FC2ブログ

大失恋からの

11-18,2017

昨日からめっきり寒くなったんで、
今日はこっぽりとコタツに入ってバラードアルバムを聴く。

20171118113025c5a.jpeg

Jonathan Kreisberg / Night Songs (2008年録音)

Jonathan Kreisberg (g)
Gary Versace (p)
Matt Penman (b)
Mark Ferber (ds)

ついこないだ発売された気もするが何と既に10年近く前のアルバム。
当時のインタビューを読むとこのバラード集を録音したのは
自身の大失恋もキッカケの一つ的な事言ってる。
ふむ、自分が黄昏る為に自分で感情入れまくってギター弾いたと云う訳だ。
それだけに深みがある。
聴いてて「あぁ、大変だったんだな」と感情移入しちゃう。
それに確かに黄昏るのにぴったりの内容だがワンパターンで無いのも良いんだな。
得てしてバラード集と云うのは平坦な味になりがちだが
これはメリハリが効いてるのだ。
いつになくアコギも沢山使いリズム面も案外多彩。
聴き飽きない様構成面もしっかりと考えたらしい。
そしてバラード集と侮るなかれギターの方もガッツリ弾いてくれとる。
随所に飛び込むあのハイパーなフレージング。
多彩な表現力。
ゾクゾクする程カッコいい。
バラードを主体としながらもしっかりとコンテンポラリーなアルバムに仕上がってる。
大失恋してもタダでは起きないのだ。
収録曲はスタンダードにジャズメンオリジナルのみで全9曲。
有名どころ多し。
ちなみに、こないだわしらのライブでも“Autumn In New York”を演ったんだけど、
このアルバムバージョンのイントロ丸々拝借しました。
ありがとうジョナサン。
今からの季節にぴったりな名盤。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK