FC2ブログ

ハルさんの本

09-12,2019

高内ハルさんの本読みました!
と書くと「で、そのハルさんって誰?」ってなる方も多いでしょう。
いくらハルさんが日本を代表するジャズギタリストと言っても
世間的(わしのツレ含む)にはそんなもん。
よってそう云う場合は「ハルさんは松坂慶子の旦那」と言って下さい。
すると即「へぇ〜!!!そうなの!!!」っとなるから不思議なのだ。
えぇ…
スミマセン…
下世話で。

20190911192751cb0.jpeg

VOICE OF BLUE (舞台上で繰り広げられた真実のジャズ史をたどる旅)
高内春彦 著

予想に反してギター関連の事はほぼ書いてないです。
だからといって、
勿論、松坂慶子との私生活を赤裸々に綴ってる訳でも無い。
そう云う意味では期待外れ。(ギターの話と云う意味です)
だけどだけど!
これがまぁー面白いんだな!

ミュージシャン目線と云うか
長年アメリカのトップレベルで活躍されてるジャズメンとして
現場目線のジャズ史が描かれてて、
これまでに読んだジャズ本とはちょっと違う視点が面白い。
勿論特に序盤は多少音楽的知識が必要な箇所もあるが、
基本難しい事は無い。
そういった事もハルさんらしい親しみのある文体で表現してて読み易い。
一般的なジャズの歴史本の補足としても
これからジャズを知りたい方の教科書としてもいいんじゃなかろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オススメ!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。