんは、煽りまくるドラムに乗せられたか、
ガツンと歪ませた音でアグレッシブで派手なソロを聴かせてくれる。
うーん、若さ溢れていい感じぃ!

7曲目!
ダークなベースと、歪ませたギター、
繊細なドラムのシンバルワークから始まるバラード。
 "loose fit"と云う、爺さんのパンツみたいな曲名のオリジナルだ。
テーマはアルトとギターのユニゾン。
あぁ、これもしみじみといいねぇ。
往年のハードバップを思わせる旋律だけど、
ヴォイス大フューチャーで幻想的に盛り上げるギターが今っぽさ全開だ。
しかしここ迄来ると、カートの影響と云うより、
カートなりきり気分を隠そうともしてないな。

よっしゃ、8曲目!
うーん、これもカッコいい曲じゃのぉ~。
ミディアムテンポのモーダルな曲。
ソロはピアノ(ばりカッコええ!)から、
ギター(クリーントーンでジャジーに聴かせる)、
テナーとアルトのバトルへと続く。
いやぁ、マジでこの男カッコええ曲書くわ!
作曲能力高いわ!

そしてラスト!
高速4ビートでど派手に締めくくる!
ぬをおおおお!!
カッケー!カッケー!
カッケー2って感じの、キョン2的カッコ良さ!
ソロはアルト、ピアノ、ソプラノ、ギターと全員で回す!
おお!
どいつもこいつも、ノリノリじゃん!
スイングしてるじゃん!
グルーブしまくってんじゃん!
だから、思わずわしも、下顎突き出した猪木の顔真似しながら、
リズムとっちゃうじゃん!
「元気ですかぁ~!」って叫んじゃうじゃん!
「何だ、この野郎ぉ~」って言いながら、
だれかれ構わず拳握って向かって行っちゃいそうじゃん!
とにかく全曲カッコええじゃん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。
ギターファンは買い!



mp3はこっち。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
下のバナーをちょこっと、
最悪一個でいいから、クリックして貰えんでしょうか?
とても励みになっておるのです。
お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

カープについてあれこれ

11-11,2013

カープについてあれこれ書きます。

先ずは、おい、ハジメよ!
なんで、堂林の年俸上がるんだ?
しかも300万も!
いい加減、この男を甘やかすのは止めろ!
わしゃ堂林の事は大好きだが、どう考えてもこれはおかしい。
こ奴の成績のどこに上がる要素があるのだ。
全ての成績が下がった上に最低の内容じゃないか。
それとも野球とは関係無く、
この男の女性ファンが大挙して球場に来るからか?
こ奴のグッズが売れまくるからか?
そう云う所も査定に入ってて上がったのか?
しかし、それならそれで、ちゃんと他の選手にそう説明してるのか?
説明も無く、こう云う露骨な依怙贔屓してると、
チームの和が乱れるんじゃないか?
もしそれ以外の理由でこ奴が上がるなら、
下がる奴は居ないはずだ。
今すぐ全員上げるか現状維持にしろ!

しっかし、ホントこれマジでわしが選手だったら「は?」ってなってるぞ。
いや既に沢山の選手がそう思ってる筈だ。
「は?」っと。(特に岩本辺り)

はい、気を取り直して。
おいぃ~、石原よぉ(^◇^)
よく残ってくれたなぁ~。
わしねぇ、FA移籍され時最小のショックで済む様に昨日まで
「石原なんぞ、出て行っても一向に困らん!かえって居ない方が良いくらいだ」
と嘯いてたんだけどねぇ、ホントは残って欲しかったんだよ。
ありがとね!
そして、シーズン中は毎日の様に、
テレビの中のお前に向かって文句どころか、鬼の様に毒ついてたけど許してね!
来シーズンはもう、文句言わんから。(多分)

そして、ドラフト4位の西原君よい。
素早い契約ありがとう!
わし、「プロに入る事が嬉しくて仕方ない」って感じで、
速攻で契約する選手が好きなんだよ。
かつての江藤もそうだった。
江藤って、その年12球団に指名された選手の中で、
一番早くに契約したんだよなぁ。(遠い目で)
わしゃそれ以来、ホントたったそれだけの理由で、ずっと江藤応援してたからね。
(だから巨人に行ってもちょっとだけ好きだった)
そう云う訳で、君の事も応援するぞ。
頑張れよ!

そして、最後に大瀬良!
いやぁ、痺れるねぇ!
ゲスト解説で来てたノムケンもニヤついてたらしいが、
わしもテレビ見ながら、ニヤついたぞ。
特に台湾の4番にフルカウントから投げたあのカットボール!(スライダー?)
エグいねぇ!
ジャパンのユニフォームもいいが、
とにかく早くカープのユニフォーム姿が見たい!
ハジメの儲けになるの考えたら腹立つが、ユニフォーム買っちゃうかも!

あっ、あと、田村(スカウト)!
まぁー、がんがんテレビ映ってたじゃん!
しかし、野球ファンの中で今旬のこの男を台湾に送ったってのは、
ハジメにしては、グッドアイデアだ。
さてはハジメの奴、あのドラフトで好感度青天井の田村を使い、
一儲け企んどるんじゃなかろうか?
金儲けの匂いだけには敏感な、こ奴の事だ、
そのうち「田村Tシャツ」は勿論の事、「田村御守り」とか、
「何か良い物が当たる!田村クジ」とか、
「田村と行こう!2泊3日温泉旅行」とか、
マジで色々な企画を出してきそうだ。
ま、お前んとこの社員だ。好きにすりゃええわい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ欲しい!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックして頂き感謝してます!
とても励みになっております!
しかし、もっともっと励まして欲しい。
「ガーシャちゃん、ファイトぉ~」
と、ふわっとでいいから言って欲しい。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

みやげの話

11-10,2013

写真はその昔ニューヨークで買った、
自由の女神になったミッキーマウスの置物。

IMGP7330-01.jpg

ってか、これ一応貯金箱だ。(役にはたたない)
練習用ギターアンプ(ローランドJC-20)の上に飾ってる。
可愛いんで凄く気に入ってるのだ。

確かこれ買った時だったと思う。
ニューヨーク土産として親父に、
「NY市警Tシャツ」+「NY市警キャップ」をセットで買って帰ったのだ。
映画とかドラマで俳優が着てそうな、
胸とか額部分に"NYPD"とロゴが入ってる奴だ。
結構カッコ良かったのだ!
これにショルダーホルスター着けて、
モデルガン持って立ってたらカッコいい筈だ!(アホ一歩手前の可能性もあるけど)
わしだって欲しかったくらいなのだ!(ちょっとだけど)
でもね、今思い返してみると、この"ほぼコスプレ的土産"
親父が同時着用してる所、一回も見た事なかったな。
うーむ…



やっぱ、いい歳こいてNY市警ルックは恥ずかしかったのか!
とーやんよ!(当たり前か!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズを一枚。
Pat Bianci の back home
Gilad Hekselman参加!



これこれ!
すげーな、Amazonは!
案外カッコいいでしょ?



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂きとても感謝してます。
「わしクリック大好きなんじゃぁ~。
じゃけん、今日も押してぇ~やぁ」
(以上広島の小学2年生風に)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

菊池の秘密

11-08,2013

カープから、マエケン、丸、菊池の3人がゴールデングラブ賞を受賞した!
うん、これはぶち嬉しい!
エラーの多いカープから3人も選ばれるとは全く思って無かったからな。
特に菊池は記録上エラーが多いんで、実際選ばれるのかさえ心配だった。
でも、それは、「この男の異常なまでの守備範囲の広さ故」
と云う事は、投票する記者達も分かってくれてたようだ。
名前だけで西岡(阪神)辺りに持ってかれそうだと思ってたが、
心配して損した!

菊池の守備はとにかくアグレッシブだ。
テレビで見てても「ああ、1.2塁間抜けた、ダメだぁ」
「あぁ~2.遊間抜けてセンター前か」と思った打球に、
ことごとく追いつくのだ。
画面の外から突如スルスル~っと現れ、
横っ飛びどころか真正面で捕る。
で、そこから強靭な背筋と肩とで送球までする。(当然ビシッとアウト!)
思わずテレビ前で、
「おぉぉおおおおおお!!!」っと大声出しながら腰浮かせて、
そのついでに軽い屈伸運動する程のエキサイティングな場面だ!
(その後、照れ笑いしながらゆっくり座り直す)
守備でこれだけ沸かせる選手も珍しい!
(しかも自宅テレビ前にガッツリ根を生やすわしを)

以前、何かで読んだか聞いたかしたんだけど、
菊池のこの広い守備範囲の秘密は、脚だけじゃなく肩にもあるらしい。
そこは本人も特に自信がある所みたいだ。
(学生時代はショートをやってたんだから当たり前か)
肩がいいから、通常の2塁手よりも、かなり深目の守備位置をとれる。
それ故に、考えられない程広大な守備範囲が生まれるらしいのだ。
そして、こ奴には、
その広い守備範囲をカバー出来るすばしっこい脚がある。
だから、通常なら追い付けない様な深い打球にも追い付け、
捕殺までする事が出来るのだ。
ホント、リスクを恐れていない。
守備に対する考え方が攻撃的なのだ。

ま、とにかくこの受賞は、マエケンはともかく(この男は最早常連だから)
丸、菊池にとっては物凄い自信になると思う。
打撃にスランプはあっても守備には無い。
守備でチームに貢献出来るんだからな。
ホント、心から祝福したい!
「おめでとう!」

そしてついでに一つ注文したい。
この3人には次回テレビ出演時、出来ればこう言って欲しいのだ。
「ゴールデングラブ賞頂き"俺マジ感謝ぁ!"」と。(当然ラップ調で)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カープ×タワーレコードのコラボポケット付きタオル!
カープファンそして音楽好きなら。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そしていつもクリックして頂きとても感謝してます。
今日も優しくクリックして下さい!
そしたら、"わしマジ感謝ぁ!"
(広島弁にしてみました。ただ単にわしに変えただけだけど)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

ハービーに"俺マジ感謝ぁ!"

11-08,2013

もう1週間以上前になったが、
先日Herbie Hancockのライブに行ってきた。(正確には11月1日に行った)

131107-1.jpg

メンバーは、ハービーの他に、リオーネル・ルエケ(g)
ジェームス・ジナス(b) ヴィニー・カリウタ(ds)
と、超弩級!
広島には滅多に来ない大物ジャズメン達だ!
しかも、リオーネルルエケまで来るのだ!
「わしが行かんで誰が行く!」「わしゃ這ってでも行くぞ!」
と鼻息荒く意気込みながらも、
そぉ~っと一番安い席のチケットを取ったのだが、
何と会場が広島グリーンアリーナなのだ。
広島では一番大きな屋内会場だ!
わし的には、エアロスミスやクラプトン、安室ちゃんから、
全盛期の新日本プロレスまで見た愛着のあるデッカい会場なのだ。
「何故だ?何故ハービーがこんなデカい会場で演る?」
「わしが知らなかっただけで、
もしかして広島はニューヨーク以上のジャズ発展都市だったのか?」
と若干訝りながらよく見ると、主催が民音なんですね。ええ。(創立50周年記念事業)
「ははぁ、そう云う事か」と思って納得しました。ええ。

ま、それはともかく演奏はとにかくカッコ良かった!
ジェームスジナスが弾くのは全てエレベと云う事でも想像付く様に、
ゴリゴリのジャズファンク。
コンテンポラリーなソロプレイから、
ファンキーなカッティングやヴォイスまで駆使するリオーネル、
豪快にそして繊細にプッシュしまくるカリウタ、
重低音ど迫力グルーヴのジナス、この3人にハービーなのだ、これで悪い訳が無い!
オープニングの"アクチュアル・プルーフ"から、
ラストの"カンタロープ・アイランド"(アンコールに"ロック・イット")まで、
密度の濃いハイテンションファンキーサウンドをガッツリ聴かせてくれた。
まぁ、聴き終わった時はこっち迄クタクタだったけど。

しかし、民音の集客力はハンパないな。
(でも、9割方ハービーどころかジャズファンでも無いみたいだったけど)
はっきり言ってあの世界的ロックバンドのエアロスミスよりも客入ってたからな。
下手すると安室ちゃんなみに入ってた。
(でも、わしの前の席の10人組の婆さん連中は、
「この前見た水前寺清子は良かった!」とか言ってたけど)
そして、拍手の一体感も凄い!
「みんなでコッソリ拍手の練習してたのか!」って思った程だ。
ま、そんなムードに若干気圧された部分もあったが、ライブは最高だった!
ええっと、民音さん、広島にハービー呼んでくれてありがとう。

しかし、このメンバーでライブアルバム出さんかな?
出たら買うぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アクチュアル・プルーフ収録
ばりカッコいい!



この前も紹介したが、ハービーの超弩級BOXセット。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂き、"俺マジ感謝!"
(ラップ風に。この前さまぁ〜ずの番組でやってた遊び。
有名な言葉や諺の前後にこれ付けるたらぶち面白かった)
さ、今日も押してくれたら"俺マジ感謝ぁ!"

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

めおとなアルバム

11-07,2013

今んところ今年出た新譜の中でもかなり気に入ってるアルバム。
(あくまでもわしが買った中でだけど)
しかし、今年は激戦だ。ベスト3に入れるか?
と云う訳で、ちとタイミングがずれたが今日はこれをサクッと紹介する。
The Swallow Quintet / into the wood(2011年録音)



メンバーは、Chris Cheek(ts) Steve Cardenas(g)
Carla Bley(org) Jorge Rossy(ds)
おお、通好みのいいメンバー!
わしはまぁ、カーディナス目当てだけどね。

1曲目!
ミステリアスで怪しい気な旋律の曲だけど、
どこかユーモラス。
ティムバートンの映画サントラに入ってそう。
カーディナスちゃんもチョロっとソロ弾いてるが、
基本「今から5分間わしら5人で淡々と怪しさ漂わせるから黙って聴いてて」
って言いながら演奏してそう。
マジで淡々と始まり淡々と終わる。
でも、それがなんか良い。
不思議。

2曲目、これは単純にカッコいい!
1回聴いたら即カッケー!
ミディアムファーストの3拍子に乗って
クリスポッター、カーディナスとよく歌うシャレオツなソロを聴かせてくれる。
知的ムードの大盛り合せって感じだ。
ジャケット中面の写真見ると、
カーディナスちゃんの使用ギターはいつもの'82年製 Gibson ES-335 。
程良いコンプ感のあるクリーンサウンドがやっぱ最高だ。
ホント、335特有のいい音!
そして、このジャケット。
実は他の写真もいいのだ!
モノクロのさり気ないスナップ写真なんだけど、すげーオシャレ!
こんな所でも知的ムード炸裂だ!

3曲目は、メランコリックなテーマのバラード。
これも、映画のサントラに使われそうないい曲!
哀愁たっぷりに泣くギターがいい!
泣くと云ってもサンタナの"哀愁のヨーロッパ的"に、
ねちっこく咽び泣くんじゃないよ。
クールに静かに、そしてジャジーに泣かせてる。
うん、やっぱりちょっとメセニーの影響出てるな。
わし大好物!

長尺ドラムソロから始まる、4曲目!
そして出た!高速4ビート!
スワロウ爺さんが自身のシグネチャーモデル(Citron)で刻む、
ウォーキングラインがぶりカッコいい!
続くポッターのソロも悶絶級のカッコ良さ!
カーディナスちゃんのコンピングもええやん!(しかし、ソロは無い)

それ、5曲目!
コントの泥棒(全身黒尽くめ、ほっかむり、背中に大きな風呂敷的姿)で、
空き巣に忍び込む時のBGMに合いそうな、へなちょこムード満点のスローブルース。
抜き差し差し足でタンスの中物色してたら、
寝てた筈の親父が起きてきて大騒ぎって感じで、
急に倍テンの高速ブルースになだれ込む!(ここから既に6曲目になってる)
むちゃくちゃカッコいいフレーズから入る、
ロックテイスト全開のカーディナスちゃんのソロから、
ポッターがブリブリかますソロを経て、
またも繋ぎ目無しで、7曲目に。
一転、この曲もユーモラスなムード全開。
ちょっとモンクっぽい。
ポッターとカーディナスちゃんが知的にソロを掛け合い、
そのバックでカーラのオルガンがサウンドカラーを決める。
実はこのアルバムは、全編そんな感じだ。
カーラ、スワロウ夫婦が操るサウンドカラーの上に乗っかって、
ロッシ、ポッター、カーディナスちゃん達が構築して行くって感じ。

8曲目。
ギターとベースとのデュオで演奏される、
マイナーキーの淋し気なバラード。
テーマはベースが。
ベースのソロもギターと間違える程滑らかに歌いまくる。
続くギターも渋い。
シングルトーンのみで深みのあるソロを展開していく。
そしてその流れのまま、9曲目に。
オルガンの音色がノスタルジックなムードを漂わせる3拍子の曲。
テーマはここもベースで。
ああ、いいねぇ。
優しい気持ちになる。
思わず、外出て道に咲いてる花々に、
「みんなぁ、元気ぃ~?」って話しかけちゃいそう。
続くポッターちゃんのソロもいいんじゃなぁ~い?
優しいソロじゃない。
あなたこう云うのもいいじゃない。(以上、お姫様っぽく)

10曲目は爽やか!
なんとなくメセニーが作りそうなポップないい曲!
カーディナスちゃんのソロもスコーンっといい音でポップ!
やっぱりちょっとメセニーっぽいんだけど、
カーディナスちゃんの場合、メセニー程やり過ぎず、
抑制が効いてるとこがいいんだよな。
この辺に人間性も出てそうだな。
カーディナスちゃんってメセニーと違って、顔見ても抑制効いてるもん。
あんな、反則級に表情豊かで不自然な髪してないもん!
サックスも圧倒的に歌ういいソロ!

11曲目も境目無く突入。
黄昏たギター大フューチャーのバラードだ。
太い丸味のある音で奏でる、「田村正和的激渋中年男」
って感じの落ち着いたプレイが胸を打つ。
「ガーシャ的激メタボ痛風男」って感じではこうはいかんかもな。

で、ラスト!
ここも前曲からふわっと繋がって、コミカルなテーマの曲だ。
ジャコっぽいベースラインから始まる。
カーディナスちゃんのガツンと歪んだ音でのストレートなソロから、
ポッターのソロへ。
そしてコミカルなリフを繰り返してエンディング。
うーん、やっぱええわ!このアルバム!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつも↓のバナーをクリックして頂き、
とても感謝してます!
只今、当ブログでは、
「秋のワンクリック、ワンペコリ、キャンペーン」を実施中です。
皆様のバナークリック一回に付き一回、
ガーシャちゃんがペコリとお辞儀します。(自宅で)
ささ、皆様お誘いのうえ是非!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

今村について

11-06,2013

今朝の中国新聞(広島の地方紙)に今村の事が書いてあった。
タイトルは、「今村 復調道半ば、直球 乏しい手応え」
内容としては、
「昨季の登板過多と11月の代表強化試合、
今年3月のWBCで、疲れきっている」と。
更に、
「股関節が痛み、この日も30球投げたが思い通りの球筋が描けない」と続き
「くたくたな体と心が悲鳴を上げている」と結んでいる。
ネット上にも同じ様な記事が沢山あった。
どれも概ね、
「疲れと故障からフォームを乱している。
秋季キャンプでフォームを改善する」と云う感じだ。

わしこれらを読んで思ったんだけど、
何でそんなに疲れきってんのに、休ませてやらんのだ?
(これは今シーズン中も思ってた)
「ちょいとお疲れ気味」とか「なんか肩凝ってる」とかじゃないぞ!
疲れきってんだぞ!
悲鳴上げてんだぞ!
こんなあちこち報道にもガンガン書かれてんのに、ノムケンは何故休めと言わん!
ベテラン勢は休んでるじゃん!
本人が何と言おうと「休め」ってビシッと言えよ!
仮にキャンプ参加が義務だとしても、
身体のケア中心のメニューとか、
メンタル中心のトレーニング(カープの選手はもっとこれやった方がいい)
とか色々方法あるんじゃないか?
投げたり走ったり打ったりするだけが練習じゃ無い筈だろ?
違うか?
わしゃ、体を休ませるってのも立派な練習の一部だと思うがな。
それに、故障した身体でフォーム固めなんて出来ないだろ!
それこそ、故障箇所を庇って変な癖つくんじゃないか?
心身共にリフレッシュしてからフォーム固めせにゃ意味ない筈だ。
わしは素人だからカープのコーチ陣が何考えて指導してるのかは分からんが、
こんな報道見てたら不思議でしょうがなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大野の本。
やっぱり大野に帰って来て貰った方がいいんじゃないか?
今村も信頼してたみたいだし。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
いつもクリックして頂きとても感謝してます。
わし、栗原、石原、大竹のFA移籍が心配で仕方ないのです!
「心配ないから元気出せよガーシャちゃん!」
って言いながら、ポチッと押してけろぉ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

チャンギラ

11-05,2013

いきなり始まります。
昨日コレ聴いた。

131103-2.jpg

David Ashkenazy / out with it (2009年録音)
メンバーは、Joel Frahm (s) Gary Versace (org)
Gilad Hekselman(g) David Ashkenazy(ds)
お察しの通り、ギターのギラッド・へクセルマン
通称チャンギラ目当てで購入。
(注)ギラッドちゃんから、ギラちゃんを経て、
業界人的変換で最終的にチャンギラ。
わしだけの、しかも今日だけの通称。

さぁ、今日もチャンギラ贔屓しまくりのギター好き目線でバシッと行くよ!
1曲目。
オッシャ~!
「いきなりわしの大好きなWayne Shoterの
"children of the night"じゃ~!ヒィーヒャッホ~!!」
って雄叫び上げながら一人自室で小躍りしてたのに、
この曲ギラッドのソロ無いの…(T_T)
いい年こいて はしゃいじゃって、わし馬鹿みたい……(T ^ T)
と、泣きつつも気を取り直して聴いてみると、
これが、ぶっちええんじゃぁあああ!!!(広島弁、凄く良いですの意)
バンバン煽ってくるドラムの手数に乗って畳み掛ける軽快なサックスソロ、
濃すぎる事なくクールにスパッと仕上げるオルガンソロ。
うん、いいぞぉ!
チャンギラのソロ無くてもいいもんは、いいぞぉ!
と言いつつも、
テーマを吹くサックスの後ろで弾くギターのカッコいいフィル聴くと、
やっぱギターソロ聴きたかった…( i _ i )

さ、もう一度気を取り直して2曲目だ
複雑なリズムが絡み合う、デビッドのオリジナル。
そしてとうとう来ましたよ、チャンギラのソロが!
ガツンと歪ませたサウンド
(多分アイバニーズのチューブスクリーマー使用)で、
フレーズのモチーフをパズルの様に組み合わせ展開していく。
伸びやかでコンテンポラリーなソロに思わず半口開けたまま硬直する!
よだれが垂れるまで硬直しちゃう!
口がカッラカラに乾くまで、よだれ出し続けちゃう!

はい、水でも飲んで3曲目!
オッシャ~ぁああああ!!!!
またも来たぞい!
わしな大好きな曲。
フランク・フォスター作の"simone"じゃ~い!
ソロは、サックス、オルガン、ドラムと続き、
「さぁ、お次はぁ!」と思ったら、またもギターソロ無い…(T_T)
(ユニゾンでテーマ弾いてるだけ)
あぁああああああ~。
何でぇ~?
何でぇ~?
何でなん~~???(訴えかける様に)
えぇ~、ここでギターファンは若干不安になってる思うが、心配無い。
ここからがチャンギラの見せ場なのだ。

ほい、4曲目。
ビートルズの"I want you"
もう、おもちゃ箱をひっくり返した様など派手な演奏。
もしくはパンツ脱ぎ散らした様な演奏。
サックスはフルチンでフリーキーなトーンをがなり立て、
オルガンも負けじとフルチン姿で怪しげなサウンドを響かせる。
そして、チャンギラはまたもガッツリと歪ませたサウンドで、
トリッキーなフレーズを挟みながら、
案外ねっとりとした表現のプレイを聴かせてくれる。
当然フルチンで。
ん~、エクセレント!

さぁ5曲目。
やっと出た!
ギラッド特有の雨音の様な極上のクリーンサウンド。
これこれ、これを待ってたのだ。
使用ギターは、この頃多分まだハワードロバーツモデルか?
よう分からんが、もっとこの音で弾いてもらいたいもんだ。
曲は、ギターのカデンツァからスタート。
ラテンタッチの哀愁感溢れる曲だ。
ソロはギターから。
前半のゆったりと歌う様なフレージングから、
後半にかけての情熱的な盛り上がり!
そして、さり気なぁ~く、
ホントさり気なぁ~く放り込んでくるハイパーフレーズが、
まぁ、カッコいい!
世界中のカッコいいを全部持ってっちゃいそう。
カッコ良さの独禁法違反状態!
ガーシャ困っちゃう!(勿論、リンダ風に)

6曲目は、変拍子のリズミカルな曲。
デビちゃんオリジナル。
チャンギラは、またまた歪ませた鼻詰まりサウンドでの変態ソロ。
この伸びやかなTS系の音って気持ちいいからな(特に弾いてる本人)
この音使いたい気持ちは分かる。
分かるが、わしはクリーンの方が好き。
だけど、そんなわしの気持ちを無視してまで歪ませるチャンギラ。
すれ違う二人の気持ち。
難しいもんですね…
さり気なく入れるフィルもむちゃくちゃ難しそう。
本人はサクッと弾いてるんだろうけど。

7曲目は、フリゼールのオリジナル。
マイナーキーのミステリアスなムードを持つ曲だ。
ギラッドが、このタイプの曲を演奏すると独特の表情を持つな。
上手くは言えないがやっぱ故郷イスラエルの影響があるのか?
どこかエキゾチックでわしは好きだ。
しっかし、難しげな高速パッセージも、
スルスルスルーっと、そうめんでも啜る様に簡単に弾き切るな!
こ奴はもぉ(^◇^)
そして、バッキング。
これも面白い!

そしてラストが、スタンダードの"too young to go steady"
ここでは7拍子で演奏される。
曲の冒頭、ドラムとギターのオブリガードだけで吹くサックスのAメロ部がいい!
ええっと…
んんっと…
まー、とにかくいい!
いいったらいい!
チャンギラのソロはワンコーラス。
クールで無機質、そして流れる様なフレージングの、
まさに"ザ・コンテンポラリージャズギター"と云ったプレイだ。
カッコ良過ぎて屁が出る。
連続10発は出る!
今なら友人Zお得意の「すたったったったったったったぁ~」って感じの、
肛門とケツの肉で奏でる"オモチャのマシンガン的屁"
にも匹敵する可愛らしい屁が出る気が、ちょびっとだけだが確実にする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。

mp3はこちら。


最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂きとても感謝してます!
只今、当ブログでは、
「秋のワンクリック、ワンニッコリキャンペーン」を実施中です。
あなたのクリック一回に付き一回、
ガーシャちゃんがニッコリと微笑みます。(自宅で)
さ、遠慮しないでクリックしてけろぉ。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

堂林について

11-04,2013

ノムケンよ。
報道によると、お前、堂林に複数ポジションをさせようとしてるみたいだな。
しかし、将来的にはともかく、
今の堂林にそれをさせるのは止めた方がいいんじゃないか?
(堂林って案外不器用そうだし)
堂林の課題は一にも二にも打撃だ。
本来なら未熟な技術を2軍でじっくり向上させねばならん時期だったのに、
お前とハジメのゴリ押しでここ2年1軍で使っていた。
最初は実践タイプの選手ならそう云う育て方も有りかと思ったが、
全く違った。
やはり2軍でガッチリ実績挙げて使うべきだったのだ。
2軍でも2割そこそこの選手が、いきなり1軍で打ち始める訳無いのだ。
いくら期待込みでも、来年はわしらファンも黙ってはいない。
(と言いつつ、テレビ見ながら悪態つくだけ)
だから、キャンプではとにかく打撃の質を上げる事だけに集中させて欲しい。
とにかく朝から晩までバットを振らせろ。
打撃が向上しない限り、サードだろうがファーストだろうが外野だろうが、
こ奴が出場する場所は無いのだ。
来年はグッズ売る事しか頭に無いハジメが何言ってきても無視しとけばいい。
とにかく打てば使う、打たなきゃ2軍、
無理してこの男の出場機会を増やそうとする必要は無い!
そんな感じでいいのだ。
3割30本。いや2割8分の20本でもいいい!
これだけ打ちさえすれば、守備は後から付いてくる!
打てばいいのだ!



と、偉そうな事書いたけどどうでしょう?
やっぱ色々守れるように練習しといた方がいいかのかね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
励みになります!
今日もクリックおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

トイレの出来事

11-03,2013

ふと気付いたら、もう11月だ。
何と、わしのオカンは既にカラオケ仲間との忘年会の予定を組んでいた。
早えぇな!おい!
と云う事で、こっちもチト気が早いが、
今日は、わしお気に入りのクリスマスアルバムを紹介する。
これでがす。
  Kenny Rankin / a christmas album (1999年作品)

131028-1.jpg

これは、残念ながら2009年に亡くなった、
ケニー・ランキンのクリスマスソングアルバム。
ケニーランキンと云えば、ポップスからソウル、ジャズ、ボサノバまで、
カテゴライズする意味が無いほど幅広く、しかも高度に表現するシンガーだが、
ここでは基本ジャジーなアレンジで"おされぇ~"に聴かせてくれる。
"white christmas"や"have yourself a merry little christmas"等
数々の名曲を、あのシルキーヴォイスで優しくジェントリーに歌いあげるのだ。
これはもう悪い訳が無い!
最高のアルバム!
一家に一枚どころか、
おじいちゃんからお孫さんまで各自一枚持ってて欲しいくらいだ。
さ、皆さんもクリスマスまでまだ時間有ります。
これ聴きながらクリスマスを待ちましょう。

コレです。

で、ここで思い出したんだけど、
わし、このケニーランキンと握手した事があるのだ。
飲み友達4人でニューヨーク旅行に行った時だ。
当時出来たばかりのジャズクラブ(名前は忘れた、多分今はない)だった。
店の前に大量のリムジンが横付けする様な高級な店。
そこへ、ケニーランキンと
ブライアン・ブロンバーグ(ベース)のデュオを聴きに行った時に
握手してもらったのだ。
ってか、正確にはその店のトイレでしてもらったのだ。
失礼とは思ったが、用を終えたケニーランキンが手を洗い終わるのを、
その横でジッと待って握手してもらった。
(念のため言っておくがわしは用を足す前)
滅多に逢える人じゃないから、わしも必死だったのだ。
許して欲しい。
(ケニーは紳士的に笑顔で接してくれた)

で、ここで更に思い出したんだけど、
わしって何度かトイレでそう云う事があるのだ。

右手タッピングで有名なジャズギタリストのスタンリー・ジョーダンとは、
今は無き六本木ピットインのトイレでバッタリあった。
この時は、スタンリー初来日で、わしほぼ顔知らなかったのだ。
だからステージにこの男が出て来た時こう思った。
「あっ!さっきションベンしてた外人だ!クソッ握手して貰うんだった!」と…

ジャズギタリストのケニー・バレルともニューヨーク。
名門ジャズクラブ"ブルーノート"のトイレでだ。
2階のトイレでわしが用を足してると、
突然、バレルおじさんが、わしの真横に立ってションベンしだしたのだ。
「じぇじぇじぇじぇ!あんれまぁ、おったまげだぁっ!
この横で小便しでる人、バレルおじさんでねぇがぁ!」
と驚きつつ、何か話そうと思ったが英語は苦手だ。
しかも、わしもまだションベンしてるのだ。
しかし、こんな機会は滅多にない!
わしは意を決して、
一心不乱にションベンしてるバレルおじさんに向かって一言こう言った。
「グレート!」と。(演奏の事。決して股間を覗き込みながらでは無い)
言うまでもなく、その後、連れション仲間として打ち解けたわしらは、
きっちりお互い手を洗って握手した。

去年の紅白で、
強烈なインパクトを残した美輪明宏さんとは、最終の新幹線のトイレであった。
強烈な便意を催したわしが、小走りで雪崩込もうとした個室から、
あの、ど金髪の美輪さんが、あのど派手な衣装でヌ~っと出て来たのだ。
(身長は案外小さい)
しかも、その時すれ違いざま何故か"キッ"っと睨まれたので、
思わず「あ、すみません」と謝ってしまった。
今考えると何故か悔しい!
なんでわしが謝らんといけんのんじゃい!
因みに、その後トイレに入ってよく見ると、
何故か便座が上がったままだったのだ。
もしかして美輪さんってオネエなのに立ちションか?

"黒い呪術師"アブドーラ・ザ・ブッチャー(プロレスラー)とは、
広島グリーンアリーナのトイレであった。
試合の興行主と知り合いだったので、
関係者用のトイレに行かせて貰ったら、そこにブッチャーが居たのだ。
ブッチャーは試合用のコスチュームでトイレの鏡の前に立ち
「シュッシュッシュッ!」って言いながら、例の空手ポーズの練習をしてたのだ。
トイレに入ったその瞬間、
わしとブッチャーは「あっ」っと云う感じでお互い目が合い固まった。(その間3秒) 
しかし、そこはわしも大人だ。
ブッチャーだってそんな所(カッコつけて練習してるとこ)見られたくなかっただろう。
握手の要求はせず、「わし何も見なかったよ」と云う素知らぬ顔で、
会釈だけしたのだった。(ブッチャーも会釈してくれた)

131103-1.jpg
(ほぼこの格好で、尚且つこのポーズして立ってた。
小学校の頃テレビで見た、
テリーファンクをフォークで滅多刺しにしてたシーンが強烈で、
わしこの時も「凶器で襲われるんじゃないか?」
「そしてとどめにフライングエルボー食らうんじゃないか?」と軽い恐怖を覚えたが、
よく考えたら(考えないでも)広島の素人オヤジを襲ってくる訳無いのだ。
しかし、子供の頃のイメージは強力だ。何故か咄嗟にそう思ったのだった)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂きとても感謝してます!
でも、もっと欲しい!
もっともっとクリックが欲しいのぉ~!(セクスィ~に)
「気持ち悪い奴っちゃのぉ!押すからもう止めろ!」
と言いながら是非!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

スイッチ、背番号、FA 話題盛り沢山!

11-02,2013

昨日から珍しくカープのニュースが多い。
それを見たら黙っとられん!
じゃけんね、今日はと云うか、今日もカープに関しての事を。

先ずは、菊池のスイッチ挑戦の件!
うーん、これはどうなんかね?
確かに菊池の脚を生かすにはいいと思うが、
わし的には菊池の魅力はあのパンチ力だと思っている。
嘗ての正田や山崎とは違い、この男はホームラン打てるのが魅力なのだ。
上手く行けば、トリプルスリー(3割、30本、30盗塁)も夢じゃない。
そうなれば3番打たせてもいいくらいだ。
それがスイッチ転向で、
変に小さくまとまったりしないか?ってのが一番の不安。
とくに、カープと云う球団はイメージだけで選手を起用したがる。
"身体のデカイ外人=ホームラン打ちそうだから4番"って感じだ。
だから、"身体の小さな脚の速い選手=スイッチ転向"
と、単純にそう思ってるだけかもしれん。
そして、長打力と云う菊池の魅力を捨てさせ、
内野安打ばかり狙わせる様に仕向けるかもしれん。
そうなると、ノムケンがまた乗せられる。
ピッチャーには「四球出すな!四球出すな!」
と二言目には狂った様に言ってるが、
今度は菊池の顔見る度に、
「チョコんと転がせろ」とばかり言い始めそうだ。
ってか、うん、これは絶対に言うな。
「チョコんと、チョコんと」と、念仏でも唱える様に。
実際は身体の大きさや脚の速さだけで、
選手の適性を決めつけるのは良くない筈なんだよ。
あのベーブルースだって小さい方だったんだからな。
ま、これは菊池が左右どっちでも、
自分のバッティングを貫けば良いだけの事なんだけどな。
ま、暫らく様子見だ。

はい、次の話題!
うわ!やっぱりだ!
ハジメの奴(カープオーナー松田元の事ね)
わしの予想通り、(この記事参照)やっぱり丸の背番号変えやがった!
堂林の、背番号変更で味を占めたハジメの事だ、
「今年ブレイクした丸でひと商売」、
更に、
「ドラフト1位のスター候補生大瀬良篠田の14を与えてもうひと商売」
とまでは予想していた。
しかし、ハジメの商才はわしの予想を遥かに上回っていた!
何と、篠田を14から斎藤の21へ、そしてその斎藤を21から36へ、
更に上野を12から41へと変更させると云う、
民族大移動ならぬ背番号大移動と云う、
トコロテン作戦を敢行しやがったのだ!
うーむ、凄い!凄いぞぉ、ハジメ!
これによって、丸、大瀬良のファンは勿論の事、
篠田、斎藤のファン、果ては上野ファンまでもが、
ユニフォームやグッズを買い換える事になるのだ!
「上野のグッズが一体どれだけ売れるんだ?」
と云う疑問は置いといて、
篠田、斎藤は結構ファン多いからな。売れるぞ!
これはハジメに一本取られた的やられた感がありありだ。
何故か悔しい!
ほんに、小銭稼ぐ才能だけは超弩級だ。

しかし、これだけ稼いでも、
こ奴のドケチ根性だけは変わって居ない様だ。
報道によると、大竹との残留交渉で提示した条件が、
3年4億又は単年1.5億らしいのだ。
「クソたわけが!」
「なにケチケチしとんじゃい!」だ!
力が抜けるわ!
最低でも3年6億ぐらい言ってみろ!
お前の巧みなイメージ戦略によって、
カープにはお金が有りません。だから選手にお金をかけられません」
「貧乏球団ですからチーム強化出来ません」
と云うネガティブムードをファンにまで浸透させ、
年俸や強化に金を掛けない事を正当化しようとしているがな、
旧市民球場時代と比べて、ここ数年で
お前が、かなりの額の金を溜め込んでるのはバレバレなんじゃい!
(詳しくは書かんが)
絶対に以前より金を使える筈なのだ!
その為にわしらファンは、球場に通い、高い飯やビールを飲み食いし、
高くてもズムスタ専用の風船を飛ばし、グッズを買ってるのだ!
決してお前の私腹を肥やす為ではない!

どこかの球団みたいに、選手の実力以上の金を出せとは言わん。
しかし、ここはケチる場面じゃないぞ!
優勝する気があるなら、絶対に大竹を引き止めろ!
絶対にだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが欲しいのです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂きとても感謝してます!
今日も押して下さい!
押してくれなきゃお仕置きよ!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

V字

11-01,2013

JR山陽本線の下をくぐる様に通る道。
通称「V字」(わしらだけの通称だけど)

131027-3.jpg

なんの変哲もない道だけど、
昔(30年以上前)は舗装もまだ綺麗で、いい感じの坂だった。
だから、スケートボードにハマっていた当時中学生1年のわしらにとっては、
絶好の遊び場だったのだ。
くっそ暑い夏の日も、途轍もなくさっむ~い冬の日も、
毎日の様にここへ来てた。

そんなある日の事だ。
そ奴は突然やって来た。
数年後同じバンドを組む事になる、友人Sだ。
その男は、両手にサッカーのゴールキーパー的分厚いグローブ、
両腕に巨大な肘パット、
両足に もっと巨大な膝パット、
更に、顎パット付きローラースケート用ヘルメット着用と云う、
パットまみれのロボコップ的出で立ちで颯爽とやって来た。
大して仲良くも無いのに、
何の予告もなく、
いきなりロボコップが、新品のスケボー小脇に抱えて現れたのだ。
「怪我など恐れない!」と云う事が、カッコ良さの証だったわしらにとって、
あくまでも「安全第一」と云う、工事現場的発想のその異形の姿は、
ある意味衝撃的だった。
そもそも、「安全第一」を標榜するなら、
こんな一般道でスケボーなんかしなきゃいいんだからな。
まぁ、とにかく変な奴だったが、この友人S。
それ以来、静かに、さり気なく、
そしてある意味図々しく、わしらの仲間に加わって来たのだった。

で、
30年以上経った今でも、たまにこの道通ると思い出すんだな。
友人Sのその姿を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペトルチアーニの映画「情熱のピアニズム」がブルーレイに!
しかもライブDVD付きとは!
こりゃ買うしかないか!





最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂きとても感謝してます!
どうか今日もお願いします。
押してくれなきゃ貴方の枕元で一晩中囁きますよ。
「何でぇ?何で押してくれんのん?」と。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ