FC2ブログ

「クロール 凶暴領域」観に行った

10-12,2019

ツレと共に。
いつものシネコン。



ワニの映画です。
ワニはサメ程の派手さもないし、
ストーリーもクソ単純で「ワニから逃げる映画」
だけで説明終わる程だし、
ほぼ古い一軒家だけが舞台なんだが、
流石サム・ライミ!(製作)
コンパクトな上映時間(87分)内に
緊張感がギュッと凝縮されててかなり面白かったです。
あまり話題にならんだろうが機会があれば是非ご覧になって下さい。
それはそうと、
大量のスナック類(ポップコーン&フライドチキン&フライドポテト)
を持って
入れ歯をバフバフさせながら、
物凄いスピードで歩く老婆(推定年齢70歳)が、
一人でこの映画観てたんじゃが、
そっちの方が珍しいですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレが2万チョイ!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

ジャズるジョンスコ!

10-06,2019

フランコ・アンブロセッティの新譜は、
ジョンスコ(ジョン・スコフィールド)参加。
しかもこのメンツ。
聴かない訳にはいかないのだ。

20191006181043bc3.jpeg

Franco Ambrosetti / Long Waves (2019年録音)

Franco Ambrosetti tp,fh)
John Scofield (g)
Uri Caine (p)
Jack DeJonette (ds)
Scott Colley (b)

ジョンスコがフランコちゃんのアルバムに参加するのは
おそらくコレが4枚目。
よってサウンドはある意味予想通り!
わしの1番好きな「ジャズるジョンスコ」をたっぷりと官能出来るのだ。
ピアノも入るクインテット編成だが全曲でソロ!
黒のAS200のぶっとい音でウネウネと這い回るジョンスコ節に
のけ反る事請け合いだ。
しかも、セッションでも人気の2曲のスタンダード
(Old FolksとOn Green Dolphin Street)
でのジョンスコのプレイが聴けのも美味しいポイント!
とても参考になります!
(なってもこんなカッコ良く弾けないけど)
ジョンスコ目当ての人に安心してオススメ出来るアルバムだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故かフィジカル盤は品薄みたい。
コレはダウンロード版。是非!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

わしが保証

10-01,2019

リリース当時物凄いヘビロテだったアルバム。
久々に引っ張り出して聴いてみた。

20191001145017e71.jpeg

Stan Killian / Evoke (2012年録音)

Stan Killan (ts)
Mike Moreno (g)
Benito Gonzalez (p)
Corcoran Holt (b)
Mcclenty Hunter (ds)

当然マイクのモレノちゃん目当てで購入。
しかしピアノ&ギター入りのクインテット作だし、
どこにもモレノちゃんの露出度について書いてないので買うのを迷った。
そして迷った末賭けで購入。
結果見事その賭けに勝ったと云うアルバムなのだ。
はい、そうです!
モレノちゃん目当てだけで購入しても大丈夫!
きっと満足。
ギター好きな皆さまならばおそらくご経験あるでしょうが、
大好きなギタリストが参加してると云うので、
張り切って購入したはいいが、
中には「はっ?10曲中2曲しか入っとらんやんけ!」
と云うアルバムもあるのだ。
その時の落胆ときたら…
しかし!
このアルバムはモレノちゃん全曲バッチリ参加!
アドリブパートもふんだんに有ります。
そもどれもがぶちカッコええどす!
いわゆるコンテンポラリーな曲から
ウォーキングベースの4ビートナンバーまで曲も粒揃い。
(全曲スタンちゃんオリジナル)
さぁー私が保証致します。
安心してご購入下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。