FC2ブログ

まだ続く

05-31,2016

まだ続く勝手にダグ・レイニー週間。

201605310946061a6.jpeg

Doug Raney Quintet / Lazy Bird (1984録音)

Doug Raney (g)
Brent Rosengren (ts)
Ben Besiakov (p)
Jesper Lundgaad (b)
Ole-Jacob Hansen (ds)

フロントにテナー&ギター、そしてピアノトリオ。
なにやら今時のコンテンポラリーな編成だが勿論コレはど直球のハードバップ。
王道ジャズをきっちりバッチリ聴かせてくれる。
因みにこれはアナログ盤のみ所有。
それにしても目の下の隈。
この危ない感じが好き。

収録曲は片面3曲ずつ
本人のオリジナル2曲、コルトレーン作のタイトルナンバー、
スタンダードの"Theme For Ernie"
ベニー・ゴルソンの"Reggie of Chester"
サム・リバースの"Beatrice"で全6曲。
ダグはコルトレーンにも大きな影響を受けてるので
自身のアルバムでは結構縁のナンバーを取り上げてる。
(今作では2曲)
全体的にリラックスしたムードでダグものびのびと弾きまくってる。
だからかどうか知らんがどの曲でも
ダグ独特のお得意フレーズと云うか歌い回しが頻繁に登場するのが微笑ましい。
でもまぁそれだけ気持ち良く弾いてんだんだろうな。
いいメンバーにも恵まれて。

で、わし的ベスト。
とりあえずタイトルにもなってる"Lazy Bird"
かなりの難曲だがダグは「そこのけそこのけ」状態でブイブイ弾き倒す。
あと"Beatrce"もいい。
ギター&テナーのユニゾンテーマ部だけで「おお!」っとなる。
他にバラード"Theme For Ernie"
多くの名プレーヤーと同じくダグのバラードもええで!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。

凄い人

05-28,2016

勝手にダグ・レイニー週間。

2016052807582593a.jpeg

Introducing Doug Raney / Doug Raney (1977年録音)

Doug Raney (g)
Duke Jordan (p)
Hugo Rasmussen (b)
Billy Hart (ds)

ダグ21歳の時のデビューアルバム。
ジャケ写がぶちカッコいい。
オープニングは高速4ビートで演奏される"mr.pc"。
早速「若干21歳にしてマルティーノ越えか!」と云った怒涛のソロ。
まぁ〜腰抜かす程カッコいい。
2曲目はガラッと雰囲気を変え"someone to watch over me"
ここは優しくジャジーにしっとりと歌う。
3曲目のパーカーのスローブルース(bluebird)では
とても21歳とは思えない円熟したプレイを聴かせてくれる。
もうここまでの流れだけで参る。
名盤だと確信する。
リアルタイムでコレを聴いた人達はここまで聴いただけで
間違いなくこの男が只者では無いと思った事でしょう。(この時わしはまだ小学生)
勿論これ以降もいいのです。
4曲目はダグの卓越したリズム感を感じるこれまた怒涛の"the end of a love affair"
5はデューク・ジョーダンとのデュオで演奏されるタッド・ダメロンのバラード"casbah"
ダグはこのジョーダンとデュオで一度だけ来日したらしいが、
この演奏も素晴らしすぎて思わず屁が出る…じゃなくて溜息が出る程だ。
そして次からわし的ベストなスタンダードが2曲続く。
"I remember you"に"like someone in love"だ。
(後者はベースとのデュオ)
シンプルに小粋によく歌うソロ。
とても参考になる演奏だ。
8曲目はサム・ジョーンズの"unit 7"
またもやダグのドライビングギターが炸裂。
そしてラストはCD化に際して追加された"on green dolphin street"
セッション等でもよく演奏される有名ナンバーだ。
よってアナログ盤持ってたわしも速攻で買い直した。

しかしこうやって改めて聴くと今迄余り思った事は無いが、
実はこの男天才だったのだ。
やっぱり21歳でこれは凄い。
凄過ぎる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ちょい

05-26,2016

セッションの記録。今年7回目。
初めてのお会いする新たな参加者2名。
他はいつも通りのメンバー。
天気もきっちりと雨。
N氏の雨男パワー健在。

20160526065048b2c.jpeg

持ってったギターは335
前回と同じくローランドのJC-77に直。
設定はASと比べトレブル&ミドルちょい上げのベースちょい下げ。
リバーブもちょい多目。
ちょいばっかりじゃがこの"ちょい"で結構変わるから大事なのだ。
あのJC直でセミアコ、フルアコ一通り試したんで次回はエフェクター繋いでみよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディメオラ ライブ盤。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

オランジーナ

05-26,2016

昨日テレビ観てて速攻で気付いたぞ!
オランジーナの新CMのロケ地が
このブログで何度も紹介した我がばーちゃんの島「大崎下島」なのだ!
しかもばーちゃん家の近く御手洗地区!
なんか知らんが嬉しい!



ちなみにラストカットの学校は違う所です。
御手洗にはあんなカッコいい建物は有りません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが欲しい。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ダグ・レイニー

05-25,2016

ダグ・レイニーを初めて聞いたのは今から三十数年前渋谷のJAROでだった。
店主の柴崎さんに店のオーディオで聴かせて貰ったのだ。
カッコよかった。
わしは一発で参った。
更にはあの目の下のクマにも参った。
如何にも「ドラッグしてます」と云った、
まさにイメージ通りのジャズメンな外見にも何気に惹かれた。
(非常識だけど)
だからある一時期ジムホールやジョンスコ以上に集中的に聴いてたのだ。

2016052505385739b.jpeg

Doug Raney / Guitar Guitar Guitar (1985録音)

Doug Raney (g)
Mads Vinding (b)
Billy Hart (ds)

このアルバムはリリースされて直ぐにやはりJAROで購入した。(勿論アナログ盤)
ダグのアルバムに外れはないが
これは以前紹介したアルバム"I'll Close My Eyes"と共に特に好きになった。
(この記事参照)
まぁ〜毎日毎日飽きもせず聴きまくったな。
と云うか今も時々聴いてるけどね。
まぁなんでもいいけどそんな訳で間違いなく「わしを構成する」内の一枚と言える。

収録曲は全8曲。
(アナログ盤では6曲。CD化時に2曲の未収録が加わって8曲となった)
本人オリジナル1曲を除き全てスタンダードかジャズメンオリジナル。
この選曲がまたいいの!
ですが、いちいち書くの面倒臭いんで御自分でお調べ下さい。m(._.)m
勿論プレイの方もキレッキレだ。
この時期のダグは常に絶好調なのだ。
父親譲りの歌心にマルティーノ張りのドライビングフレーズ。
トリオならではのコードワークも巧み。
どれもこれもクッソカッコいい!
それ以外他に褒め言葉はいらん。

ダグまだ59歳だったんじゃなぁ。
5月1日に死んじゃってたって…わしゃ今日知ったよ。
ずっといつか生で聴きたいギタリストランキングの筆頭だったのにそれももう叶わん。
本当に残念だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ごま塩被害

05-21,2016

セッションの記録。今年6回目。
ホストはスペイン人ピアニストJちゃん。
でも昨夜はベースの参加者ゼロだったんでずっとオルガン。
(Jちゃんはオルガンも上手い)

201605211212350db.jpeg

持ってったギターはIbenezのAS200
ノーエフェクトでローランドJC-77に直。
参考までにここで昨日のわしのアンプセッティングを書いときます。
ジャックはハイに。
トーン、
Tは0から徐々に上げていき最終的に2〜3。ここは細かく微調整。
Mは逆に10から徐々に下げていき最終的に8〜9の間くらい。
Bは4か。
リバーブは2。
ギターはボリューム、トーン共フル。
こんな感じ。
更にコーラス薄く掛けて「アバークロンビーみたいじゃないか?」(当然親指弾きで)
とJちゃんに聞いたら「チョットニテルネ」と片言の日本語で答えてた。
何でも強引に日本語で話すと通じるものなのだ。
参加者は少なめ。
フィリピーナ2名初登場。
ファニーでごま塩。
ごま塩被害でメンタル消える。
マスター嘆く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わしも持ってます。
迷彩柄のエフェクターポーチ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

完勝のカープとあったかなラーメン

05-19,2016

野球(カープVSヤクルト)観に行ってきました。
無様な負け方をした昨日じゃなく完勝した一昨日の試合です。
まぁー初回から先制、中押し、中押し2、中押し3、ダメ押しと
ずーっとお祭り状態。
守りの方もクリスちゃんがスイスイ押さえてノーストレス。
こんな試合を毎日観れたらさぞかし幸せだろう。

201605182332083a3.jpeg
ビジターグッズの販売テント。
山田Tシャツ買おうかと思ったが思いとどまった。

20160518233212476.jpeg
席は寝ソベリアでした。
早目に行って寝っ転がってハンバーガー食べてたら
横にスライリーが来た。

20160518233210e55.jpeg
広島弁を喋るペッパー君。
皆飽きたのか全く人気無し。

2016051823321159c.jpeg
毎年徐々に地面から浮上してくるカバ。

201605190329294ac.jpeg
ハジメ(カープオーナー松田元)の新たな集金事業「お化け屋敷」
わしゃ怖がりなんで入りはしなかったが試合終了後の姿は結構不気味。

で、幾ら儲かろうとハジメは絶対に補強には使わないとハッキリと分かったのに
やっぱり買ってしまった。
今回購入したグッズです。

20160518233234307.jpeg
カープ坊やのイラスト入り九谷焼の豆皿。
コレはテーブル上のピック置場にするつもりだ。

20160518233232b7e.jpeg
そして倉敷デニムのポーチ。
カープユニ着てる鳥獣戯画風イラストがカッコいい!
(スライリーも居る)

そして試合後完勝の勢いに任せ横川までメシ食いに行った。
先ずは「狄」で串焼き。
コレはもう安定の旨さ。
その後ラーメンで締めようと思い店を出てふと見ると同じガード下に
「ラーメン大統領」と云う看板が。

2016051823323651d.jpeg
横川は第二のホームタウンだがこの店に入った事はない。
店の入口横には勢いのある書体で「ガッツリ系!!」と書かれた幟。
更に相撲文字風書体で「岡山発のトンコツ醤油味!にんにく唐辛子で2度美味しい!
まぁーいっぺん食べてみんさいヤァ!!!旨いけん!!!」的なコピーを書いたポップが立っている。
当初違う店に行くつもりだったわし&連れだが、このパワーに押された。
この元気一杯のムードに負けた。
「この店に決定だ」とドアを開けた。
すると予想していた「ヘイ!イラッシャーイ!」と云う威勢のいい声は聞こえない。
見るからにコッテリしたラーメンを毎日嫌という程食ってそうな脂ぎった肥満体の店員も居ない。
カウンター内に居るのは小さな二人の老婆のみ。
わしらが店に入った事にも暫く気が付かない。
よって「ヘイ!ラッシャーイ!」無し。
「あのぉ…来たよ」とわしから声を掛けないといけんかと思ったが、
何とか客が来た事は分かって貰いカウンターに座った。
ラーメン2杯を注文し改めて二人を見る。
一人は絶えず微笑みを湛えゆーっくりとネギを刻んでる。
兎に角ずーっと微笑んでる。
まさにアルカイックスマイルと云う感じの笑み。
そしてラーメンが出来上がり一口啜るわしをチラッと見た。
その時目が合ったんで「美味しいです」と言うとふわっと微笑む。
そして小さな声で「ありがとうございます」
もう一人はスローモーな動きで客の注文を捌いてる。
小さな古いロボットみたいな動き。
カープ帰りのお客さんが来ると「今日カープ勝った?」「勝って良かったねぇ」
と優しくみんなに言ってる。
必要以上に愛想良くもしない。
決して大きな声を出さない。
何とも形容し難い独特なハートウォーミングなムード。
食べ終わって「ご馳走様」と言うと「またね」と小さく応えてくれた。

ラーメンはまぁ旨かった。わしの好みだった。
が、正直「動きがスローモー過ぎてちょっと麺が伸びてるか?」とか
「スープとタレをもうちょっとちゃんと混ぜて欲しい」とか
「麺が解けてないぞ」とかも思った。
しかしそんなこたぁ〜どうでもいいのだ。
それを補う満足感!あったかい気持ち!
「絶対にまた行くぞ!」と連れと共に強く誓い家路に着いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小沼ようすけさんの新譜。
トニーモナコとの再演。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

三度大久野島へ

05-15,2016

三度大久野島へ行ってきた。
完全にウサちゃんの魅力に取り付かれたのだ。

20160515141318b7d.jpeg

平日にもかかわらず遠足と思われる中坊軍団や修学旅行軍団、
大きなウサちゃん餌の袋を抱えたカップルなど結構な人出だった。

20160515141627931.jpeg

今回は行きも帰りもフェリーだった。
わしは小さい客船よりこっちの方が好き。

2016051514132103a.jpeg

これは桟橋前のショップで購入した"金丸"と云う天ぷら。
ゆで卵を練り物で包み揚げてある。
大久野島の海沿いで持参したビールと共に食す。
ぶち美味かった。
オススメ。

2016051514132207e.jpeg

今回も電動チャリを借りたっぷり2時間かけて島内一周した。

2016051514132133a.jpeg

道々でチャリの音を聞きつけたウサちゃんが駆け寄ってくる。
そして可愛く立ち上がり餌を要求してくる。
その要求に対し一々立ち止まり応えるわしと連れ。
何気に結構忙しいのだ。

201605151413247b0.jpeg

こう云う姿を見ると一瞬にして自分でもはっきりと自覚する程目尻が下がる。
隣を見ると連れの目尻も下がってた。
と云うか島内全ての人々の目尻が下がってると言っても過言では無い。
(一部業者は除く)

20160515141430e2e.jpeg

廃墟とウサちゃんと連れ。

2016051514143270f.jpeg

廃墟とウサちゃん。

20160515141432962.jpeg

大きなツバ広帽に紫外線カット仕様の腕貫、
そして首にタオルと云う野良仕事的出で立ちの連れにまとわりつくウサちゃん達。

20160515141434c03.jpeg

廃墟とウサちゃんと連れパート2

20160515141436be7.jpeg

この度のウサちゃん達は腹空かしてたのか
ガンガン膝の上に乗ってきて餌を要求してきた。
触っても全く動じない奴も多し。
因みに薄手の生地のパンツだとウサちゃんの細い爪で安全ピン刺した様な穴が空くんで
ジーンズ履いていく事をオススメします。
(膝に乗せないなら関係無いですが)

20160515141533490.jpeg

結構暑い日だった。海も夏っぽい。

201605151415348c4.jpeg

仲良く並んでくつろぐウサちゃん。
ふっふっふっふっ〜ん〜!かっわいいのぉ〜ん。

20160515141536d47.jpeg

こっちも仲良く並んでくつろぐウサちゃん!
ふっふっふっふっ〜ん!かっわいいのぉ〜ん。
と思いつつ後ろに回ると、

20160515141536b97.jpeg

汚い肛門が…

2016051514153791f.jpeg

あちこちにチビウサちゃんもいた。
当然優先的に餌をあげる。

201605151416293a2.jpeg

201605151416295ee.jpeg

島内には約4時間滞在。
それから185沿いのホクストンと云うオシャレなカフェでビール。
(運転するんで連れはアイスコーヒー)
そこから更に東広島は西条駅前に行き、イタ飯屋で軽く食った後
前回同様「あおぞう」と云うラーメン屋の"ねぎそば"でシメ。
事前に計画した予定を完璧にこなした完璧な1日だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Rez Abbasi新譜!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

不変の人

05-11,2016

昨夜、肩に乗せたオウム(色は黒)にずーっと上唇の端っこを噛まれてる夢を見た。
なのにわしはそのオウムを引き離そうともせず只々
「イテテ、イテテ」と言ってるだけなのだ。
そしてその後バイクで走ってる知り合い(女)を見つけ、
その哀れな噛まれ姿を見せようと思い、
猛スピードの車でそのバイクを追走してるのだ。
「イテテテテ」って言いながら…
なんですかね?この夢。

話変わります。
ピーター・バーンスタインの新譜。

201605111541332f7.jpeg

Peter Bernstein / Let Loose (2016年録音)

Peter Bernstein(g)
Gerald Clayton (p)
Doug Weiss (b)
Bill Stewart (ds)

ジェラルド・クレイトンの参加が嬉しい!
ダグ・ウェイスはリーダー作では初共演か。
ビルスチュはもはや朋輩。

収録曲はピーターちゃんオリジナルが5曲その他4曲の全9曲。
いつも通り高速4ビートからバラード、スローボサ、8ビートまで
安定安心多彩なピーターちゃんサウンド。
ギタリストが余りやらない様なちょっと珍しい曲取り上げるのもいつも通りだし、
(Woody Shawの"sweet love of mine"や"blue gardenia""this is new")
特に書く事もない程の変化のなさ。
変化があるにしても「若干テンポ早目の曲が多いくらいか?」
「嫌、まぁこんなもんか?」と云うくらいのもの。
だからこの人の場合いつも最新作が最高傑作と云う感じを受ける。
「変わらないからいい」
わし的にはこれは非常に良い事だと思います。

ギタープレイの方も不変。
そういえばこの人以前インタビューで「速く弾くの苦手」と謙遜してたが、
実はそんな事ないんじゃよね。
長々と速いパッセージ弾きまくると云う事はしないが
ここぞと云う時にかましてくるフレーズは充分に速いし、
緩急織り交ぜて表現する全体的なスピード感が本当に見事なのだ。
速い跳躍フレーズなんか聴くと仰け反るぞ。
今作では3、9曲目辺りか。
これがまぁぶちカッコいい。
勿論ピーターちゃんの真骨頂ミディアムテンポやスローナンバーでの
歌心溢れる独特の節回しのフレージングもええぞ。
一発で「あっこれピーターちゃんじゃ!」と分かるオリジナルなフレーズ。
まぁとにかく今回もいつものピーターちゃん節をたっぷりと聴かせてくれる。
あ、只ギターの音はいつもと違うか。
若干コンプ感と云うか圧縮感が強めな気がするな。
でもコレも余程のギター好きが聴かない限り「いつもと同じ」って思うでしょう。
そして予想通り全編に渡ってジェラルドちゃんがいいピアノ聴かせてくれます。
よって感想は今回も自動的に「今作が最高傑作!」と云う感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

プリンス

05-10,2016

特に好きな訳でもないが何枚かは持ってる。
昨日久々にコレを聴いた。

201605100724011b1.jpeg

Emancipation

CD3枚組のお腹一杯超大作。
中でも比較的スロー目のナンバー中心のディスクⅡがいい。
これは案外昨日の様な雨の日にもよく合うのだ。
coverも数曲。
「特に好きな訳でも無い」と云いつつやっぱり良いもんは良い。
当たり前だけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

褒められちゃった

05-09,2016

月曜日に続き土曜日もライブでした。
今年5回目。
記録しときます。

今回はテナーのI氏クインテット。
演奏曲は以下の通り。

1st set

1 There Will Never Be Another You
2 Moritat
3 Everything Happens To You
4 Nardis (sax less)
5 Night & Day

2nd set

1 Black Nile (Wayne Shorter)
2 Old Folks
3 East Of The Sun (sax less)
4 How Insensitive
5 Seacret Love

使ったギターはバードランド
店のJC-77にStrymonのEl Capistanを極々薄っすらとだけかけてたんじゃが、
ギター好きらしきお客さんに「ぶちええ音出してる」と褒められた。
JC&バードランドコンビのコツ完全に掴んだか?わし。
因みにEl Capistanはマイク・モレノやラーゲ・ルンドも使ってます。
そんな訳でこないだボディバックの写真載っけたんで今回はネック裏の写真を一枚。
美しい木目。

20160508172641d55.jpeg

そして全体像を。(裏表)

20160508172645e3f.jpeg

20160508172644f9b.jpeg

カ、カッコええ…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

El Capistan



これは買いだな。ボリス・コズロフの新譜。デビッド・ギルモア参加。



いつも読んで下さってありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。

久々の集合

05-05,2016

ライブの記録。今年4回目。
今回はベースのY氏クインテット。
なんだかんだで正規の5人が集まったの去年の7月以来だった。
課題は色々見つかったがこのメンバーで演るのはやっぱり楽しかった。

演奏曲は以下の通り。

1st set

1 Nothing Personal (Don Grolnick)
2 I Didn't Know What Time It Was
3 Not You Again (John Scofield)
4 Bolivia (Cedar Walton)

2nd set

1 Evidence (Thelonious Monk)
2 Along Came Betty (Benny Golson)
3 I Want To Talk About You
4 One For Us (Michel Petrucciani )

ギターはibanezのAS200

20160505004822461.jpeg

アンプも持ち込み。
オーバーホールしたピーターソンは全くノイズも無く快調だった!
あとクランチチャンネル使おうと思ってフットスイッチ持ってったが、

20160505004822bfc.jpeg

結局歪みはRATのみ使用でクランチチャンネルの出番は無し。

20160505004820d03.jpeg

歪みはやっぱりコレがええね。
(と云いつつ2曲しか使わんかったが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルドー新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。