FC2ブログ

思い出は恥ずかしすぎて

07-25,2018

唯一CDで持ってる八神純子のアルバム。
残念ながら先日のコンサートではこの中の曲はやらなかったが
捨て曲無しの名盤なのだ。

20180725061245060.jpeg

八神純子 / 夢みる頃を過ぎても (1982年)

例の彼女から録音して貰って聴いてた思い出のアルバムでもある。
時を経て聴き直したくなったので数年前CDで購入した。
当時組んでたバンドでも2曲程コピーして演った。
(I’m A WomanとFly Away)
今書いてて思い出したが
そのバンドのヴォーカルの子わざわざサンバホイッスル購入して
Fly Awayの時吹いてたな。
しかも衣装までちゃんと作って。
ちなみにわしら男達の衣装は、
ド派手なショッキングピンクだーイエローだーの蛍光色の上下。
今振り返ると物凄く恥ずかしいが、コレがオシャレと思ってたのも事実。
しかも当然中途半端なロン毛ね。(高校生だったから)
あとこないだツレと話してて思い出したんだが、
アロハシャツに貝殻のネックレスとかもしてたな。
ベルトはロープっぽい素材のヤツ。
そして夏休みはカーリーヘア…

話戻ります。
で、バンドではやってないがこの中でわしが好きなのは曲は
タイトルナンバーのこれ(夢みる頃を過ぎても)



とこれ。(シークレットラヴ)



この曲の作曲は後藤次利。
そしてギターは松原正樹。
ぶちカッコいいですね!
音も良い!
その他のメンツも裏方スタッフも豪華。
おそらくこの数年前位から日本の音楽業界もアルバム単位でしっかり音楽作り出したって感じじゃないだろうか。
これも時間と金掛けてしっかりと作られとると感じる。
それまでの日本って基本シングルがメインだったからねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。








COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK