FC2ブログ

2ジム

08-02,2019

ジミー・レイニーとジム・ホールと云う2人の名ギタリストに、
ズート・シムズまで加わる。
まさに夢の共演!

20190731102504e69.jpeg

Jimmy Raney / Two Jim’s And Zoot (1964年録音)

Jimmy Raney (g)
Jim Hall (g)
Zoot Sims (ts)
Osle Johnson (ds)
Steve Swallow (b)

名義はジミーちゃんのリーダーアルバムだが、
ジム・ホールもズートも大活躍。
3人が主役と断言して全く差し支えない内容だ。

収録曲はジム・ホールのオリジナルが2にカバーが8の全10曲。
テーマ弾きをパート毎に分け合ったり、
ズートのバックでカウンターライン入れたり、
2人の名ギタリストはどちらかが出るともう一方は引くといった具合に、
まさに「お互いがやってない事をやる」と云う、
定石通りのプレイで聴いてて非常に面白い。
更に、このブログを何時も読んで頂いてるギター好きならばご存知だろうが、
ギター弾きはギター弾きが好き。
ギターと云う物体自体も大好き。
それが対抗意識になる事もあるが、
基本仲間意識が強い。
ギター弾き同士は直ぐに打ち解けるのだ。
しかもわしが実感した感じではコレは万国共通。
よってここでのジム&ジミーちゃんもおそらくそんな感じなんだろう。
2人共2ギターと云う事で心なしか張り切ってる気がする。
いや。
ジムちゃんなんかハッキリ張り切ってる。
普段のプレイよりも余計にスインギーで、
より明るい感じを受ける。
気のせいか?
ちなみにベースのスティーブ・スワローはまだウッベ弾いてて、
ズートもいつも通り男気溢れるプレイで
スイングしまくっとりんさる。
是非一度お聴きしてつかぁ〜さい!
カッコええんじゃけぇ〜!
(むすびのむさしのCM風にキメてみました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。