FC2ブログ

浸れる空気感

02-13,2018

ボビー・コールドウェルのプロジェクト”Cool Uncle”で
久々に声聴いたデニース・ウィリアムスのAORテイスト溢れる名盤!

20180213162609fa1.jpeg

Deniece Williams / When Love Comes Calling (1979年)

プロデューサーにレイ・パーカーJr.とデヴィッド・フォスターの2人。
バックミュージシャンはその2人を筆頭に
TOTOノロ面々(ルカサー、ハンゲイト、ポーカロ兄弟)
エド・グリーンやビル・チャンプリン等。
更に録音されたのは70年代後半。
まだこれ聴いた事無い好き者の貴方。
これだけでもう音の方も想像付きますね?
はい。それ当たってます。
そんな訳で特に書くことも無いんで1番好きな曲貼り付けます。
うーんと、やっぱベタにフォスタープロデュースのタイトル曲かな。



いやぁー!!!やっぱええわ!
まさにエア・プレイとEW&Fの良いトコどりみたいな名曲!
ラストのこのバラードもモロそんな感じ。



それにしても全編に溢れるこの空気感!
この時代特有のこの空気感だけは今いくらこれ真似しようとしても絶対に出ないんだな。
マジで何じゃろコレ。
ほんと一瞬にしてこの時代の雰囲気に戻れるのだ。
不思議。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK