FC2ブログ

バスツアーなセッション

12-16,2018

セッションの記録は今年18回目。
8月以来の常連和気藹々アットホーム系ジャズクラブのセッションだ。
この日は昼から夜8時前までずっと病院。
ここのセッションはいつものダーダー進行店と違い8時半開始なのだ。
開始5分前にわしが到着した時は先客は1人だけだったが、
時間になると参加者がゾロゾロやってきた。
聴くだけのお客さん覗きほぼ知ってる顔。
8時半少し過ぎから例の如くマスター(p&b)のコールからセッションが始まった。
初っ端は“サテンドール”
わし何時も思うんじゃが、この曲って初心者用の教則本とかに結構載ってるが、
割と理論的な事や楽器も弾き込んで練習してないと案外難しいと思うんじゃが
何んででしょうかね?
で、そこから1回目の休憩まで何んやかんや5曲ほど全てマスターコール。
これ! (この記事参照)
これですよ!
このゴーイングマイウェイ宣言的に誰の意見も聞かず、
さっさと自分で曲決めてズンズン進める!
これこそがマスター!
これこそがこの店!
まぁー面白いのだ!
バスツアーといいコレといい、
わしゃ〜他人の決めた流れにまんま流されると云う
完全人任せ感に最近ハマってんのだ。
あっ!そうだ!
新たな進行系名が出来たぞ!
「バスツアー的委ね系進行セッション」
もしくは「人任せな無責任系セッション」とかどうでしょう?
でも昨日はわし結構頑張って意見言って2曲程採用されたけど。

持ってったギターは(カメラ忘れて写真無い)ここは予定通りテレキャス。
アンプは店のcube。MS50G(ZOOM)も持ってったが、
まだまだ出音には満足出来ない。
おぉっと!
忘れてたが弦変えたのだ。
335やレスポールと同じくダダリオの011からのセットに。
特に高音弦がイマイチだったんで変えたんじゃがそれでもまだまだじゃな。
ギブソン系ならばピックアップの高さを左右で変えたり、
ポールピースの高さ調整出来るんじゃが、
石器時代系楽器のテレキャスはそんな気の利いた事は出来ない。
アンプやギター、エフェクターを弄って
自分好みのサウンドを根気良く見つけにゃならない。
家や1人で弾いてると完璧だな!となっても
バンドで弾くとダメ…
普通のテレキャスをジャズで使うのは本当難しいと思う。
うーむ…
昨日ちょっと思ったのがギター側のボリュームを下げ過ぎたらダメね。
かと言ってアンプ側下げ過ぎるとショボいし…
だから、そこら辺の調整しっかりしつつ最終的な音量はlエフェクター側でするとか…
でもセッション中そんな細かい事出来んでしょ…
まぁ〜今からまた色々やってみます。。

それはそうとこの店は立地が良い所にあって、
店近くの駐車場だとかなり割高なのだ。
いつもライブやってる店の付近が安いからね、
だから遠い駐車場から楽器等持って歩いて行くから軽いテレキャスが嬉しい。
これからはココ行く時はおそらくずっとテレキャス。
ちなみに自ブログ確認したらこの店に前回来た時持ってってたのが、
手放したレスポール・スペシャルだったのだ。(上記のリンク先の記事時)
それが最後だったかな?
元気に弾かれてるかな?イエロー君…
最後にこの日もまた常連さんのお誕生日ケーキセレモニーあったんじゃが(R&Y)
(この店は常連さんになるとこんなサービスもあるみたい)
これ見て思い出した!
わし去年もこの時期ここ来てた!
(この記事参照)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一部で話題の激安ディレイ。
何がそんなに凄いのか試してみたい!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK