FC2ブログ

ハービーハンパねぇ〜って!

06-26,2018

Stablematesと云う曲が好きだ。
ベニーゴルソンのオリジナルだが最近なにやらギタリストに人気がある。
ラーゲちゃんはウィル・ヴィンソンと演ってるし(これ)
カートはトリオで演ってる。(これ)
ロメイン・ピロンやピーター・バーンスタインの演奏はYouTubeで観れる。
(ちなみにわしらのライブでも何度か演った)
コード進行が独特なのが人気の理由か?
でも難曲。セッションでやる事はまぁ〜ほぼ無いんじゃないか。
他にもギタリストの動画は多数あってどれもカッコ良いが、
ここはあえてのピアノトリオ作を。

20180626154805a4e.jpeg

Herbie Hancock Trio (1981年録音)

Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tonny Williams (ds)

ハービーはトリオ作自体が数少ないからこれは貴重。
しかも日本録音。
Stablematesは発売時でいえばA面1曲目アルバムのオープニングナンバーだ。
若干速めのミディアムテンポ。
細かく動く進行を大きく捕らえたフレージングから
トリッキーなフレージングまでハービーのソロは変幻自在。
こんなん普通出来へんやん!
ハービーハンパねぇ〜ってぇ〜!!!
またロン・カーターのラインもトニーもクソカッコいいのだ。
3人それぞれが影響を与え与えられる。
超スリリング!
あぁーひっくり返る程カッコええ!
2曲目のDolphin Danceもそんな感じ。
相手が押すんら引いてみる。
かと思えば次は一緒に押してみる。
これぞジャズだ。
後3曲目のロン・カーターのオリジナルバラード(A Slight Smile)も名曲。
これどっか譜面ないか?
残り2曲はスタンダードの”That Old Black Magic”に
トニーのオリジナル”La Maison Goree”
勿論素晴らしい。
また日本でサクッとこう云うトリオ作録音してくれんかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

今更ながら気付いた事

06-21,2018

先日のライブの記録でもちょろっと書いたが、
高速で練習し過ぎると実際の演奏でそのテンポ落とすと逆に難しいと云う事に気付いた。
この前のライブで言えば“stablemates”とか”Pinocchio”とか”moment’s Notice”ね。
実際は250位のテンポで演る事を想定しそれ以上の270とか280で練習した。
ガンガンした。
わしらのライブではよく想定外に速いテンポになる事があるんでその対策の意味もある。
その結果その分余裕が生まれて演奏が楽になるだろうと思ってたのだ。
が、結果は全く逆だった。
演奏してると身体のタイム感がどんどん前へ走りつんのめるのだ。
練習通りの270を身体が勝手に欲してる。
焦る。
余裕がある筈が全く逆の状況に陥った。物凄く演奏し難かった。
ただ単にわしが下手くそなだけと云う気もするが、
その夜からわしは若干落ち込んだ。
下手過ぎて情け無い。
しかし何時迄も落ち込んでる訳にはいかない。
よって翌日から気分転換の為いつもの練習ギターを335からASに変え
今度は逆に一気にテンポを落とし練習してみた。
先ずは150で運指及びスケール練習。
ついこないだ迄280だったのが150に…わしは極端な性格なのだ。
しかしするとどうだ。
これが案外難しい。
なんかこの辺りにわしの弱点があるんじゃないか?
じっくり練習。
さぁさぁ〜次は上記の曲をそのテンポでやる。
やっぱり難しいがだんだん慣れて来る。
今度は更に遅いテンポで。
じっくりとじっくりと…練習する。
ここで大事なのは遅いからって16で弾きまくったら意味がない事。
あくまでも4や8分でスイングしながら弾く事を意識。
それと同時に右手の力加減も意識しなければならない。
テンポが上がった時と同じ加減のピッキング。
遅いテンポでスケールとか弾いてると無意識にやけに軽くピッキングしてる時があるのだ。
要注意。
そしてそれがしっくり来たと思ったら一気に250に上げる。
ん?なんか弾きやすい気がする。
よっしゃ!
今度は270行ってみよう!
と、そんな感じでここ数日練習しとります。
同じ様な経験ある方は騙されたと思ってお試し下さい。
結果騙されたと感じても苦情は言わないで下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5巻出ます。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

参考までに

06-19,2018

先週の土曜日のライブでスタンダードの”skylark”と云う曲演ったんだけど
このアルバムのバージョンちょこっと参考にさせて貰った。

20180619161600da0.jpeg

Chris Cheek / I Wish I Knew (1996-97録音)

Chris Cheek (ts)
Kurt Rosenwinkel (g)
Chris Higgins (b)
Jordi Rossy (ds)

通常この曲はバラードで演奏する事が多いんだけど、
ここではミディアムスローのボサっちゅーかなんちゅーかこぉ〜
ラテンっちゃ〜ラテンなんだけど〜
ちょっと普通のラテンやボサとは違う感じ?
派手さなく割と淡々とクールに演奏されてる。
ポイントはベースとドラムなのだ。
これが地味ながら何気にカッコいい。
勿論わしらのライブでもベースとドラムの方にはそうやって演奏して貰った。
自分で演奏してて物凄く気持ち良くなるくらい上手くいった。

その他の曲も同じ様な(淡々&クール)感じで演奏されてる。
収録曲は全部で9曲。
うち本人作は1曲。
後はスタンダードにビル・エバンスの”time remembered “
基本ミディアムやスローの演奏が多くガツンと来る系は無い。
が、カートは全曲に参加。
コンピングにソロにとカート節全開で物足りなさは一切無い。
その他メンバーも合わせ王道スタンダードをストレートに演奏してるのに何処か新しい感覚を漂わせてるのは流石。
大満足。
いつかわしらもこんな感じで固めたライブやったら面白いかもな。
あくまでも感じだけしか出来んが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

極上コードワークおじさん

06-18,2018

先日のドラムレスライブでも演奏した“Wendy”が収録されたアルバム。
ギターはフェンダーのテレキャスで極上ジャズトーンを生み出すエド・ビッカート。
地元トロントでのライブです。

20180618053909c72.jpeg

Paul Desmond / Live (1975年録音)

Paul Desmond (as)
Ed Bickert (g)
Don Thompson (b)
Jerry Fuller (dis)

“Wendy”はオープニングナンバー。
ちなみにわしらのライブでもオープニングにした。
わしゃこの“Wendy”が好きでこれまでも何度か演ったが、
いつもオープニングだった気がする。
もしくはセカンドセットのオープニングか。
そういやぁテナーとは初だった。
それまではアルトに人とだけ演ってた。
でもテナーも良かった。
まぁとにかく聴けば分かるがもうスタンダードかっちゅーくらいの美メロ曲。
わしは特に最後の8小節がちょっとだけ捻ってあって好き。

で、話戻ってこのアルバム。
ギター好きにとっての一番の聴き処はエドちゃんのコードワークじゃの。
この曲もイントロからエンディングまでエドちゃんの美しいコードワークが冴え渡ってるのだ。
ソロ部でもそう。
シングルトーンとコードの美しき融合。
あぁ堪らん…
フルアコかと思うくらいの膨よかなジャズトーンじゃが
しっかりとサスティーンが効いてるんだな。
テレキャス使ってる理由にはそれもあるんじゃないか?
低音弦と高音弦の音のバランスも凄く良いのだ。
こんなの毎日聴いてたらまたもテレキャス欲しい病が再発して
妄想の日々が続くだろう。

デズモンド作はこの他に代表曲の“take five”も演っとります。
その他の収録曲も美メロスタンダードばかりで
エドちゃんの美しいコードワークを存分に楽しめる。
コンテンポラリー系ばかり聴いて疲れたら是非。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。




久々のドラム入り

06-17,2018

ライブの記録。今年11回目。
いつもの店。
メンバーはY氏、友人H、SZK君、わし
それと久々にドラムのSKIさん。
先週土曜のパーティから1週間で3回の演奏になりました。
その全てアンプ持ち込み。
その他大量の機材とギターもある。
セッションやる日は更に黒本2冊も持っていく。
いつまでこうやって機材運べる体力があるのか!
60超えたらキツイんじゃなかろうか。

演奏曲は以下の通り。

1st set

1 New York Minute
2 Stablemates
3 Skylark
4 Soul Eyes
5 Song Is You

2nd set

1 Pinocchio
2 All Of You
3 Invitation
4 Blame It On My Youth
5 Moment’s Notice

6 Straight No Chaser

今回は難曲多かった。
ギターは335。

20180617175309c89.jpeg

エフェクターはこれ。

20180617175308127.jpeg

最後にオクタバー踏んだ。
そして速いテンポで練習し過ぎると逆にテンポ落とすとやり難いという事を学んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BOSSも出た。セッション用に欲しいワイアレス。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

傷だらけのローラじゃなくて335

06-14,2018

ライブの記録。今年10回目。
去年の12月から続いているピアノバーで。
メンバーはピアノのマスターにベースのY氏、テナーSZK君、わし。
演奏曲は以下の通り。

1st set

1 Wendy
2 Windows
3 I Wish I Knew
4 In A Sentimental Mood
5 Giant Steps

2nd set

1 Love Letters

今回も1曲目以外セカンドセットはセッション。
お客さんも多く結構盛り上がった。

ギターは335。

20180614123243449.jpeg

2018061412324637b.jpeg

ご覧の様に塗装が剥がれてる所が数カ所。(ボディ裏やネック裏も数カ所)
それどころかそれ以外の場所もネチャネチャ溶け始めてるのだ。
で、それが気になるからついつい爪で擦る。
するとどんどん塗装がボロボロになる。今やほぼ全面傷だらけ。
どうにかならんもんかコレ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今巷で話題のコルトレーンの完全未発表スタジオ録音盤!
コレは聴きたい!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

変態ではない

06-10,2018

昨日はリーガロイヤルホテルで友人HとテナーのSZK君が卒業した高校(広島有数の進学校)の同窓会で演奏。
わしはゲストとして参加させて頂いた。
リーガでは2番目に大きな会場。
200人以上参加されてた。
ベースとドラムとトロンボーンの方とは初めて一緒に演奏した。

201806101407026b9.jpeg
持ってったギターはバードランド。
アンプは持ち込み。(ピーターソン)
通常生け花とか置く台にアンプ乗せたがこれが絶妙な高さで気に入った。
イコライザーも繋げてたがエフェクターはBOSSのDDー3のみ使用。
大会場でも音量充分のピーターソンのパワー。
フルアコだから若干ハウリングやフィードバックが心配だったが
これも全く問題無く演奏出来た。
演奏したのは5曲だけだったが久々にクソデカイ音で弾くのは気持ち良かったな。

201806101407085f4.jpeg

それはそうとこの日わしの一番の楽しみは
ドラゴンフライズ(広島のバスケットチーム)のチアガールのアトラクションだったのだ。
これ見たさにルールも知らないのにバスケット見に行こうかと思ってたくらいなんじゃが
まさかそれがこんな所で見れるとは。
よって演奏を終えたら酒飲みながらさり気なくカメラを片手に最前列へ移動。
変態かと怪しまれん程度にじっくり鑑賞&撮影。
すると1人可愛い子がいるではないか。
よって家帰って即チェック。
suzuちゃんという名だった。
と、わざわざ名前迄チェックしといてなんなんじゃが念の為言っておきます。
わしは女好きではあるが変態ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウエスのスコア出ます。



新しいエフェクターブックも出ます。rat特集。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

カープvs日ハム戦に行ってきた

06-07,2018

いやぁー!!!まさに「最高でーす!」な夜だった。
まともに外野にすら飛ばんし三振とゴロの山。
マジで9回迄はクソ面白無い試合だったのだ。
それが9回の裏。
野間の打球が二遊間を抜けた瞬間3万人の客席皆狂喜!
当然わしも大狂喜。
「やったー!!!やったぁぁぁぁぁぁあああああああああ〜!!!!」
と叫びながら横のツレはおろか周りの人々全てとハイタッチ。
それどころか前に座ってた小学生(2年生位)の女児にもハイタッチを求め、
後ろに座ってた見ず知らずのおっさんとはハグ。
最後の最後で最高の試合になった。
野間よい!
今迄ボロカス言ってきてスマン!
許して。

20180607085840418.jpeg

でも実は昨日のポイントは8回裏だったのだ。
菊池が粘って上沢の投球数が110を超えたところ。
あれで栗山はそれまでスイスイと完投ペースだった上沢を変える気になった。
100球で終わってたらおそらく9回表で代打も出さず上沢続投。
負けてた筈だ。
帰り掛け駐車場迄歩きながらツレとそんな話をしてたんじゃが、
なんと今日の球炎(中国新聞のコラム)で山本記者が同じ様な事書いてるではないか!
流石よう見とるのぉ〜山本君よい。
これからもキレの有る記事頼むでい!
そして更に9回裏先頭の丸ね。
ここも大事。
あそこで慌てず騒がずじっくりと四球を選ぶ。
素晴らしい!
やっぱり丸はカープの中心だ。
絶対にFA流出させてはいけない。
ハジメ(カープオーナー松田元)よい。
金ケチるなよ。
Tシャツ作るんがお前の仕事じゃないんで。
そういう所頼むで。
勿論誠也の盗塁も効いた。
昨日は大エラーはするは判断ミスはするは、
打つ方も力み捲って全く良いとこ無かったがよう走った!
あのまま1アウト1、3塁で日ハムが前進守備敷いてなかったら
野間の打球はおそらくセカンドゴロでゲッツーで終わってたかもよ。
グッジョブ!
後アドゥワと藤井もね。
アレで試合が引き締まった。
藤井に勝ちが付いて良かった!
いあやまぁーそれにしてももう一度書くがホント昨日は9回裏迄最悪の試合だったのだ。
わしはずーっと暗い顔で文句ばっか垂れてたのだ。
それが帰りは大笑顔。
大ハシャギ。
前日から降り続けてた雨は結局最後まで一粒足りとも降らんかったし
今年初観戦は最高の試合となった。
しかも昨日はわしの誕生日だったのだ。
良いプレゼント貰った気分だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5出ます。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

シモネちゃん

06-01,2018

これはいつもライブしてるジャズクラブでかかっててそれ聴いて購入した。
もう数年前。
派手さは無いが実に心地良い演奏が気に入ったのだ。

20180601112544ddb.jpeg

Simone Guiducci / My Secret Love (2001年)

Simone Guiducci (g)
Ares Tavolazzi (b)
Paolo Birro (p)
Riccardo Biancoli (ds)
Javier Girotto (ss)

特に1曲目の“secret love”が良い!
若干早めの4ビート。
キーはE♭。
前半をB♭ペダル、途中からコード進行に戻る御馴染みのアレンジだが
ソロ部にこれ入ると特に効果的なんだな。
更にギターソロ部は最初半音下のDのペダルAから始まり、
2コーラス目から元のE♭の進行に戻るのだ。
ぶちカッコいい!
今度わしのライブで拝借決定だ。
で、そこからの2曲目バラードの“old folks”も良いんだなー。
ピアノがAメロ、サビがギター。
ここって若干ブルージーなムードだからそれ正解。
以降ブラジル系ミュージシャンのカバーが3曲にジャンゴナンバー1曲で全6曲。

先程も書いたがこの人自体が若干地味。
全編に渡ってゴダンのエレガットをピック弾き&指弾き。
特にテクニカルでもないし、コンテンポラリー系でもない。
かといってパコみたいにスパニッシュ系のフレーズばんばん弾き倒す訳でもない。
自ら前へ前への人ではないのだ。
このリーダーアルバムでも他のメンバーと露出的には同程度。
でもその辺りのバランス感覚は好き。
このアルバムもそんな感じ。そこが聴いてて心地良い理由か。
それはそうと、
実はわしはこの男の事はイタリア人という事以外ほぼ何も知らないのだ。
名前の発音自体分からん。
シモネ・ギドゥッチ?
それともシモーネ?グイドゥッチ?
まぁー何でもいいが、
スタイル的にはおそらくジャズど真ん中系ではないんじゃなかろうか。
ここではかなりジャズよりだが
やっぱラテンやスパニッシュ系の音楽が本職か?
それともスタジオ系何でも屋か?
違うか?違ったらごめん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。