FC2ブログ

濃いぃ〜世界

12-19,2017

近々ニューアルバムリリースされるという事で今日はコレを聴いた。

20171219102919def.jpeg

Dr Lonnie Smith / The Healer (2011.12録音)

Dr Lonnie Smith (org Vo key elper)
Jonathan Kreisberg (g)
Jamire Williams (ds)

新作とドラムは違うが同じオルガン+ギター+ドラムのトリオ編成でのライブ。
もうのっけからコンテンポラリーか?プログレか?と云う感じのナンバーで
ジョナサン大暴れ。
否が応でもテンション上がる。
ジョナサンは続くジミースミス作のファンキーなマイナーブルースでも
一切黒さに染まる事無くあの独特なフレージングで押し通す。
仰け反る程カッコいい。
どファンキーな3コードのブルース(#3)でウンチャカ,ウンチャカと
ベタなコードカッティングしてても今っぽく感じるから不思議。
#4の”Chelsea Bridge”なんかは当然ね。
黒っぽさは一切排除。
ジャズロックなハイテンポナンバー#5でも物凄いソロを展開。
ディストーションにおそらくエレハモのPOGを噛ませたサウンドだろうが
コレももーぶっ飛んでる。
ラストのブルージーなスローナンバーもそうね。
出だしだけはグッと渋くブルージーに入って来るが
ソロ後半はもう完全にジョナサンワールド。
175にディストーションかけてよくもまぁ〜こんだけ弾くわと呆れる程だ。
ロニースミスももう全編に渡ってコッテコテ。
でもジョナサンをメンバー入れてるのは大正解じゃないかね。
コレが所謂普通にファンキーな黒人ギタリストとかだと余りにも平凡。
ジョナサンだからこそ広がる異次元な空間。
離さなん訳だ。
新作もライブだし期待出来るじゃろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



新作はコレ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK