FC2ブログ

松原慶史トリオのライブに行ってきた

12-02,2018

この記事書く前に自分のブログで広島市内でキチンとしたジャズライブ
(ギタリスト)観るのいつ以来か確認してみると、
何と2016年9月の小沼ようすけさんの加わるトニー・モナコのトリオ以来だった。
(この記事参照)
勿論その間色んなジャズメン来てるし、トニーモナコトリオはもう一回来てる。
布川俊樹さんトリオの無料院内ライブも有った。(この記事参照)
でも有料はそれ以来。
自分のスケジュールの都合で行けなかったのも1〜2回あった気もするが、
基本聴きたいライブが広島では無いのだ。
これは最近気にしてるんだが、
基本わしの聴きたいライブって大阪くらいまでしか来ない。
(大阪在住ギタリスト含めて)
外国人ミュージシャンだと確実にそんな感じだ。
てか、外国人だと下手すると静岡くらいまでしかツアーしない。
おそらく東京から日帰り出来る距離と云う事なんでしょうかね?
マイクモレノなんかそうだった。
日本人ギタリストだともっと西までツアーしてくれる方も居るには居るが、
何故か急にソロになる…
もしくはデュオになる…
(九州の福岡辺りはまた別なんだろうが)
その他のメンバーは現地ミュージシャンを採用と云う事になる。
(広島ではわしがいつも演ってる人や知ってる人がよく採用されてる)
集客や予算面の都合上そうなるんだと思われる。
とにかく、いつも一緒に演奏してる、
慣れ親しんだレギュラーメンバーとかでは中々来てくれないのが現実だ。
しかし、今回松原君はデビューアルバムの中のトリオで来てくれた!(レコ発)
三人とも広島は初めて来たらしい。

メンバーは、リーダーじょ松原慶史(g)に、
古木佳祐(b)大村亘(ds)の3人。
(CDだとテナーとピアノが入るクインテット)
CDの発売は10月31日。
CDは今東京で最も注目を集めてる(らしい)松原君の正式なデビューアルバムなんで、
即購入して聴きたかったんじゃがわしは我慢した。
レコ発ツアーで広島に来てくれるのが分かってたから
本人から買うつもりだったのだ。
そうすると売り上げ本人に全部入るからね。
ちょっとでも利益上げて頂きまた広島に来て貰う為の細やかな努力だ。

勿論松原君のプレイはもう随分まえからYouTubeでガッツリ観てて
カッコいいなぁと思ってたが、
このアルバムに関してはティーザー動画観ただけで一切の予備知識無し。
レコ発と云う事で演奏曲はほぼそこからだと予想してたんで非常に楽しみにしてた。
(予想通りジャンゴの“ヌアージ”と
松原君のトレードマークでもある口笛ジャズで”someone watch over me”
“Moon river”(アンコール)以外はアルバムから)
コレ書いてる段階ではCDはまだ聴き込んでないんじゃが、
ライブを聴いてわしの中で松原君のギタリストと云うかミュージシャンとしての輪郭が少しハッキリして来た気がする。
ギタリストとしてはとても引き出しが多い。
プレイ聴いてて色んなギタリストが思い浮かんだ。
色んなギタリストの影響が浮かんだ。
(これはわし最大の褒め言葉)
口笛も上手いし、おそらくコテコテのロック演っても上手そうだ。
でも実は今回コンポーザーとしての才能に一番驚いた。
やっぱオリジナル曲って大事なのだ。
松原君の今まで歩んできたものが観える?のだ。そんな雰囲気。
そしてまぁーとにかく曲がカッコいい。
時にアバクロのファースト・カルテット風であり、
時にメセニーのデビューアルバム風であり時にヤコブ・ブロートリオ風でもある。
そして実はアーティストとして一つ美学的なモノ持ってるんだろうな。
アンコーが口笛でムーンリバーってのがそんな気がする。
あとベースとドラムも最高だった!
あの2人聴いてると時折ピーコックとディジョネットに聴こえるのだ。
もしくはグレナディアとホルヘ・ロッシ!
まんまでキースやメルドーと一緒に行けるで!

そして松原君の使用ギター。
アルバムでは最近の335使ってるみたいだが
今回の松原君の使用ギターはKigoshi ギターだ。

20181202100952b7c.jpeg

20181202100949c71.jpeg

テレキャスシェイプのホローボディ構造でツーハム。
KTシリーズと云うヤツだ。
近くで観ると木目美しいし軽そう。
一回弾いてみたいが広島の楽器店見る事はまず無い…
そして小林さんと云う方製作のエレガット。
これが小振りでカッコ良かった。
ご本人と一緒にパシャ!

20181202100948d19.jpeg

足元は最近話題で評判の良いBOSSのマルチGT-1。
(コレ欲しい)

20181202100953184.jpeg

そしてアンプはおそらく本人のDVmarkのlittle jazzと
店のJC-60(実は廣木光一さんの)をステレオで。

2018120210094796c.jpeg

ギター以外は金の無いアマチュア(わし含む)でも手が出しやすいギアで
極上トーン出してた。
ちなみにピックもわしも一時的に使った事があるダンロップの分厚くて真ん中凹んでる黒いヤツ。
でもコレはピックの中では高い方。

それにしてももう一回書くが 予想以上に曲がツボにハマった。
CDがとても楽しみだ。(今から聴きます)
サインも貰ったし、またレビューします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CDこれ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK