FC2ブログ

ええどぉ~!な盤

11-29,2014

ぬをぉおおおおぉぉぉぉっぉおおお~!!!
ええどぉ~ええどぉ~!!!
一昨日届いたばかりのオーレ・ブールドの新作がブリええどぉ~!!!

14171600730.jpeg

Stepping Up / Ole Borud (2014作)

これはもうね、AORファンなら絶対好き。
特にスティーリー・ダン、ペイジズ、エア・プレイ辺りが好きな人程ハマる筈。
80年代、まさにAOR全盛期まんまのムード、
知的なアレンジ、
ちょっと捻りの効いたメロディライン、
声も歌唱法もあの時代のまんま。
ニヤリとするどころか、ニッコォ~っと大輪の笑顔浮かべて部屋中転げ回る事でしょう。
「このアルバム実は80年代の作品です」って云われても何も疑わん。
普通に信じる。
それ程あの頃のムードが詰まってる。

でまた、AORって云えばカッコいいギターの名演沢山有りますが、
この男も何気にギター上手いんですよ。
このアルバムでもカッコいいソロが随所で聴けます。
完全にスタジオミュージシャン時代のジェイ・グレイドン、スティーブ・ルカサー、
ラリー・カールトン辺りに影響受けたプレイ。
あれもこれもとAORの名盤絶対コピーしてる筈。
ってか、今だにライブではペイジズのカヴァーとか演ってるみたいだし。

と、ここまで書いて思ったんだけど、
こんな風に書くとただ単に昔のAORの焼き直ししてるだけみたいに感じるじゃないですか。
懐メロかって感じの。
それを批判する人もいるかもしれません。
でもですね、わし的にはそれでいいと思うんですよ。
だいたいがAORって既に伝統芸能みたいなもんですからね、
こんなの好きで今聴いてる人だって当時若者だったおっさん連中が殆どだと思うし、
変に新しい事をしないでいいんです。
そう云う事をすると大体失敗する。
だから、こうやって新しい才能が出てくるだけで素晴らしい!
これからも開き直ってどんどん懐メロって欲しい。
そうしてる内にオリジナリティ出てくる筈です。
だいたいがオリジナリティなんてそんなもんだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

張り切り!

11-27,2014

昨夜は何と1ヶ月振りのセッションだった。
(その間にライブを1本演ってるけど)
ホストはオルガンのN氏。
やはりと云うか何と云うか、当然の様に夕方まで大雨だった…
やっぱ雨男はあの人だったのだ!

で、早速この間紹介したエフェクターボードを持ってったんだけど、

14170592560.jpeg当然全てBOSS。やっぱなんか中坊っぽい。

これ足元に置いてるって、なんか物凄い張り切り感出ない?
もう前日夜から張り切っちゃって、
今日なんか1日中テンション上げまくってましたって感じの。
どうもね、若干恥ずかしかったです。
でもセッティングも用意も非常に楽でぶち便利。

ギターはいつものギブソンES335

14170592880.jpeg

最近ボーカルで参加の熟女が非常に多い。
昨日も2人来てた。
後はいつもの常連客。
ノーメンタル。
黒人の男と白人の女(多分カップル)の客に演奏を褒められて
何故かとても嬉しかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近日発売。
ウエスの未発表音源じゃ!
これは買う!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


音楽 ブログランキングへ

さぁさぁ~な気持ち

11-25,2014

さぁさぁ~、さぁさぁ~、ジャズギターファンお待ちかね!
ジョナサン・クライスバーグの新譜でございますよ!

14168979510.jpeg

Wave Upon Wave / Jonathan Kreisberg (2014年録音)

Jonathan Kreisberg (g) Will Vinson (as,p)
Rick Rosato (b) Colin Stranahan (ds)
Kevin Hays (p 1,5,6,7)

本日Amazonより受け取りまして、
たった今2回目の視聴を終えたところです。
(1回目、眼を閉じ座椅子に横になり、2回目、ブログ用にメモとりながら)
そんな訳で、
このホットな興奮状態が冷めやらん内に早速全曲紹介致します。

さぁー1曲目。
3拍子のタイトルナンバーじゃがこれがまぁーカッコいい!
クールでメロディックで美しい、
だけどむちゃくちゃコンテンポラリーで現代的と云ったドーモスンマセン的曲調。
いやぁーしかし、もう初っ端からわしの大好きなパターンじゃん!これ!
眼閉じて横になりながらも既に腰浮きかけてるじゃん!
ソロはギターとピアノが。
伸びのある鼻つまり系歪サウンドで何気にハイパーフレーズを畳み掛けてくるジョナサンちゃん。
おぉ~、おぉ~、おぉ~!!!

2曲目。
いきなりドラムとのデュオでオルガンチックなギターサウンドが登場。
おそらくエレハモのPOG使用じゃないだろうか?
少しスパニッシュ匂いを感じるアップテンポのジョナサンオリジナル。
ソロはギター、サックス、ドラム。
お得意のコード分散ヴァーティカルフレーズ連発のものゲーカッコいいソロだ。
これはライブで演れば絶対盛り上がる筈だ。
横になりながらも手に汗握ってた、わし。

3はスタンダードで"Stella by starlight"
何故かしらこの曲のみウィル・ヴィンソンがピアノ弾いてる。
テーマが無ければ何の曲か分からん位の大胆なリハモ&アレンジ。
物凄い浮遊感。
それにしてもジョナサンのピッキングは凄い。
レガートも上手いがフルピッキングのスピード&正確さもハンパないのだ。

4曲目はハードボイルドなムードがカッコいい。
どことなくマイケル・ブレッカーっぽい。
ジョナサンはここでも歪エフェクト使用。
レガートでホールズワース張りの高速パッセージをぶちかます。
わしゃ座椅子に横になってんのに腰抜けそうなったでよ!
サックスソロも有り。

5曲目はちょっぴりカート(ローゼンウィンケル)っぽいスローナンバー。
これもアーバンなムードでむちゃくちゃカッコいい。
ソロはサックス、ギターの順。
これ又歪サウンドで美しくもトリッキーなソロを聴かせてくれる。

幻想的なギターアルペジオから始める6曲目。
変拍子のジョナサンオリジナル。
ソロはギター、サックス、ピアノが。
こんなリズムでも変質的にトリッキーなフレーズで埋めていくジョナサンちゃん。
まぁ~ほんによー演るのぉー!

7曲目はクロマチックなテーマをウィルちゃんとユニゾンで決めるアップテンポのナンバー。
ジョナサンはクリーントーンで、まーこれでもかと弾き倒す。
ソロ終盤の分散フレーズはほんと凄いの一言。
ピアノソロも有り。

8曲目はホレス・シルバーの"peace"
ギタリストでは最近スティーブ・カーディナスも演ってました。
出だしはサックスとギターのデュオ。
ボリュームペダルを使ったコードワークが、んまぁ~カッコいい。
2コーラス目からギターテーマ→ギターソロ→ベースソロ→
サックステーマ→サックス、ギターのデュオからエンディングと続く。
美しくディレイを効かせたクリーンサウンドでクールかつテクニカルに歌う
ジョナサンの素晴らしいソロが聴ける。
やはりジョナサンもバラードプレイが上手い。

と、クレジットではここで終わるんだけど、
絶対にCDを止めないで下さい。
エフェクターを駆使したSFチックなギターサウンドの9曲目が隠れてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大満足の一枚。これです。



最後まで読んで下さってありがとうございます!
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

青本ガイド

11-24,2014

14167954140.jpegセッションのど定番!

ジャズ・スタンダードの曲集も色々ありますが、
セッションでの一番の定番と云えば、
「スタンダード・ジャズ・ハンドブック」(通称 青本)じゃないでしょうか。



最近では納浩一さんの「ジャズ・スタンダード・バイブル」(通称 黒本)
にその座を奪われつつありますが、



ジャズクラブ自体に置いてあるのはこっちの方が多いんで、
セッション現場ではまだまだ使用率は高いです。
少なくともわしら世代が現役の内はこいつの出番は無くならないと思います。
(因みに最近のわしは黒本との両刀使い)

で、この青本の公式ガイド「スタンダード・ジャズ・ガイドブック」って云う本があるんですけど、
ご存知でしょうか。



青本掲載曲の中から厳選した170曲を
1曲あたり2ページかけて解説してます。
勿論、楽譜のガイドブックなんだから、
演奏上の注意点や青本のコード進行の訂正などがメインのプレイヤー目線の本です。
でも、特に難しい事が書いてる訳じゃないんで、
楽器をやらない人でも全然OKだと思います。
ってか、かえってそう云う人の方が、
実際にアドリブする時のコツなどが解って面白く読めるんじゃないでしょうか。
わしなんか買ってから何年も経ってますが今だにCD聴きながらペラペラ捲ったりしてます。
活字のジャズがお好きな方。
何気に地味にオススメします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ
Read more...

ジョンスコLOVE

11-23,2014

「そんなに期待してなかったんだけど、こりゃ中々ええぞ!」
的な作品です。

14165780040.jpeg

Juice / Medeski Scofield Martin Wood (2014年作)

John Medeski (key) John Scofield (g)
Billy Martin (ds) Chris Wood (b)
Pedrito Martinez (conga 4、9)

このアルバムCDアナログ含め何やら色んなバージョンが有るみたいですが、
わしのは雑な作りの紙ジャケ輸入CDです。
ま、正統派ジャズファンの方はこの手は一切聴く気も無いでしょうから
別にどうでもいいでしょうが、
ジョンスコ大好き!(ジョン・スコフィールド)
ジョンスコLOVE!
ジョンスコ命!
の、わしとしては手抜きは出来ません。
全力で全曲紹介致します。

ジョンスコの掛け声と16カッティングから始まる1曲目は
"freedam jazz dance"を作曲したエディ・ハリスの"sham time"
もう初っ端から「ご機嫌だぜぇ~」とでも言いたくなる、スギちゃん的ジャムナンバー。
チョーキングを多用するジョンスコのギターがネバネバとわしの身体に絡みつく。
物凄い快感!

2曲目はジョンスコ作。
セカンドラインっぽいリズミックなナンバー。
このアルバムでは数曲でアイバニーズのテレキャスコピーモデル
(70年代後期の物)を使ってるらしいが、この曲なんかそうかも。
いつもよりパキっとしたサウンドで指弾き多用。
後ろ髪引かれるようなノリが堪らんんね。

3曲目はドラムのビリー・マーティン作。
ラテンビートの軽快なナンバー。
ここでのメデスキはピアノを弾いてる。
ソロ先発もピアノ。
それにしてもこの手のラテンビートに乗るとジョンスコは更にいい!
独特のノリで流れる様にウネウネとよく歌う!
ぶりカッコええ!

4曲目はメンバー全員の共作。
マンボ系リズムが面白いナンバー。
ジョンスコはここもテレキャスかな?
ワウワウペダルを踏みながら歪んだ音でかなりロック寄りのソロを展開。
それにしてもジョンスコのチョーキングは粘るな。

5曲目は再びジョンスコ作。
若干ボサっぽさを感じるミディアムスローのナンバー。
この如何にもジョンスコって感じのメロディラインがスゲー好き!
そして、やっぱジョンスコのバラードプレイは一級品じゃわい!
まぁーよう歌っとるわい!

6曲目はベースのクリス・ウッド作。
グルービーなドラム&ベースが大活躍の8系ナンバー。
ジョンスコとメデスキのピアノのスリリングなソロの応酬が聴ける。

7曲目はご存知ドアーズの"light my fire"
しかしまさかジョンスコがこの曲を弾くとは思わんかったが、
これがまぁーカッコいい。
ウネウネと変態ちっくにジョンスコ節炸裂させとるかと思えば、
サラリとジャジーなフレーズをかます。
でも、次の瞬間にはガツンとワウ踏みながらチョーキング。
まさに変幻自在。
っぽいオルガンのソロもいい。

8曲目は何とクリームの代表曲"sunshine of your love"
でも例のあのリフは一切出てこない。
しかもリズムはレゲエ調。
要するに言われんかったらそれとは分からない。
ってか、言われても分からない。
ジョンスコは深めにリバーブを効かせた音でアヴァンギャルドに弾いとります。

9曲目。
これはカッケー!!
アフロキューバンリズムのジョンスコオリジナルだ。
軽い哀愁のテーマもいいし、
何より絶対的に盛り上がるパターンの曲だ。
再び参加のコンガが熱く熱く盛り上げる!
ジョンスコのソロはこのアルバム中ベスト。
いやぁーこの曲いつか演りたいな。

で、わしの持ってるCDではこの曲でラスト。
ボブ・ディランの"the times they are a changin"
メデスキのノスタルジックなオルガンをバックに
シンプルに素朴にテーマを奏でるジョンスコ。
あぁーステキやん!
なんや癒されるやん!
聴いてるだけで優しい気持ちになってくるやん!
どんどん紳助口調になってくるやん!
尚、この曲と5曲目はギブソンのハワードロバーツモデルを弾いてるらしいです。
(ギラッドのとは別のタイプのヤツ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしとるんです。
何卒、何卒、バナークリックを!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

気に入ったんやわぁ~

11-22,2014

お父ちゃん~、
うちねぇ~こんなん買っちゃったんやわぁ~。
どぉ~思う?
(大屋政子のモノマネで)

14165251670.jpeg

中身はこれ。
(大屋政子のモノマネ終了)

14165251830.jpeg

エェー、
これはドライバーセットではありません。
電動ドリルセットでも有りません。
BOSSのエフェクターボードBCB30です。

14165252550.jpeg

こんな感じでボスのエフェクター3台をガッチリとホールドします。
(ボスより小さければ他社のエフェクターでも何か噛ませばいけそうです)
これを床に置き後はギター側とアンプ側にシールドを繋ぐだけ。

パラレルDCケーブルとL-Lパッチケーブル2本が付属します。

14165251970.jpeg

思ったより断然軽くて非常にいいです。
ホームセンターで売ってそうな無骨なデザインもわし的には○
高校生もしくは中坊ギタリストと被りそうで若干不安だが、
セッション用にはこれで充分なのです。
気に入った!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



6台用もある。こっちは電源周りがスッキリ設計。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをお願いできませんか?

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


音楽 ブログランキングへ

久々のレビュー

11-21,2014

最近ちょっとばかりCDの紹介がおろそかになってるが
これはもう仕方ない。
それ目的の方。
ぼちぼちやるんで見捨てんとってね!

そんな訳で今日は最近リリースされたこのアルバムを。

14165252730.jpeg

Child's Play / Brice Winston (2014録音)

メンバー
Brice Winston (ts) Mike Moreno (g) David Virelles (p)
Joe Sandars (b) Marcus Gilmore (ds)

では早速、マイク・モレノ大ファン目線で全曲紹介。

1曲目。
おっとー!
これは又、のっけからピアノ&ギターのイントロがカッコいい!
何気にマイケル・ブレッカー風味のブライスちゃんオリジナル。
プレイの方もマーク・ターナーと云うよりマイケル。
中々にスリリングなプレイを聴かせてくれる。
そして出た!
怪しい光を放ちつつ暴れ回るマイクちゃんのギターのカッコいい事!
物凄いスピードで駆け下りてくるフレージングの数々に、
何時通り一人部屋の隅っこで仰け反っております。


2曲目はミステリアスでダークな今時コンテンポラリーなスローナンバー。
ソロはベースからテナー、ピアノへ。
マイクちゃんのソロは無いが後ろで始終怪しいムードを醸し出しとりんさる。

3曲目はWayne Shoterの"juju"
あの呪術的ムード全開のテーマはテナーとギターのユニゾンで。
細かく刻むリズムアプローチが現代的だ。
ソロはテナー、ピアノ、ドラム。
このピアノこの前紹介したMatt Brewerのアルバム(この記事参照)
にも参加してたがカッコいいプレイヤーだ。
ソロの無いマイクちゃんですが、
よく聴くと地味に色々やって存在感発揮しとります。
その辺ちゃんと聴いてあげて下さい。

4曲目。
わしこれ好き!
めちゃんこ好き!
幻想的かつ官能的な3拍子ナンバー。
ミディアムスローのブライスちゃんオリジナル。
徐々に熱を帯びてくる熱いサックスソロがいい!
クールにハイパーフレーズを決めまくるギターがいい!
靜かに、しかしビシバシと煽るリズム隊がいい!
みんなみんないい!
みんなぁ~大好きぃ~!
(大島優子のモノマネで)

5曲目は再びショーターナンバー"fall"
止まってしまうと思う程のスローテンポで退廃的に演奏される。
ソロはテナー、ギター、ピアノが。
マイクちゃんは、ゲインをグンと上げた歪む一歩手間って感じのサウンドで、
もう単純に歌うと云うより光線銃のSEみたいなフレーズを繋げていってます。
物凄いオリジナリティ。
まぁーカッコええわ。

6曲目はオリジナル。
マイナーキーの比較的早めの4ビートナンバー。
ソロの先発はギター、そしてテナー、ピアノと続く。
危険な香りを放つマイクちゃんのソロがむちゃくちゃカッコいい。
背筋が凍るとはこの事じゃ!

7曲目はスタンダードで"I thought about you"
当然バラードね。
ソロはテナーとピアノ。
2人のエモーショナルなプレイが聴きどころ。
しかし、ソロは無いが、
ピアノのコードの合間にマイクちゃんが弾く単音のコードトーンもセンスあるぅー!
ところで、いたるところで聴けるこの揺れ系エフェクトは何かな?
トレモロ?

で、ラスト締めくくりはブライスちゃんオリジナル。
ソロはテナーとギター。
ブライスちゃんはここも熱くエネルギッシュなプレイを聴かせてくれますよ!
そこの、おとーさん!
逆にマイクちゃんは妖刀使いよろしく怪しさ全開で浮遊しまくってる。
リズム隊もそれを分かってるからあれこれアプローチを変えつつソリストを盛り上げる。
いやぁ~こいつらマジですんばらしぃーわ!
呆れる程カッコいいわ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
サクッとバナークリックをお願いできんでしょうか?

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

尾道へのビータ

11-20,2014

自宅最寄り駅から鈍行列車に揺られ尾道までいって来た。

14162872800.jpeg

尾道駅の前はすぐ海。
20年以上振りに行ったがずいぶん綺麗になってた。

14162872980.jpeg

駅前から東に向かってチンタラ歩く。
途中に建ってたこのビルの雰囲気が好き。

14162873150.jpeg

哀愁漂う商店街。(でもその哀愁感が好き)
ミセス用スラックス専門店や毛糸衣料専門店、
更には乳母車専門店(と云いつつ婆さん用手押し車のみ売ってる)などマニアックな店多し。

14163051030.jpeg

これは懐かしい!
カプセルに入った怪獣オモチャが出て来たウルトラマンエースの人形。
(わしの時代は帰ってきたウルトラマンだけど)
広島駅ビル大食堂の入り口にあった!

14163050660.jpeg

空き店舗を再利用したゲストハウスも。

14162874170.jpeg

銭湯の外観をそのまま使った、カフェ。お土産も売ってる。

14162873520.jpeg

まずは千光寺公園に行くつもりだったが、
その前にロープウェイ乗り場近くのワッフルの名店"コモン"でお茶した。
わしはメイプルシロップ入りの紅茶、連れはワッフルのモーニングセットを注文。
一口食べさせて貰ったらこれがまぁー美味いの!
どうりで人気ある訳じゃわい!

14162873930.jpeg

で、登りは当然ロープウェイで。
客が来ると、どこでどうやって見てるのか、
事務所の扉を勢いよく開けながら間髪入れず係りの女性が飛び出して来る。
面白かった。

14162874380.jpeg

「ひぇ~~((((;゚Д゚)))))))」な高さ。(わしは結構な高所恐怖症)

14162874550.jpeg

寂れた展望台。
でもその寂れ感が好き。

14162874860.jpeg

やたら押しの強い展望台2階にある軽食喫茶の看板。
路を塞ぐ勢いだ。

14162875050.jpeg

階段中にいたるところにPOPを貼ってる。
とにかく物凄く押しの強い店だ。

14162875380.jpeg

帰りは"文学のこみち"を徒歩で下る。
これが気持ちいいのだ。

14162875540.jpeg

途中に千光寺。

14162876190.jpeg

千光寺から見た尾道水道。
遠く尾道大橋も見える。

14162875750.jpeg

細い坂にはネコちゃんが沢山いる。

14162877130.jpeg

14162876510.jpeg

14162876800.jpeg

坂を下り終えるとすぐに踏み切りが。
こんな風景もやたら和む。

14162877510.jpeg

古い民家を再利用した招き猫美術館にも行った。
近くには同じ様に空き家を再生したBARや喫茶店があった。

14162877910.jpeg

14162877720.jpeg

路にはこんな福石猫があちこちに。

14162878130.jpeg

昼飯は尾道ラーメンの名店は"朱華園"へ。
10分程並んだがその価値はある。
レジの女性もとても感じのいい人だった。

14162878440.jpeg

食ったのはラーメン、餃子にビール。
スープは勿論だがここは麺が旨いんじゃよ麺が!
しかし電車で行くとビール飲めるからいいのだよねぇ!(⌒▽⌒)

14162878280.jpeg

高校生の頃ここで演奏した事がある。
(ヤマハの某コンテストの広島大会があった)
尾道市公会堂。
14162878600.jpeg

友人Mのお母さんがわざわざ応援に来てくれたなぁ。
(確か友人Mはまだアメリカに住んでた)
そしてバンドのメンバー全員に飯を奢ってくれたんじゃった!
あぁー懐かしい!

帰りは再び商店街を。
お土産にこれ又名店"桂馬"でカマボコを購入。
(ホームページはここ)
14162873330.jpeg

そして商店街のほぼ端っこでヴィンテージギター専門店を発見!
(Oswayホームページはここ)
14163051360.jpeg

店の人はとても気さくな方で、
’68年製フルオリジナルのギブソンES335を弾かせてくれた。
ぬをぉぉおー、ほ、欲しい!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小沼ようすけさんの教則DVDが発売されてる。
これは見たい!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

サンタ帽

11-17,2014

近くのダイソーで衝動的にサンタ帽を買った。

14161064540.jpeg

何と2個で100円(税別)
あと3個買って次回ライブではメンバー全員これを被って演奏する…
と云う事は無いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このDVDはそそるなぁ。
わしが何時も行く店ももう一度JC買ってくれんかな。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

ミステリアスナイト

11-16,2014

今年9回目のライブはトリオでした。
(ドラムは超ベテランK氏、ベースは中堅S君、3世代トリオ)

14161064800.jpeg

ギターは今回も’97年製ギブソンES335
何故か今こいつを集中的に弾き込んでるのです。

足元はこんな感じ。

14161065030.jpeg

analog.manのコーラス(depthをフルテンにしたジョンスコサウンドで)
を、どっかのソロ中盤で踏もうと思ってたが結局最後まで使わんかった。
どうもなんかね…

演奏曲は以下の通り。

1st set
 
1 Solar
2 How Insensitive
3 Secret Love
4 Billie's Bounce
5 Autumn Leaves (何故か分からんが初めて会う知らないヴォーカルの人が入った)

2nd set

1 Fly me to tha moon (ホントに何故なのか引き続き見ず知らずのヴォーカルの人入り)
2 Mr PC   
3 Darn That Dream
4 How Deep Is The Ocean
5 Invitation
6 All The Things You Are

不思議な夜でした…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Avishai Cohen(ベースの方)の新譜。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもバナークリックありがとうございます。
更新の励みになってます!
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


音楽 ブログランキングへ

気さくな人

11-13,2014

5日程ブログをサボってる間に、
ネット上で知り合った方と実際に会うと云う事を初めて体験しました。
と云っても出会い系サイトではないです!
相手は女性ではなく、わしと同世代のおっさんです。(ならばさん、スミマセン)
その方がお仕事で広島に来られると云う事で、
仕事合間にお昼ご飯でも一緒に食べようとなった訳です。
食べたのはお好み焼きです。
色々考えたけど、
広島県外の人をお昼ご飯にお連れするとしたら、ある意味それ一択なのです。
そんでもって、どこで食ったか?と云いますと、
それはもう、お好み村しかない訳です。
勿論、広島にはお好み焼の名店は沢山有ります。
有りますが、やはりここは観光的観点から観て
そこへは一度は行っておくべきだと思ったのです。
だから、これは即決です。
そして待ち合わせはお好み村すぐ近くのPARCOの前にしました。
中年男2人の待ち合わせ場所としては些か不釣り合いか?とも思ったけど、
これはまぁー仕方ないでしょう。
他県の方と待ち合わせるんならそこが一番分かりやすいですから。

果たして当日の待ち合わせも上手くいきました。
お会いする事になった時はお互い相手の顔も知らないんで、
ひょっとしたら最悪、中年男二人がそれぞれ目印の赤いバラの花一輪持って、
PARCO前で待ち合わせって云う不気味な事態も有り得るなと想像したんだけど、
そんな事になんなくてホントよかったです

お好み焼きは二人共シンプルに肉玉そばを食べました。
そして生ビール!

お仕事柄でしょうか、
ならばさんは、
極度の人見知り体質のわしでもとても話しやすい気さくな方でした。
まさに身体中から超気さくオーラが滲み出てる、
気さく界の4番打者って感じの方です。
とてもとてもとーっても楽しかったです!
そしていい経験でした。
ならばさん、是非またお会いしましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アーロン・ゴールドバーグの新譜。
1曲カート参加らしい。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナーのクリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

激突!

11-07,2014

先日BSで映画「激突!」をやってたんで録画した。
小学生の頃から何度も何度も観てるんだけど、
吹き替え版だって事でまた観てしまった。



基本これまでは洋画はオリジナル音声に拘って観てたんですけどね、
数年前から映画館でも吹き替えがあればソレ、
レンタルDVDでももっぱら吹き替えモードにして観てます。
もうね、老眼が進んでからは小っちゃい字読むのが面倒臭いの。
それに寝っ転がってボーッと観る分には吹き替えの方が楽だし。

そう云えば、近頃はこの吹き替えに何のバーターかプロモーションかは知らんが、
やたらお笑い芸人やアイドル俳優を起用しとるがね、
是非ともアレは止めて頂きたい。
そりゃまぁーそいつが上手けりゃ何の問題も無いんだが、大概は下手なのだ。
「プロメテウス」の剛力ちゃんなんかかなり酷かった。
そもそも強引過ぎるのだ。
アレなんか使う方が悪い。
剛力ちゃんに落ち度は無いのだ。

えーと、話を「激突!」に戻します。
この映画はご存知の様に若きスピルバーグ監督の作品。
巨大なトラックに追いかけ回されるだけって云う単純な話。
会話的なシーンはほぼ無いです。
とにかく全編独り言、
もしくはそれに近い様な台詞しかない。
そんな映画だからこそ、声優の力量がより重要になるのだが、
その点、この「激突!」での穂積隆信(積木くずしの人ね)は誠に素晴らしい!
もうね、映画全編に渡って滲み出てる神経質な感んじ、
焦り感、
情けなさが、まぁー秀逸!
特にカフェで全ての客を疑ってる心の声や、
終盤の登り坂のシーンでの焦り捲った上ずった声、
ラストの半泣き状態でのはしゃぎっぷりを観て下さい。
もう逆に笑うほど素晴らしい!
そう云えばこの人、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク役もしてたし、
わしが知らんだけで実は俳優としてだけじゃなく、実は声優としても活躍してるんかもしれん。
わし的には意地悪な教頭やってるイメージが強烈過ぎて他はよう知らんが…

でもまぁ、ホントこんないい吹き替え版観ると、つくずく思います。
つまらん話題作りの為に声優決めるのだけは止めた方がいいと。
下手すると作品のクオリティにまで関わるからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヴィック・ジュリスの新譜



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

陸自駐屯地へ行ってきた

11-06,2014

陸上自衛隊の海田市駐屯地に行ってきた。
「第13旅団創立15周年 海田市駐屯地創設64周年記念行事」
と云う長ったらしい名のイベントがあったからだ。

14150184490.jpeg
ここに入ったのは小学校低学年の頃以来か。
隊員の手作り感満載のお化け屋敷でビビり捲った記憶が微かに…

色んな出店があったが、ここはやはり陸自グッズだろう。

14150184190.jpeg

早速陸自カモのフリースとタオル購入。
わし、カモ柄の中でも陸自のカモは特に好きなのだ。
14150192680.jpeg
14150192410.jpeg

当然の様にその場で即着た。
そして、陸自カレーと松茸うどんを食ったんだが、
やはりと云うか、何と云うか、写真は撮り忘れた…

しっかりと隊員募集もしてた。
アンケートに答え迷彩柄の箸を貰った。
14150185310.jpeg
14150192120.jpeg

陸自バイクに跨り記念写真をパシャりコーナー。
子供用の制服も貸してくれる。

14150185020.jpeg

ゆるキャラが2体。
わしも一緒に写真撮ったが見せません。

14150185590.jpeg

隊員用の図書室。

14150185990.jpeg

敷地内にあるポプラ(コンビニ)は迷彩グッズの品揃えがハンパない!
14150186240.jpeg
14150186550.jpeg

こんな物まで迷彩柄。

14150187020.jpeg

こんな車両があちこちちに止まってる。

14150187290.jpeg

オレンジのスカーフを巻いた戦車隊登場!
この後パレード。

14150187570.jpeg

この前のチョコンと顔出してる所で操縦してるらしい。

14150188190.jpeg

車体横にプリントされた三本の矢を握る拳のマークがカッコいい!
何か毛利元就と関係あるのか?

14150191000.jpeg

8月の土砂災害でも自衛隊員は頑張ってくれた。
そこで使用された重機やトラック等も沢山あった。
14150188860.jpeg

勿論、災害救助犬もいた。

14150188610.jpeg

飛行機も飛んできた。

14150189080.jpeg

対戦車ヘリも!

14150189480.jpeg

大砲。

14150189740.jpeg

顔にペインティングした隊員達。

14150193640.jpeg

特殊車両の試乗も出来た。

14150190090.jpeg

戦地で手術も出来る医療用の車両。
この他にも色んな車両が展示されてた。

14150193330.jpeg

ヘリも展示。
これはコックピット。

14150191400.jpeg

武器の展示も。

14150191670.jpeg

やはり何となく場所を意識したんだろう。
来場客のミリタリーグッズの着用率が非常に高かった。
(カモ柄のパンツやバック等)
中でも下の写真の右端、背中を向けた男。

14150193060.jpeg

この男、隊員ではありません。
只の一般人です。
頭の先から爪先まで全身ミリタリールック。
ヘルメットまで被ってる。
正真正銘の軍ヲタです。
そしてこの格好であれこれ隊員に質問してました。

そして、わしのこの日のメイン!
根性で並んでゲットした戦車試乗券
14150190370.jpeg

試乗と云っても車内には入れない。
特別に作られた荷台の様な所に数人で乗って1分程走るだけ。
14150190770.jpeg

でも、これが面白かった!
ま、そんな一日。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きた!
ジョナサン・クライスバーグの新譜。
当然、予約。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
どうぞバナークリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

惜しい!

11-01,2014

うぅううー!惜しい!!!
Criss Crossからこの間リリースされたばかりの
マット・ブリューワーのファーストソロアルバムが実に惜しいのだ!

14147387330.jpeg

Matt Brewer / mythology (2014年録音)

メンバー
Matt Brewer (b) Mark Turner (ts) Steve Lehman (as)
Lage Lund (g) David Virelles (p) Marcus Gilmore (ds)

えぇー
で、何が惜しいのかはとりあえず置いといて、
先に内容の方を。

収録曲は全部で8曲。
オーネット・コールマン作の"free"を除いて全てマットちゃんのオリジナルです。
テイストとしては、予想通りの非4ビート系コンテンポラリージャズ。
管2本のアンサンブルで聴かせるテーマ、
主にバッキングに回って独特の世界観を演出するピアノとギター、
どれもきっちりアレンジされてて実にカッコいいです。
ミステリアスで幻想的、現代的な曲調もモロわし好み。
1.2.5.8曲目なんか特にカッコいい!
すんばらすぅぃい~!

しかしですね…
えー、ここでやっと最初に戻るんですが、
実に惜しいのです。
わし的に非常に残念!
何でかって云うと、
肝心のラーゲちゃんが3曲しかソロ弾いてないんですよ。(−_−;)
全8曲の内3曲。
うーん、2管編成だし、ピアノだっているし、
当然ベーシストのリーダーアルバムだから、ベースソロも普通より多いし、
まぁー配分的には悪くはないんかもしれんが、
曲がカッコいい分、わし的には6曲!
いや、せめて半分の4曲はソロ弾いて欲しかった!
じゃないと、
ほぼ全編キチッとアレンジされてるんで、
ソロが無い代わりにラーゲちゃんの奏でる美しいコードワークや、
バッキングの妙を楽しむって訳にもいかんのだしぃ。
とにかく、4曲以上ソロが有ればもっと手離しで褒め称えるアルバムだったのだ。

ま、そうは言ってもですね、
そんなギター好き、ラーゲ・ルンド好きって事を無視して普通に聴けば、
そんな事は全く問題にならずめちゃカッコいいんですよ。
特に今時のコンテンポラリージャズ好きで、管好き、
勿論ベース好きな方は絶対楽しめるでしょう。
要するにギター好きには惜しいけど、
それに拘らなけりゃ、ぶちカッコいいアルバムって事です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ