fc2ブログ

ダンケルク観に行った

09-25,2017



最も印象に残った場面としてはアレだな、
冒頭主人公の1人が便意(ウンコ)を抱えたままドイツ軍に攻撃されてるとこ。
どんな危機的状況でもしっかり便意はやって来る。
正に以前ここで書いたわしの夢の中の様な状態。(この記事参照)
これが最大の感想かな。
って、嘘です。そんな訳は無い。
映画は非常に面白かった。
疲れる程の凄い緊張感だった。
しかし!
この日はそんな面白い映画よりもわしを夢中にさせた物があったのだ。
それはこのシネコンと同じショッピングモール内のとある楽器店で試奏した
いま巷で大評判VOXの新真空管搭載ギターヘッドアンプ“MV50”なのである。
(わしが試奏したのはACタイプ)

2017092510455527a.jpegこれね

先ずはそのサイズに驚いた。
これがまぁー想像以上の小ささ。
マジでこの中に真空管入ってるのか?と疑うレベル。
専用のキャビネットも軽い軽い。
早速試奏をお願いした。
ギターは店にあった唯一のセミアコ(IbanezのおそらくAS93)
いやいやいやいやー!!!弾いた瞬間参った!!!
音の方も想像以上だったのだ。
クリーンもいけるがちょいとゲインを上げれば正にジョンスコ。
気持ち良過ぎて思わずニヤける。
そこそこの大きさの店でやるジャズ系のライブならば音量も充分。
しかもこれがキャビネットとセットで3万円以下で買えるのだ!
なんていう良い時代だ。
それからわしはこのアンプが如何に素晴らしかをツレに延々と語った。
ツレに伝えたところで全く意味は無いがずーっとこいつについて喋り続けた。
映画館の席に座っても感想を述べ続けた。
いや…実際は映画が始まってもチラチラとこのアンプの事を考えてた。
当初「買うならcleanタイプだな」とか思ってたんじゃが
「クリーンはピーターソンが有るからやっぱ買うならACタイプだな」
「音だけは安上がりにジョンスコになれるな」
と、気が付くと買う予定も金も無いのに想像してた。
だから映画見終わった後も映画の感想を述べるツレに対して
わしの口から出る言葉はアンプの感想が先。
映画二の次。
いや映画は間違いなく面白かったのだ。
もう一回観て細部を確認したいのだ。
でもこの日はアンプの事が頭から離れんかったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンプはこれ。



fusion guitar bookってのが出る!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

MV-50 人気みたいですね。
私はまだ弾いたことが無いのですが、内蔵されている真空管Nutubeは持っています。
DIY向けの先行発売で入手して、Boosterの実験をしたときには、可能性は感じるけど使い方難しいなぁという印象でした。

因に、MV50はクリーンだけ回路構成が違うようです。
他はプリ管としてNutubeを使うのですが、クリーンは疑似メイン管として使っているようです。
回路的にはなるほどなぁというヤツなんで、ぜひクリーンも試奏してみて下さい。
結構歪むらしいし。
2017/10/07(土) 10:35:58 |URL|bakarasche #- [EDIT]
bakarascheさんどうも!
技術的な事は一切分からないんですが
そのサイズに一番驚きましたよ。
ぶち軽いし。
しかも真空管アンプのニュアンスも十分にありました。
そういえばクリーンの方が売れてるって云う噂も聞きました。
でも試奏したらまた頭から離れん事になりそうで怖いですよ!
でもいずれ試奏するでしょうけど。
2017/10/07(土) 21:28:57 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK