FC2ブログ

埋もれた名盤

05-12,2018

もうすぐジョナサン(クライスバーグ)とのデュオアルバムがリリースされるネルソン・ヴェラス参加のアルバム。

20180511132208d93.jpeg

Eric Le Lann / I Remember Chet (2013)

Eric Le Lann (tp)
Nelson Veras (g)
Gildas Bocle (b)

リーダーのエリックちゃんに関しては
購入当時から今に至るまで詳しい事は全く知りません。
完全にギターのネルソンちゃんだけが目当てで購入。
しかし素晴らしいトランペッターであるのは間違いない。

収録曲はオリジナル1曲を除いて全て有名曲のみ。(全11曲)
以前紹介したネルソンちゃんのリーダーアルバム(この記事)
はネルソンちゃんのオリジナルや余り馴染みのない曲中心だったんで、
これはこれで逆に嬉しいのだ。
やはり有名スタンダードやってくれると色々参考になるからな。

そんな訳でタイトル通り楽器編成や選曲もダグ・レイニー参加のチェット・ベイカー盤みたい。
演奏自体も基本オーソドックス。
でもそこはやっぱりネルソンちゃん。
そんな中でもきっちり独自のムードを醸し出してるのだ。
当然ダグとは全く違うスタイル。
バップ臭薄くクールで浮遊感あるフレージングとコードワーク。
まぁカッコいい。
ギターもいつもの様にエレクトリックは使わない。
ガットのみ。(おそらくゴダンのエレガット)
しかも本人ブラジル人。
なのにブラジル感一切無くコンテンポラリースタイルなのだから驚く。
ギター好きにとってはそれがこのアルバムの一番の聴き所か。
ダグ入りのチェット盤と聴き比べするとより面白い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK