FC2ブログ

バードランドの人

02-14,2019

昨日の記事でバードランド(ギター)の使い手として名を上げたんで今日はコレ。

20190213070155b5d.jpeg

Diana Krall / Live In Paris (2011年録音)
(#12の”Just The Way You Are”のみ2012年スタジオ録音)

Diana Krall (vo,p,ep)
Anthony Wilson (g)
John Clayton (b)
Jeff Hamilton ds)
Michael Brecker (ts) 12
Rob Mounsey (key) 12
Christian McBride (b) 12
Lewis Nash (ds) 12

このアルバムは、
同時に映像でもリリースされてるんで(一部収録日が違うみたいだが)
アンソニー・ウィルソンが使用してるギターはバードランドで間違いない。
わしゃこの人の王道でいて現代的と云うスタイリッシュな感覚が好きで
リーダーアルバムも何枚か持っててここでも1枚紹介したんじゃが(この記事)
ここ最近はどうもわしの望んでる物とは少し違う方向へ進んでる様な気がする。
よって最近のアルバムは買ってない。
(しかしちゃんと聴いてないけどYouTube等でチェックしてる)
でもこのアルバムでのプレイは本当にカッコいい!
わしゃマジでダイアナ・クラールのバックだとラッセル・マローンより
このアンソニーちゃんの方が良いんじゃないかと思うとるのだ。
いやでもラッセルちゃんもええよ勿論。と一応フォローしとくが。
このアルバムでアンソニーちゃんは
ピアノ弾き語りの#11以外はボートラ含め全曲に参加。
その内アドリブ取ってるのは半分の6曲!
メインとして露出も多い。
ソロもバッキングも何もかも小洒落てて品があるんじゃが、
その中でもわし的ベストテイクは#8の”Devil May Care”
特にソロ導入部。
コードB♭mに対してA音強調して入ってくるセンス。
いやぁ〜カッコいい!
まさにエンディングの最後の一音迄全てが名演なのだ。
そしてダイアナちゃん。
歌では当たり前過ぎるんで、
ここではダイアナちゃんのピアノで好きなのあげる。
#5の”East Of The Sun”
素晴らしいスイング感!
てかさぁ〜以前も書いたが、
マジでダイアナちゃんのピアノって美女特有のかどうかは知らんが
独特の味というか美熟女感があるんで
歌無しのオシャレピアノトリオアルバムみたいなの作れば
そこそこ売れるんじゃない?
特に日本のピアノトリオが何より大好きなド助平ジャズ愛好家おじさん達に。
(悪気は無いです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



Blu-ray安くなってる。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK