FC2ブログ

霧の中その2

11-30,2016

豪華メンツによるウォルフガング・ムースピールのECM第2弾。

20161130143404cfe.jpg

Wolfgang Muthspiel / Rising Grace (2016年録音)

Wolfgang Muthspiel (g)
Ambrose Akinmusire (tp)
Brad Mehldau (p)
Larry Grenadier (b)
Brian Blade (ds)

本人作が9曲にメルドー作が1曲の全10曲。
前作同様霧の中的ムード全開な「これぞECM!」なアルバム。
それはトリオ(前作)だろうがカルテットだろうが変わらないのだ。
ヒタヒタと忍び寄る寂しさ。
聴く時間と場所によっては一気に落ち込んでしまいそうな危険なアルバムだ。
そこに今回は メルドーの美しくも怪しいピアノが絡み。
プラス、アンブローズちゃんの冷たいペットの音色まで追い討ちをかけて来る。
寂しさは更にアップされた。
ギター好きのわし的にはトリオも大好きなんじゃが、
一般的にはこの2人が加わったのは大正解じゃなかろうか。
昔ながらのECMの音が好きな人にはドンズバでしょう。
特にアンブローズちゃんの功績は絶大で、
トランペット好きに人にも強くオススメ出来るアルバムになっとります。
それに個人的には今作の方が好みの曲多し。

さて肝心のウォルフガングちゃんのプレイ。
ナイロン弦のアコギ使用が4曲、エレクトリック使用が6曲。
ギター好き目線で言えばやっぱりエレクトリック弾いてる曲に魅力を感じる。
3、5曲目のソロがぶちカッコいい。
アコギでは4、10曲目かな。
何食わぬ顔でサラサラ〜とど偉いフレーズ弾いてくれんさる。
呆れる程上手い。
前作のレビューではもうちょいガツンとした曲があってもいいんじゃなかろうかと書いたが
それは今回も同じ。
基本ミディアム、スロー系で締められる。
よってプレイも渋目。
でも印象としてはギター沢山弾いてると感じるのが不思議なのだ。
名盤誕生。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

号泣もの

11-25,2016

昨日やっと届いたぞい!
で、現在立て続けに平伏して拝聴中。

20161125103837943.jpg

Jim Hall & Red Mitchell / Valse Hot -Sweet Basil 1978 (1978年録音)

Jim Hall (g)
Red Michell (b)

artistShareがまたまたやってくれた!
数年前のライブに続き、(この記事)
今度は未だCD化されてないレッド・ミッチェルとのデュオの未発表音源の発売だ!
今回もハイレゾオーディオファイルとの2枚組。
収録曲は6曲。
面倒臭いが聴きながらますますテンション上がってるので一気に書いておきます。
1 Now's The Time
2 Valse Hot
3 Alone Together
4 There Is No Greater Love
5 God Bles The Child
6 Stella By Starlight
収録時間はジャスト50分。
コレを丁度いいととるか短いととるかは置いといて、
(長いととる方は居ない筈)
感動で打ち震えるのは間違いない。
もうただ聴いてるだけで泣きそう。
更に内ジャケットのジム・ホールとレッドミッチェルの笑顔の写真見て鼻水流して号泣しそう。
(但し表ジャケットのアートワークはもうちょい何とかならんかったかと思う)
とにかく素晴らしい!
当たり前じゃが非の打ち所がない内容だ。
わしがここであれこれ書く必要すらない。
よってこれ以上何も書かない事で
如何にこのアルバムが素晴らしいのかと云う事を分かって頂きたい!
但しartistShareさんに一言お礼を言いたい。
オリジナルのデュオ版すらCD化されてないのに、こんな発掘音源を発売してくれて
artistShareさんには本当に幾ら感謝してもしきれんぐらいだ。
本当にありがとうございます。m(_ _)m
逆に何処のどいつかは知らんがオリジナルのデュオ版をお蔵入りさせている奴!
なんちゅう罰当たりなヤツだ!
artistShareさんの爪の垢でも呑んで直ちにCD化しなさい!
分かった!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わしは直接artistSharのサイトから購入したがAmazonでも売ってる。
早く買わないと直ぐ無くなるよ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。


色んな者有り

11-24,2016

セッションの記録。今年19回目。

20161124181821206.jpg(ギターは先日のライブに引き続き335)

「わしらのライブにもこれくらい来てくれよ!」と思う程オーディエンス多数!
「カンタロープ・アイランド」で踊る者有り。
「テネシーワルツ」唄う者有り。
「マイウェイ」リクエストする者有り。
そのリクエストに応える者有り。(わしら)
多数の客にテンパる者有り。(SSD君)
大忙しでホクホクする者有り。(マスター)
そんな感じの賑やかな夜だった。
若干疲れたが…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Yotam Silbersteinの新譜でる!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ダムを見に行った

11-22,2016

昨日の記事と前後しますが先週水曜日のドライブの記録。
当初三段峡で紅葉ハイキングと云う予定だったが
いまだ腰痛が酷く週末ライブも有るしで断念し温井ダムへのドライブとなったのだ。
高速使えば自宅から車で1時間半位なんで全行程連れが運転。

201611220845524b0.jpg

真横の駐車場はダータ。
ダムを歩いて渡る。

20161122084550086.jpg

ダム上からの眺め高い!恐い!

20161122093343fb5.jpg

わざとらしくポーズをとる連れ。
この人は最近このブログに後姿で登場する事を喜びとしてる節がある。

20161122084555757.jpg

こっちは素。

20161122084648698.jpg

こっちは貯水側。

20161122092416d03.jpg

わしは巨大客船や建造物が好きなのじゃがここは意外にも初なのだった。
ここも兎に角クソデカイのだ。

201611220851404d3.jpg

資料室を見学。

20161122084649500.jpg

そして地下トンネルを通りダム直下広場へ。

201611220846516c9.jpg

20161122085142ff9.jpg

アーチ型ダムを支える岩盤。

2016112208465368b.jpg

真下から見るとまたデカイ!

20161122084551676.jpg

201611220853347b2.jpg

さり気無くわしも登場。

20161122084731767.jpg

こいつは利水次郎。
身長約170センチくらい。

2016112208472948d.jpg

その利水次郎が真ん中付近に小さく見える。
このダムの大きさがお分かり頂けるだろう。

20161122084730be5.jpg

ダム見学後は近くの喫茶店でカレーを食べた。
近所&観光のおばさん軍団多数集結。

20161122084651042.jpg

そして喫茶店の真下、温井スプリングス(ホテル)の大浴場へ。
実はこの日はここがメイン。
サウナも露店もジェットも有る実に立派なお風呂であった。
1時間半たっぷり入浴後缶ビール飲みながらマッサージ機でくつろぐ。

2016112209334404f.jpg

その後広島市街まで戻り例の「あいよぉ〜、あいぃぃ〜〜〜」のおやっさん率いる
(と言いつつおやっさん以外はおやっさんの嫁さんだけしかいないが)串焼き屋へ。
わしらの隣でサンフレッチェ(Jリーグの)千葉ちゃんが呑んでた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コルトレーンのこのBoxはええんでないかい!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。



1年振りの集合

11-21,2016

土曜の夜はライブでした。
今年10回目。
今回は昨年12月以来約1年振り、
いつもの朋輩トリオにアルトのDr.SSD君が加わるドラムレスカルテット。
演奏曲は以下の通り。

1st set

1 Let's Cool One (Thelonious Monk)
2 Beatrice (Sam Rivers)
3 Morning Blues (Michel Petrucciani)
4 I Love You
5 Brazilian Like (Michel Petrucciani)

2nd set

1 Wendy (Paul Desmond)
2 The Gentle Rain
3 Very Early (Bill Evens)
4 Time Remembered (Bill Evans)
5 Falling Grace (Steve Swallow)
6 Stella By Starlight

使ったギターは何時もの335じゃが変更点が1つ。
写真じゃ分かり難いでしょうが、
今回いつもの弦(ダダリオのEXL115)から、
同じダダリオのEHR370と云うのに替えてみたのだ。(ゲージは一緒)

201611211002071fe.jpg

20161121100209f1d.jpg

巻弦がラウンドワウンドとフラットの中間のセミ・フラットワウンドと云うタイプ。
出音の方もそんな感じでモコモコ過ぎずブライト過ぎずの中間サウンド。
セミアコにはとても合うと感じました。
特に今回の様なクリーンのみのドラムレス編成ではハマる。
(歪みも使うドラム入りの編成の時は何時ものラウンドかな)
それとゲージは同じだがほんの少しだけテンションが強くなった気がする。
(気のせいかもしれんが)
それでもわしは鈍感なんで全く気にならが神経質な方はその辺注意。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

女マイケル

11-15,2016

と言ってもジャクソンの方じゃ無いです。マクドナルドの方です。
「女マイケル・マクドナルド」こと
ローレン・ウッドの名盤「キャット・トリック」が再発された。
約20年振りくらい。案外もう次は無いかもしれん。

20161115135644017.jpg

Lauren Wood / Cat Trick (1981)

全10曲本人オリジナル(内2曲共作)
女マイケル(しつこい様ですがマクドナルドの方)と云うだけあって
脳内であの例の独特な声に変換して聴くとまさに全曲そんな感じ。
ソウルフルなんだけど黒過ぎず適度に洗礼されたポップ感。
アルバム内で1番有名なのは一般にはリリースから9年後に映画「プリティ・ウーマン」の劇中で使用された"Fallen"でしょう。
しかしAORファンにとってのキラーチューンはロビー・デュプリーとのデュエットナンバー
"Work On It"で異論は無い筈。
(ある方はこの記事無視して下さい)
どヤンキー感漂うジャケ写からは想像出来ん魅力的なハスキーヴォイス。
ロビー・デュプリーと声質似てるんじゃよ。
まさに完璧なデュエット。
とりあえずyoutubeにあったので両方貼っておきます。
ではじっくりお聴き下さい。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ふわふわと

11-11,2016

水曜夜セッションでした。今年18回目。
記録しときます。

201611101238350d4.jpg

まだまだ腰痛が酷く当日朝まで参加見送ろうかと悩んでたが根性で参加。
よって荷物も最小。ギター(Ibanez AS200)をアンプ直。
でも最後はやっぱり座って弾いた。
(と言いつつノッてきたらウネウネと立ち上がる)
参加者多数。
常連を始め、ニューヨークで修行中と云う広島出身の青年(b)とその現地仲間
(日本人のピアノの女性&白人のドラムのオッサン)がトリオで初参戦。
皆さん上手かった。
青年だけは年内広島いるらしいのでまた会うか?
息子と言ってもおかしくない年の差だがなんだかんだと色々話せたし、
初めての方との演奏は本当に楽しい。
是非またお手合わせ願いたい。
それと帰り際ドラムのオッサンにプレイを褒められた。
嬉しかった。
幾つになっても褒められるとふわふわと舞い上がるわしなのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JC-22!可愛いなぁ〜!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

只ならぬ夢

11-10,2016

その夢はある空港から始まった。
何処に行くつもりなのか何故かわしは空港にいるのだ。
連れは居ない。単独。
ラフな服装。ショルダーバッグをぶら下げてる。
自分の乗る飛行機の時間まで時間があるのでぶらぶらと歩いてる。
その時だ。
遠くから只事では無い声が聞こえてきた。
悲鳴や怒号。
わしの周囲も皆何事かと一瞬にして緊迫したムードになった。
そこに追い打ちをかける様に銃声まで聞こえてきた!
「テロだ!」
逃げ惑う人々。
一気に血の気が引いた。(金玉もキュインととチジミ上がる)
「冷静になれ!」そう自分に言い聞かせながらもわしも必死で銃声から逆方向に逃げた。
そして空港内のある一角に辿り着いた。
見回すと空港の職員なども沢山いるそこそこ広い空間。
飛行機に乗る乗客達もかなりの数が逃げ込んだ様だ。
そこで気付いたがこの空港は何処かの外国らしくそこに居る殆どが外国人なのだ。
日本人はわい含め極少数。
安全が確認出来るまでとりあえず此処に籠城する事となった。

「バリケードを作ろう!」
「空港内のコントロールルームをテロリストに占拠されてる可能性もあるぞ」
「防犯カメラを壊せ!」
誰某となく次々と声が上がる。
現実のわしは英語は苦手だが夢の中では何故か理解出来るのだ。
巨大なテーブルをひっくり返したり金属製の棚や机で壁を作る。
防犯カメラを探し箒や棒で叩き壊す。
そこに居る人間全員が忙しく動き回ってる。
しかしそんな絶体絶命の時、わしにある変化が…

一人密かに猛烈な便意に襲われてたのだ。
オシッコでは無い。
ウンコだ。
「何故こんな緊迫した場面で?」
「こんな有りとあらゆる人種の坩堝の中で?」
「皆がこんなに一生懸命働いてる時に?」
そう思ったが仕方無い。
そんじょそこいらの便意じゃ無いのだ。
猛烈なのだ。

それでもなんとか耐えるわし。
時間を惜しむ様に皆必死の形相で動いてる。
当たり前だ。
生死に関わる事態なのだから。
わしだって本心は働きたい。
しかしもう限界だ…
そんな人々を尻目にわしはスーッとその場を離れた。
誰にも気付かれぬ様そっと…
さり気無く…
何食わぬ顔で…
トイレを探す為…
と言いつつ猛烈なんで若干小走りなんだけど。

「しっかし、この籠城した一角にトイレ有るのか?」
「無かった場合どうする?」
「その辺の死角にしゃがみこんで踏ん張るのか?」
「いや待てよ…
そもそも机も棚もバリケード用に全部持ってちゃってるから死角無いんじゃないか?」
「そうなりゃ完全にバレるじゃん。ウンコしてるの」
「それはそうと我ながらこんな非常時にウンコとは情けない」
「生死が関わってようが何だろうが便意ってしっかり来るんだな」
色んな事考えながら探してるとトイレの案内看板が。
ギュッと肛門を引き締めちょこちょこと表示に沿って行くと
一角の隅っこの方、階段を10段程下がった所にトイレは有った。
「やれやれ、これでやっと猛烈な便意とオサラバ出来る」
「と安心したはいいが先客が居たらマズイな」
「ってか、わし以外に居る訳無いか!こんな非常時にウンコしてる奴なんか」
と思いつつドアを開けると居た。
個室から出て来た完全なウンコ男が。
若い日本人。如何にも呑気そうな男。
「何じゃこいつ!この非常時に!」
と自分の事を棚に上げた所で現実の便意(猛烈な)に襲われ目が覚めました。
何なんですかね?この夢。
(言うまでもないがその後わしはトイレに駆け込んだ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オススメチューナー。表示がカッコいいのだ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ランチャ買いました

11-09,2016

但しトミカですけど。(まだ発売されたばかり)
それにしてもいい出来だ。ぶちカッコいい!

2016110905373646a.jpg

グリーンの色味はもう少し濃い方が良いかな。
下は同じ仕様のチョロQとツーショット。
チョロQの方は逆にグリーン濃すぎか?

201611090537388ac.jpg

結構価格が変動してるが(わし購入時は600円弱)買って損は無いクオリティ。
早目に買った方が特なのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



チョロQはこれです。



こんな高いのもある。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

モレノ参加!

11-08,2016

地味にひっそりと発売されてるドイツ人ドラマーJochen Rueckertの新譜。
ヨッヘンと読むのかヨッケンかよう分かりませんが今日のところは
ドイツ人らしゅうヨッケンと云う事で行きます。

20161108152234189.jpg

Jochen Rueckert / Charm Offensive (2016年録音)

Jochen Rueckert (ds)
Mark Turner (ts)
Mike Moreno (g)
Orland Le Fleming (b)

テナーのマーク・ターナはレギュラー、
ベースとギターが前作(この記事参照)から変更有りだが、ギターがピアノに変更とかならずに良かった。
それにしてもこの人(ヨッケンちゃんの事ね)よっぽどギターが好きなのか、
前作ではラーゲ(ルンド)、それ以前はカート(ローゼンウィンケル)やブラッド・シェピックと、
立て続けにギタリスト雇ってる全ギターファン、ギタリストにとってとても有り難い人なのだ。
しかもその全てがピアノレスカルテットなんで、
ソロ、バッキングと腹一杯ギター聴けるから何ともたまんねっすと云う感じ。
はい内容。
本作も前作同様全8曲ヨッケンちゃんオリジナル。
雰囲気も同じ。
ダークなコンテンポラリーナンバーが並ぶが案外4ビート多しって感じ。
その他もドラマーが作るだけあって何とも絶妙なリズムの曲多く飽きる事無く楽しめるのだ。
ドラムファン大喜び間違い無し。
モレノちゃんのサウンドはいつもより少し丸みを帯びた柔らかい感じを受けるかな。
少しトーンを絞ってるのか?案外例の黒い335弾いてたりして。
ソロもパーペキ!
アドリブパート自体が無い短い3曲目以外は全てでソロパート有ります。
いつも通り怪しく蠢く妖艶なプレイ。
どれもこれもまぁ〜くっそカッコええんでファンの方は絶対買って損なし!
最後にわし的ベスト選ぼうかと立て続けに聴いたがどれも甲乙付け難く断念。
御自分で決めて下さい。
次作はジョナサンかはたまたアダムかニアか?誰になろうが楽しみじゃ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

優勝パレードに行ってきた

11-07,2016

パレードは10時半からだったが駐車場が心配だったんで8時現地着予定で家出発。
ドンキ横の馴染みの駐車場に車を停めて先ずは朝飯。
近くにドトールもあるがここはやはり馴染みの老舗「朝日珈琲サロン」でモーニングだ。

20161107050158f59.jpg

昭和で時が止まった様なまったりとした雰囲気がわしら親父達には心地いい。
そしてパレード開始1時間以上前から沿道で待機。
既に大勢の人々が陣取ってた。

20161107045821bc2.jpg

2016110704582297b.jpg

わしの連れも優勝記念ユニ姿で待機。
手には貰った小旗が。

20161107045819314.jpg

広島では全地上波(NHKも)で生中継。
空撮のヘリも4機飛んでた。

2016110705001168c.jpg

沿道のマンションやホテルもこんな感じ。

20161107050013dbd.jpg

20161107050014e03.jpg

20161107050015459.jpg

201611070500169d5.jpg

パレードは盛り上がった。
「新井ぃ〜!!!」「黒田ぁー!!!!!!」と
目に付いた選手の名を片っ端から必死で叫んぶ群衆。(わし含む)
よって写真はほぼ撮れなかった。
それでは数少ないショットをご覧下さい。

2016110704582342b.jpg

201611070458255c6.jpg

20161107050102dcf.jpg

エルちゃんは家族ずれ。
ジョンソンは嫁さんと。

20161107050104795.jpg

20161107050104eb6.jpg

20161107050106b0c.jpg

201611070501070e5.jpg

20161107050157d7f.jpg

ハジメ(カープオーナー松田元)も緒方と共にオープンカーに乗ってたがそれは無視。
もう少し補強に金を使う様になればハジメコールでも何でもするがね。
パレードが終わると近くのカフェでビールを買い道端で飲んだ。
そしてそこから街を徘徊。
何処行ってもカープ一色。
何処行ってもユニ着たファンがいるって状態。
楽器店もカープ

201611070501586dc.jpg

この日の経済効果だけでも結構なモンじゃなかろうか。
(わしもビームスで帽子、連れは福屋で靴購入)
そしてパルコへ。
島村楽器でブロックインレイの335をJC-40に繋いで試奏。
(そういやぁJC-20が復活するらしい!店員が言ってた)
更に店員に勧められエピフォンのカジノも試奏。
これが中々にジャジーなサウンドを奏でるのだ。
如何にもビートルズなあのルックスも1周回ってジャズで使うの逆にカッコいいんじゃなかろうか。
ジャズギターファンの方、一度試奏するのをオススメします。

そして遅目の昼飯。
これまた老舗の「ますい」で。
(わしはチキンカツ、連れは特Aランチここでもビールを飲んだ)

20161107050200832.jpg

ここも完全に時が止まってるのだ。
30年以上前と全く変わらない店のムードに店員さんのハッピ。
出てくる料理も全て同じ。
素晴らしい!

で、翌日。
遊び過ぎたのか又もや物凄い腰痛に襲われ今も継続中。
辛い…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズギターブックが出るよ!(1年振りか)
ジョーベン表紙。早目のご予約を。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。