FC2ブログ

今日から令和

05-01,2019

こないだの平成最後…云々に続き
今度は当然令和一発目に何を聴くか?と云う問題に直面した。
しかし案外悩まずサクッと決定。
平成ラストをマイクスターンにしといてアレなんじゃが、
「ここはやっぱり日本人じゃろ」と云う事です。

201905011538125c4.jpeg

中牟礼貞則 / Live At Shiny Stockings (1979年録音)

中牟礼貞則 (g)
細川正道 (b)
鈴木孝廣 (ds)

収録曲は全8曲。
1979年11月の4日と5日、
2日間に渡って録音されたモノからチョイスされてる。
わしこの録音日見た瞬間「ハッ!もしや!」と声が出た。
それは我が愛するカープが初の日本シリーズ優勝を成し遂げた日なのだ!。
すなわち世に言う「江夏の21球」のあった日!(11月4日今は無い大阪球場)
今から40年前のあの日の事は昨日の事の様に覚えてる。
ど変態の友人Eとしょう平と云う友達と3人でわしの部屋でこの試合観てたのだ。
9回裏近鉄の攻撃。
ここからの21球。
文字通り引っ繰り返りながら見たな。
100%負けたと思ってた。
そんな日にこの名盤が録音されてたのか…
その頃わしはディープ・パープルに夢中だったなぁ。
リッチーが大好きだった…
その時のわしに、
「お前は40年後…
どでかいフルアコ持った眼鏡掛けた日本人のオッサンが、
まさに本日、江古田と云う街の小さい店で録音する音源を
CDと云うプラスチック製の小さな円盤状の物で聴くことになる。
そしてお前はリッチー同様ハゲている…」
と言ったらどうなるかな?
ショックだろうな。
まぁ現実にはそんな事無いんでわしゃこのアルバムは存在自体知らんかった。
帯に書いてあるが去年ギターマガジンで特集された
「ニッポンのジャズ」と云う企画に呼応する形で初CD化されたらしい。
それが無かったらわしゃマジで今だに知らんかった。
で、コレがまた良いの!
まず8曲全て有名スタンダード。
どれもこれも全曲わしも演った事ある曲。
録音も生々しくベースはブンブン、ブンブン
ドラムはツーチャカ、ツーチャカと、
間近で聴いてる様な臨場感伴って録れてる。
ギターも例のあの音。
おそらく1PUの175にギブソンのアンプだと思うよ。
今でも聴けるあの音と同じ。
でやっぱりムレさんのプレイが若い。
音数多い。
って、多くはないか。
今より多いが正しい。
こんな所も影響受けたジムホールみたいだ。
ハーモナイズドベースラインも出る。

それにしても、何度も言うがわしこのアルバムマジで知らんかった。
ギターマガジンの特集が無かったら聴かないまま死んでたとこだ。
これぞまさにグッジョブだ。
リットーミュージックさん!
ありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。売ってるうちに!



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK