FC2ブログ

「クワイエットプレイス」観た

10-05,2018

先月の「MEG」から3連続で同じシネコン。
ただし今回は平日の9時台の回。
客席は若いカップル及び女子2人組中心でパラパラ。
中年連中はわし&ツレのみ。
異質な2人。



映画始まる前に吹き替え版なかったのかとツレと話してたんじゃが
吹き替えは全く意味が無い映画。
なんせ90%セリフ無いのだ。
逆に手話で会話してるシーンが多いんで字幕は絶対必要。
それにしても物凄い緊張感の映画だった。
疲れる程の緊張感。
序盤から「何でこの非常時に妊娠なんぞしとんや」と心に中でツッコんでたら
案の定その先でまさに「それみろだから言わんこっちゃ無い」と云う展開になる。
だがこの設定によって更に緊張感が高まるのだ。
マジ凄いですよこっからの緊張感。
詳しくは書かんが。
あと釘ね。(これも詳しくは書かんが)
まぁー絶対あれ踏むんだろうなと思ってたら案の定踏む。
物凄い痛そう。
リアルガチで痛そう。
で、そっからはとにかく釘が気になる。
更にその釘を気にしてるであろうツレが気になる。
隣から気にしてる雰囲気がヒシヒシと伝わって来るのだ。
釘が近づくと「スッ〜ン…スッ〜ン…」と緊張感を湛えたツレの鼻息が聞こえる。
おそらく「何故釘を放っとく?」とか思いつつ
歯を食いしばり身体中を固くして緊張してんだろう。
でもそう思いつつほっとく。
すると更に緊張感を増し「スッ〜〜ン…スッ〜〜ン…」
スクリーン観ながらわしだって緊張してるのに
それに輪を掛けた緊張感が真横から襲ってくるのだ。
最終的に笑ってしまいました。
それとこの映画無音シーンと大音量シーンの落差が凄いのだ。
それでかなりビビる。
途中ツレはビクッ!として手を肘掛けにぶつけ痛い痛いとわしに訴えてた。
あと映像もカッコええんじゃよねぇ。
所々MVみたい。
スタイリッシュ!
脚本も秀逸。
派手さは無いのに見応え充分。
グロいシーンは無いのでその手が苦手な人も大丈夫。
これはね、マジでかなりオススメです。
ラストシーンも決まってた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新たなジャズギタームックのシリーズか。
とりあえず予約。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK