FC2ブログ

理由

09-10,2019

数日前のブログ(これ)で、
今更ながらショーターの“Speak No Evil”をヘビロテ中と云う記事書いたが、
その理由がコレ!

20190909125159db6.png

池戸祐太 / Mirror (2018年録音)

池戸祐太(g)
永見寿久(b)
河村亮(d)

この中で上記のアルバム収録のショーター作のダークな名バラード
“Infant Eyes”を演ってるのだ。
で、当然ギタートリオで演ってる訳だが、
コレがクソが10個付くほどカッコいい!
ガツンと弾きまくってるのにクール。
クールなのに聴いてると熱いモノがグッとくる。
素晴らしい演奏。
スタイルとしてはラーゲちゃん辺りに似た感覚持ってる人。
「日本人離れした〜」って表現はチンプだけど、
なんかそんな感じの感性持ったギタリストだと思う。
粒だちの良い瑞々しいサウンドで、
使用機材が近年物のGibson Byrdlandに、
DV MARKのギターアンプと云うのも
わし的には親近感湧くポイントなのだ。

その他収録曲は全部で6曲。
“Infant Eyes以外は本人のオリジナルばかりだが、
コレがコンテンポラリーな曲調ばかりで全てカッコいいのだ!
「オリジナルばかりの中に1曲だけショーターナンバーがカバーされてるが、
それに全く違和感は感じない」と書けば全体の雰囲気伝わると思います。
ちなみに、
ヴァチュオーゾ・レーベルからリリースされた
この人のアルバムはコレが2枚目なんだが、
1枚目の方は気付いた時には既に完売だったのだ。
だからいまだ未聴。
よってこの2枚目の方もそうなる可能性高し。
だから気になる方はお早目にご購入される事をオススメします。
売り切れたら再発は中々難しいでしょうから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロベン・フォード新譜!





いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。