FC2ブログ

ヴィックおじさん新譜

05-07,2019

2019050119290788b.jpeg


Vic Juris / Two Guitars (2018年録音)

Vic Juris (g)
Jay Anderson (b)
Adam Nussbaum (ds)

しかしまぁ〜働き者でマメな人だわこの人。
定期的にちゃーんと新譜録音してリリースする。
「こういう人がお父さんだったらさぞや安心するだろうな」
と云う人。
で、それはそれで置いといて話戻るが、
前作迄はスタンダードやジャズチューンを中心にしてた。
そしてそれが暫く続いてたが、本作はスタンダードは一切無し。
そのかわりショーターの”E.S.P”とビートルズの”Julia”以外は
他は自身のオリジナルで固めているので、
これまで以上に相当に力が入ったアルバムなんじゃなかろうか。
よってオリジナルの方をメインに話を進めるが、
コレがえらいカッコいいのだ。
今時なコンテンポラリーな曲など一切有りません。
4ビート中心で目新しい曲調など無いが
「これぞジャズ!」的ナンバーがズラッと並ぶ。
わしはこう云うのが大好きだから今時感など無くとも全く問題無い。
どころか有難いとさえ思う。
わしがこの人の様なベテランギタリストに求めるものは
大きな変化や新しい事やってる姿では無いのだ。
それどころか、
変化などは余程のギター好きがやっとこさで気が付く程度で良いとさえ思ってる。
わしゃ〜ね、そんなもんじゃなくてこれまで通り、いつも通り、
わしが好きなヴィックちゃんのプレイをそのまんま聴かせてくれさえすれば良いの。
それだけ。
で、ヴィックちゃんはいつもそうしてくれる。
だからこの人のアルバム買ってこれまで失敗は無い。
しかも上記の様に今作はその中でも変化してる方なんだから尚良いのだ。
そりゃ〜スタンダード中心の方がセールス的には良いんだろうと思う。
でも敢えてオリジナルで勝負してる。
この心意気こそ何事にも変えられない変化ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。良いっすよ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK