引き出し多し

06-29,2016

以前ここでも大絶賛したスペイン人ギタリスト、アルベルト・ヴィラちゃんの新譜。
おそらくこれが4枚目のリーダーアルバム。
わし的大傑作の前作はトリオでのスタンダード集だったが(この記事参照)
今作はファースト、セカンドと同様のオリジナルナンバーでのコンテンポラリー作品。
メンツも内容も素晴らしい事になっとります!

201606290506542e7.jpeg

Albert Vila / The Unquiet Sky (2014年録音)

Albert Vila (g)
Aaron Parks (p)
Doug Weiss (b)
Jeff Ballard (ds)

収録曲は14曲。
えっらい多いと思うでしょうが1〜2分台の小品が5曲程あるんでそうなってるのです。
収録時間的には普通。
尚ファーストからのセルフカヴァーが2曲あります。

で、内容じゃが、
そのファーストから比べると大幅にレベルアップしてる事が瞬時に分かります。
特に技術面のそれは大きく前作辺りから格段に上がってきてる。
かなりのテクニシャン、素晴らしいです。
そして作曲面。
これはやはり今時のギタリストらしく
カート(ローゼンウィンケル)からの影響が大きいんだろうと感じる。
その辺り好きな人!カッコええ曲多しですよ!

ギタープレイの方をもう少し具体的に書きます。
前作のスタンダード集では師匠でもあるジェシ・ヴァン・ルーラーの大きな影響が伺えた。
ジャズギターブック的に言うところのネオビバップと云うスタイルで攻めて来た。
これがまぁーぶちカッコ良かったんじゃが今回はやっぱりカート寄り。
ギターも同じ(ディアンジェリコ)だし軽く歪ませた音もクリソツ。
しかしこれまたクソが3つ付く程カッコええので素直に納得なのだ。
更にマイク・モレノ的フレーズまでも随所で聴ける。
3.4曲目辺りは曲調もなんとなくモレノちゃん風でもある。
この辺の研究も怠らないのだろう。
と、こんな風に書いてるとオリジナリティの無い真似ばかりしてる奴の様に感じるでしょうが、
実際はそんな事が言いたい訳では無く、
とにかく引き出しの多いセンスのあるギタリストだと云う事が言いたいのだ。
誰々風と書くのはあくまでも解りやすくする為の例えですので悪しからず。
わしゃこの男、大!大!大好きなのだ!

え〜っと…そんな感じ。

しかし新譜、旧譜とそこそこ溜まってるんですが中々レビュー出来てません。
頑張らねば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。コンテンポラリー系好きなら超オススメですので是非。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ふーむ…な盤

06-28,2016

久々のディスクレビュー。

20160628033042238.jpeg

Boris Kozlov / Conversations At The Well (2016年録音)

Boris Kozlov (b)
David Gilmore (g)
Rudy Royston (ds)

当然ギターのデビッド・ギルモアちゃん目当てで購入。
しかもシンプルなギタートリオだ。
期待せずにはいられない。

内容はギルモアちゃん一人をフロントに置いてる事もあり
変拍子バリバリのオリジナルメインと思いきや、
予想に反してジャズメンオリジナルがメイン。(1曲のみ3人共作)
で、この選曲がごっつ渋いので面倒臭いけど記しときます。

1 Five (Bill Evans)
2 Conversation (Ch.Mingus)
3 Orbits (W.Shorter)
4 Semblance (K.Jarrett)
5 Prelude Kiss (D.Elington)
6 Eye Of Hurricane (H.Hancock)
7 Layin Genetics (O.Coleman)
8 Headless Blues (これが3人共作)
9 Pannonica (Th.Monk)

こんな感じ。

出てくる音も予想外。
変拍子バリバリほぼ無し。
4ビート中心。
勿論このメンツなんで現代的では有るんじゃが基本普通にジャズしてます。
コンテンポラリーなモダンジャズ。
しかしこれはわしにとって非常に嬉しい誤算であったのだ!
このフォーマット(ジャズチューンを4ビート)で
ジャジーに変態的に弾きまくるギルモアちゃんは超貴重だ。
スウィンギーなウォーキングベースに乗ってさり気なくハイパーフレーズを弾き倒す。
うぅぅ…カッコいい…
コレコレ、コレなんじゃよ!
わしゃ実はこう云うのを待ってたのだ。
これならば自分の演奏にも大いに参考になる。
参考になったからってこんなカッコいい事出来はしないが
「ふーむ…なるほど…」と思えなくもない。
なんとなくじゃがそんな気がする。
(あくまでも"気"だけ)
それが変拍子バリバリのオリジナルばかりじゃ参考になりずらい。
そんなの自分じゃほぼ演らんし。
よっていつものギルモアちゃんならば「スゲーな」で終わってるところが、
これならば「ふーむ…」となる。
「ふーむ…」となったからって何の意味も無いが、
まぁ〜そうなる。
あやふやじゃがわし的にそこ大事。
因みにベーシストリーダーなんでしっかりベースソロも多し。
(テーマとってる曲も数曲)
更に案外ドラムも大活躍。
そんな盤。
全ジャズギターファンにオススメ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

抜け者

06-23,2016

セッションの記録。今年9回目。

20160623094410214.jpeg

オルガンN氏ホスト。
きっちり大雨。
しかし車でやってくる常連だけはしっかり参加。
曲の途中ウンコで抜ける者有り。
(わしの耳元で「腹痛くなったんで後テーマ頼みます」と言い残し)
ギターは335。
ヴィンテージのJC-77にVOVOX。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジェフベック新譜。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ささやく男

06-17,2016

中1日経ちましたが野球を観に行ったので記録しておきます。

201606171126084cb.jpeg

西武戦。
入場者全員プレゼントで赤い立髪を貰った。
連れは即装着。
前回と同じく先発はジョンソン。
6-2で勝利。
同点の7回新井、松山、誠也ちゃんの3連打で突き放した時は超気持ち良かった。

201606171119219c9.jpeg

席はライト側外野指定席
わしの連れの横には単独のサラリーマン。
(推定年齢38歳)
応援歌に合わせ周りの観客全てがカンフーバットを「バシバシッ」と力一杯叩いてるのに
「コン…コン…コン…」と物凄く遠慮がち。
更に「ま・る…」とか「き・く・ち…」と、ささやく様な声を出す。
注意深く聞いてやっとわしに聞こえる様な小ささ。
気になって仕方なかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Seamus Blakeの新譜。
今の所ダウンロード版のみ発売。
ジョンスコ数曲参加。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

読書の記録

06-14,2016

最近読んだ本を記録しておきます。

「我が家のヒミツ 」奥田英朗



新品購入。
「家日和」「我が家の問題」と同じテイストの短編集。
コレもやはりと云うか何と云うかもう抜群の面白さ!
このシリーズもっとどんどんバンバン次々と書いてくれんかな。

「王とサーカス」米澤穂信



新品購入。
2016年版「このミス」国内1位作品。
米澤さんの作品は「満願」に続いて2年連続1位。
今一番のってる作家の一人でしょう。
ネパールを舞台にしたミステリー。
一気読み確実。

「さらば東京タワー」東海林さだお



新品購入。
もう結構な歳な筈じゃがホント幾つになっても面白い人だ。
わし的には暇つぶしに最適な作家ナンバー1はこの人で決まり。

「狐狼の血」柚月裕子



時代は昭和。
舞台は広島県の架空の街呉原(呉がモデル)
マル暴刑事と暴力団を主人公にしたハードボイルド作品。
コレはもう広島弁のセリフが秀逸。
まさにわしの親父世代の広島の男が喋る広島弁なのだ。
要するに「仁義なき戦い」の世界。
わしは小説を読むときはよく脳内で俳優をキャスティングしてるんじゃが、
そんな訳でこの主人公は完全に若き菅原文太で決まり。
これに異論がある人はまずいないと思います。
是非とも広島ロケで映像化願いたい。
文太さんはもういないからキャスティングが問題だけど。


「残穢」小野不由美



新品購入。
じんわりじんわりと怖いホラー小説。
淡々とした語り口の文面が逆に恐怖を誘うのだ。
映画化されてるみたいなのでいずれ観てみたいな。

「横道世之介」吉田修一



古本購入。
ただ一言、最高。
何でもないただの男をどうしたらこんなに魅力的に描けるのか!
読んでるうちに世之介の魅力にぐんぐん引き込まれる事間違いなし。
そしてなぜか最後泣けてくる。
これも映画化されてるが観てない。
是非とも観たい!

「11文字の殺人」東野圭吾



古本購入。
東野作品の中では中の中くらいか。
でも平均点は楽に超えるのが東野圭吾クオリティ。

「向田理髪店」奥田英朗



新品購入。
奥田作品早くも新刊!
今作は過疎の町を舞台にした連作短編集。
これもまぁー抜群の面白さで一気読み必至。

「初恋温泉」吉田修一



温泉を訪れる5組のカップルを主人公とした短編集。
何が言いたいのかそれとも何も言いたくないのか。
この人の作品ってサラッとしつつも実は深いのだ。
多分。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャコ未発表ライブ。
選曲がいい。
マイルス、コルトレーン等ジャズメンオリジナル多し!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

帝釈峡へのビータ

06-13,2016

広島県神石高原町にある帝釈峡へ行ってきた。
長年広島に住んでるが行ったのは初だ。

最初に上帝釈方面を徒歩で散策。

20160613105114e63.jpeg

「歩くに面倒だな」と若干思ってたが快適な気候で空気が美味い!
気持ちいい!

20160613105116f8d.jpeg

20160613105116a9a.jpeg

201606131051196cd.jpeg

しかし体力が無いんで雄橋で引き返した。
ちんたら歩いて往復1時間弱。
で、これが雄橋。

20160613105117b39.jpeg

20160613105313b34.jpeg

「歩いてでも来て良かった!」と思える素晴らしさ。

そこから車で龍神湖の遊覧船乗り場へ移動。
その途中で昼食を食べたが失敗だった。
不味い上に量も少ない。
なのに値段は高め。
更に店員の愛嬌無し。
いいとこ一切無し。
あえて何処かは書かんが上帝釈から龍神湖への道中で
レストランは一つしかないので行けば分かります。

誰もいない遊覧船乗船券売り場。
(一人で切り盛りしてるんで忙しいのだ)
異常な数の蛾が発生中。

20160613105414e46.jpeg

結構な高さの階段を降りた所に桟橋。

20160613105415047.jpeg

「何処にも船頭さんがいないな」と思ってたら一番奥にある簡易トイレに入っていた。
(多分ウンコ)
そりゃ〜トイレの度にあの階段を昇り降りするのでは辛かろう。
トイレ設置してるの正解。

この船に乗りました。

20160613105415617.jpeg

乗船客はわしらのみ。
よってこう云う事も出来た。

20160613105419639.jpeg

見事な景色だった。
紅葉の時期はもっと素晴らしい景色だろう。

20160613105505ca6.jpeg

2016061310541683d.jpeg

20160613105506247.jpeg

帰り際ついでにJR東城駅に向かった。

20160613105506bfd.jpeg

夕方4時半なのに電車終了。

201606131055089e4.jpeg

で、広島県民なら多分皆知ってる「竹屋饅頭」の本店へ。

20160613105702322.jpeg

この昭和な東城の街並わし好きです。
いつか一泊でのんびり散策したい。

201606131055112c3.jpeg

終わり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリス・チーク新譜。
スティーブ・カーディナス参加!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

入手!

06-09,2016

セッションの記録。今年8回目。
セッション又はライブの時はいつもギターの写真撮ってUPしてますが、
昨日はカメラを忘れたので写真無し。
(ガラケーなんで携帯では撮らない)
とりあえず335持って行った事は書いときます。

参加者はぼちぼち。
いつもと同じ店だけど
いつもと違うホストのセッションなんでわし的には新鮮な顔もちらほら。
何となくわし外様。
しかし結局のところ常連がメインなんだけどね。
で、下の写真をご覧下さい。

20160609022414a5e.jpeg

遂にVovoxのケーブル入手しました!
と云うか正確には誕生日プレゼントで貰いました。(連れに)
6日の月曜日が誕生日だったのだ。(^◇^)
よって昨日はこいつでアンプ直!

実は実際にセッションで使うにあたって、
前日自宅で現在のメイン"モンスターケーブルJazz"と
こいつとで3時間程かけてサウンドチャックしてみました。
(セミアコ、フルアコ、ソリッド使って)
結果、違いは明白だった。
Vovoxの方がより原音に忠実と云うイメージ。
(エレキギターの何が原音かと云う疑問は置いといて)
モンスターケーブルはしっかしとした味付けがある。
これはもう好みの問題だし予算の問題もあるが、
アンプ直(特にセミアコ&フルアコ)ではVovoxと云う選択は大いにあると思います。
強くオススメ出来ます。
昨日も他のギターの人に「買え」と大プッシュしました。
但し今回改めて思ったのがわし的にモンスターケーブルのコンプ感ある味付けは
決して嫌いじゃないと云う事。
と云うか好きと言える。
何度も何度もケーブル取っ替え引っ替えしながら思った。
どっちも捨てがたいと。
よって今後はとりあえずアンプ直の場合はVovox、
エフェクター嚙ます場合はモンスターケーブルと云う二刀流で行こうと思います。
※モンスターケーブルのJazzは現在多分廃番になってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

強く強くオススメ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

好きな物 その4

06-05,2016

最近わしの中で大ヒット中!



普通のレトルトのパスタソースですが、
物凄く美味しいですので皆さんも如何でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

三刀流

06-04,2016

この前のセッションの時スペイン人ピアニストJちゃんに教えて貰った
Jorge Rossyのクインテットの動画を発見した。



ご覧の通りここでのホルヘ・ロッシは何とヴィブラフォン演奏してるのだ。
ドラムでもピアノでもなくヴァイブ。
他のメンバーもヤバい!
ギターにピーター・バーンスタイン、テナーにマーク・ターナー
ドラムはアル・フォスター、ベースはダグ・ウェイス。
ね?「やっべっぞ!」でしょ?
しかしこれは早急にレコーディングして頂きたいな。
早くCDで聴きたいのだ。

それにしても日ハム大谷を超えるドラム、ピアノ、ヴァイブの三刀流とは驚きだ。
しかもその全てが超一流のテクニックときてる。
一体どうやって練習時間作ってるのか!
自慢じゃないがわしなんかギターのみ一日中練習してても一切上手くならんで!

ちなみにかつてJちゃんはホルヘちゃんにピアノのレッスンを受けてたらしい。
(スペインで)
上手い人にレッスンまで付けるとはこの人ホンマ凄い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギラッド・ヘクセルマンが最近使ってるペダル。
ホルヘちゃん並みにこれも一台で3役。(wah&vol&expの機能)
あぁーあれもこれも何でも欲しい!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

狂う程の物欲

06-03,2016

先日行きつけの楽器店に久しぶりに行った。
聞くと何と2〜3年年振りのようだった。
よって最早"行きつけの"とは言えないかもしれん。
ちなみに中学生の頃から世話になってた店長のOさんは、
定年退職して今は嘱託で週に数日出勤してるらしい。
そりゃわしも年取る訳だ。

で、話変わってそこで見つけたこれが物凄く欲しゅーなった。

201606030827465b2.jpeg

RolandのBlues Cubeと云うアンプ。(多分一番安いヤツ)
こいつの何が良いってまずルックスがいい。
フェンダーのヴィンテージのパクリとも云えるが好みだ。
そしてそこそこ軽い。
年寄りにはこれ大事。
クソ重い真空管アンプと云う選択はもう無いのだ。
勿論頑丈。
安心のローランド製だ。
ピーターソンみたいな事にはならんだろう。
オマケに安い!
ギリ6万切ってます!
大音量で弾いてないから音量音圧的な事はハッキリせんが
多分小さなジャズクラブ程度の場所なら何ら問題ないでしょう。
(それでも心配ならより大きな出力のもあるし)
Fender USAの一番ベーシックなテレキャス繋いでクリーンのみで試奏したんじゃが
これがまぁー驚く程ジャジーなサウンドが出た。
(ギター側のトーンは5)
単なる暇つぶしのつもりだったがこれは余計な事してしまった…
その日以来ずっとテレキャスとブルースキューブの事を考えてるのだ。
「ブルースキューブ欲しい」「テレキャスも欲しい」
「いや出来ればセットで欲しい!」と。
夜な夜なyoutube見まくってるのだ。
気が狂う程「欲しい!」と思いながら。
買えもしないのに…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ゾンビマックス観た

06-02,2016

正確には「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」



このふざけたタイトルからしてゾンビコメディ物だと思ってたら
割と真面目に怖がらせようとしてるゾンビ物だった。
(ゾンビに真面目もクソもないけど)
但しノリとしてはロメロのようなヘビーさは無くもちょっとライト。
更にタイトルから想像するあの映画的な所(カースタント等)も皆無。
途中からマッドマックス的服装はするけど全く違う。
しかしこれがなかなか斬新な設定もあり楽しめたのだ。
テンポもいい。
オススメです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

余裕な人

06-02,2016

月が変わっても続くダグ・レイニー週間。

201606020745196e8.jpeg

Doug Raney / Blues Ballads,Bebop and A Blue Girl

Doug Raney (g)
Jesper Lundgaad (b)
Morten Lund (ds)

日本のマシュマロレコードから発売された2008年録音の作品。
以前書いたようにダグのアルバムにハズレはないが、
このアルバムはその中でもトップクラスに良い!とわしは思ってる。
そしておそらくこれがダグにとって最後のスタジオ録音アルバムになったんじゃなかろうか。
リリースから既に8年も経ってるんでそろそろ新作出ないかなと思ってたのに…
かえすがえすも残念でならん。

収録曲は全7曲。
バド・パウエルのバップナンバー(oblivion)に、モンクのスローブルース(blue monk)
ジョビンのボサ(photograph)に有名トラディショナルナンバー(dear old Stockholm)
そしてスタンダードはテンポ違いで3曲。
ファーストテンポ(this is new)バラード(little girl blue)
ミディアムスイング(who cares)
まさにタイトル通りの多彩な選曲で飽きさせない。
そして1曲の長さも7〜8分台中心でダグのソロもしっかり堪能出来る。

ダグのプレイはこうやって改めて聴くとやはり年を重ねた円熟味を感じる。
初期の頃の若さ溢れる勢いに任せた熱いプレイ一辺倒では無く中高年男の余裕。
渋味とも言える。
でもかといって年寄り臭いのかと云えばそうではなくしっかりと行く時は行く。
野球で例えると緩急をつけたピッチングと云う感じか?
違うか?
まぁ何でもいいが要するにがっついて無いのだ。
熱さと渋さの融合。
そこがいいのだ。

そんな訳でここはベストもスローの"little girl blue"にしときます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

既に廃盤。売ってるうちにお早目に。



いつも読んで下さってありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。