演歌の女王とPeter Bernstein

05-01,2013

昨日、録画しておいた
「演歌の女王ジャズを歌う~八代亜紀ニューヨークでの挑戦」って番組を見た。

130501-1.jpg ヘレンメリルと八代亜紀

これは八代亜紀さんが、ニューヨークのジャズクラブ"Birdland"で
ライブを演るまでの過程を追ったドキュメンタリー番組。

寝っ転がったままブルーレイのスタートボタンを押して見始めると
まず番組冒頭のリハーサル場面で驚いた。
なんと、わしの大好きなギタリスト、ピーターバーンスタインがいるではないか!
いつものザイドラーのギターを抱えて、
いつもの濃い顔(この記事参照)で、八代さんの横に座ってるではないか!
(因みにアンプはRIVERAだった)
しかも、祝日の夜10時と云うプライムタイムのNHK地上波に!

130501-0.jpg 濃いぃ~!

最初は適当にボケ~っと見ようと思ってた わしだが、ここで俄然見る気になってきた!
居住まいを正し(座椅子だけど)更によく見ると、
どうやらピーターバーンスタインだけでなく八代さんも負けず劣らず濃い顔だった!
じゃなくて、他のメンバーも一流が揃っていた!

テッドローゼンタールのピアノにピーターワシントン(b)
クラレンスペン(ds)そして演出にカートエリング。
更にゲストとしてヘレンメリルまで加わる!
いやぁ豪華だねぇ!さすが八代の亜紀ちゃん!揃えるねぇ!

と、そんな訳で、真剣に見始めると中々面白い番組だった。
ライブ番組じゃないので演奏シーンがふんだんに有る訳じゃないが
リハーサル場面などは特に興味深く見れた。
演歌の女王と云えど、さすがにジャズコンボと演るのは勝手が違うらしく、
単純な間違いを繰り返していた。
特に通常のアレンジと違いジャズ特有のテンションコードの響きに戸惑いロストしまくっている。
しかし、これは分かる気がする。
ジャムセッションなんかでも結構ある光景。
わしも昔はそうだった。
これ結構恥ずいんよね。
しか~し!八代の亜紀ちゃん!
そんな事は全く意に介さず
対応を考慮するカートエリングやミュージシャン達を横目に笑顔のみで乗り切る辺りは、
さすがだった!
そして「あなたは何も考えなくていい、全てミュージシャン側で合わせるから」って
言うカートエリングもカッコ良かった。

こんな感じで3日間のリハーサルを経て本番。
オープニングは、いきなり八代さんのヒット曲「雨の慕情」
(例の雨、雨、ふれふれって奴ね)からスタート。
オシャレなボサノヴァ・アレンジがいい感じぃ~(ローラ風に)
八代さんのヴァースにピーターバーンスタインのギターが寄り添う様に絡む曲の出だし。
おぉ、カッコええぞ!
ヘレンメリルとは、お馴染みの"you'd be so nice come home to"をデュエットで歌う。
ヘレンさん(西川ではない)さすがの貫禄。
そしてラストの「舟唄」(お酒はぬるめの燗がいいって奴)
これは、ど演歌アレンジのまま演奏。(カートエリングの提案で敢てそうなった)
あぁピーターバーンスタインが舟唄を弾いてる!
銘器ザイドラーを抱え、あの こぶしの効いたイントロフレーズもバッチリ弾いてる!
歌のバックでは、さりげなくオブリも入れてる!
ニューヨークの一流ジャズメンが、ど演歌を演ってる!
見ていて何故か意味も無く「おぉ~おぉ~」と声が出る。
さすがだ!
一流ジャズメンは、ど演歌演ってもさすがだった!
そして、八代亜紀!
こちらも勿論さすがだ!
ニューヨークの名門ジャズクラブと云う完全アウェー状態の中で歌い切った!
日本のど演歌魂を見せてくれた!
とにかく、テレビ見てる間中、さすが、さすがのオンパレード状態だった!
ここ迄来たらオマケにもう一丁!みんな、さすがだ!

番組最後。
ライブを見終わったばかりの観客へのインタビューがあった。
何故か皆、日本語で歌ったど演歌の「舟唄」に一番心を奪われた様だった。
八代さんの歌を、声を、口々に讃えていた。
言葉の壁を超え、素晴らしい賞賛を承けていた。
演歌の女王が歌う ど演歌が、ニューヨーカー達を魅了した瞬間だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Peter Bernstein "live at smalls" 2008年録音



Peter Bernstein(g) Jimmy Cobb(ds) Richard Wyands(p)
John Webber(b)
御大ジミーコブ参加!多分この時79歳!
しっかし、わしこのsmallsのライブシリーズ好きじゃぁ。
まず、録音が生々しい。
自分の部屋に居ながらにしてニューヨーク気分が味わえるところが良い!
そしてミュージシャン自体が自分のホームグラウンドって事で、
リラックスしながらも非常に集中して演奏してるのが分かる。
このアルバムもまさにそんな感じ。
収録曲のバランスも良いし一曲一曲が長くてメンバー達のソロをたっぷりと聴く事が出来る。
特にピーターバーンスタインのプレイはいつもより幾分アグレッシブに聴こえる。
2曲目ではウエスばりのオクターブ奏法もバリバリ決めまくってる。
うーん良いぞぉ。こりゃ買うべきだぞぉ!
って事で、お次は八代亜紀さんの歌うジャズアルバム。
バックは日本の一流ジャズメン!
これは持って無いから分からんぞぉ!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
押してますかぁ~!
1、2、3、ポチ~!byアントニオ猪木

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

うわ!
ヘレンメリルは懐かしい!!
2013/05/02(木) 17:33:34 |URL|ならば #- [EDIT]
ならばさん、どうも!
ヘレンメリル元気そうでしたよ。
可愛いお婆ちゃんになってました。
2013/05/02(木) 17:53:15 |URL|ガーシャ #- [EDIT]
ガーシャ様

八代亜紀バンザーイッ!「舟唄」ブラボーッ!ついでに「和太鼓」参戦して欲しかったデス!
2013/05/02(木) 20:00:48 |URL|ハゼドン #- [EDIT]
ハゼドンさん、どうも!
やっぱりプロはひと味違うなと納得しました。
八代さんもミュージシャンたちも凄いです。
面白い番組でした。
2013/05/02(木) 20:11:09 |URL|ガーシャ #- [EDIT]
うわ!ピーター出てるんですね(笑)

僕ピーターめちゃくちゃ好きなんですよ。
また、再放送やらないかな(泣)
2013/05/03(金) 07:18:15 |URL|seco #- [EDIT]
secoさん、こんにちは!
NHKはよく再放送するから要チェックです。
特にBS辺りは怪しいです。
因みに、ピーターさんはど演歌演ってもあの音でした。
2013/05/03(金) 11:52:52 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK