FC2ブログ

去年と同様

08-18,2019

セイコージャズキャンプ流れで
広島に帰って来た大林君トリオライブに行ってきた。
メンバーも同じく大林武司(ピアノ)
中村恭士(ベース)
Yotam Silberstein (ギター)の3人。

2019081813505127f.jpeg

場所はわしもこれまで何度かライブをさせて頂いた事のある
東広島市に端にあるジャズクラブ。
去年は福山市だったので、(この記事参照)
徐々にわしの家に近付いて来てる。
来年は是非とも広島市内で演って頂きたい。
ちなみに今回も当然ツレと共に参戦。
そして更に今回は現地でピアノの友人Hとも合流。
(超満員だった)
やはり近くになればなるほど良いのだ。
そうなればもっと知り合いが増える!
(増えたからといって何も無いが)
それにしてもこうやって去年のブログを読み返すと、
わざわざ福山迄行ったもんだから元気に色々と遊んどるが、
今は糖尿病発症で15歩先のトイレ行くにもヨタヨタとままならん状態なんで
それは無し。
情けなし。

で、さぁー写真をご覧下さい。
お約束の機材チャック。
写真は無いがギターはナチュラルフィニッシュのウエストヴィルだった。
これはヨタムのインスタに写真有ります。
で、足元のエフェクターがこちら。

20190818135052937.jpeg

去年から大きく変わり、
Line6のマルチとエレハモのpog2にルーパー、Morleyのワウ/volペダルが加わった。
カート程じゃ無いが時折アタック音無くした音出してたが、おそらくPOG。
でも基本そんな派手にはエフェクターは使ってなかった。
センス良く程々にって感じ。
バラード(My Foolish Heart)で深めのディレイ使ったのも効果的だった。

アンプも変わった。
見た瞬間「ヨタムよ!お前もか!」と思ったが、
ポリトーンからDV Markへ。
わしの(little jazz)より一回り大きいJAZZ12と云うモデルだ。
ツマミのセッティングはこの通り。
little jazz含めてこのメーカーのアンプ持ってる人多いでしょうから参考にして下さい。

20190818135054c8f.jpeg

演奏曲は今年はメンバーのオリジナルとスタンダード、
ジャズチューンが同等くらいに。
オープニングで演ったベースのヤッさん(とは誰も呼んでないけど)
のオリジナルがええ曲じゃった。
で、2曲めに”Who Can I Turn To?”演ったんじゃが、
これが良かった!
有名曲の割に意外にわしセッションでもライブでも演奏した事無いので
いつか演ってみよと思った。
そういやぁ、2nd setのオープニング。
“I Wish I Knew”演ったんじゃが、
少し長めのヨタムのイントロから、全員入ってさぁーメインテーマへ!
と云う所でヨタムの音がプツンと切れたのだ。
焦るヨタム。
てか、かつて何度も同じ様なトラブルに見舞われた経験のあるわしの方も焦る。
痛い程ヨタムの心境が分かるのだ。
原因はおそらくパッチケーブル。
電源タップ変えたりしてとりあえずなんとかなってたが
ラスト曲でもう一回切れた時はボードからケーブル引き抜いてアンプ直でいってた。
あぁ〜焦った。(わしが焦っても仕方ないんだけど)
それと1st setラストで演ったクルミンとか云うラテン曲がカッコ良かったのだ!
あれ、是非ともわしも演りたいんじゃが詳細が分からない。
ライブ終わりに大林君とこ行ってよっぽど
「あの曲の譜面貸してくれんか?そこのコンビニでコピーしてくるけん!」
と言いたかったが当たり前だが止めた。
(知ってる人教えて下さい)
でも帰りがけにさも親戚の叔父さんかの如く馴れ馴れしく大林君に話し掛けたら
「この人誰だっけ?」的な顔しとったな。
「誰でもないよ。赤の他人です」
とはあえて言わんかったが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヨタム新譜。(ここにレビュー)
当然サイン貰った。








いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。