FC2ブログ

またもバスツアーに参加した

12-16,2017

今回は兵庫県は赤穂市で開催される「赤穂義士祭」見物。
忠臣蔵の47士を中心とした行列がメイン行事だ。
わしもツレも忠臣蔵が大好き。
しかもゲストは大石内蔵助役で中村梅雀!
2時間サスペンスを愛するツレの琴線を刺激するキャスティング。
行かない訳にはいくまい。

で、朝っぱらから大事。
今回は東に向かう為いつもの広島駅をパスし、
西条にあるツアー会社の駐車場からバス乗る事にしてた。
集合時間は8時半。出発8時40分。
よって朝の渋滞を考慮し7時15分に自宅を出発。
これでも十分間に合うとの予想だった。
がしかし!
コレが見込み違いだったのだ。
瀬野駅前から大渋滞。車は全く動かない。
時間は刻一刻と過ぎて行く。
こりゃ間に合わんな…
添乗員に連絡したら少しくらいなら待って貰えんか?
どうにかお願いしたら何とかならんか?
でも仮に待って貰えたとしても他の乗客達にバスの中で謝らねばならんだろうな。
その場合バスガイドが使う例のあの備え付けマイクを使うしかないか。
「えーっと…遅れてスミマセン」とでも言いながら愛想笑いするか。
いや…それだけじゃ皆の許しは貰えんかも…
あぁ〜丸一日非難の目で見られるのは堪らんな。
途中のサービスエリアで缶コーヒーでも買ってお詫びの印として一人一人に手渡すか。
そこまで考えた。
腹を括った。
しかし!一貫田付近で急に車が動き始めた。
今までの大渋滞が何だったのかと思うくらいガンガン進む。
「うおおー!もしかして間に合うかもぉ〜!!!」
わしはぶっ飛ばした。
手に汗浮かべ目を血走らせぶっ飛ばした。
間に合った!
奇跡的にバスと同着。
一時は完全に諦めかけたが間に合った!
ツレと2人でマイクで謝罪と云う最悪の事態は免れた。
ちなみにこんな事態でもツレは駐車場でトイレに駆け込んだ。

朝っぱらから緊張感MAXでバスに乗ってもまだわしの胸はドキドキ。
落ち着かない。
その時更に目を疑う光景が。
わしの斜め前に座ってる茶色いニット帽を被った婆さん。
推定年齢80歳のこの婆さんを見た瞬間わしは思った。
「ツレにソックリじゃないか」と。
見れば見る程似てる。
笑っちゃう程ソックリ。(実際大笑いした)
まさに未来のツレ。
但し服装は違う。
ド派手な迷彩のズボンとか履いてる。
ツレをちょいワル風にした感じだが顔は親子で完全に通用する。
直ぐにツレに報告。
するとなんとツレも気付いてたのだ!
自分ソックリな婆さんがいる事に!
晴れてツレ公認のちょいワルクリソツ婆さんに認定だ。
ちなみにこの婆さん年内後2回もバスツアーに参加するらしい。
トイレ休憩で寄るサービスエリアでは必ず名物的な物買って食べてるし、
持参したS字フックで手荷物ぶら下げたりやってる事が完全にプロなのだ。

バスツアーといっても今回は現地に着けば集合時間まで完全フリー。
赤穂の駅前からぶらぶらする。
平日の為か予想してたより混み合ってない。
忠臣蔵のメイン行事は実際の討ち入りの日にするしかない。
平日だろうがなんだろうが関係無いのだ。
とにかく12月14日。
で、コレは想像なので実際は定かでないが
おそらく赤穂市の小中学は毎年曜日関係なくこの日は休みなんじゃなかろうか。
子供が一杯居たから。

20171216042350d05.jpeg

20171216042530092.jpeg

201712160430498ba.jpeg

201712160430526af.jpeg

ぶらぶらしつつとりあえず花岳寺に向かう。
それにしても小じんまりした街だ。
祭り自体も小じんまりで誠に心地よい。
そこでふと前を見るとツレ公認クリソツ婆さんが歩いてるではないか。
おそらく目的地は同じだ。
後ろに付いていく事にする。
と道を間違えた。
よってわしらも間違えた。

20171216043052f43.jpeg

寺には黒猫の可愛い47士のキャラクターフィギュアが飾ってあった。
ツレはこのキャラのイラスト入りクリアファイルを購入。

201712160430550a6.jpeg

20171216043055a29.jpeg

次に向かうは大石神社。旧大石内蔵助邸だ。

2017121604362824a.jpeg

201712160436303f3.jpeg

201712160436304dd.jpeg

ズラッと並ぶ47士の石像に否が応でもテンション上がる。

20171216043632010.jpeg

201712160436335df.jpeg

20171216044312f1b.jpeg

201712160443142ae.jpeg

201712160443149c2.jpeg

ちょうど参拝していた出番前の梅雀に遭遇!
ツレ興奮。

20171216044316236.jpeg

それから赤穂城跡内の露店を覗きながら行列のある通りへ。

201712160451429f4.jpeg

20171216044318721.jpeg

そしてさぁ始まりました。
コレはこども大名行列。

2017121604514921e.jpeg

20171216045146ce1.jpeg

20171216045146ab3.jpeg

こども47士。ちびっ子大石内蔵助は眼鏡をかけてた。

20171216045148aa2.jpeg

2017121604583267e.jpeg

この真ん中の人も大石内蔵助だがどう見ても悪代官顔。

20171216045835256.jpeg

馬に乗って市長も参上。

20171216045835d77.jpeg

そして山車(といっても普通のトラックだけど)にのった忠臣蔵名場面隊。

20171216045836b5f.jpeg

201712160458380f4.jpeg

20171216050601c88.jpeg

コレが別に人間じゃなく蝋人形でもいいんじゃないかと云う位動かない。
まだ動きのあるシーンは分かるが
中にはただ立ってるだけの山車も有るのが面白い。
漂うムードが非常にシュール。
シュール隊と名付けた。
そしてラストは梅雀率いる47士だ。
梅雀を激写!

20171216050603d75.jpeg

2017121605080444b.jpeg

この祭りは良い意味でカチッとしてないんだな。
この行列もそう。
非常にのんびりムード。ゆる〜い雰囲気。
2箇所ある行列する通りの間の道はふれあいゾーンとなってるんだが只の通り。
普通に参加者が歩いてる。

20171216050603787.jpeg

赤穂滞在時間は約4時間。
送れないよう帰りは早々に集合場所へ。
既にクリソツ婆さんも戻ってきてた。
じっくり見てたら更にクリソツ。
西条駐車場で降りた後は自家用車で西条駅前に行き
ちょこっと酒飲んで締めは「あおぞう」のネギそば。
楽しい1日だったが
唯一の心残りはツレとクリソツ婆さんの2ショット写真が撮れなかった事だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドクターロニースミス新譜は当然ジョナサン・クライスバーグ参加!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

たぶんあちらも気づいていたんじゃないかと。
2017/12/16(土) 17:01:41 |URL|ならば #- [EDIT]
あちらどころかヘタするとバスの中 いた人全てがあの二人似てると思ってたかもしれんです。
2017/12/17(日) 01:33:14 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK