FC2ブログ

一人芝居

11-27,2018

こんなアルバムこそが聴き込まないといけないアルバムじゃないか。
腰据えて聴かにゃならんのじゃろうか。

201811270215304bd.jpeg

IN COMMON (2017年録音)

Walter Smith Ⅲ (ts)
Matthew Stevens (g)
Joel Ross (vib)
Harish Raghavan (b)
Marcus Gilmore (ds)

てか、わしは結構聴き込んでやっと「ありゃ?コレええじゃん!」となったのだ。
正直1、2回目はいまいちピンと来んかった。
1〜2曲目からもう不穏な空気漂わせてて暗いし地味。
それでもほら、このブログのと云うかわしの音楽聴く上での基本方針が、
「どんな駄作であろうとも意地でも良いトコ見つける」ってのだから!
コレはもう信念みたいなもんだから!
だからもうじっくり、しっかり聴き込みました。
すると不思議にコレええじゃゃゃ〜〜〜〜〜〜ん〜!!!!!!

えぇ…収録曲は10曲。
特に表記してないみたいだから全曲共作なのかな?
(一応リーダー格は共同プロデュースもしてる
ウォルターちゃんとマットちゃんなんだろうけど、
基本ちゃんと全員同格のバンドみたいだしその可能性大)
先程も書いたが無調性風不穏系ナンバーや、ど変態変拍子、
今ドキ系浮遊ナンバー、寂しい系スローナンバーetc…
とにかく全曲地味で若干暗い。
それに10曲収録といっても内2曲は1分台。
2分台の曲も1曲ある。
いやいや、それどころかアルバムトータルで37分しかないのだ。
そしてそれでいてクインテット編成…
ギター好きとしてはマットちゃんの露出も気になりました。
もしかして…とドキドキしました。
その辺発表します。
マシューちゃん全曲参加!
はっきりとしたソロパートってのは内4曲だけど聴き足りなさは無い。
存在感バッチリ。ガッツリ露出してます。
但し今迄とガラッと雰囲気変えたのかこのアルバム限定なにか、
これまた若干地味ちゃー地味。
でもね、それがええんじゃなぁ…(シミジミと)

音も地味なの…
(ピーコックの様に小首を傾げ眉根を寄せる)

でも…それがええんじゃなぁ…(静かに頷きながら)

あ、そうそう…
(スーパーの鮮魚コーナーで不意に今日の献立思い付いた主婦の様に)

シミジミって言えば#5のバラード。(目をパチクリ)

これが何気に良いのよ!
(ねぇ〜貴方聞いてるぅ?と旦那に問い掛ける様に)

とつとつとしたウォルターちゃんのバラードプレイってこんなに良かったんだ…
(ここで自分自身最高最大のウットリとした表情を出して欲しい)

あっ!
(ここで一気にザッ!と立ち上がる)

ドラムも良いの!!!
(そのまま右足をドンっと半歩前に出し同じく右手でグッと拳を作りニカっと大笑顔)

いやぁー前から好きなドラマーだったがここんとこドンドン凄味増してないか?
(オトボケ顔で地団駄踏みながら1回転)

マーカスちゃん!カーッコイイィ〜!
(ピョ〜ンと飛び跳ね空中で白鳥のポーズ)

ドラム聴いてるだけでも堪らんですよぉ〜〜ん!
(樹木希林の「ジュリ〜」ポーズ)

でも…よっぽどドラムに注意して聴かにゃそう直ぐには気が付かない…
(一旦座り、いかりや長介の如く下唇を突き出し例の言葉を心の中で呟いて)

1回じゃダメ。何回も聴かにゃ…(ちょっぴり寂しそうに例の言葉)

そんな訳だから普通の人ならば数回聴いて手放しで
「おっ!コレいいじゃ〜ん!」とは恐らくならない…
(深く溜め息つきながらも一つオマケに例の言葉)

でもそれも含めて聴き込んで行くとええんじゃよねぇ…
(最後はゆっくりともう一回立ち上がり遠い目でシミジミと…)

終わり…
(出来れば涙流して下さい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の動きを実際に全てやった人にプレゼント致します
日本語解説付きはコレです。(嘘です)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。