FC2ブログ

強引にライオン

01-06,2019

新年も既に6日も経ちましたが皆さん、
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

さぁそれでは新年一発目の記事。
ここ数年わしはその年の干支にちなんだジャケットのアルバムレビューをしてきた。
去年は戌(犬)年でJTの”One Man Dog“(これ)
一昨年は酉(鳥)年と云う事で敢えてのクリストファー・クロスのライブアルバム。(これ)
そこで今年もその流れで…
と思ったんじゃが今年は亥(猪)年…
思い浮かばんかった…
おそらくわしの持ってるLP、CD等で猪がジャケットの物は無いだろう。
しかし!
ここで諦める訳にゃいかんのだ!
別にどうでもいい事だがそう思ったわしは猪ジャケットが無いなら、
猪と云う文字のついた名のミュージシャンは居ないか?と考えた。
しかし…幾ら考えても思いつかん。
正月早々頭に浮かぶのはアントニオ猪木の笑顔のみ。
もしくは元東京都知事 猪瀬直樹氏の泣き顔。
え〜い!こうなったら仕方無い。
では猪を英語に訳したらどうだ?
それが付く名前のジャズメンとか居ないか?
早速調べた。
すると英語で猪はBoarと云うらしい…
Antonio Boarwoodとかいうボサノバミュージシャン居ないか?
うーん…居ない。
居たとしてもそんなプロレスラー擬きな奴のアルバムわしゃ持ってない。
最早此処までか…
天は我を見放したかぁ!と諦めかけたが閃いた。
イノシシから下だけ取って獅子としたらどうだ?
そうだ!獅子が付く苗字だ!
思い出せ思い出せぇい!

猪より居ない…
しかし獅子を強引に英語にしLionとしら?
おぉぉおおおおおおお〜!!!
ライオン!
そう考えたら居たぞ居たぞぉ!
ジャズ界の超大物がぁー!!!
かのblue note レーベルの創始者がぁ〜!
アルフレッド・ライオンがぁ!(Alfred Lion)
となればもう後はブルーノートレーベルから何か一枚選べば良いだけ。
しかもブルーノートといえば奴が居るではないか居るではぁ〜。
あの黒人のぉ!
と、云う流れで決まりました。
アルフレッド・ライオンに1番愛されたギタリスト「グラント・グリーン」に。
物凄く強引ですけど。

201901061031267ab.jpeg

Grant Green / The Complete Quartet Whith Sonny Clark (1961〜62)

Grant Green (g)
Sonny Clark (p)
Sam Jones (b)
Art Blakey (ds)
Louis Hayes (ds)

メンバーや収録曲(各々で調べてね)見ても分かるように、
超どストレートな4ビートジャズのアルバムで、
(スタンダードやジャズ曲多し!)
かつて4枚のアルバムとして発売された物を2CDで再発した物です。
詳しくはコレまた各々で調べて欲しいが何故か当時お蔵入りになってて
随分経ってやっとリリース。
その後CD化されたがそれも限定盤故に入手し難かった。
が、今ではこうやってお安く買える。
良い時代になったものだ。
(わしはコレがCD化されるまではグッデンズコーナーと云うLP盤だけ持ってた)
演奏についてはコレはもう何の文句の付けようもなく、
何故お蔵入り?と不思議に思う程に素晴らしい。
てか、ハッキリ言って個人的にはグラントちゃんのアルバムの中でこの一連のアルバムが1番好き。
まさにジャズギターのお手本。
お手本もお手本。度を過ぎたお手本。
お手本のお手本と言える。
お手本のお手本のお手本とも言える。
それどころかお手本のお手本のお手本のお手本…(以下延々と続く)
とにかく。
お手本過ぎて逆にそれが物凄いオリジナリティとなってる。
そんな稀有な存在がグラントちゃんなのだ。
あのスペケスペケ!って云うサウンドと跳ねる様な独特なスイング感。
まぁ〜とんでもないクセ。クセが凄いなんてもんじゃない。
なのに譜面に起こせばお手本の塊。
他のメンバーも物凄い個性派揃いなんだな。
そんな中でわしが好きなのがCD2#1のmoon river 。
上記のグッデンズコーナー収録の曲なんじゃが、
その昔初めて聴いた時はダッサ〜と思ったもんだ。
だが今は最高。
普通ワルツで演る方が多いと思うがここではミディアムの4ビートで演ってんの。
あのパキパキなサウンド、ハネ感で。
もぉ〜マジ最高!大好き!
究極のダサカッコ良さ。
以上!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
2019/01/07(月) 00:02:53 |URL|ならば #- [EDIT]
ならばさん、今年もよろしくお願いします。
2019/01/07(月) 03:17:59 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK