FC2ブログ

備忘録的レビュー その2

12-25,2018

さぁーでは続いてms50gと比較しながら具体的な感想。
少しどころかかなり長くなるヨォ〜!
お利口さんにしててヨォ〜?

20181223085806013.jpeg

はい、まずサイズ。
ms50gに比べ若干大き目。
でも高さは少しだけ低いか。
どちらにせよ充分小さい。
重量も軽いよぉ〜。
サクッと持ち運ぶのに一切支障はない。
「今日は荷物多いからコレ持ってくの止めよう」じゃなく、
「軽いし念の為持って行っとくか!」となるくらいな感じ。
ms50gとの比較はカタログスペックじゃどうか知らんが、
電池で使用するとしたらstomplab の方は単三4本。
それに対しms50gは2本だからね。
押して知るべし。
でもまぁどっちも想像以上に小さいし軽い。
あっ!stomplab の弱点!
電池の取り出しがクソ面倒臭い。
裏面のゴム足部のネジ4本抜いて裏蓋外さないと出来ません。
対してms50gは普通に電池蓋有ります。
そこは確実にms50gに軍配!
でもご覧のようにルックスは良いよぉ!
両サイドは硬いプラ、真ん中は金属製。
チキンノブって言うんですか?アンプと同じVOX特有の形状のノブがレトロで良い。
それが3つ。
そして小さなスイッチ。コレも3つ。
フットスイッチが2つに、
アルファベットと数字のみ表示される赤文字のディスプレイ。
一杯書いてある文字デザインもええ感じ。
最新のデジタルエフェクター積んどいてこのアナログ感!
もう最高にカッコいい!
こと見た目のジャズ感で比べるとms50gに完勝。
但し金属部の塗装が若干脆そう。
どっかにちょっとコツンとぶつけたり、
引っ掻いたりしたら直ぐに塗装剥げそう。
コレは中古なんで最初から既にチョコチョコそんな傷ついてたんじゃが、
実はわしの家で付いたのもあるかもしれない。
気が付かん内にそんな事ありそうな程脆そうだ。
気になる方は新品購入した方が絶対無難。

逆にms50gの外観デザインは正直ダサい。
重量落とす為か「色んなトコ削り取ったんで必要以上に角張りました」って感が嫌。
てか如何にもメタル好きの中坊が好みそうでしょ。
この形状。
中坊時代のわしなら絶対好きだった形状だもん。
しかもstomplab よりは小さいがBOSSのコンパクトより若干だけデカイ。
コレが物凄く中途半端!
もうちょっとだけでも小さけりゃ、
わし愛用のBOSSのエフェクトボードBCB-30に入るのに、
ちょっとだけデカイの。
てか、
こんな小さなモノに対して余り「デカイ!デカイ!」
と言うのもなんなんじゃが実際ちょっとだけデカイのだ。
でも塗装や作りは非常にしっかりしている。
それにねぇ〜デザインも使ってる内にだんだん気に入ってきたんじゃよねぇ。
「あばたもえくぼ」と云う諺有りますね。
まさにそれです。
性能は外観デザインの好みさへ変えてしまうのだ!
若造にこの気持ち「分かるかなぁ〜?分かんんねぇだろなぁ〜?
このギャグ「分かるかなぁ〜?分かんねぇだろなぁ〜?」
だから外観デザインは引き分け!
(でも見た目のジャジーさはstomplab の圧勝)
操作性はどうか?
ジャズギター弾きは基本エフェクター使わない人が多い。
使ってたとしても2〜3台を直列に繋いでる!
って、くらいの人が殆どだろう(わし含む)
「いやいや〜わしゃ〜カート(ローゼンウィンケル)くらいのボードに、
ガッツリとスイッチングシステム組んでるぞ」とか言いながら、
セッション現場に台車に乗せた大きなジュラルミンケース持って来る人は
余り居ないと思われる。
よってジャズギター弾きは機械に疎い。
と断言していいかどうかは分からんが、少なくともわしの周りは弱い。
たまにセッション出会う人なんか、
「BOSSのGT-1買ったけど説明書の序盤で挫けた」と言ってた。
あ、説明書で思い出したがこの分野ではms50gの圧勝!
VOXの方はまぁー分かりにくい!
マジで腹立つくらい分かりにくい!
わしが書いた方がましレベル。

と云う訳でぇ、はいぃー!
今日はここまで!
いいえ。決して引っ張ってる訳ではありません。
これ以上長いとわざわざこんなもん読んでくれてる人が疲れそうだからです。
だから明日へ続く。
でわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しつこくコレです。アダプター付き。



これも。



Bluetooth版



ベース用これ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK