FC2ブログ

ギラッド・ヘクセルマンの新譜が良い!

09-25,2018

いやいやいやいやぁ〜これ名盤!
断言します。
わしが断言したところで意味は無いだろうがとりあえずしますよ!

20180925114249a03.jpeg

Gilad Hekselman / Ask For Chaos (2018)

gHEX TRIO (3.6.8.10)
Gilad Hekselman (g)
Rick Rosato (b)
Jonathan Pinson (ds)

ZUPEROCTAVE (2.4.5.7.9)
Gilad Hekselman (g,b)
Aaron Parks (syn,rhodes,p)
Kush Abadey (ds,pads)

2つの形式のトリオで計10曲と言いたいとこじゃが
1曲目はギラッド単独の20秒程のプロローグなんで実質9曲。
ベース入りのオーソドックスなギタートリオが4曲。
もう一つの方が5曲。
ギラッドはJohn Raymondとの一連のアルバムや最近出たWill Vinsonのアルバムなど最近ベースレス尽いてるがもしかしてマイブームなのか?
それともあっち(NY方面)で流行ってるのか?
そういやぁわしゃそれらのアルバムのレビューも一切してないな。
いずれします。
話戻って。
両トリオともに所謂4ビートは一切やってなくて変拍子も数曲ある。
基本ベース入りの方がストレートな演奏で、
アーロンパークスが入ってる方は多重録音やシンセなど
ギターもエフェクターをガッツリ使ってよりエレクトリックな感じかな。
でもどちらも今時なスペーシーで浮遊感のあるコンテンポラリー系ジャズと云う括りになるでしょう。
勿論全曲気に入ったんじゃがとりあえずざっと書いていくとまずは#3ね。
初期のギラッドな感じのちょっとメセニーが書きそうな曲。
(ベース入りトリオ)
空間系のみ効かせたギターサウンドでまぁ〜カッコいいソロを聴かせてくれる。
#6もぶち気に入った。(ベース入りトリオ)
これも若干メセニーチックなブラジリアンテイストのナンバー。
タイトルは”Milton”うん!そだねーって感じ。
クリーントーンでクールでいて躍動感溢れるソロ。
この辺の塩梅がまさに今時のギタリストなんだな。
そこからの流れで#7 (ベースレストリオ)
これまた名曲!
アーロンのピアノソロもギラッドのソロも素晴らしいのだ。
ベースはギラッドが弾いてるのかね?
この2曲の流れはアルバムの中でも特に好き。
順番めちゃくちゃだがYouTubeに動画ある#1や#10もええんじゃよなぁ。
#10はタイトル通り素朴なメロが気持ちいい癒しナンバー。
#1でのアーロンの歪効かせたローズのソロぶちカッコいいのだ。
あっ!#9のギラッドのソロもカッコいいんじゃよなぁー!
ギラッドが弾いてるギターはヴィクターベイリーのフルアコがメイン。
そこに数曲フェンダーのテレキャスって感じかね。
どちらにせよギターは全編たっぷり聴けるし何よりも曲が良いのだ。
(ここ大事!)
ギラッド完全覚醒したんじゃないか。
全ギターファン必聴のアルバムになっとります。
いや出来れば全ジャズファンに聴いて頂きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK