シモネちゃん

06-01,2018

これはいつもライブしてるジャズクラブでかかっててそれ聴いて購入した。
もう数年前。
派手さは無いが実に心地良い演奏が気に入ったのだ。

20180601112544ddb.jpeg

Simone Guiducci / My Secret Love (2001年)

Simone Guiducci (g)
Ares Tavolazzi (b)
Paolo Birro (p)
Riccardo Biancoli (ds)
Javier Girotto (ss)

特に1曲目の“secret love”が良い!
若干早めの4ビート。
キーはE♭。
前半をB♭ペダル、途中からコード進行に戻る御馴染みのアレンジだが
ソロ部にこれ入ると特に効果的なんだな。
更にギターソロ部は最初半音下のDのペダルAから始まり、
2コーラス目から元のE♭の進行に戻るのだ。
ぶちカッコいい!
今度わしのライブで拝借決定だ。
で、そこからの2曲目バラードの“old folks”も良いんだなー。
ピアノがAメロ、サビがギター。
ここって若干ブルージーなムードだからそれ正解。
以降ブラジル系ミュージシャンのカバーが3曲にジャンゴナンバー1曲で全6曲。

先程も書いたがこの人自体が若干地味。
全編に渡ってゴダンのエレガットをピック弾き&指弾き。
特にテクニカルでもないし、コンテンポラリー系でもない。
かといってパコみたいにスパニッシュ系のフレーズばんばん弾き倒す訳でもない。
自ら前へ前への人ではないのだ。
このリーダーアルバムでも他のメンバーと露出的には同程度。
でもその辺りのバランス感覚は好き。
このアルバムもそんな感じ。そこが聴いてて心地良い理由か。
それはそうと、
実はわしはこの男の事はイタリア人という事以外ほぼ何も知らないのだ。
名前の発音自体分からん。
シモネ・ギドゥッチ?
それともシモーネ?グイドゥッチ?
まぁー何でもいいが、
スタイル的にはおそらくジャズど真ん中系ではないんじゃなかろうか。
ここではかなりジャズよりだが
やっぱラテンやスパニッシュ系の音楽が本職か?
それともスタジオ系何でも屋か?
違うか?違ったらごめん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK